続・御殿場ボロヨン画報

このブログは「基本的には」終了 です Twitterは @CURIOUS_49

全体表示

[ リスト ]

創刊から10年

最新刊で少しそういうことに触れれば良かったのに、出してから気付いたのですよね。もう10年経ったのか……と。
最初は3号くらい出せれば充分と思っていました。社内でもそんな雰囲気だったみたいですし。

イメージ 1
特にVol.4あたりまでの “初期型キュリアス” は、ずいぶん前に作った気がします。読み直すと、こんなこと書いたっけな?と思ったりも。
そして、次のVol.5以降が “現行型” の流れに近くなってきた “中期型” なのだと分かるのです。より意欲が湧いてきたのも、実はVol.5からでした。

皆さんが心配して下さる売れ具合については、流通方法が何度か変わってきた中で、特にVol.5から7まで落ち込んでいました。書籍販社のメディアパルさんを通じて配本を始めたVol.8から盛り返し、最新刊は創刊以来もっとも多くの方に読んでいただけました。やや上向きの低空飛行ということで、高所恐怖症の私にはちょうど良いのです。


Vol.8までは絶版となって久しく、再販や電子化の要望も届きます。
しかし再販は製本コストの面から不可能。電子化は気乗りしない。紙にインクで刷ってこそ、商業誌の皮を被った誇り高き同人誌なのだと、変な理屈でご了承願っております。誤記が永遠に残ってしまう緊張感とともに。



そんなこんなでアーカイブ版の制作も考えましたが、ちと時期尚早。そもそも、短期間で作れるものじゃなさそう。
でも、未練ある過去記事を再びお目に掛けたい気もしておりまして、そうなると「あの車はいま」という都合の良いコーナーがあるじゃないですか。
イメージ 2
Vol.2で岩本さんがいうところの「神々しさのオーラに包まれた」思いがする記事に、あれこれ手を加えながら手打ちで書き起こす作業は、精神を統一して写経の心持ち・・・ってこともないか。

取材車両を取り巻く状況も、10年経てば変わってきます。すでにこの世のものではなくなった個体もあるでしょう。

と、10年経ったんだな〜という話と、冬季のKE31予燃焼室式エンジンのごとき年頭スロースタートの報告でした。



閉じる コメント(12)

顔アイコン

こんにちは

創刊10年おめでとうございます。
これからも記事に期待しております。

2019/1/7(月) 午後 2:52 [ takekyu ] 返信する

顔アイコン

創刊10年おめでとうございます。
10年続けることの難しさ…

これからも陰ながらではありますが?応援させていただきます!

2019/1/7(月) 午後 5:17 [ いわたけ家主 ] 返信する

顔アイコン

もう10年経ったんですね。おめでとうございます。
思いもしなかった縁で我が家に来ることになったヨンマルさん。手元に来るまで穴が開くほど創刊号を見させていただきました。
そんなヨンマルさんは相変わらず元気です。
これからもご活躍を期待しております。

2019/1/7(月) 午後 7:56 [ ZEN@H55F ] 返信する

顔アイコン

ああ、もう10年ですか。月日が経つのは早く感じます。
あの書店でVol.1を発見した時の感覚は頭の隅に残り続けています。
その書店も撤退してしまいました。(某仮面ヒーローが番組初頭のロケで使っていましたが・・・やはり撤退は時代の流れになるのか)
心ない海賊版が出てくる前に改訂版を出せれば抑制にできないでしょうかね・・・。
今後もどうか無理せず出版を続けて頂くと嬉しく思います。

2019/1/7(月) 午後 8:42 [ hzj70mnu ] 返信する

顔アイコン

10周年おめでとうございます。毎号隅々まで楽しませていただいております。
当家の駄犬シナモンのグラビアデビューは創刊号でしたね。
当時ゴーマル爺さんと43婆さんの復活を競った事を懐かしく思い返しております。
またイベントの折りに宜しくお願い致します。【すずき邸】

2019/1/7(月) 午後 10:13 [ mor*no*oton* ] 返信する

10周年、おめでとうございます。創刊号から読み続けていて、10年過ぎるのが、早いなと思いました。所有する車も変わり、今の車も2年経ちますが、キュリアスが、続く限り、今の車も維持し続けていきたいと思います。

2019/1/8(火) 午後 4:24 [ hz1***** ] 返信する

顔アイコン

創刊10年おめでとうございます。

以前申し上げたこともありましたが、ややもするとマニア誌は新興宗教の教祖様よろしく独善的であったり、排他的だったり上から目線だったりで後味が悪かったりする場合もあるのですが、編集人様の暖かみのある文体が好印象なのでしょう、読者に嫌な思いをさせませんね。
出版構造不況の中、続けられたのはこう言う事もあながち無視できないかと。
今後も是非この路線を細く?長く突っ走って頂きたいモノです。

さて、4号迄はウチに無いんです。(泣)
立読みの覚えはあるのですが(笑)
某バス誌の様に制度として「コピーサービス」(勿論有料)としてでも出して貰えると有り難いですね。お手間でしょうが。
ネットで高額取引されているのをつい手を出したくもなるのですが、ああ言うの生来好かぬもので… 削除

2019/1/9(水) 午前 10:24 [ 元はとばす ] 返信する

顔アイコン

> takekyuさん ありがとうございます。ヨンク道楽専門とは名ばかりの状態ですが改善の兆候もなくC15に着手いたしました。今後ともよろしくお願いします。

> いわたけ家主! 創刊の頃はK社内から見てたかもしれんけど、引っ込みがつかなくなったというのも事実だね。ということで、続けるのも難しく、やめるのもまた難しいという環境でした。それが真実!?

2019/1/9(水) 午前 10:39 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

顔アイコン

> ZEN@H55Fさん ありがとうございます。創刊号掲載車両の中でもBJ46V-MCMは幸せな道を辿りました。ブログからすっぴんのまま念入りな日常メンテの様子を垣間見ることができて嬉しいです。メインで取り上げたBJ44Vはマニアに買われましたが、結果バラバラ事件。F20は数年ほどヤードで野晒しののち海外へ。「あの車は今」も、幸せになった個体しか取り上げようがないです。

> hzj70mnuさん 勢いで創刊して発売日の数日後、最初に書店で見たときはなんとも言えない感覚でした。なぜ書店に行ったかというと、通販の部数を300冊しか見込んでいなくて、すぐに在庫が尽きて発送できなくなって、慌てて近所の書店で買い漁って対応したのでした。
改訂版というのは普通に出しても印刷代で真っ赤っかになるので、策を練っています。いつになるかは分かりませんが、いつか。

2019/1/9(水) 午前 10:51 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

顔アイコン

> すずき邸さん 書き込みお懐かしや!ありがとうございます。創刊号はシナさんにゴマちゃんにリンクさん、若かりし日のまめ號、ワンコ特集でしたね。
復活を競った56爺さんもすでに人手に渡り、さらにオーナーが変わったようですが、緑色に化けて現役のようです。43婆さんのヤングファッションに負けまいと。これからもどうぞご贔屓に!

2019/1/9(水) 午前 10:54 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

顔アイコン

> hz1*****さん ありがとうございます。はたらく四駆的な題材のご提供もありがたく、引き続きよろしくお願いします。次は本栖湖でしょうか。

2019/1/9(水) 午前 11:07 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

顔アイコン

> 元はとばすさん ありがとうございます。実際のところを書こうとすれば多少の後味の悪さは残るようで、書き方で希釈しているだけかもしれません。多少はご容赦いただくとしても、そう言っていただけると嬉しいです。
出版不況は仰る通りで、続けられたのは本業が出版社ではないからだと思います。「次号でxxxx部売れなかったら休刊ですよ」と上層部からの肩叩きがあるのが普通です。そもそも半年〜1年の発行スパンでは商売として成り立っていませんよね。ペースアップしたいと思いながらも。今回はZINEで寄り道せず本誌に着手です。
コピーサービスやCD化は大変そうなので、出入りのお客さんがどうしてもといった時に、ボロボロになった1と2を貸し出して、自分でコピーして下さいなんてやったことがあります。法外な中古流通に対抗したかったのです。定価の何倍もで買っていただいても、編集側に1円も戻りません。
・・・と書いておきながら、プレミア価格の骨董四駆を買っても設計者やメーカーにはなんの見返りもないから、そういうことを言ってはいけないのかなとも。
やはり「生来好かぬ」は同感です。どうにかせねば。

2019/1/9(水) 午前 11:11 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事