関東甲信越 古バスの思ひ出

信州バスまつりの様子は次号キュリアスで!

全体表示

[ リスト ]

すでにツイッターでは宣伝しています。『廃バス見聞録3』が納品されました。『1』や『2』と合わせて、静岡ホビーショーのキュリアス編集室ブース、もといカマド社ブースの目玉商品としたいと思います。会場では消費税分オマケの1冊700円です。

イメージ 1

ひとまず『3』をもって廃バス関連は一旦終了ですが、今回好評であれば、秋のイベントに向けて最後の題材を『4』として放出します。今回もだいぶ積み残しが出てしまいましたし、まだ見に行っていない廃車体もあるんです。

制作中に思ったのは、私はけっして廃バスマニアではないということ。
あの時見たバス達、あるいは見に行きたかったのに叶わなかったバス達の、その後を追っかけてるんですよね。
ほかには、知っている古バスのもっとご先祖様に会いたいなんて動機もあったりします。

なので、馴染みのない地域のバスには言及しづらいのと、新たな廃車体の存在を知っても、あまり遠いと足が向かないことも。

内容は非常に限定的で同人誌的、部数をバンバン売ることは目的としていません。廃バスに対して、芸術性や侘び寂び、廃墟探索的な何かも求めていません。
方向性に共感していただける方、ぜひ読んでください!

・・・これじゃ、ぜんぜん宣伝になっていないですね。
でも、キュリアスのZINEシリーズは、初期に作った『はたらく四駆』も『鉄板ドアのジープ達』も、そんなコンセプトでした。

この記事に

閉じる コメント(2)

お疲れ様です。

目玉商品楽しみです!
私も廃バスに関しては似た方向性で、深くまで探りを入れるのは地元や思い入れのある会社のみ。
それ以外はその車種の記録として撮影する程度ですね。

2018/5/6(日) 午後 10:38 [ 1031 ] 返信する

顔アイコン

> 1031さん こんにちは。私の撮れなかった年代の廃車体たちも掲載できたのは、とてもありがたいことでした。
そうそう、馴染みのないバスは記録として撮影する程度・・・でもって、それがのちのち貴重になったり萌え萌えになったりするのですから、なんでも撮りますデジカメ時代です。ではホビーショーで。

2018/5/8(火) 午後 4:50 [ ポンコツ屋 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事