ご機嫌なるもの。

ワインのこと。タイガ〜スのこと。プロレスのこと。ご機嫌なるものを、ちょっとづつ。

つれづれご機嫌。

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全295ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

その1はこちらから

2016年9月11日(日) 
九州プロレス設立8周年記念大会『筋肉放生会’16』
福岡市・博多スターレーン 
観衆1,364人(満員)

④夏の最後の激辛バトル!〜九州王者vs玄武會完全決着!〜 1/45
◯めんたい☆キッド & ビリーケン・キッド & HUB
  (19分5秒 片エビ固め ※めんたい☆スプラッシュ)
 玄海 & 桜島なおき● & 藤田ミノル
イメージ 4

HUB選手は実は本人の自主興行で藤田選手、玄海選手、桜島選手とすべてシングルマッチを行っています。(桜島選手とはゴア選手で闘っています)
イメージ 1
やはり、さすがに見応えたっぷり。
イメージ 2
尻尾をつかった、玄海選手の横っ面をバチーン。
イメージ 3
これはかなりの衝撃でございました(良い子はまねしちゃダメよ)
イメージ 5

ビリー選手も、持ち前の華やかさ。
イメージ 6
蹴り技の鋭さ。
イメージ 7
めんたい選手の九プロチャンピオンとしてのすばらしい動き。
イメージ 8
とにかく、どの選手の攻防も、本当に華やか。

イメージ 9
わくわく、ゾクゾク。
たっぷり楽しめた豪華なセミファイナルでした。

開く コメント(0)

『ガッツワールド後楽園ホール大会〜みんなで行こう!後楽園 2016!!〜』

▼荒くれ用心棒vsレスリングマスター 30分1本勝負

●バンジー高田
5分25秒 ロープに足をかける→エビ固め
○GENTARO(FREEDOMS)
イメージ 1
























GENTARO選手は負傷している背中を狙われる展開。
イメージ 2





















ややコミカルなテイストを挟みつつ、レスリングマスターのうまさを発揮。
イメージ 3




























▼川崎の喧嘩番長 vs IWA軍の猛牛 30分1本勝負
○松崎和彦(フリー)
7分29秒 脇固め→腹固め
●バッファロー(先駆舎)
イメージ 4




































バファ選手の試合を見るのは、ちょっと久しぶり。
しかしながら、猛牛っぷりは顕在。
イメージ 5



























松崎選手は、渋い試合運び。
イメージ 6






























一瞬の隙をつく技術はベテランならでは。さすがです。
イメージ 7
































私もホントに知らなくて申し訳ないほど、
いい選手、すばらしい技術を持った選手はたくさんいるなあと、思った試合でした。


▼遺恨凄惨 時間無制限1本勝負
○マスクドミステリー
11分48秒 ミステリーマジック
[トンパチマシンガンズ]●折原昌夫(メビウス)
イメージ 8































折原選手は、いいコンディション。
遺恨については、勉強不足ですみませんでしたが、
イメージ 9

























トンパチマシンガンズはセコンドについたアミーゴ選手達もガンガン介入しての暴れっぷり。
マスクに手をかけ、やりたい放題。
たっぷり時間をかけてのパイルドライバーが決まったときには、ひやりとしましたが、
イメージ 10






















ココからミステリー選手は脅威の復活。
チョークスラムを決め、トペを繰り出す。
イメージ 11































最後は誤爆からの丸め込み。おもしろい試合でした!

開く コメント(0)

毒人4:メインイベント


試合終了後。
藤田選手のマイク。
「しけたこと言ってたけど、見てみろよ。これだけの人がハブちゃんを応援してんだよ。」
藤田選手らしい、激励。そして感謝の言葉。
ガラリと口調を変え、藤田節を披露する姿。
「これで1勝1敗に対だからな、次は決着つけようぜ。」
イメージ 1

































藤田選手のマイクを正座して聞くHUB選手。
イメージ 2
































そして立ち去る藤田選手に向かって深々と頭を下げるHUB選手。

いたくて、いたくて、戦いたくてたまらなかった、藤田選手。
かつて、華やかなスポットライトを浴びながら1対1で闘った時とは、
お互いに、立場や環境も変わったのかもしれません。
でも、だからこそ、今闘いたかったと言っていたHUB選手。
そして、それに応えた藤田選手。
 
マイクを持ち、ご自身としての準備不足を詫びたのちに、
しばらく毒人を封印すると語ったHUB選手。
イメージ 3


































コンディション面などで、ご本人としては万全な状態ではなかった。
そしてそれが整ったら。。。また必ず毒人を開催します、と語ったHUB選手。

しかしながら。
今回の毒人も、どの試合もすべて、思わず声を上げてしまう試合ばかり。
やっぱり、すばらしい興行でした。

プロレスに毒されたファンと、
プロレスに毒された選手にとって、
まるで麻薬、いや毒薬のように
中毒性のある興行、それが「毒人」。

だからこそ、このすてきな「毒人」
そのNEXTがそう遠くないことを願ってやみません。
イメージ 4

 

開く コメント(0)

HK 2015.10.12 天際100

さて。
2泊3日の香港旅はあっという間。
最終日です。

まずは朝ごはん。
ホテルのすぐ近くにある飲茶の有名店「蓮香居」に行くつもりでしたが、
月曜日の朝なので、かなり混んでまして。
予定を変更して、すぐ近所の茶餐店へ。
ココでは、各々、マカロニを食べる人。
イメージ 1




















インスタントラーメンを食べる人。
イメージ 2


















トーストを食べる人。
お粥を食べる人。
イメージ 3


































そして念願のパイナップルパン。このお店のパイナップルパンはあまり甘くなくて、おいしい!
イメージ 4


































だいたいセットメニューで40HK$ほど。
基本はメインにトースト、目玉焼き、飲み物がつく感じかな。
ちなみに、ワタクシはお粥単品で30HK$。
バターを挟んだパイナップルパンは10HK$でした。
イメージ 5


























ホテルに戻って、昨日買ったチョコレートをみんなで味見したあと、
荷造りをしてホテルをチェックアウト。
LCCなので、インタウンチェックインができないのがちょっとつらい。
荷物を持ったまま、MTRで九龍駅へ。
駅に隣接している天際100(スカイ100)へ。
イメージ 6


































ここは香港でいちばん高いビルの100Fに位置する展望台。
(ちなみに、102-118階は世界一高い場所にあるホテル、リッツカールトン香港です)
大人一人168HK$と、こちらも強気な値段設定。
100階までは60秒で到着。
イメージ 7


































月曜日の午前中という事で、お客さんは大陸系の集団くらい。
それほど混んでる感じはありません。
ぐるりと360度香港の変化にとんだ風景が見渡せるのは、なかなかのもの。
イメージ 8


































特に、海底トンネルへの入り口とか、海を渡る船。
にょきにょきと立ち並ぶビルやマンション。
遠くには、ライオンロックも見えます。
ピークから見るのとは違う、町中で間近に見る美しい香港。
イメージ 9


































しかしながら、ココは夜景の方が良さそうかな。
夕方からきて、のんびり夜景がきれいな時間まで過ごすのも良いかも。
イメージ 10


































お茶ができたり、お土産も買えますし、写真スポットもいろいろ。
香港映画のロケ場所なども写真と説明付きで示されてたり。
一度、上る価値はあるかなと思います。

ちなみに、360度の風景は楽しめないかもですが、リッツカールトンの最上階(118F)には
バー「オゾン」があるので夜景を楽しむのなら、そちらも良いかもしれません。
レストランはかなり高級らしいのですが、バーなら比較的リーズナブルとのこと。
おしゃれして出かけてみても良いかも。

さてさて。旅も終盤。
ランチはこのあたりでと思いましたが、11時半過ぎなのに、目当てにしていた広東料理店が
まだ開いてないという事で、荷物も多いし、早めに空港へ移動することに。

機場快速で空港までは30分もかからず到着。
空港では飲茶かなと思ってましたが、結局激混みのマカオ料理のお店をセレクト。
ポルトガル風チキンの煮込みって何?と思ってオーダーしたらチキンカレーでした(笑)
イメージ 11


































まあ、味は可もなく不可もなく。
量が多すぎて、半分残してしまいました。

このお店、空港関係者でものすごく混んでたので、
めっちゃ美味しいのかなと思ったのですが、それほどでもなかった印象。

香港の空港は、何時間でも遊んでいられるほど巨大で、
お土産ショップだけでなく、マッサージやレストランなど何でもありますが、
バニラエアのゲートはサテライトというのもあり、ちょっと時間に余裕を持って移動。

ターミナル1から2に移動し、さらにバスに乗ってサテライトへ。
それでも、サテライトの待合室にも少しショップがあったので、
菊のお花のお茶に蜂蜜とアロエが入ったものを購入。
これがなかなか美味しかったです。
イメージ 12


































あっという間の3日間でしたが。
やっぱり香港は楽しい場所ですね。
どんどん変わる場所。まるで変わらない場所。
いろんな香港を、かいま見たショートトリップでした

とはいえ、行けなかった場所や食べたかったけど食べなかったものもたくさん。
心残りが多すぎるので、また企画しなくちゃと思う今日この頃なのでした。

開く コメント(0)

HK 2015.10.11 「天虹海鮮酒家」へ戻る→

さて。
レインボーのフェリーはほどなくしてセントラル(中環)へ。
ココでおりたら、目の前にありました。
ド派手な観覧車。
イメージ 1


































酔っぱらってるのもあり、乗ってみようとなりまして。
100HK$は高いよねーといいつつでしたが。
イメージ 2


































乗って納得。なんと3周分でございました(笑)
1周500円と思えば、まあいいか。
乗ってみると、かなりスピーディ、あっという間に頂上へ。
イメージ 3




















それでも、ちょっと目線の変わる場所から見る香港の夜景は、なんともキレイでございました!

しかし、かれこれ12時間以上も歩き回って遊び回ってるわけで。
さすがに、マッサージもめんどくさくなった2日目。
日曜夜のトラムはいい具合にすいていて、2階を陣取り、のんびりホテル方面へ。
この車両はちょっと新しい車両で、イスが進行方向に向かってついてました。
昔ながらのトラムは、ほとんどはベンチシートなので、ちょっと違和感。
イメージ 4


































スーパーマーケットによってビールを買い込み、
今夜もホテルで反省会へと突入するのでありました。
イメージ 5

開く コメント(0)

全295ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事