全体表示

[ リスト ]

先日ご紹介した関電トロリーバス・マニア向けツアーのさらに上を行くディープな旅。日にちは11/20です。

担当氏渾身の企画、驚くべきはトロリーバスを2台貸切にして、片方には客を乗せず、参加者が持ち込んだ録音機材だけを積んで走らせるというぶっ飛んだ考え。世の中の旅行会社もあの手この手でマニアのハーを掴む企画は考案するでしょうが、企画者自身が相当な好き者でなければ思いつきもしない内容ですなぁ。

なんせトロリーバスは鉄道な訳ですから、音鉄向け企画なのだと言います。
私は30年ほど前には重症な「音バス」を患っていて、小型のテレコに何種類かのステレオマイクを試しつつ、4R95や105改、5RA105&106、6RA111、MR470、BU10などの最後部席を陣取っていましたから、その思いがビンビンに伝わってきます。でも関電100/200形は録らなかったなぁ。

イメージ 2


御託はさておき、こちらをどうぞ。


イメージ 1

ところで、長野駅からの往復バスの車種についても触れられています。
北アルプス交通唯一のセレガってのが気になる。これは古参ですが貸切車なので、扇沢線には入らないのですよ。
いつか路線車に格下げされると踏んでいましたが、そうならずに役目を終えるようです。

申し込み方法は関電アメニックスへ直接電話でお願いします。
この番号、旅行会社のフロントではなく、銀色の渋いバスが並ぶ車庫の事務所の中に繋がるんでは?担当氏が直接対応されるようですし。
「あの〜、B905Nを使った音系のツアーはないのでしょうか?」とか聞いちゃダメですよ。

結構なペースの申し込みがあるようで、この内容に大興奮してしまいそうな人は早めの申し込みを。

【10/30追記】 定員に達したそうです。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんにちは

>トロリーバスを2台貸切にして、片方には客を乗せず、参加者が持ち込んだ録音機材だけを積んで走らせる〜
>北アルプス交通唯一のセレガ〜
これは凄い企画ですね。バス趣味に理解と企画を実行できる人でないとなかなか出来ないと思いました。
ナイス!です。

2018/10/27(土) 午前 9:49 [ takekyu ] 返信する

V VFインバータやら、なんちゃらモータの音は 私にはわからん世界でも、あの ホーンの音は しびれます。
9月に家族で乗って 何秒かの動画を撮ったんですが、スマホの オマケみたいなカメラとマイクでも ほれぼれする音色。

こんな音のホーンを車につけても エコーでは車検 バツ でしょうね。
(そもそも こんなホーン自体を市販してないでしょうし。)

この秋 もう一度行きたいと思ってましたが 女房と義父が、体調を崩し 叶いません。
残念ですが ネット検索で楽しみます。

2018/10/27(土) 午後 1:40 [ jud*****ぷりんす ] 返信する

顔アイコン

> takekyuさん これはきっとバス趣味に理解というより、そういった趣味の当事者なのではと。うまい料理を人に薦めるには、そのうまさを知らない伝わらないということでしょうねぇ。

2018/10/29(月) 午前 9:42 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> ぷりんすさん 内燃機関フェチなので今までVVVFインバーターの音は意識していませんでしたが、先月乗りに行って理解できました。ホーンの音、気になって来ました。
鳴りかたが一定で音量が規定値なら車に付けても大丈夫かと。私も先月で乗り納めでしょう。これから行く方、楽しんできてください。

2018/10/29(月) 午前 9:45 [ ポンコツ屋 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事