羽ばたけコウノトリ!、日本の空に、そしてトキも !!

日本の貴重な自然を一人一人が大切に!、素晴らしい環境に戻そう !!!

全体表示

[ リスト ]

冷たい伏流水に育つコケ・天然記念物「鳥海マリモ」

獅子鼻湿原ハイキングのハイライト第二弾、「鳥海マリモ」の元へ。

イメージ 1




イメージ 2


**********************************
あがりこ大王の見学後、

途中までしばらく戻り、鳥海マリモが観られる伏流水流れる処へ、木道を更にゆき、一気に下る。

イメージ 3







イメージ 4



伏流水流れる澄んだ川に沿って少し下る。


イメージ 5


イメージ 6




イメージ 7





イメージ 8



鳥海マリモ>;)が観られるところへ到着。

イメージ 9



イメージ 10





イメージ 11


鳥海マリモ

「獅子ケ鼻湿原」には湧き水の周辺や川底には多種多様のコケ類が密生。

特に、八ヶ岳にしかないハンデルソロイゴケ、

鳥海山にしかない (湿原にはないといわれるモエルギアジャポニカ)ヒラウロコゴケ、別名「鳥海まりも」が見られる。 イメージ 12

参照→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E6%B5%B7%E5%B1%B1 






イメージ 13





鳥海山の八合目付近がほんの僅か眺められる処で、清涼水を手ですくい飲んでみた。その美味しいこと・・・、その手の指先が痛いほど冷たい…。雪融けの恵みなのだろう。

イメージ 14


イメージ 15




イメージ 16 小熊の横顔に見えるブナ





ヘビが木をよじ登るような木も・・・
イメージ 17



木道をハイキング道入口へ戻る。

木道脇には山野草の花達がいっぱいだ。

イメージ 18




イメージ 19




イメージ 20


イメージ 21





イメージ 22




ブナの実が豊富にできていた。

ブナの木の実
イメージ 23



獅子ヶ鼻湿原から、

鳥海山を左手に眺めながら、山形県に再び入り、

イメージ 24






今夜の宿、日本海側にある温海(あつみ)温泉へ。





イメージ 25




旅館前を流れる川では鮎釣りも
イメージ 26


イメージ 27 庭園の池ではカルガモの親子が遊ぶ

老舗旅館らしくのんびり感が漂う・・・。


イメージ 28






イメージ 29


イメージ 30

閉じる コメント(4)

顔アイコン

鳥海マリモは、北海道のマリモのように丸くならなくて、コケの一種のようですね!
冷たくて透き通った伏流水に緑の鳥海マリモ
ひっそりとしてとても神秘的ですね♪

2015/8/12(水) 午後 11:03 [ かっつん ] 返信する

マイナスイオンを浴びて癒されそうですね。仕事が思うようにいかず、マイナス思考に陥ってる私にも必要な場所かもしれません。

今日も一日素敵な日になりますように(*^^*)

2015/8/13(木) 午前 7:58 [ hiyoko ] 返信する

>かっつんさん、投稿、ナイス!ありがとうございます。
阿寒湖のような水草ではなく、岩に生えるコケが冷水で丸みを帯びているものと知りました。でも神秘の鳥海山にはピッタリでした。

2015/8/16(日) 午後 7:15 umo*oi 返信する

顔アイコン

>hikari38さん、投稿ありがとうございます。
仕事なかなか思うようにいかない・・・、辛いでしょうが・・・。
そもそもしっかりとした仕事に、簡単で楽なものは少ないと想えます!?「なるようにしかならないものだと、ケセラセラの心境」で、時には気分転換を図られ、できるだけポジティブ志向で毎日を頑張って下さいませ・・・。

2015/8/16(日) 午後 7:23 umo*oi 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事