関東甲信越 古バスの思ひ出

次の廃バス見聞録はとうぶん先です。

東急の古バス

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

昨日は東急バス公式ツイッターに新羽車4R104の画像が上がっていたので、今日1月5日は新羽車4R105改の三面写真などをワタクシめが。そして撮影日は昭和63年の1月5日だったりします。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
いやいや、三面写真を撮るなら左側だろ!! と思うのですが、中学1年生の作品ゆえ。
ちなみにキュリアス誌の場合、三面写真は右側からで正解。もちろんバスでなく四駆の話です。
ちなみに私は、バスマニアがよく使う「公式側」「非公式側」の言葉が馴染めなくて、使いません。公式写真が左斜め前からだからそう言うのかな。

この日の新羽営業所訪問ではビッグサプライズがありました。それは過去記事で触れているので省略します。
気さくな助役さん(かな?)とダンディな運転士さん(2枚目の左端に写っている)には、30年経っても感謝の気持ちが薄れません。

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

こちらは首都圏の皆様にお知らせです。いやいや富士山麓や信州に住んでいても、北海道や九州の人でも見学は自由ですので、皆様ぜひどうぞ!!

今回は、東京急行の自動車部門から「東急バス」となって四半世紀、そのお祝いでもあります。
情けない話ではありますが、私のバス好きの原点である当時の東京急行が「東急バス」になっていたことを知ったのは、たった4~5年前のことでした。新車と思っていたU33Kはとっくに過去帳入りし、思い出の大橋営業所は首都高のジャンクションに。時の流れは無常と思いきや、また深みにハマって行くわけでして。

まずは概略です。「報道発表資料」ということは、これを元にリライトして発表するのが我々の仕事かもしれませんがが、ノッテちゃんも大小11台(人?匹?)写っているので、ひとつお願いします。
イメージ 1
展示車両は観光・高速連絡・高速乗合・一般路線の各種バスに加え、安全運転訓練車も公開。これには一度高津で遭遇しましたが、中までは見ることができませんでしたねぇ。西工UDの高出力車だったかと。

各種グッズの販売はもちろん、方向幕等の部品販売もあります(一部はオークション形式かもしれないそうです)バーゲンセールのオバちゃん連中みたいに金切り声をあげて取り合わないよう、スマートにお願いします。徹夜での行列は禁止ということです。過去にそんな人がいたのでしょうか。
また、残念ながら犬猫の参加はできません。禁煙禁酒、場内での食事はご遠慮ください。飲み物はバス車内を除き、ご自由に。

それから写真撮影が主目的のマニアも多いと思います。常識派の方にはアッタリ前田のことですが、規模の大きなイベントですので念のため、資料を元に記します。

・他の参加者を撮らないこと (背景に写り込むのはしょうがない)
・指定された対象以外を撮らないこと (撮ってはならぬ物は色々ある)
・他の来場者の迷惑にならない撮影方法で (これができないと今後に響くぞ)


会場アクセスは市営地下鉄新羽駅からトボトボ歩く方法もありますが、せっかくなのでバスに乗るのが粋ってもんです。

【綱島駅から以下のバスで、2番のりばから】
綱71 勝田折り返し所行き
綱72 新横浜駅行き
綱79 新羽営業所行き



★ 開催を記念して手持ちの東急写真を並べちゃいます ★

イメージ 2
これが会場の新羽営業所です。

イメージ 3
これも新羽で撮影。NI 1255 素敵な車でした。

イメージ 7
新羽営業所は、当時の私にとって悲しみの地でもありました。各営業所から集められた廃車の留置に使われていたのです。

イメージ 5
池上といえばMR410・・・と勝手に思っていました。I 43です。


イメージ 4
渋谷駅で撮影 O 1258  無敵の一台。痺れます。

イメージ 6
大森操車場のいつもの光景。のどかだなぁ。



この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

一週間が経ちます。仲間からのお誘いのおかげで、東急最後のUD-富士(東急といえばUD-富士!)のラストランに立ち会うことができました。
そもそも私のバス好きの原点が東急のUD-富士(じいちゃん家のある池上を中心に)なのですから、その長い歴史の最後の1台に別れの挨拶をするのは当然。
 
イメージ 10
NI309 最後の舞台は綱島線でした。
早朝出庫〜江田〜綱島〜江田-綱島〜勝〜-綱島〜江田〜綱島〜昼時入庫
これが「午前の部」
 
イメージ 11
2往復目の綱島着の場面。
出遅れた私はここからスタートです。
 
イメージ 12
混沌とした綱島駅バスのりば。
この場所に、いったい何百台のUD-富士が出入りしたことか。
民生、歴代4R、U20H、U31K、U32K、U33K、そして一連のUA系。
 
イメージ 13
バックでのりばへ着けます。
「勝田折返所」の表示はこれで最後。まずは乗車しましょうかね。
 
イメージ 14
勝田まで乗り、綱島へ出るところを見送り、徒歩で撮影スポットを探します。
てやんでい、花粉なんて関係ねいやい。
 
イメージ 15
港北ニュータウンから少し逸れ、昔ながらの景色が残る綱島線。
それが「横浜の東急バス」なんですね。今さら納得。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
江田ドエル前にて、カメラを「常用マシン」のD90から「速写用マシン」のXQ-1にチェンジ。
ちと派手な発色になっています。ここで午前の部が終了。
 
 
 
 
イメージ 3
「午後の部」は1547出庫、綱島線を一往復してすぐ入庫の短い運用。
新羽の出庫シーンを見ていた仲間によれば、出発5分前に雨が降り始めたそうです。
まさに涙雨、濡れようが再びD90を使うことにしました。

 
イメージ 4
最後の江田行きに乗ります。
それまで沿道でカメラを構えていたバスマニア諸氏も乗車しました。
と言っても、7人程度のお別れ会。車内では皆じっと座っているだけですが。
 
 
イメージ 6
江田駅到着。
ここからの綱島行きは夕方で雨ということで、なかなかの乗車率。
路線バスとして立派なラスト。花道は用意されませんが、これで良いんです。
27年前の最後の4R(O1258 松蔭線)のときと同じです。
 
 
イメージ 5
最後の綱島駅。
遅れ気味のため、着=発で新羽営業所行きの入庫便となります。
慌てて撮りますが、運転士さんは分かっているので置いていかれることはない・・・はず。
 
 
イメージ 7
「次は 新羽営業所 終点」
 
 
イメージ 8
ついに終わってしまいました。
 
 
イメージ 9
そして入庫。
最後の給油は、どこかへの回送のためでしょう。
 
でもなんだか、やり残したことがあるような気がします。
バス趣味が復活し、古い写真や廃車体に気を取られているうちに、
東急のUD-富士が絶滅寸前になっていたことへの後悔でしょうか。
いや、ちゃんと間に合ったんだから・・・・・。
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(1)

昨秋から年明けに掛けてかなり撮ったのですが、ブログはおサボりでありました。
そろそろ再開せにゃな〜! と思いつつ、キュリアス10号をまず仕上げますので・・・。
 
イメージ 1渋の湯に向かって坂を登る回送車、諏訪バスHIMR こうなると車種問わずカッチョええ!!
 
 

この記事に

開く コメント(15)

東急池上の富士重工

今を遡ること35年前、池上の爺ちゃんの家に行くたびに見ていた「東急-UD-富士」、これが全ての原点でした。
四輪駆動趣味、古い貨物車、アナログ車趣味も、ここに端を発しています。もちろん当時は4R110や105でした。人格形成に多大なる影響を及ぼしたといっても過言ではないのです多分。
 
その後U20H、U31K、U32K、昭和63年には斬新な7EボディのU33Kと続き、その時期に私はバス趣味を辞めました。
 
近年バス趣味を復活してみると、あの7Eもすでに東急を去り、新7Eというものになって久しく、すでに古参格。池上には4台残りましたが、318と319が先に退役し、先週320と321が除籍となり、長い長い歴史に幕を閉じたのでした。
東急に限らず、もう日産ディーゼルのバス、富士重工のバスが製造されることもありません。一時代が終わりました ・・・が、東急全体で見ればあと1台残っています。これも今月で車検切れですがね。
 
イメージ 1
I 318
事前情報なくブラリ立ち寄っても、何台かが走ってくれていました。
洗足池にて。
 
 
イメージ 2
I 319
26年ぶりに池上営業所で写真撮影の許可をもらいました。
なぜか緊張。
 
 
イメージ 3
I 320
森07、かつての爺ちゃん家の軒先をかすめるルート。
 
 
イメージ 4
ラスト、I 321
実際の運用は先々週の金曜日が最終だったそうです。
間に合わなんだ。
 
ノンステップ、LED表示、グライドスライドドア。
普通の人が見たって、どこが古いのか、どう価値があるのか、
サッパリ分からないでしょうが、良いんです。
とにかくUD-富士重工の東急バスだったんです。
 
個人所有の自動車趣味と決定的に違うのは、
どうやっても時の流れに抗えないことです。
緑ナンバーを掲げ、社番表記をされ、行き先を出し、
何台もあるバスの中の、単なる1台として黙々と走る。
これを永続的なものにしたり、あるいは完全なる再現はできないのです。
 
 

この記事に

開く コメント(5)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事