関東甲信越 古バスの思ひ出

信州バスまつりの様子は次号キュリアスで!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

各バス会社で復刻塗装を行うことが増えていて、その車体に会社の歴史を重ねる素晴らしい流れだと思いますが、実は私自身はさほど興味があるわけでもありません。
むしろ松電BU10Kの残党がアルピコカラーに化けたり、古臭いMR410などが、相鉄バスや都営バスで当時なりの最先端だったストライプを纏ったりするのが、時代の流れに身を任せた老兵的な哀愁があって好きでした。

まあ、そんなことを考えるなら、時を経ても変えようがないほどよく出来た北アルプス交通カラーとか、伝統の富士急グリーンベルトなどがベストなのはいうまでもありません。

ところがどっこい、先日遭遇したJRバス関東の国鉄塗装にはヤラれました。上田交通みたいな東急バスを二子玉川で見た時以来の衝撃。
いかにも国鉄バスらしい車種セレクトも含め、ハートをむんずと掴まれたんです。これがエルガだったら掴まれない自信はありますし、エアロスターでも弱い。やっぱりUD-富士でないと。

イメージ 1
この日の運用は南アルプス・ジオライナーでした。西工RAの5503号が専属と思い込んでいたので、時刻の下調べをしていません。
そんな具合なので、茅野駅で遭遇して車を駐車できず撮り逃がしてからもルート上でうまくタイミングが合わず、高遠の市街地まで進んで待つことに。

ほどなくして現れたそのお姿には、ムムム〜と唸るのみ。このオーラは凄い。久しぶりに唸ってしまうほど素敵なバスを見た気がします。
以前も書いた通り、お目当てのバスが遠くから現れる瞬間が至高の時です。うまく言い表せませんが。

イメージ 14
昨シーズンは、5503の西工がジオライナー張り付きだったんですがね。UD-富士が花形路線に返り咲きとは。

イメージ 2
高遠城跡をかすめ、南アルプスへ。「国鉄の4R」の直系子孫が正装で観光路線を走る、そんな印象。

イメージ 3
終点の仙流荘から回送で戻ります。キュリアス13の林道紀行にも登場した旧三峰川橋の橋塔を入れてパチリと一枚(本当はひどく連写)。

イメージ 6



イメージ 4
伊那市内のイベント取材を終えて界隈を散策しますと、やってくるJRバスは全てUD車で、中型では富士が主力。いいですねぇ。

イメージ 5
これは高遠駅での様子。
夕方のジオライナーを撮りに、ここから15分ほどの仙流荘へ移動します。



イメージ 7
17:00仙流荘発。その直前に出て行くパノラマライナーも中型のUD-富士でした。
WEB上で仕入れた情報から、セレガなどが使われると思い込んでいました。

イメージ 8
今さら乗ることもできないので、いつか乗ると誓って撮りまくります。そうするしかないのです。
車内のお客さんにジェラシー。


イメージ 9


イメージ 10
結局、茅野駅まで追ってしまいました。そして駅に進入してくる肝心な場面を、公衆便所に入っていて逃すという失態。コーヒーなんて飲まなきゃ良かったんです。もうコーヒーは嫌いだ。

イメージ 11
2年前に撮った塗装変更前の姿。この時も気になった車両でしたが今回は注目度250%アップ。JRバス関東さんの心憎い、そしてツボを押さえた演出に感謝いたします。



気付けば開催が迫っています。あと4回寝たらバスまつりじゃないか。寝れっかな?
取材と書籍搬入という重要な仕事もありますが、なんだかもう。

イメージ 12




本題と関係ありませんが2016年の夏に撮った、渋い伊那バスを。

イメージ 13

この車はもういません。なのでバスまつりにも来ようがありません。残念・・・。



この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事