関東甲信越 古バスの思ひ出

次の廃バス見聞録はとうぶん先です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

まだ完全終了ではないですが、先週末で真夏ダイヤが終わりましたので、登山シーズンも終了です。
富士山には、吉田口、御殿場口、須走口、富士宮口と4つの登山ルートがあり、すべて富士急グループのバスが駐車場からのシャトルや、最寄駅からの路線バスを運行しています。
使われる車両は黒煙モクモクでは塩梅が悪いのでしょう。ツーステップの名車たちが走ることはありませんが、たまに富士-新7Eの味わい深きUD車ならやって来ますし、1S・1Mと呼ばれる富士ボディ最後の観光タイプも、数を減らしてはいますがV8サウンドを聴かせてくれます。西工RAは、まだまだ主力級。

イメージ 1
富士山駅・河口湖駅からスバルライン経由五合目行き。ブルリ2とかエルガの場合もあります。この手の観光型のほうが旅気分は盛り上がりますね。
山梨バス所属の富士ボディは、この先も見ることができるんでしょうか。

イメージ 2
これは河口湖駅〜三島駅の特急バスで、登山バスじゃありません。でも、登山客用の北麓駐車場を経由して行きます。富士重観光タイプの多数残る、シティバス担当。


イメージ 3
御殿場駅〜須走口は、運が良ければ青富士社紋の、マニアにはすっかりお馴染みG8139が。
なんというか、今のセレガあたりより重厚というか、素人目にもゴージャスな印象。


イメージ 4
私としては近所のバス、富士宮口への路線がお馴染みです。通勤途中でも捉えますので、車両の動向もわかりやすい。E8268は、たまにやってきます。これは水ケ塚駐車場から三島駅への準急運用。


イメージ 5
エルガなんてのは新しいから・・・といっていると、もうLV280だと首都圏では風前の灯だそうで。
これとか、先の82xx番台のUA452は、黒煙をまるで吐かないように見えます。元の規制値が厳しいのもありますが、噴射ポンプもリビルドしたり手を講じているんでしょう。この先も活躍を期待したいなぁ。


イメージ 6
夏の終わり、水ケ塚に行くと、少し遅延気味で滑り込んできたUDに歓喜!!
こういうのが1台だけでも撮れれば、朝から動き回った甲斐があったってもんです。

イメージ 7
いーなーいーなー、E8268で五合目行きたいなー。特急表示も誇らしげですよ。


私は登山バスを眺めるなら水ケ塚が一番と思っています。
富士急行の御殿場口便が経由したり、富士急シティバスと富士急静岡バスも見ることができます。



少し下って遊園地ぐりんぱまで行けば、こういう奇跡が・・・滅多にないですけどね。
偶然遭遇できるのは、宝くじの3等くらいの確率でしょう。
イメージ 11

イメージ 12
静岡バスの至宝W5560、タマランです。



水ケ塚の時刻表を掲載します。今シーズンはもうおしまいですが。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 13
昨晩の水ケ塚。19:30五合目行きシャトルバス(最終の1本前)。
台風が近づいているのに、こんなに登山客がいるとは。ほぼ定員でしょうか。



富士急関連のおまけ。

イメージ 14
ある日の吉原中央駅。大月線に、なぜか富士宮所属のW3495が!!
乗るべきか撮るべきか決めかねて右往左往しているうちに出発・・・。

イメージ 15
・・・すると、今度はW1291が中野線に。もう訳がわかりません。
思わず乗務員さんに「このバスがココ来るって珍しいですよね?」と尋ねてしまいました。
ややキョドッてしまったので、怪しいオタクと思われたはずです。

イメージ 16
この2台のホームグラウンド・富士宮駅で、先発の大月線W3495と。そして2台とも入庫して行きました。不思議な運用は総火演の余波なのでしょうか。


イメージ 17
これも大事。もう撮らなきゃまずいだろうと思っていた矢先、山梨のお仲間は天に召されてしまいました。
はたして静岡の一群は今後どうなるのでしょう。ガスタンク検査を継続するなんてことはあるのでしょうか?
CNG-UAの83~84xx番台はタイムリミットが迫っています。

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事