どうぶつ病院診療日記

動物病院の診察風景や、獣医師が日頃思っていることなど

全体表示

[ リスト ]

今回の記事は、僕がHPに書こうとしていながら、
あまりに刺激が多いので、書くことを躊躇してしまい、
書けなかったものです。

HPでは書くことがはばかられる様な内容でも、
ブログで、「ぽこ先生」としてなら、
何とか書けるかな、と思ったのも、ブログを立ち上げた動機の一つです。

多分、読んだ人の中には、
「えらそうにそんな事を言っている、お前自身はどうなんだ。」
と感じられる方もいると思います。
そうお感じになられたとしたら、それはもっともです。

僕自身、そんなに大した人間ではなく、
日々、小さな事に悩んだり考えたりしているだけの、
ありふれた、町のいち獣医師にすぎません。

でも、町の獣医師として仕事をしながら、
世の中の流れを見ていると、
どうしても言いたいことがら、伝えたい思いを、
心の中に感じてしまいます。
ブログというのは、そんな僕に取っての、
うってつけの媒体であると思います。

前置きが長くなりましたが、今回は、
かなりの問題提起になりそうなテーマです。

僕は、動物を飼っているすべての人に、幸せに暮らしてもらい、
動物を飼っていてよかったと思って欲しい、と願っています。

でも、かと言って、
「この楽しさを、ひとりでも多くの人に味わって欲しい」
とは思っていません。

なぜなら、動物を飼う上において、
モラルとなマナーが欠如しているために、
動物を飼うことによって、動物自身、そして周りの社会の人たちに、
迷惑をかけることになる、という人も、実際問題いるからです。

動物を飼う人たちがすべて、高いモラルを持ち、
マナーに従って動物を飼育してくれれば問題はないのですが、
現状を見ていると、なかなかそうはなっていないようです。

いいかげんな飼い方をする人がいることによって、
周りの人たち、動物に対してのみならず、
まじめに飼っている人たちまで、迷惑を被っています。

公共の場である公園などで、我が物顔で放し飼いにして、
そこを歩いている子供たちに怪我や、あるいは怖い思いをさせたり、
自由気ままに便をさせて、それを放置したりするような飼い主は、
「飼い主さん」と呼ぶのもおこがましい、
動物を飼ってはいけない人たちだと思います。

動物を飼うことにおいて、
絶対に守らなければいけないことは、

1.社会に対して迷惑をかけない
2.飼育されている動物を幸せにする

という2つのことがらです。

今は、世の中では、動物を飼いたいなら、誰でも飼える、
ということになっています。
でも、動物飼育というものが、場合によっては、
他の人に迷惑をかけかねないものである以上、
動物を飼っても、自分でその責任をまっとうできる人のみが、
動物を飼育し始めることを許されるべきであると思います。

一度飼育し始めると、簡単にその所有権を奪うことは難しくなり、
また、剥奪となることは、動物に対しても不幸なことになります。
所有権というものは、実に厄介なもので、
たとえ程度のよろしくない飼い主であっても、
社会の中で、飼い主として、
ペットに対して権利を主張できる存在となってしまいます。

今は、誰でも飼い始めることができる、となっているのが、

そもそもの問題の根源だと思います。


今の段階では、まだ、ただの空想にすぎませんが、
僕としては、まずはじめに、公共機関が面接をし、
飼育についての心得を伝え、飼育環境を聞いた上で、
「ペットオーナー・ライセンス」
を出してはどうかと思います。

ペットショップや動物病院などでは、
自分のところの売り上げを伸ばすために、
故意に、審査を甘くするところが出る可能性があるので、
やはり、公の機関が発行するべきだと思います。

ペット飼育をライセンス制度にするのは、
飼いたい人を飼えないようにはじくのが目的ではなく、
動物飼育とは、それだけ大変で、
責任が生じるものなのですよ、ということを、
飼育を始める前の、最初の時点で伝えることが目的です。

そして、ライセンスをもらえたら、それを持って、
ペットショップなり、譲ってくれるところなりに行き、
ライセンスを提示し、それから譲渡してもらう、
ということにすればどうかと思います。

ライセンスを持っていないという事は、
飼育前に、飼育についての心得を伝授されていないという事なので、
まだその時点では譲渡は不可です。

そして、あまりに飼育方法がひどかったり、
マナーが低い人からは、ライセンスを剥奪することにします。
もちろん、剥奪された場合、状況に応じて、
しばらくの間、ライセンス発行は不可、とします。

動物飼育は、「飼いたい人が、飼いたい故に飼える」というものではなく、
飼いたいという願いを持ち、かつ「責任を負うことができる」人だけに、
許された行為とするべきだと思います。

誰が許すのかと言えば、それは、社会の意思として、社会が許すのです。
「いい加減な飼い方をするなら、そんな飼育をすることは許さない」
という、社会の意思により、守るべき社会のルールにするのです。

動物を飼う上では、最低限のルールを守らなければいけません。
最低限のルールを守れない人、社会に対して責任をおえない様な人は、
動物を飼ってはいけない、
それが当たり前の話だと思います。

たかが、ペットくらい、と言われるかもしれませんが、
「モラルの崩壊」という言葉に言い直せば、
今の日本の社会を根底から揺るがしている、
大問題だと思います。

自由な社会の中で、好きな事だけをしようとして、
でも、それに対しての責任は取りたくない、
そんな人間が増えているからこそ、
他人に迷惑をかけ、不愉快な思いをさせても、
何とも思わないような風潮になって来ているのだと思います。

何かしようとするなら、それには「責任」がついてくる、
行動に対しての責任を負えないのなら、その行動はしてはいけない、
その、自由社会においての、根本のルールを、
もう一度、考え直すべきだと思います。

これは、ペットだけに関係した問題ではなく、
社会の根底に関わる、大切な事なのではないかと思います。

※傑作、ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
 この文章は、多くの人に読んでいただきたいですので、
 転載、リンクはフリーとさせていただきます。


この記事に

閉じる コメント(46)

顔アイコン

同感です。私は、飼い主だけでなく、ショップやブリーダー業界などもライセンス制にしてほしいと思っています。都内には、24時間明かりをつけっぱなしで営業しているショップや、皮膚病にかかっている動物ばかりの、不衛生極まりないお店もあり、このような件(悪質ペットショップの現状)に関して、役所に投書(ライセンス制にしてほしいと)したこともありますが、自分たちの益にならないことには、関わりたくなさそうな反応でした。動物の専門家ではないので、それ以上は言えず、悔しい思いでいっぱいです。

2007/3/9(金) 午前 1:39 ハルるん 返信する

顔アイコン

お早う御座います。とても参考になりました。我が島と、この国の「心豊か」を目指して、活動出来る団体を目指したいと思います。有難う御座いました。

2007/3/9(金) 午前 8:19 ジョン 返信する

賛成!迷惑な飼い方してると飼われてる動物も可哀想。あと、良い方もたくさんいるけれど、売ってなんぼみたいなブリーダーさんにも発行して欲しいですね。

2007/3/9(金) 午後 0:13 にっしー 返信する

ぽこ先生の考え方はホントにすばらしいです!『ペットオーナー・ライセンス』、大賛成です!…でも、実現するにはいろいろと難関があるのですね。『今現在、ペットを飼っている人はどうなるのか?』等も問題となりそうですし…。僕も、現在のモラルの低下・崩壊は、危惧してなりません。仰るとおり、ペットの問題のみならず、あらゆる点で、モラルの回復・向上をしていかないと、大変な事になると思います。

2007/3/9(金) 午後 7:50 とうしろう 返信する

顔アイコン

夢のある話だとは思いますが、実現するには問題が山積みでほぼ不可能に近いです。何より、飼い方のマナーなんて幼稚なレベルは改善されるかもしれませんが、善意の虐待はこんなライセンス程度では止められません。

2007/3/9(金) 午後 9:12 [ - ] 返信する

まったくその通りでありまして、実現には、ハードルが多すぎると思います。ライセンス制度ができるとしたら、あまりに見かねた社会の人たちの多数が、「モラルの低い人には、動物を飼わせたくない」と思うようになったときだと思います。多くの人が思うようになり、その声が大きな世論となったとき、話が進みうるのではないかと思います。

2007/3/10(土) 午前 0:00 ぽこ 返信する

私も賛成です。でも、ペット社会になった今、飼育者すべてと言うのは現実的に難しいと思います。まずは、ブリーダーやショップなどの販売者側からライセンス制にしてほしいと思います。ただし、ライセンスを取得さえしてしまえば・・・という考えをもつ人もいるのが現代社会の“悪”だと思います!

2007/3/10(土) 午前 0:23 ☆せい☆ 返信する

顔アイコン

偉そうなことを!って怒る奴はきっとペットを愛してないっすよ。おいら、面接だって通る自信あるしライセンスも剥奪されない自信もあるっす。

2007/3/10(土) 午前 9:25 [ - ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。当院でも、日頃から「ペットライセンス」があればいいのにね、と言っています。車の免許を取るように、講習を受け、実技と筆記試験に合格しないとライセンスがとれないようになると、世の中もだいぶ変わりますね。 削除

2007/3/10(土) 午後 5:42 [ yamayavet ] 返信する

顔アイコン

ペットライセンスとともに、欧米のように、アニマルポリスの設立も希望異したいです。獣医の方々なら、過失はあるとしても、明らかに故意とみられる事例を我々よりはるかにみていると思うので、身勝手な飼い主や動物虐待には怒りを感じることでしょう。動物が悪いわけではないのに・・・。動物虐待から他の凶悪犯罪に発展することは多いので、DVとの関連性などはわかりませんが、それなりの相関性はあるのでは!?犯罪防止にもつながると思います。

2007/3/11(日) 午前 0:11 かいざぁー 返信する

顔アイコン

個人的なことですが、小さい時に犬にかまれ、トラウマとなって、今でもチワワでも苦手ですが、大学の時に、放し飼いしている高そうな犬に手をかまれて、骨折した時の相手の飼い主の反応が「あんたがボケボケっとしているから、かまれたんじゃないの!?うちの子がなんかの病気になったら、どうしてくれるの!?」と逆ギレでした。幸い、目撃者がいたので、よかったのですが、その際「金目当てじゃないの!?」といわれ、飼い犬に同情しちゃいました。

2007/3/11(日) 午前 0:15 かいざぁー 返信する

そうですね。いい加減な人のいい加減な行為は、する事自体を許さない、そういう世の中になって欲しいです。「やりたいことだけやればいい」「自分さえ良ければそれで良い」「他人に迷惑をかけても、知った事ではない」こういう風潮が、今の世の中の根底で、モラルを引き下げている意識なのだと思います。

2007/3/11(日) 午前 0:16 ぽこ 返信する

それはひどい話ですね。うちの患者さんでも、よその犬に噛まれて、文句を言ったら、謝りもしなくて、よけい憤慨した、という人がいました。そういう人って、人に迷惑かけても何とも思わないんでしょうか。

2007/3/11(日) 午前 0:21 ぽこ 返信する

「ペットオーナー・ライセンス」賛成です。最近、無責任な飼育者が目立ちますよね。犬猫に限らず、亀などの外来種も飼いきれず“捨てる”(放すとは言いません)という事も問題になっています。“飼う”という事が“容易に買える”事で“買う”のが目的で“飼う”は二の次のような人が増えているように思えます。有名人が飼っている→この犬種が大人気!とか。そういう点でライセンス制度があれば意識も変わってくると思います。思いたいです。

2007/3/11(日) 午後 2:41 ぽむ 返信する

顔アイコン

ドッグランを経営している為、自身のHPではナカナカ書けない事でした。 先日「県主催の動物愛護に関する会議」出席時に飼育者の免許制度を提案したところ、やはり行政は「難しい」との回答。先生が書いてくれたことに心から感謝と拍手です!!後程リンクさせて頂きます_(_^_)_ 削除

2007/3/11(日) 午後 3:12 [ ぶらぼぉ ] 返信する

賛成です。それからアニマルポリス http://www.animalpolice.net/ についても是非賛同を頂きたいです。今の日本はペット無法地帯です。これ以上犠牲を増やしたくないです!

2007/3/11(日) 午後 4:18 CHACO-NYANCO 返信する

顔アイコン

1.社会に対して迷惑をかけない
2.飼育されている動物を幸せにする
ライセンスって、大変ですね〜。僕はとても出来そうにありません。ミニ豚飼いですが、1。2。ともに、泥縄式です。だって、誰も、本当の飼い方を教えてくれませんから。。飼いながら、飼育環境を整備していくのですが、これって、ほとんど、豚さんに時間を取られますので、サラリーマンでは、難しいかもしれません。犬、猫ですと、まだ、情報が多いし、飼育用具も販売してますが、豚となると、全部手作りです。ハーネス1本でも、全部、設計してオーダーになりますから、ハーネス1本で、開発費用だけで、数万円ってことも、ありますよ。自信ないです。でも、自分は、それほど、いい加減でも、無いとは、思っているのですが。。

2008/5/27(火) 午前 3:31 [ りぼん。パパ ] 返信する

ribonbooさん、一番大切なものは、動物に対して愛情を注ぐことができるか、ということだと思います。
時間とお金と、場所と、いろんなものが必要にはなるのは当たり前ではありますけれども。

2008/5/27(火) 午前 11:33 ぽこ 返信する

顔アイコン

こんにちは!初めまして。

私もそのオーナーライセンスは賛成なのですが
問題点も多いかと思います。
今、そのことを議論しています。
もしよろしければ、助言いただきたいです。
よろしくお願いします。

2008/6/3(火) 午後 2:42 [ えび ] 返信する

えびさん、こんにちは。
オーナーライセンスは必要だと思うのですが、あちこちの団体、企業の利益、利権とがちがちにぶつかる、というのが一番の壁だと思います。
「それでも、この社会に必要だ」と、必要性をみんなが感じてその圧力を突き崩す波にならないとできないと思います。

2008/6/4(水) 午前 9:05 ぽこ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事