全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全299ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

4月22日

「当面、ブログでの情報発信は頻度が低くなります」
と昨日のブログに書いておきながら今日も書くのは、ヘソが胴回りを一周して真ん中についているからだと思います。なのでヘソ曲がりではありません。

本日は忘れがたい4月22日ですが、富士ヶ嶺に出かけました。カマド社のジムニーイベントに便乗してJA11Vの試走撮影でした。2時間ほど初心者向けのオフロードスクールで「悪い見本、良い見本」の実演等をしたのち、コースで色んな走り方を試します。「JA11はさんざん乗ったからな〜」と思っていても、じっくり乗ると気づくことが山ほどあったりします。

この超オンボロの個体の特徴は、超オンボロであることのほかに、超俊足であることが挙げられます。本当に速い。なんだこのF6Aは。だからといってトルクフルなのでもなく、とにかく回ってグイグイ引っ張るのです。まあ、クロカンでは役に立たない性格ですけどね。

イメージ 1
石川御大に「向こうの国の専門誌はカメラマンではなくドライバーを雇って、記事を書く人が自分で撮るんですよ」と教わりました。なので私もずっとそうしています。本当は予算がないだけですが、自分で撮るのも楽しみのうち。
そして、別の運転者にハンドルを預けることで、また違った感想を得られるかもしれません。もちろん、その車種のことを分かった人でないとピントはズレるでしょうが、今回は(今回も)ジムニー屋の旦那ですから大丈夫(ギャラもいらないし)。


イメージ 2
カマド鈑金部のシラス君も、なかなかやります。
平成クロカンの時期からすると、本当に過激な地形を、みんな難なく越えて行きます。

イメージ 3
細タイヤに棒バンパー、CCVステッカーを貼ったボコボコのナナマルやY60なんて1台も見ません。あのスタイルもオールドファッションとなりました。
この広い山裾に、まだ知らない廃バスが眠ってるんだろうなぁとか、そんな関係ないことも思ったり。

イメージ 4
フジガネの主、SJ10V。
みなさんご存知の右翼シビリアンも元気でしたが、入口脇に並んでいたオールドジムニーの群れは撤去されていました。
それにしても暑い。なんだか疲れてしまいました。


イメージ 5
林道撮影をしながら帰途に。
キュリアスも今後は、いや、今までもそうかもしれませんが、ゴリゴリクロカン路線ではないのだと思います。


イメージ 6
富士芝桜富士重工まつり開催中。今日はさほどでもありませんでしたが、連休の混雑がとんでもないことになります。
旧本栖ハイランドが会場の芝桜まつり渋滞で、国道139号が完全に麻痺するのです。自家用車で会場に行くのは本当に勘弁してもらいたい。






この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

キュリアスVol.14の案はだいぶ固まっておりまして、できあがった記事も少々。目下の悩みは林道紀行の行き先です。
毎号必ず載せねばならないこともないのでしょうが、なんやかんやでこれの制作は楽しいのですよ。作る人が楽しくなければ、四駆の楽しさは伝わらないという論理で進行しています。

前回の「天竜川を遡る」はテーマが壮大すぎて人も車も疲労困憊になってしまったので、今回は気軽な内容。

四駆に乗り始めの頃「近くの林道」というと、丹沢や奥多摩、あるいは伊豆とか富士北麓とか。しかし現在はほとんどが舗装か通行止めでしょう。まず一度、先遣隊を派遣して(自分のことですが)下見後に本番と参りますか。



さて、ようやく納品されました。CURIOUS-ZINE 004「廃バス見聞録2」です。
「1」は、すでに販売中です。
イメージ 1
定価700円(税別)
静岡ホビーショーで先行発売ののち、通販を開始いたします。書店、アマゾンでは取り扱いがありませんのでご注意ください。
カマド本社への電話問い合わせ・注文はご遠慮ください。当方からの折り返し電話もしていません。
中古車関連も含め、連絡方法は編集室へのメールまたはFAXのみということで、ご了承ください。

イメージ 2
ホビーショー当日までには第3弾も納品されます。現物がないので表紙データで公開。



イメージ 3
新規物件の撮影、かつて見た物件の再訪には、なぜかJ38を使いたくなります。ゲン担ぎなのか、いや実際ジープに乗って行くと成功率が高い。
そして訪問先でも歓迎されやすい、あの雰囲気。怪しい車の方が怪しまれないのは、まったくもって謎です。風間さんの言われるJ30系「おばさんキャラ」のなせる技でしょうか。



イメージ 4
明日は富士ヶ嶺オフロード〜近隣の林道でのJA11V試走撮影。1型のバンは12年くらい前に乗っていましたが、無茶の効く車です。
しかしこいつは、とてつもないボロだ。そのまま置いてくることにならぬよう。

イメージ 5
ひでぇタイヤだなぁ・・・。


当面、ブログでの情報発信は頻度が低くなります。
主にツイッター(@CURIOUS_49)で更新しますので、よろしくお願いします。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨日と今日の行路

イメージ 1
前回通ったのはBJ44Vで、24年前だった気がします。
すごい山の中に見えますが・・・林道紀行の撮影ではありません。ただの移動区間の寄り道。


イメージ 2
ジェミネット2、小田原城に現る。用事があったのはお城ではなく画像右手の『P 満』なのです。昔はこの場所に・・・。

イメージ 3
立て看板がありました。が、そこまで大昔のことを調べているのではありません。


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

キュリアスVol.14へ投稿のお願いです。

本誌の紹介記事において、実際に愛用している方からの投稿は、単調かつ冗長になりがちな誌面にスパイスを効かせてくれます。前号ではJ40系オーナーからの投稿を募りました。過去には初代パジェロでも募集しましたし、パジェロミニでは毎号の寄稿者さん1ページ丸ごと語っていただいた例もあります。

今回はJA11VまたはCです・・・が、なにしろ販売数の多い車種、オーナーも車の仕様も十人十色ならぬ万人万色っくらいはあるでしょう。各ジムニー専門誌でもオーナーの声や愛車紹介は多数企画されてきました。

本誌では

・生活車として使う方
・業務車として使う方
・道楽車として使う方

と、三つの視点からの見解が欲しいところ。我こそはという方は是非お願いします。ご自身の所有でなくても、どこかで見つけた「はたらくJA11」のリポートでも結構です。

内容としては「xxのリーフに変えてバンパーはxx製で」という市販パーツ取り付けを主体とした愛車紹介は避けたく。
JA11を生活の足、仕事の道具、野遊びの友として使用している(使用していた)様子をご披露願えればと思います。トラブル事例や、維持に関するエピソードなども。

画像は1~2点、JPGデータで、横幅2000ピクセル以上あればベストです。「画像が色々あるんだよう」という方は、少し多めに送信いただければ、こちらでセレクトします。車の前での記念写真などはご遠慮ください。
決まったスタイルはありません。前号J47の投稿ページを参考にして下さい。しかし文章の量はもっと多くなっても構いませんので、語ってください。ページの都合上、編集・カットする場合がありますがご了承を。

採用の方には掲載を持ってお知らせ・・・ではなく、連絡します。

イメージ 1
記事の主役は、こいつにする予定。
サビサビで車内もキッタナくて、冷房ないわ白煙吹くわ、タイヤはツルツルだわ社外マフラーがボーボー言うわのトンデモ物件ですが、1型のカタログ写真のようなスッピン車。


まずは4/22にカマド社ジムニー部門の走行会(富士ケ嶺オフロード)がありますので、そこに混じって悪路で試します。
当日、コースは一般営業していますから、見物がてら走りに来られても大丈夫なようです。場合によっては運転係や写真係に駆り出されるかもしれません。その場合、日当は出ません。「やりがい搾取」ってやつです。
当方は朝から参加して午後一くらいでドロンします。




先日投稿募集の「はたらく四駆」は少しずつ集まっています。ありがとうございます。

もう一点の「フォードGTBに関する投稿」は皆無です。どうやら国内に現存する個体は、取材に協力して下さった掛札氏と杉田氏が関わった個体だけかもしれないというのです。戦後10〜20年ほどの期間には放出後民間使用の個体が多数あったようですが、全て溶鉱炉に消えたと思われます。無念。

イメージ 2
こいつはジュピターかFC100か、はたまた4W73か。後ろ姿は車種不詳なGTB改。

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

 カマド本社の真ん前、県道394号にバスが走っていることは、カマド社のみんなも来訪するお客さんも、ふだん意識していなくても知っているんじゃないかと思います。三島線(御殿場駅〜三島駅)という基幹路線で、御殿場が拠点の富士急行と、沼津が拠点の富士急シティバスの共同運行。(かつては同一の会社だったのが分社化)
 全盛期からだいぶ便数を減らしても、まだ利用しやすい平日12.5往復、休日11.5往復の運行。これが本日4/1を最後に富士急シティバスが御殿場地区から撤退、富士急行の単独運行となり、1日5往復に大幅減便されます。たぶん会社のみんなは知らないでしょうなぁ。

 「マイカーの普及で路線バスが衰退」の流れは昭和40年代から始まって、バスは老人、学生、障がい者ほか免許のない人の利用が中心。カマド社でもバス通勤している人はいない。お客さんだって車屋に来るくらいだから、普段バスに乗らない方が大半でしょう。もちろん私だってバスに乗るのは「そのバスに乗りたい」ときだけなので、他人のことは言えませんが。
 
 モノは試しで会社からバス帰宅をしたら、車で25分の道のりを、御殿場駅からサファリパーク方面に乗り継いで、バス停から歩いて、計1時間半。運賃も4G53のガソリン代の3倍くらい。そして出勤時に乗ろうと思っても、始発便でも間に合わない。
 でも、もし本数が多くて、家の近所から1本で結んでくれて、首都圏みたいに均一料金220円だったら、週の半分はバス通勤もいいかなと。最新のエコカーだろうが、公共交通機関に勝るエコはない。事故を起こすリスクもない。寝て帰れる。

 それでも将来、公共交通機関が今より拡充する可能性は低いでしょう。本数が少なくなれば、さらに利用しなくなる悪循環。それとは逆に、自動車は家電製品のごとく使いやすく(しかし高価に)なるばかり。負のスパイラルは歯止めが利きません。我々車屋もこの流れに加担しているんですよね。
 ジドウウンテンとか言っても、じゃあ年金暮らしでそんなもん買えるのか?富士山麓の屈曲路も雪道も自動で走れるのか?
 国策がそんな方向ばかりを後押ししてたんじゃ、いつかツケが回ってきそうな気がします。かといって補助金で路線維持する方法もキリがない。アラフォー過ぎれば目も悪くなり、反応も鈍くなり、運転がだんだん億劫に。この劣化ペースで還暦になったらと思うと。

・・・ここはバスブログでなく四駆関連のブログなので、この辺で。せめて江戸方面には公共交通機関で出るようにはしています。

エイプリルフールのホラ吹き大会もアレなので、こんな話を書いてみました。

イメージ 1
カマド社の前を通過する、富士急シティバスのブルーリボン・ハイブリッドE2868号。この眺めも見納め。

イメージ 2
かまど下バス停を通過する富士急シティバスのそろそろ古参格。レインボーHRのE2162号。
本当は雲の向こうに富士山が。

イメージ 3
硬質な快音を響かせ、三島駅へ向かうUD-富士重のシティバスE8266号は元御殿場車。この車が御殿場まで登ってくることは、もうないでしょう。


この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全299ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事