ご機嫌なるもの。

ワインのこと。タイガ〜スのこと。プロレスのこと。ご機嫌なるものを、ちょっとづつ。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

メインイベント 沖縄プロレス初代王者決定トーナメント決勝戦[30分1本勝負]
○怪人・ハブ男[25分28秒 究極波布空爆]シーサー王×

いよいよトーナメント決勝戦。ともにデビューから10周年を今年迎える二人にとって、今回は4度目のシングルマッチ。
今までの勝敗はシーサー王の2勝1敗です。
ちなみにワタクシはこのシングルを見るのは今回で3回目。
今まで見た2回はともにシーサー王(GAINA)の勝利でした。

レフリーは島らっきょうへいた。ワタクシは沖縄で長く観戦しているわけではないけれど、彼がさばくというその事実が、実はなんかすごくうれしかったです。

まずはシーサー王の入場。少し怖い雰囲気のNEWマスクと石敢當の文字の入ったレガース?
そして続いてハブ男選手、入場。なんとマスクとコスチュームは白×金。
今までのイメージとは全く違う神々しいお姿に思わず絶句。
いっぱい巻いていった「赤と黒」の紙テを急きょパインちゃん用に巻いていった「白と黄色」に変えて投げました(笑)

ゴングが鳴り緊張感漂う立ち上がり。ハブ選手、シーサーの腕を取り締め上げます。
じっくりグラウンドから腕ひしぎへ。そこはシーサー王、力づくでエスケープ。
逆にハブ選手をとらえ締め上げる。パワーでは、やはりシーサー王に分がある戦い。
それでも、ハブ選手シーサー王の左ひざを中心に執拗な攻め。
まさに蛇のように体を入れ替えながらしつこく膝攻めを繰り返します。

スタンディングからシーサー王エルボ。というよりも殴り合い。。。
そしてシーサー場外に逃れるとハブ、目の覚めるようなトペスイシーダ。
白い神がシーサーに向かって真っすぐ飛んでいきました。
トップロープからのミサイルキック、高い位置からのシャイニング、そのまま美しく入るアンクル。
ハブ選手がリングをかけると、尻尾(正しくは頭から出てますが)がリアルな白蛇が躍動しているようでなんだか不思議な美しさがありました。

ラリアットの打ち合い。シーサー王のド太い腕がスマッシュヒット。モノすごい音。
ハブ男、DDT改。そして波布空爆1回目はシーサー王エスケープ。ダメージが残るハブ男にジャーマン。
両者ダウン。エプロンでの攻防では、投げは防いだものの、
ものすごいラリアットを喰らいハブ男選手、場外へ吹っ飛ぶ。
場外カウントは19。。。もう、会場中「ハブー!」「シーサー!」の大声援。。

もう技がどうとか、そういうのではなくて。
まさに気持ちのぶつかり合い。もう書いててもきりがないほど、
両者の持てる技、気持ちをぶつけあう姿。本当にすさまじいものがありました。


いつまで続くか分からない試合にも、その時はやってきます。
コーナーから2回目の波布空爆がクリーンヒット。そしてハブ選手すぐに立ちあがって
逆コーナーへ。その上にある照明用の棚に上りセンターへ。
そしてそこからの「究極波布空爆」
シーサー王から見事な3カウントをうばいました。

試合後、認定書、琉球ガラスのトロフィー、そして本人も巻きたかったと言っていた「沖縄プロレス シングル王者」のベルトを沖縄県知事の仲井眞氏から受け取り、そのベルトはしっかりと腰にまかれました。

本当にすばらしい試合、そして興行でした。
怪人・ハブ男選手、優勝おめでとうございます。

そして沖縄プロレス、旗揚げ1周年。
本当におめでとうございます!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事