どうぶつ病院診療日記

動物病院の診察風景や、獣医師が日頃思っていることなど

全体表示

[ リスト ]

猫を飼っている人ならもう知っている人もけっこういるかもしれませんが、
今度、猫用のエイズワクチンが発売されることになりました。
猫の飼い主さん用の雑誌などにも記事がのり、
飼い主さんの中でも、獣医師の間でも話題になっているようです。

猫エイズというのは、免疫不全を起こし、
猫にとって命取りとなり得る病気であるだけに、
ワクチンができたと言う事を聞くと、それはすばらしいことだと感じる人も多いと思います。

ただ、細かい情報を見て行くと、もろ手を上げて喜んでいられるばかりではなく、
考慮するべき問題点もけっこう多いワクチンではあるようです。

ワクチンの概要はと言うと、

混合ワクチンとは別にうたないといけない単体ワクチン。
初年度に3回接種して、次の年からは1年に一度ずつ接種して行く。
ウイルスに対して、70%以上の個体で免疫力が付く。

というものです。

免疫力がなかなかつきにくいのか、3回うってブースター効果が期待できない、ということのようです。

ウイルスに対して70%の効果、ということですが、
ひとつ気がかりなのは、サブタイプAとDに対しては70%以上ですが、
一番肝心なサブタイプBに対しては、「Bに対しても効果あり」としか書いていない事です。

サブタイプというのはワクチンの亜群のことで、
日本では、北海道がA、関東〜関西がB、九州がDが多く、
国内での割合はAが20~30%、Bが60~70%、Dが10%と報告されています。

Bが一番日本国内では多いのですが、
今回のワクチンではAとDのサブタイプのワクチンが入っているものの、
Bは入っていないそうです。

メーカーから送られて来たワクチンの情報を読んでみたところ、
考慮すべき点はたくさんあるのですが、
ざっとあげると、
・ワクチンをうつと抗体価が陽性になる
・ワクチンをうって効果があるのは約7割
・サブタイプBが一番多いのに、肝心のBが入っていない
・初年度は3回うたないといけない
などということです。

抗体価と免疫力の話は、中でも一番困った問題です。

現在、動物病院でエイズウイルスに感染しているかどうかを判断するのは、
エイズウイルスに対しての抗体が陽性かどうかを見て行います。

ワクチンをうつと抗体価が上がると言う事は、
ウイルスに感染して抗体価が上がったのか、
それともワクチンをうった事によって抗体価が上がったのかと言う事が判断できなくなると言う事です。

白血病ウイルスであれば、診断はウイルスの抗原を見て行いますので、
抗体価が上がったとしても問題ないのですが、
エイズウイルスでは診断の妨げに直結するだけに大問題です。

ずっと人に飼われていたと言う場合はワクチン歴が把握できますが、
元ノラだった子で、検査で陽性となった場合、
過去にウイルスが感染して抗体価が陽性なのか、
それとも昔人に飼われていて、その時にワクチンをうたれたのかが判別できません。

初年度にワクチンを三回うたないといけないということですので、
ノラ猫に一度きりワクチンをうって野に放たれた、ということはないと考えられますが、
人に飼われていた場合、しっかりワクチンをうっている子が逃げてしまい、
ノラになってしまうという可能性はないとは言えません。

また、ワクチンをうっていれば100%効いていれば問題ないのですが、
7割の猫にしか免疫力が付かない、ということがまたやっかいです。

ワクチンをうっていても免疫力が付かないということは、

ワクチンをうっているにもかかわらずしっかり免疫力を得る事ができず、

ウイルスに感染してしまう子が出てしまう可能性がある

ということです。

そうなると、ワクチンを接種している猫で抗体検査をしたとしても、
それがワクチンによって免疫力が付いたからなのか、
それともワクチンが効いていなくてウイルスに感染してしまったからなのか、
ということすら分からなくなる、ということです。

一言で言えば、抗体検査というものが無意味になってしまう可能性がある、ということです。
ワクチンを過去にうった子においては、
ウイルスの感染の有無を、病院の検査で調べる事はできなくなります(陰性の場合は陰性ですけれども)。

他のワクチンと混合タイプになっていて、
ワクチンの時に種類のひとつの選択肢として選べる、
というのであればまだいいのですが、
混合ワクチンとはまた前々別個のものとしてうたないといけないので
(一緒にはうてず、間を空けてうたないといけない)、
確実に効くわけではなく、その後の診断に問題が出て来るものを、
何と言って説明すれば良いものかと、頭を悩ませるところです。

2~3週間ごとに3回うちに来てもらわなければいけないのに、
「これが効くとは限りませんが・・」
と言わなければいけないというのはとても説明しづらいところです。

結局、猫エイズに感染させないための最善の方法は、
今まで通り、

「外に出さない」

ということになりそうではあります。

しばらくは様子を見ながら、飼い主さんからの要請があった場合、
そういうお話をしてうつかどうかを考えてもらう、
ということになると思います。

「猫エイズのワクチンができた!」
ということだけを聞くと、それは良い事だと思う飼い主さんも多いと思うのですが、
以上の事を聞いた上では、どう思われるのでしょうか。

皆さんのご感想もお聞きしたいところです。

※動物と飼い主さんの設定と描写には、修正を加えています。
 傑作、ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
 この文章は、多くの人に読んでいただきたいですので、
 転載、リンクはフリーとさせていただきます。

閉じる コメント(49)

顔アイコン

はじめまして。
エイズワクチンの記事興味深く拝見いたしました。
上記で、TARO様のコメントを拝見しましたが、それに関してちょっと気になったのでコメントさせていただきます。

>確かに、ワクチンにより完全に検査法が無効になるなら問題ですが、
>ワクチンによる陽性と病原体による陽性はPCR法により鑑別可能なのですよね
今までの状況を考えればですが、病院でのエイズ検査が陽性であったからといってわざわざPCR法の検査に出すことは少ないと考えられます検査センターにわざわざ依頼する検査ですとお金もかかりますし、敬遠する飼い主さんも多いかと思います。

長くなったのでいったんきります。

2008/8/7(木) 午前 7:23 [ み〜にゃ ]

顔アイコン

また、今回のワクチンについて私が一番危惧している点は、
世の中にはエイズや白血病が陽性であるからと言う理由だけで安楽死を勧める獣医さんが実際にいるということです。
もしワクチンを受けた飼い猫が家でもしくは脱走してしまい、他の方に拾われ、病院でエイズ検査をしてみたら陽性だった、という場合、それがワクチンを接種したことが原因であっいて実際はエイズではなかったとしても、安楽死をされてしまう子が出るのではないかと危惧しております。よく情報を知っている人なら、検査センターに出して精密な検査をしてから・・・と獣医の先生にお願いできると思いますが、もしあまり情報を知らない飼い主さんだった場合、先生に言われるままに安楽死を選択してしまう可能性があるのではないかと思うのです。

以上のような状況があることを、皆様やぽこ先生にも知っていただければと考え投稿しました。
せっかくできたワクチンですが、このワクチンによって混乱が起こらないことを、そして猫ちゃんたちにマイナスになってしまう事態が起こらないことを願うばかりです。

2008/8/7(木) 午前 7:24 [ み〜にゃ ]

ribonbooさん、PCRはそんなに一般的なものではありません。
僕の知っている検査センターでFIVを調べられるところは4つほどあるのですが、全部抗体の検査ですので、ワクチン後は陽性となってしまうことになります。
PCRの検査は研究所とか大学でないとないですね。

2008/8/7(木) 午後 6:16 ぽこ

み〜にゃさん、それはまさに多くの獣医師が危惧しているところで、譲渡されるときにウイルス検査を良くしているのですが、そのときに検査で陽性となると、譲渡に高いハードルがついてしまいます。
FIVワクチンが一般的になると、ウイルス陽性とワクチン済みが混じることになるので、確実に現場は混乱してしまいます。
実際には、FIVワクチンがマイナーなもので終われば、陽性の場合も基本的に「ウイルス陽性」である確率が高くなるので、混乱はそれほどでもなくなると思います。
ただ、かかっていないのに、かかっていると見なされてしまう猫は、おそらく出てしまうと思います。
それがひとつの大きな問題ですね。

2008/8/7(木) 午後 6:21 ぽこ

顔アイコン

ですからね、ぽこ先生に、み〜にゃさん。発想がまったく逆、本末転倒なんですよ・・・
そもそも、FIV感染猫の無症状キャリアって、それが分かったとして、その猫自体には、大してメリットがある情報ではないんですよ・・・

>検査センターにわざわざ依頼する検査ですとお金もかかりますし、敬遠する飼い主さんも多い

そんなヒトは、最初から、成猫の野良猫なんて、相手にしないでしょう・・・

新しい予防法(治療法)ができた場合、それに合わせて検査法とかが改善されるべきだ、というのが当方の意見なのです。

2008/8/7(木) 午後 8:22 タロ

顔アイコン

TAROさん

>そんなヒトは、最初から、成猫の野良猫なんて、相手にしないでしょう・・・
飼い猫の場合、脱走しても人懐っこいがゆえに新しい飼い主さんに拾われる場合は多々あります(特にワクチンまできちんと摂取されていたような子は可愛がられていた可能性も強いですから)。しかし、そういった猫を「人懐っこいから飼おう」と拾った方が、猫にお金をかけるかどうかという問題はまったく別問題です。猫が大好きといっている人の中にも、そう言ってはいても猫にお金をかける気はさらさらないという人は沢山いますからね。TAROさんの周りにはそういった方がいないのかもしれませんが、世の中には色々な人がいることを認識されるべきだと思います。
(また長くなってしまったので一度切ります)

2008/8/7(木) 午後 8:57 [ み〜にゃ ]

顔アイコン

>新しい予防法(治療法)ができた場合、それに合わせて検査法
>とかが改善されるべきだ、というのが当方の意見なのです
そのご意見には私も同意します。本来ならワクチンを発売する企業は検査法を確立してから発売すべきであると私は考えます。
しかし、実際問題、FIV検査が陽性であったからといって、すべてをいちいちPCRの検査に出すということは、現状では現実的ではありません。
しかし現実に、FIVが陽性であることを理由に、全く症状が出ていなくとも安楽死を勧める獣医さんというのは存在するのです。
私はそれが問題だといっているのです。

PCR検査が一般的ではない現状で、FIVワクチンが普及したら、ワクチンを打ったが為に検査が陽性であるのに、FIV陽性と誤解され、実際はFIVに感染していないのに安楽死されてしまうケースが出てしまう可能性があるということです。

2008/8/7(木) 午後 9:04 [ み〜にゃ ]

顔アイコン

ですから理想論ではなく、現実的な問題として考えた時、現状ではFIVワクチンが出来たからと言っても、安易に摂取するのではなく、ぽこ先生のおっしゃるとおり、
>バラ色のものではなく、短所がある事を理解した上でワクチンを
>うつかどうか考えなければいけない、ということ
が大切であると思います。

これ以上ここで議論するのはぽこ先生のご迷惑になってしまいますので、今後はこちらにはコメントしません。
何度も書き込みしてしまいまして本当に申し訳ございませんでした。

ぽこ先生のご意見は大変参考になりました。
獣医師の先生の中でもそういった問題を危惧されている方が多いというお話には、これからを心配している者にとってには一筋の光明に思えました。
本当にありがとうございました。

2008/8/7(木) 午後 9:05 [ み〜にゃ ]

顔アイコン

み〜にゃさんレスどうもです。

>そう言ってはいても猫にお金をかける気はさらさらないという人は沢山いますからね。

そうですね。私もそうです。猫のコアワクチンのブースターなんて、無駄だと思ってるんで、ここ数年うってません。ま、犬猫には無駄なワクチン投与が多すぎることが問題なんですが。

>全く症状が出ていなくとも安楽死を勧める獣医さん

それはその獣医さんが無知でおバカなだけだと思います。

>本来ならワクチンを発売する企業は検査法を確立してから発売すべき

そうでしょうね。というか、一般ブログでグダグダと書いてる暇があったら、とっとと北里研とワイスの子会社に文句のメール等要望したらいいんでしょうね。
まあ、素人なんで、よく知りませんが、北里やワイスならPCR検査ぐらいすぐにやってくれるんじゃないですかね。

因みに、私はFIVワクチンを広めるべきだといってるんじゃなくて、薬の進歩に合わせて検査等も進歩させるべきだといってるだけです。

2008/8/7(木) 午後 11:58 タロ

顔アイコン

>ここで議論するのはぽこ先生のご迷惑に
私もそうします。みーにゃさん、さらに当方にご意見ありましたら、ウチの方のブログでどうぞ(笑

ぽこ先生失礼しました。

2008/8/7(木) 午後 11:59 タロ

うちのこ、七種接種で、腰が抜け、その後体調崩します。三回目は延期中です。エイズワクチン難しそう、完全室内箱入りで予防します。

2008/8/8(金) 午前 7:53 [ デュッカ ]

TAROさん、み〜にゃさん、すごいことになっていますね。
本文と関係のある内容であれば、ここで議論していただくのは特に迷惑ではありません。
ワクチンのセミナーが今度あるので聞きに行ってきますが、おかげさまでメーカーに尋ねる内容が絞り込めたような気がします。
またメーカーの学術担当者に直接尋ねた後で、補足記事を書こうと思います。
その他、これは聞いておいてほしい、ということがありましたらどうぞ。

2008/8/8(金) 午前 9:25 ぽこ

コズコズさん、ワクチンの副作用というのも予測不可能ですからね。
一般的には、命に関わる副作用というのは、1/1000〜1/10000と言われていますので、全体的に見ると、混合ワクチンはうつメリットの方が大きいと思われるのですけれども。

2008/8/8(金) 午前 9:27 ぽこ

こんにちは★
猫エイズワクチンに関しては、私の勤める動物病院でも
導入しようかどうしようかと検討中です。
大変参考になるご意見をありがとうございますmm
こちらの記事を転載させてください。

傑作ポチも押させていただきますネ★★
応援しております(*^_^*)

2008/8/9(土) 午後 1:57 ros**eaf10*

roseleafさん、ぽちありがとうございます。
先日勉強会がありましたので、また追加記事を書かせていただきます。

2008/8/11(月) 午前 11:14 ぽこ

顔アイコン

はじめまして。
詳しい情報参考になりました。
ありがとうございます。
3年前に保護した成猫をエイズ&白血病のダブルキャリアで一年足らずで亡くしました。
現在は完全室内飼いの2にゃんと去年カリシ感染で死にそうになっていた野良ちゃんを保護し退院してから半年ほどは室内飼いでしたが先住さんとうまくいかずストレスが酷く、現在は外&室内自由に出入りしている仔がいます。
その仔の事が心配で先日病院で伺ったところ、副作用の事がまだはっきりしないので(臨床例が少ないので)考えているとの事でした。
室内飼いが出来れば一番いいのですが。。。。
ちなみに我が家は山の中の一軒家(猪、狸、ハクビシンなどなどがでます)で猫は殆ど見かけませんが、たまに飼い猫さんが遠くから遊びに来るので気になっています。
我が家の仔は去勢しているので喧嘩したら負けちゃうと思います。
体も2.9キロと小さいです。

2008/8/12(火) 午前 11:34 [ まなみんち ]

顔アイコン

ぽこ先生、お伺いしたいことがありました。
我が家はちょくちょくマムシが出没するので、かかりつけの獣医さんに聞いたところでは対処の方法がないと仰っていましたが、どうなのでしょうか?
教えていただければ嬉しいのですが。
宜しくお願いいたします。

2008/8/12(火) 午後 0:32 [ まなみんち ]

まなみんちさん、マムシ血清もあるみたいですが、犬はマムシに咬まれても、滅多に死にませんので、常備しているところは少ないと思います。
猫は警戒心が強いのか、咬まれた子を見たことはありません。
対処法はないですね。
犬は自分から好奇心で近寄って行きますので、散歩のときに草むらに顔を突っ込ませない事くらいだと思います。

2008/8/13(水) 午前 9:30 ぽこ

顔アイコン

ぽこ先生、ありがとうございました。
知人宅のわんこも顔を咬まれて腫れたものの大丈夫だったそうです。
野良生活を一年していた仔なので、心配してもしようがないのかもしれませんね。
本当に有難うございました。

2008/8/15(金) 午前 11:59 [ まなみんち ]

顔アイコン

エイズワクチンを調べて見ていたところマムシの話が…
うちのこたち、とてもどじなのか3にゃん噛まれました.
獣医に行ったら猫はマムシでは死なない,と言い,
化膿止めだけ薬をくれ,注射しました.
今は完全室内飼いです。
エイズキャリアの保護猫を同居させるにあたって
ワクチンの情報がほしかったのでした。
よくわかりました。
ありがとうございます.

2008/8/16(土) 午後 5:10 [ すみれ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事