どうぶつ病院診療日記

動物病院の診察風景や、獣医師が日頃思っていることなど

全体表示

[ リスト ]

4月・5月は、フィラリア検査の真っ盛りです。
今も毎日、多くの犬から採血をしています。

フィラリアの薬を出す時に、まず採血をして、
血液検査をする事になるのですが、
その時によく聞かれるのが、
「去年もきちんと飲んでいるのに、
 検査必要なんですか?」
という質問です。

飼い主さんからすれば、きちんと薬を飲んでいるなら、
フィラリアにはかかっていないはずなのに、
それでも検査が必要と言われると、
不思議な気分になってしまうという方もいらっしゃるかと思います。

きちんと飲ましているのに、検査が必要なのか

という質問への答えは、

きちんと飲ませていても必要です

となります。

なぜ検査が必要かと言えば、その直接の理由は、

フィラリアの薬というのは制限事項として、
検査なしで処方をしてはいけないとなっているからです。

制限事項と言うのは、決められた手順を踏んでからでないと、
薬を出してはいけないということです。

これは、薬事法によって規定されている事ですので、
診察なし、検査なしで薬を出すと、
出した方も、もらった方も、薬事法違反として処罰の対象になってしまいます。

薬事法違反というのは、けっこう思い罪であり、
300万円以下の罰金になります。

平たく言えば、検査をせずに薬を出せば、
薬事法違反となって、300万円以下の罰金となってしまう可能性があると言う事です。

では、なぜフィラリアの薬に限って、
そんな制限事項などが決まっているかという事ですが、
その理由は、
フィラリアに感染している時に、それを知らずに薬を投与すると、
肺動脈梗塞や急性肺炎、腎炎、アレルギーなどを起こして、
犬が死亡してしまう可能性がある
からです。

きちんと飲ませていると言っても、相手は犬ですので、
後でペッと吐いていたりなど、うまく処方できていない可能性もあります。

また、たまたまお腹の調子が悪かったりすると、飲めていても、
薬がうまく吸収されておらず、しっかり効いていない可能性もあります。

体調のいい時に飲めば、フィラリア幼虫(主にL4)の駆虫率は100%なのですが、
犬では特に、予期できない要因が加わっている可能性があります。

そうすると、しっかり飲めていると思っていても、
薬がしっかり効いておらず、実はフィラリアに感染してしまっていた、
という可能性もあります。

その時に、検査をせずにフィラリア予防薬を飲ませてしまうと、
思わぬ副作用が出てしまう可能性があります。

したがって、フィラリア予防薬の薬をする前には、
しっかりと血液検査をしておき、

去年の予防がしっかりできていたか

ということを、血液検査で確認しておく必要があります。

問題は、フィラリア検査をせずに出す獣医師、
ヤフーオークションなどで売っている獣医師(時に一般人)などですが、
これは、明らかな薬事法違反です。

時に、検査なんかいらないよと言って、薬を出す獣医師もいるようですが、
要するに、その獣医師には、法を遵守するという意識や倫理観が欠如しているという事です。

あまりこのブログでは、他の獣医師のことを批判したりはしないのですが、
血液検査をせずにフィラリアの薬を出す獣医師と言うのは、
他のところでも法を軽視したり、
獣医師としての倫理観を逸脱する行為をしている可能性が高いという事ですので、
そういう獣医師のところには行かないほうが良いと思います。

※動物と飼い主さんの設定と描写には、修正を加えています。
 傑作、ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
 この文章は、多くの人に読んでいただきたいですので、
 転載、リンクはフリーとさせていただきます。

この記事に

閉じる コメント(18)

うちの犬が8年ほど通っていたのは、
悪徳医師でも何でもなく、とてもいい獣医さんでしたが、
ある年、研修医の先生が変わってから突然検査をするようになって、びっくりでした。

2008/5/1(木) 午前 1:01 そら 返信する

顔アイコン

本当に、検査する方が暴利をとるかのように言われる不条理に悲しくなります。検査しない方が、保定者はいらないし、手間はかからないですものね。しかも、都会で室内で飼っていたら、感染してないということなんでしょうか。真面目にやってきている方が、悪徳に言われるのが情けないです。 削除

2008/5/1(木) 午前 9:42 [ ぽち ] 返信する

そらさん、昔は、「法律を破っていても、誰もそれに何も言わなかった」だけです。
今は、法令を遵守するのが何より当たり前ですので、それが最低限のラインになると思います。

2008/5/1(木) 午後 0:26 ぽこ 返信する

薬事法とか、一般の方はそれ程詳しくないですからね・・・ぽこ先生の記事、本当に勉強になっています。
検査なしで薬を出してしまう獣医さんも問題ですが、僕的にはネットオークションで薬が出品されていると言うのに驚きました。
見に行ったら本当に数品ですが、出品されてました・・・。
検査の必要性を知らない方は、購入してしまうかもしれませんよね・・・。

2008/5/1(木) 午後 1:25 とうしろう 返信する

顔アイコン

フィラリアの飲み薬を毎月飲ませると言う文化?も、ここ最近定着したようですね。この世界、まだまだ、情報不足です。予防薬と言いながら、幼虫駆除薬だったりと、名称も科学的でなくいい加減だと思います。また、飲み薬が良いのか、注射が良いのかとか、はっきり説明される獣医さんも少ないようですね。もっと、待合室にも、解りやすい壁新聞でも、あると良いのですが。製薬会社のPRばかりで、メーカーによらない中立な情報が少ない気がしてます。獣医さんも、現職研修を日々されないと、時代に、ついていけないかも知れませんね。

2008/5/1(木) 午後 1:34 [ りぼん。パパ ] 返信する

顔アイコン

気になることがあります。動物病院のレシートには、何々法で、何の検査をした。とか、明記がありません。本来は、直接法で検査したとか、併せて、親虫検査の抗原検査をしたとか、伝えるべきでしょうし、薬も、飲み薬だけでなく、いろいろな形状があるし、蚤の駆除剤との複合剤とか、種類もいっぱいありますが、ほとんど、説明がないのが、実態だと思うのです。お尋ねしないと、答えてもらえないし、受付の会計担当者では、答えられないし、もう少し説明の必要性は、感じます。毎月の薬代も結構掛かりますしね。

2008/5/1(木) 午後 2:11 [ りぼん。パパ ] 返信する

顔アイコン

初めてのコメントでしたのに
私事ばかり書いてしまい申し訳ありませんでした。
消去させていただきました。

これからも
ぽこ先生のブログ楽しみにしています。 削除

2008/5/1(木) 午後 3:10 [ まな ] 返信する

顔アイコン

分かりやすい説明ありがとうございます。
今までなかなか訊けなかったことだったので、良かったです。
理由が分かるとちゃんと毎年検査に行こうと思えます。

2008/5/1(木) 午後 6:01 はう 返信する

とうしろうさん、要指示薬と言うのは、うった方も、それを知りながら買った方も薬事法に引っかかります。
法的コンプライアンスが問われるこのご時世、許される事ではないと思います。

2008/5/1(木) 午後 11:52 ぽこ 返信する

ribonbooさん、メジャーな病気でも、一般の飼い主さんにはしっかり伝わっていないという事もあります。
このブログでは、そういうところも伝えて行ければと思っています。

2008/5/1(木) 午後 11:53 ぽこ 返信する

僕の病院では、明細書に、検査項目の内容と一覧が記載されていますので、なにをしていくらかかったかというのはお渡ししています。
フィラリアのプリントもお渡しして、病院ではパウチした説明をお見せするようにして、なるべく情報が伝わるようには心がけています。

2008/5/1(木) 午後 11:56 ぽこ 返信する

まなさん、せっかくたくさんコメントをいただいたのに、なんだかもったいないような気もしますけれども。
またこれからもコメントいただけますとうれしいです。

2008/5/1(木) 午後 11:57 ぽこ 返信する

はうさん、フィラリアの検査というのも、書くべき内容がたくさんあります。まだあといくつか記事を書こうと思っています。

2008/5/1(木) 午後 11:58 ぽこ 返信する

顔アイコン

優しい お言葉ありがとうございます。
また、お邪魔させていただきます。

今は、犬種の全く違う娘を迎え入れました。
家族皆その仔に癒されています。
大切に育てます。

避妊OPは・・・
メリットは、十分分かっているつもりですが・・・
できないでいます。 削除

2008/5/2(金) 午前 0:28 [ まな ] 返信する

顔アイコン

ウチのかかりつけ獣医さんはフィラリア検査ナシ派です・・。
「昨年の分は全て飲ませましたか?」とは必ず聞かれるのですが、
毎年、問診のみで処方されていましたので、
今回の記事で正しい情報を知りビックリしています。
犬へのリスクもあるようなのできちんと検査をお願いしたいですが、
どのように申し出たらいいものでしょうか?
しつけの面などでも親切にアドバイスくださる良い先生なので、
今後も上手にお付き合いしたいと思うのですが・・。 削除

2008/5/2(金) 午前 1:58 [ きみりん ] 返信する

きみりんさん、フィラリアの検査については、法律が絡んできている問題ですので、する派、しない派という区分はおかしいと思います。
するのが当たり前で、しないというのは制限事項の無視であり、法令違反です。

2008/5/2(金) 午前 11:09 ぽこ 返信する

顔アイコン

フィラリア薬を処方する際の血液検査が必要なのは知っていましたが、して無い病院もあるんですね。ちょっと驚きました。
犬にとっては重要な事なので、転載させてもらいますね。

2008/5/8(木) 午前 10:25 ちきどん&メイ 返信する

チキドンさん、大切な知識ですからね。
転載していただけるとうれしいです。

2008/5/27(火) 午前 7:17 ぽこ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事