どうぶつ病院診療日記

動物病院の診察風景や、獣医師が日頃思っていることなど

良かったら転載どうぞ

すべて表示

「"努力"はするな」

僕が中学生の実習生とか、若い子がやって来るとよくしてあげる話があります。 それが、「”努力”はするな」、という話です。 僕のこれまでを振り返っても、僕はおおよそ、”努力”と言われるものをした覚えはありません。 大学に入ることができ、国家試験にも受かって獣医師になりました。 動物病院を開業しながら、一からプログラミングの勉強をして、20個以上の獣医療アプリを作ったりもしました。 今はマラソンの練習に、月200km以上走っています。 でも、それが”努力”をした結果かと言われれば、僕は「どれも努力などしていない」、と答えます。 例え話をしてみます。 テレビゲームが大好きで毎日何時間もゲームをしている人がいたとして、それに対して「努力をしているね」、と言う人はいません。 それはなぜでしょうすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

「動物病院とバリアフリー」

2017/10/22(日) 午後 8:40

I.総論 〜社会とバリア〜  社会には、健常者には気づかれないものの、ハンデキャップを持つ人にとっては壁となって現れる、バリアというものがあります。  バリアには、「物理的バリア」「制度的バリア」「 ...すべて表示すべて表示

「もう少し早く連れて来てもらっていれば」 という言葉を言うか言わないかは、獣医師によって違うでしょうし、シチュエーションによっても違うと思います。 僕は基本的にはなるべく使わないですが、 「病態がこんがらがって悪くなって、ややこ ...すべて表示すべて表示

「動物病院とバリアフリー」

2017/2/10(金) 午前 11:19

開業して13年たち、今年の6月に移転の予定で、現在新病院を新築中です。 今度の病院で気をつけようと思っていることの一つは、「バリアフリー」です。 具体的には、 ・病院の玄関前に1/14のスロープをつける ・入り口〜診察室〜 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事