続・御殿場ボロヨン画報

このブログは「基本的には」終了 です Twitterは @CURIOUS_49

全体表示

[ リスト ]

年末遠征の目的は、キュリアスVol.15向けに御歳三十になる老猫L049GVの撮影ドライブと、いつ出るかわからない廃バス見聞録4の題材集めでした。

イメージ 1
恐ろしく快調な高速走行を終え、本誌寄稿者S氏と、バス研究家 “岩手その頃” 御大と、小淵沢駅で合流。八ヶ岳の玄関口に似合う車だなぁ。



取材中の諸々は省き、いきなり本題から。
と言っても、キュリアスとも廃バス見聞録とも関係ない、個人的(同行者含め)な趣味嗜好に由来する寄り道のつもりだったのに、今回のメインディッシュと相成りました。


まずはこの写真をご覧ください。
イメージ 2
昭和63年秋に撮影した川上村営バス651号、昭和59年式HT223A(村営なので白ナンバーです)。

撮影地は村内ではなく、だいぶ離れた佐久市中込の商店街。つまり路線運用ではなく、短距離貸切だったようで、図らずも捉えたショットでした。
この中学時代の一枚が、オトナになって大きな意味を持つことになろうとは。

28年が経ったある日、仲間から「山荘の送迎用に、初期型ブルリが残っているらしい」との情報がもたらされました。
ナンバーは651で昭和59年式なんだとか・・・ん? 651!? うぉ〜ホントかよ!!!
驚きつつも見に行く機会もなく、ようやく今回のルートに組み込むことができたのです。


イメージ 12
電脳ナビよりも同行者のニンゲンナビを頼りに、思い出の色々ある(キュリアスVol.6 廻り目平の緑パジェロ参照)川上村を進みますと、ご本尊はシラカバのたもとに鎮座していました。
(Photo:Y.Saeki)


イメージ 3
フェンダーこそ塩カル食らっていますが美しいボディ。ああ、ホントにナンバー651じゃないか・・・。

イメージ 4
現代のブルリ2やエルガに発展するスケルトンボディの基本意匠は、ここから始まりました。
なので古臭くは見えませんが、実はとんでもない古豪です。同型式の国内実働車は両手指で数えられる台数でしょう。つまり年式はBJ46や最初期パジェロと一緒なのに、FJ40やJ30より稀少。バスの命は儚いのです。

撮影のお願いをするため山荘の玄関に向かいます。理解を得られにくい趣味ゆえ緊張する場面ですが、ご主人は宿泊客でもない我々に気さくに対応して下さいました。そして驚きの話を伺うことに。

「写真ならどうぞ。このバスもおしまいだから」

「え、廃車になるんですか?」

「もう新しいバスが届いて、車庫から追い出されちゃったんだ。30年近く大事に乗ってきて、沢山お金掛けて直して、全塗装も2回して、輸出や解体は寂しいなぁ。誰かいい人がいたらお願いしたいね」

「じゃあ、里親探しします!」

また出しゃばってしまったと思いつつ、放っちゃおけない651号。



イメージ 5

イメージ 13
乗用車的な表現で言うところの「Cピラー」が角ばっているのが、初期型ブルリのチャームポイントでもあります。

イメージ 6
昭和59年製造のプレート。


我こそは!という、気骨ある実働保存家の方がおられましたら、名乗りを上げていただければと。
しかし興味本位で冷やかすのはNGでしょう。乗用車や四駆の骨董車を維持するのとはワケが違います。
保管場所を確保し、車両代よりずっと大きいであろう今後の維持費を常にプールし、情熱をこの車に注げる、大型免許を保持者のどなたか・・・。

★覚悟なき中途半端な問い合わせは施設業務の迷惑になりますので遠慮願います。参考情報くらいなら当方でもお答えできるかも。



イメージ 7
川上村営バスは昭和57年に千曲自動車(現在の千曲バス)から路線移譲され、町村営バスの一つのお手本として有名になりました。
(バス研究会発行:バスメディア41号)


イメージ 16
かつて信州へのバストリップをする愛好家にとって、ある意味バイブルとなったバスジャパンVol.2(昭和61年発行)。
その特集記事の「信濃川バス紀行」の締めに登場するのは650号でした。

つまり、岩根山荘で第二の車生を送る651号には兄弟がいたのです。今はどうしているのでしょうか?海外に渡ったか、もうこの世の自動車ではないか・・・。


イメージ 14
帰路、立ち寄った川上村営バス川端下(かわはけ)車庫。



そして・・・。

イメージ 8

イメージ 9
S氏が発見した林の中の生首。当然エンジンはありません。T81のバッジがありましたから、6DC2だったはず。透明感のあるドゥロロロ〜のV6予燃焼室式です。

イメージ 10
これも古い!!と思ったら、もうナンバーが外されていました。働く6x6。

イメージ 17
強風が吹いており体感気温はマイナス10度か。


イメージ 11
本当に氷点下になったので解散。
パジェロの運転は、ほとんどディフェンダーのS氏にお任せしちゃいました。
ローテクとハイテクの2.5Lディーゼルターボ味比べにもなったみたいです。後席の居住性も確認完了。

参加のお二方、たいへんお疲れ様でした。記憶の定かなうちに草稿をこしらえます。本当は今日は大掃除ですが、手に付かんなぁ。



おまけ。
イメージ 15
だいぶ前、ブログにも書いたかな?いや消しちゃったんだか。
超個人的な川上村の胸アツ案件。







閉じる コメント(6)

ちょっと!聞いてないですよ!

引退ですかぁ。
ここの山荘のブログでわざわざ県境をふたつ越えてまで修復に持って行ったことを記事にするくらい愛されてましたが、やはり時の流れと厳しい環境には逆らえませんでしたか。

大型免許かぁ…持ってますが…うーん。

2018/12/28(金) 午後 8:37 [ 1031 ] 返信する

顔アイコン

> 1031さん このタイミングも「古バスの神様ご降臨」のひとつな気がしました。
村営バスは減価償却が終われば放出でしょうし走行距離も少ないし、元の程度も良い個体だったのだろうと思います。
ボンネットバスが「レトロである」ということで復刻運行や保存に用いられることは多々あり、モノコック車もそも領域に入りつつありますが、マニア心では初期のスケルトンこそ「いま残しておかないと」な気もするんですがね。そういった意味では状態の良いHT223なんて最高ですよ。無責任ですが・・。
エアサスやフィンガーになると、また維持の問題も出てきます。

2018/12/29(土) 午前 9:41 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

顔アイコン

行軍お疲れさまでした

ブルリ登場当時は「つまらないデザインだなあ」と思っていましたが、今になってみてみると端正で優しい顔に見えてきます。
さらに顔を真横から眺めると豆腐のような平面とカドは昭和40年代に「高速トラクタ」で登場したKG・HGを髣髴させます。
やっぱりバスはおっとりした顔がお似合いで。
新しいオーナーさんにも指定番号で651を付けてもらいましょう。

良縁を期待しますが最終手段で御殿場までの陸送役に手を挙げておきます。 削除

2018/12/29(土) 午前 10:17 [ コ・ふそう ] 返信する

顔アイコン

> コ・ふそうさん 今回は(今回も)ありがとうございました。登場当時は、ナナメだの丸デコだのオバQが闊歩している世の中、こんな端正な近代的デザインは味も素っ気もないものだったのですがね。
そういえば箱組みのような高速トラクタ、現車を見たことがありません。
C2の「白沢峠の車たち」にある通り、トラックは男性的、バスは女性的、そういうキャラクターを見事に体現しています。
御殿場までの陸送の際はお願い致します(可能性0.5%くらい)。

2018/12/29(土) 午前 11:33 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

顔アイコン

なかなか谷間のモデルで、個人的思い入れがないと難しそうですね。
2ドアなら劇用車としての需要もあるんですが、かといって前ドアだと郷愁も誘わない『ただのぼろいバス』になりがちですしね。
HT22までの特徴、カクカクリヤスタイルはRS36の頃からのもの。
テールランプも懐かしい。
同年登場のふそうMP2/6に比べると、登場が2年早かった分、日野は古くせえナアと当時思ったものですが、そんなのマニアにしかわからんしね(笑)

ああ、初代一番星号キャブのふそうT81*、T811とかなら8DC2じゃなかったですかね?一枚窓のケンカワイパーの最終型ですから今でいうFPクラスのトラクタだったかも。
因みにバスはB9→V8高速観光、B8→6気筒観光だけど、トラックはT9→3軸、T8→2軸だったような気がします。違ってたらごめんなさい。 削除

2018/12/29(土) 午後 5:04 [ 元はとばす ] 返信する

顔アイコン

> 元はとばすさん たしかに谷間ですねぇ。どこかの観光バス会社(!)で復刻運用してくれないでしょうか!?

カクカクは言われてみたらそうでした。スケルトンの元祖スタイルなのですね。
T81、一番星はたしかにB9と同じズドドドでしたね。このキャブ、土手っ腹にV6のバッジがついていました。そういう廉価モデル(?)もあったのでしょうか。なにしろ心臓どころか骨もなしでは。

2018/12/29(土) 午後 6:18 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事