関東甲信越 古バスの思ひ出

信州バスまつりの様子は次号キュリアスで!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全58ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

各バス会社で復刻塗装を行うことが増えていて、その車体に会社の歴史を重ねる素晴らしい流れだと思いますが、実は私自身はさほど興味があるわけでもありません。
むしろ松電BU10Kの残党がアルピコカラーに化けたり、古臭いMR410などが、相鉄バスや都営バスで当時なりの最先端だったストライプを纏ったりするのが、時代の流れに身を任せた老兵的な哀愁があって好きでした。

まあ、そんなことを考えるなら、時を経ても変えようがないほどよく出来た北アルプス交通カラーとか、伝統の富士急グリーンベルトなどがベストなのはいうまでもありません。

ところがどっこい、先日遭遇したJRバス関東の国鉄塗装にはヤラれました。上田交通みたいな東急バスを二子玉川で見た時以来の衝撃。
いかにも国鉄バスらしい車種セレクトも含め、ハートをむんずと掴まれたんです。これがエルガだったら掴まれない自信はありますし、エアロスターでも弱い。やっぱりUD-富士でないと。

イメージ 1
この日の運用は南アルプス・ジオライナーでした。西工RAの5503号が専属と思い込んでいたので、時刻の下調べをしていません。
そんな具合なので、茅野駅で遭遇して車を駐車できず撮り逃がしてからもルート上でうまくタイミングが合わず、高遠の市街地まで進んで待つことに。

ほどなくして現れたそのお姿には、ムムム〜と唸るのみ。このオーラは凄い。久しぶりに唸ってしまうほど素敵なバスを見た気がします。
以前も書いた通り、お目当てのバスが遠くから現れる瞬間が至高の時です。うまく言い表せませんが。

イメージ 14
昨シーズンは、5503の西工がジオライナー張り付きだったんですがね。UD-富士が花形路線に返り咲きとは。

イメージ 2
高遠城跡をかすめ、南アルプスへ。「国鉄の4R」の直系子孫が正装で観光路線を走る、そんな印象。

イメージ 3
終点の仙流荘から回送で戻ります。キュリアス13の林道紀行にも登場した旧三峰川橋の橋塔を入れてパチリと一枚(本当はひどく連写)。

イメージ 6



イメージ 4
伊那市内のイベント取材を終えて界隈を散策しますと、やってくるJRバスは全てUD車で、中型では富士が主力。いいですねぇ。

イメージ 5
これは高遠駅での様子。
夕方のジオライナーを撮りに、ここから15分ほどの仙流荘へ移動します。



イメージ 7
17:00仙流荘発。その直前に出て行くパノラマライナーも中型のUD-富士でした。
WEB上で仕入れた情報から、セレガなどが使われると思い込んでいました。

イメージ 8
今さら乗ることもできないので、いつか乗ると誓って撮りまくります。そうするしかないのです。
車内のお客さんにジェラシー。


イメージ 9


イメージ 10
結局、茅野駅まで追ってしまいました。そして駅に進入してくる肝心な場面を、公衆便所に入っていて逃すという失態。コーヒーなんて飲まなきゃ良かったんです。もうコーヒーは嫌いだ。

イメージ 11
2年前に撮った塗装変更前の姿。この時も気になった車両でしたが今回は注目度250%アップ。JRバス関東さんの心憎い、そしてツボを押さえた演出に感謝いたします。



気付けば開催が迫っています。あと4回寝たらバスまつりじゃないか。寝れっかな?
取材と書籍搬入という重要な仕事もありますが、なんだかもう。

イメージ 12




本題と関係ありませんが2016年の夏に撮った、渋い伊那バスを。

イメージ 13

この車はもういません。なのでバスまつりにも来ようがありません。残念・・・。



この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

まだ完全終了ではないですが、先週末で真夏ダイヤが終わりましたので、登山シーズンも終了です。
富士山には、吉田口、御殿場口、須走口、富士宮口と4つの登山ルートがあり、すべて富士急グループのバスが駐車場からのシャトルや、最寄駅からの路線バスを運行しています。
使われる車両は黒煙モクモクでは塩梅が悪いのでしょう。ツーステップの名車たちが走ることはありませんが、たまに富士-新7Eの味わい深きUD車ならやって来ますし、1S・1Mと呼ばれる富士ボディ最後の観光タイプも、数を減らしてはいますがV8サウンドを聴かせてくれます。西工RAは、まだまだ主力級。

イメージ 1
富士山駅・河口湖駅からスバルライン経由五合目行き。ブルリ2とかエルガの場合もあります。この手の観光型のほうが旅気分は盛り上がりますね。
山梨バス所属の富士ボディは、この先も見ることができるんでしょうか。

イメージ 2
これは河口湖駅〜三島駅の特急バスで、登山バスじゃありません。でも、登山客用の北麓駐車場を経由して行きます。富士重観光タイプの多数残る、シティバス担当。


イメージ 3
御殿場駅〜須走口は、運が良ければ青富士社紋の、マニアにはすっかりお馴染みG8139が。
なんというか、今のセレガあたりより重厚というか、素人目にもゴージャスな印象。


イメージ 4
私としては近所のバス、富士宮口への路線がお馴染みです。通勤途中でも捉えますので、車両の動向もわかりやすい。E8268は、たまにやってきます。これは水ケ塚駐車場から三島駅への準急運用。


イメージ 5
エルガなんてのは新しいから・・・といっていると、もうLV280だと首都圏では風前の灯だそうで。
これとか、先の82xx番台のUA452は、黒煙をまるで吐かないように見えます。元の規制値が厳しいのもありますが、噴射ポンプもリビルドしたり手を講じているんでしょう。この先も活躍を期待したいなぁ。


イメージ 6
夏の終わり、水ケ塚に行くと、少し遅延気味で滑り込んできたUDに歓喜!!
こういうのが1台だけでも撮れれば、朝から動き回った甲斐があったってもんです。

イメージ 7
いーなーいーなー、E8268で五合目行きたいなー。特急表示も誇らしげですよ。


私は登山バスを眺めるなら水ケ塚が一番と思っています。
富士急行の御殿場口便が経由したり、富士急シティバスと富士急静岡バスも見ることができます。



少し下って遊園地ぐりんぱまで行けば、こういう奇跡が・・・滅多にないですけどね。
偶然遭遇できるのは、宝くじの3等くらいの確率でしょう。
イメージ 11

イメージ 12
静岡バスの至宝W5560、タマランです。



水ケ塚の時刻表を掲載します。今シーズンはもうおしまいですが。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 13
昨晩の水ケ塚。19:30五合目行きシャトルバス(最終の1本前)。
台風が近づいているのに、こんなに登山客がいるとは。ほぼ定員でしょうか。



富士急関連のおまけ。

イメージ 14
ある日の吉原中央駅。大月線に、なぜか富士宮所属のW3495が!!
乗るべきか撮るべきか決めかねて右往左往しているうちに出発・・・。

イメージ 15
・・・すると、今度はW1291が中野線に。もう訳がわかりません。
思わず乗務員さんに「このバスがココ来るって珍しいですよね?」と尋ねてしまいました。
ややキョドッてしまったので、怪しいオタクと思われたはずです。

イメージ 16
この2台のホームグラウンド・富士宮駅で、先発の大月線W3495と。そして2台とも入庫して行きました。不思議な運用は総火演の余波なのでしょうか。


イメージ 17
これも大事。もう撮らなきゃまずいだろうと思っていた矢先、山梨のお仲間は天に召されてしまいました。
はたして静岡の一群は今後どうなるのでしょう。ガスタンク検査を継続するなんてことはあるのでしょうか?
CNG-UAの83~84xx番台はタイムリミットが迫っています。

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

「速報版」と題した正式な告知が発表されましたねぇ。
「正式版」も出てくるのでしょうか。

 「12:00~12:30 レトロバス撮影タイム」とありますが、前回はここで名車の乱入と奇跡の並びがあり、涙したのでありました。まったくもう、とんだ色仕掛け(?)ですよ。




イメージ 1


上田駅と信濃国分寺駅から15分間隔でシャトルバス・・・アルピコ便が投入されれば往年の国道上田線を再現ということでエライこっちゃなんですが、さすがにそれはないでしょう。
「小諸駅 ジャスコ」の手書き幕を思い出しながら、往年の佐久上田線4R95を思い出しつつ、元カナMPや遠鉄MP、東急UA、古参ミディに揺られましょう。車で近くまで乗りつけるのは、粋とは言えません。


イメージ 2
私は丸子駅からBA20に乗って行こうかな・・・。いや、臼田から延々とBU05Dがいいか。
30年前に信州バスまつりが開催されていたなら、展示車やシャトルバスはどんな陣容になっていたのでしょう。想像するだけで百草丸が3瓶は必要になります。


この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

皆さまお待ちかね。2年に一度のお楽しみ。2018年の信州バスまつりの日程が決まりました。
正式なプレスリリースも近々に始まると思います。まずは予告編的にお知らせする次第。

なんの本か分からない四駆道楽専門誌でもリポートを掲載していますが、前回は大興奮のあまり誌面どころか裏表紙の私的流用をしてしまいました、H-897。

イメージ 1

Vol.14は締め切りの関係でリポート掲載がギリギリ間に合わない感じ。それに合わせ発売を遅らせるのは職権濫用が過ぎますので・・・しかし私はすでに浮き足立っております。
なにが展示されるのか?前々回の信南MP、前回のアルピコ58MCやくろべ50のような、涙を誘う演出はあるのか?

イメージ 12

初めて東信地区での開催です。他地域のマニアックな皆様は『信州古バス見聞録』の第5章、P78〜107をご覧いただき、今の景色と重ね合わせる信州探訪を強くお勧めいたします。

日程は2018年9月16日、場所は蒼久保に移転した上田バス本社営業所にて。
開催時間、アクセスなどの詳細は公式を待たれたし。

主催は長野県バス協会です。

くれぐれも展示内容その他いろいろを上田バスさんに問い合わせないこと。くれぐれもお願いしますよ!!






ここからは第4回の様子を画像で復習し、開催を指折り待ちましょう。

イメージ 2
国道18号を行き交う車をパニックに陥れた魔物。

イメージ 3
これが遠くに見えた時、私は震えがきました。

イメージ 4
もくちゃんは上田まで遠征してくれるのでしょうか。

イメージ 5
今回の気分は鹿教湯温泉です。

イメージ 6
主役の座は決定でしょう。

イメージ 7
鼻つき丸尻軍団も目が離せない。真田の里へようこそ。

イメージ 8
涙涙・・・その1

イメージ 9
前回のハイライト、すぐに走り去ってしまった45321号。

イメージ 10
「なにが登場するのか?」「シャトルバスはどうなるか?」 予想ゲームはどうしますか?
イメージ 11
今回はアルピコ・長電陣営ではなかろうなぁ。上田駅前に出入りする様子は想像できない(想像したら興奮する)。


イメージ 13
会場に留まっていて欲しい一群。UD-7Eも色替えされてご存命のはず。
シャトルに出ていたら、それはそれで選んで乗るしか。

イメージ 14
ミディは上田界隈の主力です。幕車も残っていたはず。輸送力を生かすなら元カナ軍団か。

イメージ 15
ウルトラC・・・たぶん来ないな。とても良いV8車です。

勝手に予想ゲームを始めてしまいました。ではまた。


イメージ 16
便乗宣伝です。書店注文可、アマゾン注文可。



この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

静岡ホビーショーから1週間が経ちました。ゆっくりしていると忘れられちゃいそうなので、本日から通販を承ります。公式サイト内ショッピングカートにアップしました。
おおむね、ご注文から4日以内にメール便で発送します。

http://www.w-m-g.jp/curious/

編集室のほか、福山自動車時計博物館さん、東京堂模型店さん(長野市)、模索堂さん(新宿区)でも店頭販売しています。

イメージ 2
買ってから後悔されないために「2」の前書き部分を載せておきます。
爽やかカメラ男子的な人には理解できないでしょう。無理だと思います。
長年走り続け、今なおカタチを残す廃車体に価値を見出し、敬意を払うバス好きの方に読んでいただきたく。

読者層を極めて絞った同人誌=思いを「同」じくする「人」への「誌」面と思って作りました。


イメージ 1
これは結局掲載しなかった松電525号。新製配置直後の活躍ぶりは、信州古バス見聞録でチラッと。どのページか探してみてください。

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

全58ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事