羽ばたけコウノトリ!、日本の空に、そしてトキも !!

日本の貴重な自然を一人一人が大切に!、素晴らしい環境に戻そう !!!

全体表示

[ リスト ]

「豊臣家の人々」読了!

「豊臣家の人々」を読み終える!!

織田信長に仕え、信長が本能寺の変で明智光秀に滅ばされた後、

日本全国を治めた豊臣秀吉が、その政権を確立する過程で、

豊臣に関係した主要な縁戚の人たちそれぞれについて語られている。

興味のあった豊臣家だが、現在は大河ドラマ・軍師黒田官兵衛が放映されており、

その中で多く登場する「豊臣家の人々」>;)を更に興味深いものを知り得た。

「豊臣家の人々」
イメージ 1



豊臣家の人々 著者:司馬遼太郎 角川文庫刊

豊臣秀吉は日本史上、いや世界史上、稀に見る栄達を遂げた人物である。
足軽から関白太政大臣にまで出世を遂げた非凡な彼の平凡な親族達は、
その境遇に戸惑い苦しみ多くの悲・喜劇を生み出していく。
本書はそれら豊臣家の人々を9篇の短編で描いた傑作である。  イメージ 2

第一話 殺生関白
秀吉の姉の子である秀次は自分の力では無い、「秀吉の甥」であるという理由だけで関白のまで出世し、その境遇の変化に精神の箍をはずしてしまう。
辻斬り、荒淫等の悪行は世間に知れ渡り、秀吉のコントロールすら受け付け無くなる。
しかし、嫡子秀頼を得た秀吉にとってもはや、秀次は我が子の前途を脅かす邪魔者でしかなかった・・・・

第二話 金吾中納言
北ノ政所の実家(生家)杉原家の五男であった小早川秀秋は望まれて秀吉の養子となったが長ずるにつれ愚鈍な本性を現し、人々から見放されていく。
彼が為した事は、豊臣家を潰すという事だけだった。

第三話 宇喜田秀家
秀吉の養子は多かったが、彼のみが秀吉の期待に応え豊臣家の藩屏として、戦い、そして宇喜田家は地上から消えた。

第四話 北ノ政所
秀吉と共に豊臣家を作り上げた彼女は文官達に陥れられる武将達の庇護者であり、秀吉の死後、彼等を動かし、徳川家康をして天下をとらしめる。

第五話 大和大納言
篤実で温和な性格から、多くの人々から慕われた豊臣家の大黒柱、豊臣秀長、彼が臨終の床で、脳裏に思い浮かべたのは兄が故郷に錦を飾ったあの日の尾張中村の青い空だった。
彼の死後、豊臣家の崩壊がはじまる。

第六話 駿河御前
旭姫にとって兄の栄達は不幸の始まりであった。ただ兄の都合により、結婚と離婚を繰り返すしかなかった彼女の悲劇。

第七話 結城秀康
優れた資質を持ちながら、彼はそれを生かす事が出来なかった、秀頼と秀忠、二人の弟の兄で在りながら、その才能は不要とされ、それがあればあるほど彼の存在は浮いていく。

第八話 八条宮
秀吉の縁者・養子達は賢者は賢者なりに、愚者は愚者なりに安息とは無縁の日々を送らねばならなかった。
しかし、一人だけ例外がいた八条宮智仁親王である。
彼だけが常に冷静にして平静であり、この時代を堪能することができた。

第九話 淀殿・その子
二人の悲劇は自分の意志という物が無く、他人に動かされ続けたという事かもしれない。
かくて、豊臣家はその歴史を閉じた。

この作品は豊臣家の歴史を綴ったものである。
作者の司馬遼太郎氏は彼等豊臣家の人々を歯に衣着せる事無く、個性豊かに描いている。
秀吉とその時代を知る一冊。

参照→ http://ume.sakura.ne.jp/~edo/review2.html 


司馬遼太郎作「ひとびとの跫音」>;)を、先月上旬読み終えたあと、

中旬より、約一ヶ月かけて読み終えた。

この先の大河ドラマへの興味が増えたと言える。

参考:
「ひとびとの跫音」 著者司馬遼太郎  1981年 中央公論社 イメージ 3 

「正岡忠三郎と西山タカジ」の物語り。

司馬遼太郎は
 何故それほど「子規」が好きなのだろう、と思うのと同じようにこの作品を書いたのかも不思議。

― 忘れ得ぬ二人の男 ―
 二人の男とは正岡子規の養子である「正岡忠三郎」と、二高時代の友人の共産党員であり詩人でもあった「西沢隆二(ぬやま・ひろし)」(共に昭和51年の秋に亡くなっている)
 
 正岡忠三郎氏は
実母、養母(律・子規の妹)に反抗して東京を離れて二高を受験し入学する。
大学はまた東京を避けて京都大学へ、就職も二人の母親を避けて阪急(大阪)へ。
 西沢隆二は「坂の上の雲」を読んで「子規の事を話したい」と言って司馬さんのところへ突然現れる。
 司馬さんが、二人の其々の夫人が、共通して人間的に魅力ある女性だった事にある。
 あや子夫人は「あのボヘミアンの忠三郎が、私と子供の為に働いていてくれたって事を今になって感動するのよ」という。 
 西沢夫人の摩耶子さんは画家の徳田耕一氏の娘、共産党員の夫との結婚生活十八年の内僅か四年余しか同じ屋根の下での生活がなかったという苦闘の中で童心を失わぬ幼女の様に生きる。

 この二人の生き方に感動してこれを書いたのかもしれない、という。

― 透明感強い生きざま ―
 これを書き終わった時に司馬さんは、歴史小説な どと違って主人公立ちは、ついさっきまで生きて市井をあるいていただからファクトがある、だから読めば気楽に読めるが、一点一画もおろそかにしてはいけない気持ちで執筆したから連載中は一回分書くごとにげっそりやつれ、毎月健康を害しているという心境だったと言う。
 
 「正岡さんは志を持つことを自分に禁じた無名の知識人、西沢さんは志を遂げなかった一人の政治運動家」だという。そして二人とも生まれつき、倫理的に厳密に自分を拘束して、他人に 迷惑をかけなかった。それを書くということは今にして思えば私(司馬氏)にとって、人生と人間についての透明感を描きたかったんだろうと言う気がしますと、と回顧している。(1982年)

参照→ http://www.eonet.ne.jp/~kumonoue/sikiasioto.htm

閉じる コメント(4)

顔アイコン

毎週楽しみに大河ドラマ「軍師官兵衛」を観ています♪
最初の頃は、秀吉の人間味溢れた人の良さで多くの人たちの心をつかんでいたのに、関白となった最近では横暴さが目に余るようになってきました。
その陰で身内の方々の犠牲があったり、理不尽な仕打ちがあったのでしょうね
興味深い小説ですね☆

2014/9/16(火) 午前 11:28 [ かっつん ]

>かっつんさん、投稿、ナイス!ありがとうございます。
秀吉の臣下、家族や親戚のつながりに関係性がよくわかりました。

2014/9/30(火) 午後 7:17 umo*oi

顔アイコン

淀殿の事が結構悪し様に書かれてますよね(苦笑)

2014/11/11(火) 午後 0:25 はじめのいっぽん

>はじめのいっぽんさん、投稿ありがとうございます。
淀殿の側近が政治に長けた人達が手薄。家康に翻弄されて自滅していった感が歪めないないですネ!?
大河ドラマ・軍師官兵衛でも石田三成が淀殿をコントロールしかねている様子、歴史は勝者サイドからになるからかも・・・!?

2014/11/12(水) 午後 6:19 umo*oi


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事