関東甲信越 古バスの思ひ出

次の廃バス見聞録はとうぶん先です。

古バスの与太話

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

バスフェス@すばしり

本日出社するとかまど社のウチダ常務が「こんなのあるよ」と教えてくれました。御殿場小山の地元紙『岳麓新聞』から。
イメージ 1
あくまで街づくりと公共交通への理解が主題ですので、でかいレンズぶら下げたバスマニアが展示車ばかりに夢中になっていたら場違いだと思いますので、念のため。
同日、私は某所での簡易サルベージの取材のため、会場へは行けそうにありません。残念。

それにしても、常務はバスイベント情報教えてくれるし、レッカー部の皆さんは出動先で廃バス探してきてくれるし、良い職場です。



イメージ 5
同日の訪問地を電脳装置で下見。この藪の中に・・・バスではないですよ。キュリアス関連の総輪駆動車。
引き上げ作業自体は至極カンタンだそうです(所有者談)。



ここからの画像は全然関係ありません。
USBメモリを漁っていたら出てきた、ちょっと懐かしくなりつつある画像。G8266は標準色に戻り、現在は沼津で活躍中です。あとの2台は鬼籍入り。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨年11月のお台場旧車天国で「廃バス見聞録1」を売り出して2ヶ月半、その後いろいろなつながりができまして、これまた貴重な情報をお教えいただいたりと、現役バスを追う余裕もありませんでした。
新規物件の探索、何年も前に見た廃車体の現存確認などで撮った車種をリストアップすると以下のように。

BU05/BU05D/BU04/BU10KP
B905N/MR520/MAR410/MAR490
RB10/RB10P/RC100P/RC300/RC300P
RE100/RE120/RE101
5RA110/4R94/UR690
各種マイクロ&中型

同一形式の中に複数台あったりして、実際は30台近く見て回りました。全てを収録することはなさそうですが、かつて撮り溜めた写真を優先的に採用して「廃バス見聞録2」を企画中。マニアックな皆さんの予想を右斜め左方向に裏切るセレクトでお送りしたいと思いますが、はたしてどうなりますか。
もっとも「1」がもう少し売れてくれないと印刷代が捻出しづらいので、様子を伺いながらの見切り発車です。と言いつつ掲載分の洗い出し作業は完了。皆さま乞うご期待。

イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

それはさておき、年末から各方面の現役古参バスの引退が相次ぎました。なんとも悲しいことです。
アルピコ交通では長野地区からツーステップ車が全滅(戸隠キュービックのみ残る)。
そしてついに諏訪地区にもエルガ投入、押し出されたのはどの個体でしょうか。MPでなければ良いのですが。
上田バスでは東急7Eの片割れもおしまい。残るは1台に。千曲バスは把握できていませんが、とっくのとうに臨港7Eも終わったでしょう。北アルプス交通最後の熊猫、くろべ51も一足早く引退したそうです。

当地富士山麓では御殿場のUD-7E、G8264と8266が沼津へ転属し、こちらに残るのはG8265のみ(G8091も一応いる)。そして沼津のMPが2台廃車。湘南のMPも2台廃車となりましたので、一気に4台も名物車が減りました。山梨のMP2台はバスロケに出なくなりました。生きているのだろうか。

イメージ 6
シティバスへ転属した8266が御殿場へ登ってくるの図。当地にいる時より動きは活発なようです。

唯一の吉報は、あのF1453が車検継続、続投中らしいということです。
イメージ 7
最後に路線運用シーンを見たのは、11月の山中湖でした。その後は健康科学大学便で一度っきり。ほとんど車庫で寝ているようです。


そして神奈中のな119とな102の引退、神奈中から富士重が全滅……この車は以前、中山駅〜三保界隈で撮影&乗車できています。

相鉄旭営業所のLV-7E全滅、ことあるごとに撮ったり乗ったりしましたが、むかし初めて7Eに遭遇したのが相鉄バスでしたので、ラストランは見ておきたかったなと。すでに手遅れ。
都営バスからも富士重全滅だそうですが、これは個人的には馴染み薄め。なんでも追い掛けていたらもちません。

現役古参車の引退はもう少し続きそうな気がします。油断大敵、情報が命。



この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

イメージ 6

今日は首都圏最後の4Rの命日ですね。28年前、いよいよ最後と半ベソかきそうになりながら渋21でラストランに乗ったことが思い出されます。

それはさておき、今週末、鉄道博物館で興味深いイベントが開催されるようです。
過去数回行われましたが、私は見に行けずにおりました。今回は内容がバス・鉄道に限らずということで、物見遊山かはたまた取材か、ちょっくら出かけるつもりでおります。
ところで大宮ってどう行くんだろう?「京浜東北の終点」というあたりで知識が止まっています。鉄博に車で行くのも無粋ってもんだしなぁ・・・。

これです。




画像は本題と関係なし。先月の長野周遊バス撮り旅の終盤、国道18号線の軽井沢近辺で私を歓喜させた一台であります。窓内に「路線バス」と札が出ていますが、スクールバスです。
イメージ 1
「おお!お前、生きていたのか!!」 


イメージ 2
バリバリ ズドドドド〜っと、UA460あたりとは別物のV8サウンド。4Rにゃかないませんが素敵です。

イメージ 5
2年前の夏、長久保支所で活躍していた頃・・・。
「上田〜姫木平中央」の路線は、もうちょっと足を伸ばせば白樺湖で諏訪バスに繋がるのになぁという惜しい感じで終点でした。(丸子で撮影)


//////////////////////////////


こちらは最近、うちの近所のガチャガチャで売っている品物。
イメージ 3

イメージ 4
絵柄は4種類ありまして、今回は中吉と小吉が出ました。エルガのグリーンベルト色が欲しかったな。まあ、深追いは禁物です。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

かつて4R105やMR410を夢中で撮っていた頃の愛用カメラがEOS650だった話は、信州古バス見聞録の『道具の話』に書きましたとおり。いやホント、ファインダーを通して旧世代爆音モノコック車を追うことができたんだ、あの頃は。
 
それが長いブランクを経て、生産終了直後に処分価格で買ったD90を4年ほど愛用しています。私はいまだに「フィルムがもったいない」と思って連写しないタイプなので、総ショット数は12000程度。最近ようやく馴染んできた感があって、カメラが言うことを聞いてくれるようになりました。
一応は名機と呼ばれた中級機なので、多少の癖はありながらも操作性は良いので、チョイと条件を整えれば幻のRA53Nも名車MP218Kも非常にきれいにイケます。
RAWで撮って現像でいじってということはしないJPEG撮って出し派なので「どうやって撮るか」の一発勝負。それでも「晴天のアルピコ」とか「早朝の富士急」とか「雪の上田」とかの調整が分かってくれば問題なし。
 
それ以前にはワゴンセールで買ったオリンパスE-410という入門機を使っていたのですが、同時所有していたコンデジ(ニコンP6000)の画質が極めて私好みだったので、出番は少なく。そもそもこの頃はまだバス撮影が復活しておらず、もっぱら仕事用で低画質固定の可哀想な使い方でした。
 
さらにもう一台一眼レフがあるのですが、こちらは嫁さんからもらった(OM-Dを買ったので放出された)D80です。D90の先代に当たる2006年発売の旧世代機で、センサーはCMOSじゃなくてCCDだし1020万画素だしで、ここ一番という撮影には使っていませんでした・・・が、D90に故障したときのため、予備車として随行させてはおりました。
イメージ 1
◆左からE-410、D80、D90
 
 
ところがこのD80を、ふと思い立ってたまに使うのですが中々悪くない。D90より癖が少ないんじゃないかと思うときもある。ただし、暗くなると一気に駄目になるし、レスポンスが違うので走っているバスならD90の方が具合が良い。となればD7100とかD7200なんて大町アルペンラインぶっ飛ばしてくる「くろべ50」もカリッと撮れちゃうんかなぁと思うのですが、この主力車と予備車が元気なうちは活用したいな、と。
 
 
◆以下、D80による写真。JPG FINE Lサイズ 25%まで縮小してアップ
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 7
 
イメージ 6
下の2枚は間違って「VIVID」なんていう色調設定にしてしまったので、派手すぎますね。
 
 
イメージ 8
撮影には「車内用」「人が多くて恥ずかしいとき用」「銘板用」「盗撮用!?」としてコンデジも持って行きます。でも「動画用」という役目が一番多かったりします。
6年愛用のP6000はタフです。色も自然、画質も及第点、逆光など難条件にも強い。でも決定的にレスポンスが悪い。
昨年導入したFUJIのXQ-1は、世間様の評判は良いらしいのですが、逆光やコントラストの強い場面にめっぽう弱い。ソフトの設定にしても晴れていたらギラギラのガチガチ。発色も派手。人物や景色をきれいに撮れることと、バスをうまく撮れるのは違うようです。AFの速さはべらぼうなんですがね。
 
ああ、バスを撮るの一番良いカメラってなんなんだろう。結局ウデを磨きやがれという結論に至るのは分かっているのですが。
 
 
 

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

このブログを自分で読み返すと、20数年も封印していた古バス趣味が再燃したのは2010年秋だったようです。
その時は昔のアルバムをひっくり返して在りし日のUD-2サイクルの姿に涙するばかりで、街行くスケルトンなんて眼中なかったのですが、今では生き残りの呉羽や7Eのケツを追っかけ回す始末。
良いのか悪いのか分かりませんが、これじゃ必然的にあと数年で収束する流れになってしまいます。
 
 
PC上の画像を整理して出てきたこの写真・・・
イメージ 1
日付は2010年11月17日、通勤途中で前を走っていた箱根登山。たった3年前、近所にもこんなのがいたんですねぇ。
何気なく撮った一枚で、追っかける気なんてサラサラなくて、試し撮り程度。古いという認識もなく、ああモッタイナイ。今なら 「遅刻も辞さず」 の勢いで追いかけるでしょう。
 
たった3年前、されど3年前。
きっと軽井沢に行けばRCがいて、松本に行けばMP118がいて、川中島のメモリアル2台も間に合ったか?まだ5Eもあちこち走っていたのでしょう。バスの命は短いのです。
 
 

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事