全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全301ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新型ジムニー予告解禁

10:00、富士山駅から山中湖平野行きの出発と同時に、ようやく情報解禁です。

当編集室・当ガレージの本体は整備工場でありスズキ販売店であることに加え、周囲に事情通もおられるので情報は入ってきてしまうわけで、口が、もといキーボードが滑りそうになることも何度か。
でも情報リークさせた場合の恐ろしさについても各方面から聞いていましたので、グッと我慢でありました。

販売店向けの事前発表会へは足を運んでおりませんので、今のところカマド社で実車を見たのはジムニー部門の親玉(でも今は新車部門の部長なんだって)山口君だけです。ということで部長どんからの聞き伝えも織り交ぜてお伝えします。なお、型番は意外や意外の60番台を付与された模様。

イメージ 2


広い層のユーザーに向けた市販車としては信じられないほど「特定のジムニー乗り」を意識した部分が多くて、少々驚いています。とんがったもの、本物が受け入れられるという、最大手メーカーさんたちが気付いていないことを、ついにスズキが実践しているのでしょうか。

カマド社では、発売翌日には乗れるよう複数の車両を手配済みだそう。
当然、次号キュリアスでも触れることになります。創刊14号目にして初めての新車紹介に緊張します。

いずれにせよ、良い部分も悪い部分もじっくり乗ってからあれこれ論じてみたいと思います。無闇な賛美も一方的な難癖も好みません。

ということで今回のブログに限っては知り得る範囲の「良いところだけ」を並べますけれど、世間一般にそれが「良いところ」なのかは?



【雨樋復活】
ホント、私としてはこれなんです。
最初に資料を見て「へぇ〜XCでもルーフレール無いんだ」とつぶやいてしまって「よく見てよ」と指摘されました。ルーフドリップ、いいねぇ。


【荷室鉄板むき出し】
プラとか布で覆い隠せば高級なんだという乗用車的呪縛から解き放たれました。磁石もひっ付くよ。

【トランスファレバー復活】
ボタン式がダメとは申しません。ランクルのFDスイッチなんて昭和40年代からあったし。
でもJB23W-5型では、ギア比が適正化されながらボタン式となって我々を落胆させたのは事実。ジムニーのファーみたいに操作に力がいらず、少しの高価格化も避けたく、重量増にも敏感であるべきカテゴリーの車には棒っこ方式が良いです。助手席の人にも「これ四駆にいれるレバーだよ」と自慢できるしね。

【全グレードで5MT/トルコンATの選択肢】
高額車はATだけとか、MTは実用グレードだけとか、だいたいね、どこのメーカーもやる勘違い。
内容を知るまではAMTが入ってしまうんではと危惧しておりました。滑れば滑るほどトルク増幅されるトルコンと、滑れば滑るほどロスとなって機構部も磨耗する自動クラッチでは、どちらが用途に適しているか言うまでもなし。ジムニー偉い!!

【ドライブシャフトとデフの強化】
ブレーキLSDを良く効く設定にするため、非常にストレスのかかるデフ、ドライブシャフト(追記:これは推測)が強化されたそうです。
これが何を意味するのか?そんなデバイスなんざぁキャンセルしてやらぁという屈強な貴兄にこそ歓迎される部分。

【全グレード素材色バンパー】
説明無用の嬉しい点。プラに色を塗ることが高級なんだという発想から脱却です。素材感、言い換えればソリッド感、野外道具としてもイカすでしょう? お洒落キャンパーやGO-OUT系のあなたにも共感いただけるはず。
歩行者保護も盛り込んでの設計ですから、鉄パイプ等に交換するのはやめときましょう。

【シエラの細タイヤ化】
年を追うごとに迷走ぶりの目立った登録車モデルは1500ccに拡大したわけですが、それよりもゴム巻きみたいな扁平タイヤから脱したことが喜ぶべき部分。
SUVなどと称してロードゴーイングカー化の一途をたどる国産四輪駆動車の流れに一石を投じることに・・・なると良いんですが。

【新エンジンはロングストローク】
軽のエンジンはすでに定評ある新型に変更。手を尽くしても高回転型の性格を消せなかったK6Aとはオサラバです。
新開発の1500ccは、試乗した山口君曰く「普通の感じ」だそうです。普通でいいのです。



「ラダーフレームでセレクティブで前後リジッドアクスルがセールスポイント」なのはジムニーならアッタリマエです。
とはいえ、開発初期段階ではモノコックSUV変貌案とのせめぎ合いもあったんじゃないかと。もし採用されていたら、落ちぶれた元祖軽四駆の末路として残念な紹介文を書き「赤木君、あのブログは消してくれたまえ、キュリアスは書店から回収だ」と教育的指導を受けていたかもしれません。
関係各位や周囲のマニアの努力により、そうならずに済んだのは、ジムニーに関わる全ての人に幸運なことでした。当たり前なことのありがたさ、これに尽きます。

ちょっと気になる情報としては、山口君から最初に聞いた「ステダン付いてるよ」なんてな話。
もしや持病の対症療法か?と勘ぐるのは早計でしょうか。


ボディデザインの良し悪しは論じません。登場時、あんなに言われたJB23Wのデザインもすっかり目に馴染みました。
新型では意図的にすぎる先祖返りデザインとも思えますが、それ先行というわけでもなく、中身を伴った先祖返りなら大歓迎。

問題はお値段。
おつまみデバイスや衝突回避ハイテク機器類のために、全てを盛り込んだモデルにオプションをつけるとランクル80STDの新車価格にボロなBJ41を上乗せしたくらいだそうですから、こりゃ参ったなと。
簡素でシンプルなグレードではJB23Wとあまり変わらないそうで、それで十分というか、まだ過剰装備なんですよね。


イメージ 1

旧型続投のラダーフレームとなると、サファリの名機Y60からY61への変遷を思い出します。
ジムニーの場合は単純な続投ではなくX型のクロスメンバーと前後クロスメンバーの追加があるようで、それが何を意味するのか?衝突対策なのか走行性能向上のためなのかは未確認です。


イメージ 3
XL復活。ランドベンチャーなどは後から追ってくるんでしょう。


イメージ 4
せっかくのカラーバリエーションも、メタリックばかり。

6/24追記:すでにかなりの発売前の予約があり、納期が恐ろしいことになりそうです。2代目パジェロ半年待ち、ランクル80が1年待ち、そこまで行かないと良いのですが。


この記事に

開く コメント(22)[NEW]

開く トラックバック(0)

バスのモケット

小嶋商会さんから見本生地が届きました。
U690の座席を1台分張り替えるにあたり、現在のバスには用いられない単色起毛モケットを長い長いロール単位で発注せなばならないため、余剰分を販売ということです。
当方でも仲立ちいたします。ご希望の方はメールでお尋ねを。

ちなみにバス1台で30mほど要するそうですが、ジープJ30系だと背面含めて5~6mもあれば足りるのかな?測っていませんが。
生地持ち込みで望み通りに張り替えてくれるシート屋さんがご近所にあれば、これは楽しそうだなぁ。
私の場合、今あるきれいなビニール生地をおっ剥がして張り直す勇気はありませんので、スポンジカスが飛び出てくるようなボロい四駆にお乗りの貴方、ぜひとも。

イメージ 1

国産製品で見た目も触り心地も往年のMRやBUを彷彿とさせます。
お色は3つ。相鉄・東急・神奈中(ザラザラではないけど)という感じで、エンジは即納、青は待ち、緑は希望者が多数いれば・・・の状態だそうです。
バスのみならず鉄道マニア向けでもあります。車の椅子でなくたって、オフィスチェアとかソファーでもできないことはない。

それからJ30~40系用、J20系用ときて、J50系用の純正の太さのステンレスマフラーも完成間近とのことでした。



------------------------------------


燃費記録。
VEW11、2度目の給油は388km走って23L、引っ張り気味の運転とエアコン使用で16.8km/Lなら許容範囲でしょう。本日は異音特定のため工場入庫で運休です。イメージ 2


この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

平成13年式 KF−VEW11  グレードLX-G  走行距離6.1万km
オークション評価3.5 B/B 四国のどこかの自治体の公用車っぽい。
今月4日に中古車新規でナンバー取得、運用開始して、いろいろ見えてきました。
車検ではギアオイル一式とエンジンオイル・エレメントも交換。

イメージ 1
パワステフルードの重要性はジェミネット2のP/Sラック交換が発生して理解したつもりですので、自家用車でもやってみます。
普通のATFで良いんですが、気休め的に漏れ止め配合のSTP製品など。新しく見えても17年選手ですからね。デリケートなセブンチーン。

イメージ 2
全量交換は無理なので、リザーバーに入っている300ccくらいをスポイトで抜いて交換。
きれいな透明赤色だったはずが真っ黒だ。
こういう汚れの原因って、なんなのでしょうね?ラックやポンプが摩耗した鉄粉とか、ホースのゴムが溶け出たカスでしょうか。酸化はあるのか?


イメージ 3
前記事にも書いた黄色のボッシュ目玉。
濃すぎる黄色も晴天夜間には無駄ですし、人間様の受光素子もホワイトバランスが狂います。ほどほどの黄色さが塩梅よろし。
残念ながら、この「ほどほどの黄色」は、ちゃんとしたメーカーの品としてはもう手に入らないようです。
法規が変わって新車には付けられないんですから、イエローバルブの品数は減る一方。

鳥目気分のLEDなんざぁ二度と付けねーやい! という話は過去に書きましたが、この灯具はバルブ背後の防水カバーの関係で、いずれにせよLED化はできません。

エキスパートマニア(?)の中には、アベニールの4灯ライトに交換する人もいるようですね。配線がちょっと厄介な気がします。どうも電気工作は苦手なもので。


イメージ 4
世間並みに音響機器を更新。
昔は中古車を入手したら、まずオートバックスに行って特価品コーナーの1DINなり2DINなりのヘッドユニットを買って来たもんですが、そんな風習は廃れたのでしょう。アルパインのインダッシュチェンジャーとか、無理して買ってVRY60やFJ62Vに付けましたねぇ。ナビだって20万円もしていた時代。

・・・で、こんなことしても、4つあるスピーカーのうち2つは断線して、さらに1つは音割れするので、意味がなかったりします。実質1スピーカー、軽トラと同じで潔い。



イメージ 5
ここからが本当のサウンドチューンだ!!
エンジンを覆い隠すNEO-Diな樹脂カバーはただの飾りと思っていたら、裏面にボリューミーな発泡ゴムの遮音材が付いており、ヘッド周りからの騒音を封じ込める役割のようです。これを取っ払えばディーゼルの豪快サウンドをグレードアップできるかも!!


イメージ 6
遮音カバーはネジ4つで外れます。オイル交換時にも、こんなの無いほうが注入がラクでしょう。
ヘッドそのものではなくヘッドカバー部に付くとはいえ、熱もしっかり溜め込みそうな造りはエンジンの健康上も好ましくない。
それにしてもDOHCだけに頭でっかち。

結果は良好・・・プラシーボ効果かなぁ。
いずれにせよ連続的な粒立ちの良い直噴ディーゼルノックこそが最高のドライブBGMなのです。やっぱりディーゼルのMTは楽しい。
噴射時期を早めたりEGRをカットしたりの悪さは、今回はやめておきましょう。そんな時代です。


イメージ 7
タイヤはスタッドレスでしたので、ヤフオクでホイールセットを落札。
BSのV600という標準的な商用車タイヤ。サイズも純正遵守で165R14-6PRです。後輪の入り具合がDENSHA-STYLE、これですよ、これ。
1サイズ上の175R14だと、ちょっとアグレッシブなパターンもあるようです。


イメージ 8
これは余興・・・ではなく、背もたれ内部のスポンジが崩壊して表皮の中でグダグダになっており、一部背骨に当たって痛いのです。なので、Jマートの改装セールで買った厚手のピンクラグ(なんと480円)で覆います。
結果として、ワンポイントで「働かない自動車風」の演出を織り込むことになりましたが、意外と良い感じ。


イメージ 11
これも前記事の延長。ゴムブーツ一個切れるとアーム交換になる恐ろしい設定の日産車です。
300円くらいの小さな部品のために3万円の出費。いま生き残っているゴムブーツには、なんらかの保護策を取ります。

イメージ 12
こういうのであらかじめブーツに塗ったくって固めていたら、却っていらぬ疑惑を持たれるんだろうか。どうでしょう工場長?




そんなこんなで意気揚々と600kmほど走った頃、50km/h以上で駆動系から異音が出るようになりました。
音質は・・・そうですねぇ、四駆乗り的な感覚では、リフトアップしたY60ショートやジープで、リアのペラのジョイントがゴロゴロ鳴りますよね、あれを細かくした感じです。
車速比例で、クラッチ切っても出ます。そして80km/hくらいになると消える。

まずハブベアリングを疑いましたが、ジャッキアップしてタイヤを回してもスムーズ。そもそも、ハブだったら速度を上げれば上げるほど盛大に鳴るでしょう。高速域で消えることはないはず。
FF車の駆動系がよくわからないながらもデフ周辺のベアリングも疑いましたが、それならシャーシャー音が先かなと。

疑ったのはドライブシャフトのジョイント。外側ならハンドル切った時に音が大きく鳴ったり、派手にパキパキ鳴るはずですから、違う。
内側のジョイントならあり得ます。あとはシャフトが少し歪んで偏心しているとか。

疑わしき証拠画像など・・・


イメージ 9
右シャフト。途中にバランスウェイトが付いている。ブーツ類は無事。手で揺すってもガタは無い。

イメージ 10
左シャフト。パッと見には右側より古びていて、バランスウェイトも無い。
そして内側のブーツが切れている。これは車検時に覗いた際には切れていなかったので、乗り出して数日で逝ったみたいです。最初の500kmくらいまでは何事もなかったし、地域限定運用の公用車だったのなら100km/h出すのは初めてだったかもしれないし。

このトラブルシューティングが合っているのか、来週工場に入れてみようと思います。
もしシャフト交換でも、リンク品が出回っているのが現代車のいいところ。




この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

間があきました。
先月まで遡って売物件の入出庫状況やら、その他の進行具合を。ツイッターには常にアップしていますので、そのまとめという感じです。

イメージ 1
まずはお気に入り在庫車のジェミネット2ちゃん。お気に入りすぎて、車検を取って1年近くも乗り回してしまいましたが、良い嫁ぎ先が見つかって西の方へ旅立って行きました。
買主さんとは翌日ホビーショー会場で再開、その翌日は本誌遠隔レポーターM坂氏が取材中のいすゞオーナーズミーティングにも参加されていました。
背後のキャリイダンプちゃんも、某サファリスト氏に見初められ元気に走っていることと思います。

イメージ 2
締め切り迫る「泳ぐ車の本」の最後の撮影に出かけましたが、諸事情により中止、引き返しました。

イメージ 3
カマド社に戻り、整備工場で撮影。この本はカマド出版部のシュタイヤー1500の本に続くシリーズでして、私は試走記を書く担当です。あとは編集の小泉さんにお任せということで、今月末発売。
試走の感想は、キュリアスVol.14にも少し織り交ぜようかな。

イメージ 4
新型ジムニーの情報はすっかり出回った感がありますが、公式的にはまだ箝口令が敷かれておりまして、ここで告知できるのはxx日ほど先になります。ついうっかり口が滑ったでは済まないらしい。
それでも、流出画像や予想イラストを見て「こりゃイカン」と思った方は、まだ在庫がある登録済み未使用車(2台)か、試乗車落ち車(1台)を、南御殿場駅前展示場にてご検討願います。最後のJB23Wです。

イメージ 5
うーむ、こりゃなかなかのお値段・・・ああ、XLだったらな、という声も聞こえてきそうですが、最後の最後には特別仕様しか注文枠が残っていなかったのだと思います(合ってます?)



イメージ 6
なかなかのお値段ではないジムニーなら、当方の得意とするところ。ドアとクオーターパネルのえぐれたボコボコJA22Wも、ジープを複数所有するマニア氏に嫁ぎました。引き取りの帰路、山梨の解体屋に寄ってドアを買って帰られました。

イメージ 7
そして数日後に送ってもらった画像。ドア交換を済ませ、車検を受けて運用開始だそうです。意外にもBピラーは歪んでいなかったそうで、富士山麓限定ワイルドベンチャー一丁上がり。
解体の淵から蘇り「こんな快適な車はない!」と喜んで乗ってもらえる、このジムニーは幸せです。
画像は省略しますが、デリカPD5Vも信州へ旅立ちました。


イメージ 8
長期在庫車J47もお嫁入り。いや、女性オーナーさんに迎えていただきましたので婿入りです。6月なのでブライダルが相次ぎます。

イメージ 9
ルームクリーニングもワックス掛けもありませんが、袋構造部分にとことん防錆油を吹き込みました。

イメージ 10
陸送屋さんの手で700kmの彼方へ搬送。可愛がってもらうんだぞ。
ジープってのはオーナーが変わると、いきなり重篤なトラブルが発生したりする。えらく調子が良かったのに、アイドリング中にオーバーヒートしてみたり(4G53)、大量に水を飲むようになったり(G54B)、街乗りでコンロッドが逝ってしまったり(JH4)。不思議ですが防ぎようのない事例ばかり。運とタイミング以外に、なにかオカルト的な要素があるのかも

イメージ 11
キュリアスVol.14の林道紀行の移動区間で見たもの。
かつてBJ41VやBJ46Vが7~8台ほど活躍していた観光施設です。久しぶりに立ち寄るとそれらの姿はなく、外されたスノープラウやテラタイヤが残されていました。

イメージ 12
BON-SAI   IKE-BANA

イメージ 13
そういえば、この美麗車も車検を継続し、次の出番に備えます。出番が終わったら縁談待ち。本物のフルタイム四駆をどうぞ。


イメージ 14
6月2~3日の40ミーティングEAST。コンボイ集合場所までの登り区間で撮影待機です。



40ミーティングの翌日、マイカーを代替しました。代替=だいたい です。だいがえ じゃないですよ。自動車業界ではよく だいがえ って読む人が多い。どうも馴染めません。
イメージ 16
偶然にも整備中に同じ車種が入庫していて驚きました。ただし餌が違う。


イメージ 15
霧対策で黄色い目玉に交換。青く見えても黄色く光る。こはいかに。

イメージ 17
初めての二駆に胸が高鳴る。車両詳細はまたいずれ。ライトバン熱を発症して約2年。求めていたのはこれかもしれません。

イメージ 18
カリカリと甲高い直噴サウンドを奏でながら4日間で660km走り、37Lの軽油を飲む。
10・15モードの18.8km/Lより少し落ちる17.8km/Lでした。エアコンと山岳路のせいでしょう。
高速道路だけなら20超えは確実か。







この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

前記事で「決算につき目ん玉の飛び出る価格で」などと告知を行いましたら、閑古鳥継続の予想に反して多くの打診を頂戴しました。もはやよく訳がわからなくなっています。

当方の頭蓋骨の中身は、特性上ひとつのことに集中するには比較的適していますが、同時進行で二つ三つが重なると一気に熱害や潤滑不良を起こします。期限も迫る中で新規の商談はこれ以上お受けできぬということで、これにて終了。そして商談継続中の皆様、良いお返事をお待ちしています。

午前中は書籍の発送に始まりいろいろやっていて、明日は泳ぐ車の最終撮影行で某所へチョイ遠征、その後も立て込む予定なので、本日午後は安息のひと時としています。

そんなことで、最近のあれこれを画像で振り返る企画です。

イメージ 1
リブロックガレーヂの長谷川さんが、3年ぶりに車検取得となった骨董L/R(キュリアスVol.7参照)の試運転がてら来訪されました。この満面の(無理した)笑みはやり遂げた男にのみ許される。
これほど継続検査で苦労したのは初めてという難物、聞くも涙、語るも涙のエピソードは次号の誌上で・・・といいたいところですが、やめておきます。

イメージ 2
この個体は、以前石川さんと試走に出かけた時に少し運転させてもらいましたが、こんなに手強い乗り味の四駆には出会ったことがありませんでした。同じ時代を生きたMB/GPW、少しあとのランクルやパトロールの数倍ハード。コンパクトで軽量なのに不思議です。長谷川さんも沼津から御殿場への20kmの行程でヘトヘト。



イメージ 3
6時間かけて廃バス見聞録を買い求めにこられたマニア氏のSJ30V-1型のドすっぴん極上車。
インバウンド輸送の貸切バスにぶつけられてトホホな話とかその他もろもろを聞き、来訪記念に近所の廃車体を案内しました。古バス趣味と四駆趣味の融合という私が超個人的に提唱する流れを痔で行く、もとい地で行く若人でありました。



イメージ 4
打って変わって三菱製四駆ワゴン新旧の図。モノコックパジェロはなんと手動変速で、初代〜二代目〜これと乗り継がれた山猫党の所有者は、バス趣味の師匠でもありキュリアス誌の協力者でもあります。この日は廃バスならぬ生バス探索に野郎4名で出掛けたのでした。

イメージ 5
偶然見つけたこの広場、ムムム〜っとな。廃墟のようで廃墟でなし。




イメージ 6
退役すると聞いてたのに退役しないカマド社の古参積載車。日産製ディーゼルバンを輸送するにはピッタリの風格、さすがはUD。カリカリいう新型キャンターじゃサマになりません。

イメージ 7
自動車病院の待合室で当ガレージの在庫車2台が轡を並べました。どっちが先に治療されるんでしょうか。

イメージ 8
あとから来たライトバンが先か。鉄チンがカッコイイなぁ。
若林メカから「程度いいねぇ〜」のお墨付きをもらいました。
でもロアアームのゴムブーツが一箇所切れているだけでASSY交換とは、実にとんでもねぇ設定です。日産ではゴム部品の寿命と鋼板を曲げた構造材の寿命が同じとされているのでしょう。さらにエスカレートしたら車両ASSYになる。

イメージ 9
 FF車のリヤサスってのは、なんとも抜けた感じがします。この手に多用されるトーションビーム式サスペンションは3リンクコイルリジッドとほぼ同じ動作ですが、一部ブッシュ類が省かれ、四駆のホーシングに相当するトーションビームの捻りたわみに依存しているようです。よく見るのは初めて。
簡易的ながらアンチロール効果もあり、ブッシュの寿命も気にせず、フリクションも少なく、ストロークを稼ぐわけでもないので良いんでしょう。理に叶ってはいてもなんだかつまらない。


イメージ 10
次の患者さんは4WDのファミリア婆さん。自動車の世界では昭和車ともなると後期高齢者です。
「こんなのもうないでしょう〜」と若林メカ。

イメージ 11
婆さんの脚線美がお見事。大衆車にラリー車の足ですよ。すごいぞBF系4WD。

イメージ 12
ここ5年以内っくらいに屁の出口も新調されているようです。ありがたいことです。
この車は次号林道紀行の撮影後に、お値打ちに販売するつもり。実走3万km台、車歴完備。
信州、それも北信出身なのに錆びていないのは、この車が頻繁に使われた時代には塩カルをほとんど撒かなかったということでしょうか。

イメージ 13
明日はこの撮影の続き。
小泉エディターは雨の心配をしていましたが、こいつは水陸両用ですぜ。
私としては暑いのも苦手だし、埃も立たないし、影も出ないし、観光客も少ないし、雨の撮影は好きです。担当記事は完成したので、カメラぶら下げ出掛けるのみ。

6月末発売、タイトルは「ポルシェの野戦乗用車 キューベル&シュビムワーゲン」で確定。
近々、amazonにもアップされるでしょう。










この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全301ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事