羽ばたけコウノトリ!、日本の空に、そしてトキも !!

日本の貴重な自然を一人一人が大切に!、素晴らしい環境に戻そう !!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全238ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

「峠」読了!

幕末、独立小国を目指して奮闘した長岡藩家老・河井継之助の活躍!!

司馬遼太郎の歴史小説「峠」(上)(中)(下)>;)を読み終えた。

イメージ 1



 峠:

 司馬遼太郎の長編時代小説。(新潮文庫)

それまでほとんど無名に近かった幕末から戊辰戦争時の越後長岡藩家老・河井継之助の名を、一躍世間に広めることとなった歴史小説である。
近代的合理主義を持ち、時代を見据える先見性と実行性を有しながらも、「藩」や「武士」という束縛から自己を解放するまでには至らず、最後には武士として、長岡藩の家臣として、新政府軍に対抗する道を選んだ英雄の悲劇を描く。



上巻:
幕末、雪深い越後長岡藩から一人の藩士が江戸に出府した。
藩の持て余し者でもあったこの男、河井継之助は、いくつかの塾に学びながら、詩文、洋学など単なる知識を得るための勉学は一切せず、歴史や世界の動きなど、ものごとの原理を知ろうと努めるのであった。
さらに、江戸の学問にあきたらなくなった河井は、備中松山の藩財政を立て直した山田方谷のもとへ留学するため旅に出る。 
イメージ 2
中巻: 旅から帰った河井継之助は、長岡藩に戻って重職に就き、洋式の新しい銃器を購入して富国強兵に努めるなど藩政改革に乗り出す。 ちょうどそのとき、京から大政奉還の報せが届いた。家康の幕将だった牧野家の節を守るため上方に参りたいという藩主の意向を汲んだ河井は、そのお供をし、多数の藩士を従えて京へ向う。 風雲急を告げるなか、一藩士だった彼は家老に抜擢されることになった。 下巻: 開明論者であり、封建制度の崩壊を見通しながら、継之助が長岡藩をひきいて官軍と戦ったという矛盾した行動は、長岡藩士として生きなければならないという強烈な自己規律によって武士道に生きたからであった。 西郷・大久保や勝海舟らのような大衆の英雄の蔭にあって、一般にはあまり知られていない幕末の英傑、維新史上最も壮烈な北越戦争に散った最後の武士の生涯を描く力作長編。

朝廷軍とはいえ、恭順を示すことを許されず、最終的に戦わざるを得なくなった長岡藩、その虚しさが伝わってきて気の毒な心情となるストーリー・・・。

イメージ 3







イメージ 4

前回読んだ「胡蝶の夢」、同じく幕府側について会津藩へ行き、戦傷者の治療に励んだ、御典医の主人公 松本 良順 が最終章で登場する。

朝廷軍に乗っ取られた長岡城、それを奪還した後、継之助が負傷してしまい、意に反して会津へと落ち延びようさせられるが、その途中に会津近くまで来たところで、治療にやってきて懐かしい再会となるシーンがあった。
同系列の物語の繋がりをみたことが、悲しい結末にも、ほのかな友情という一筋の明るさが出てきてよかった。

カマキリが元気・・・、夏の盛りは過ぎ行く・・・、ハイビスカス開花本格化!!

カマキリ健在!

イメージ 1




イメージ 2



ハイビスカスの咲く時期が到来!

イメージ 3





アサガオの白い花と対比が素晴らしい!

イメージ 4






イメージ 5



ニオイバンマツリカは二度咲きに。
手前のシュウメイギク・・・、秋が待ち遠しい!

イメージ 6




イメージ 7



ハナモモの実、小さいながらも桃としての存在感アリ。

イメージ 8




カマキリ秋まで愛嬌を振りまいてくれそう!

イメージ 9



イメージ 10

たまがわ花火大会(第37回世田谷区)、真夏の芸術を楽しむ!

夏の風物詩、夜空に輝く花火の饗宴を楽しむ!!

イメージ 1




イメージ 2


イメージ 3







イメージ 4


************************************

昨日(8/22 Sat.)自己の某70となる区切りとなる記念日を祝うかのよう・・・。

イメージ 5


イメージ 6




イメージ 7





イメージ 8


面白い形のリングや小さな花火を散りばめて・・・多彩だ。

イメージ 9



イメージ 10





イメージ 11


イメージ 12





イメージ 13




イメージ 14


イメージ 15




イメージ 16





イメージ 17


イメージ 18




イメージ 19




イメージ 20


イメージ 21





イメージ 22






イメージ 23


イメージ 24





イメージ 25




イメージ 26


イメージ 27




イメージ 28






イメージ 29


イメージ 30



川の水面スレスレまでも届く大輪の花火、尺玉花火は迫力満点、圧巻!。


イメージ 31






饗宴のクライマックスの花火、

音楽とシンクロさせた花火、

吹上花火をベースに、次々と色とりどりの大輪花火が次々と打ち上がる・・・、見事で、素晴らしい!!!

イメージ 32


イメージ 33





イメージ 34





イメージ 35


イメージ 36

イメージ 37


イメージ 38




イメージ 39





イメージ 40

杉並木の表参道を通って辿りついた国宝・羽黒山五重塔は荘厳な佇まい! 湯殿山ではお祓いを!!

出羽三山でも特に知られる国宝・羽黒山五重塔へ。

イメージ 1




イメージ 2



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

羽黒山の山頂から、出羽三山神社入口へと一旦下る。



イメージ 3



神社鳥居をくぐり、



イメージ 4






イメージ 5


イメージ 6

随神門からまず石段を下り、うっそうとした杉並木の参道を進む。


イメージ 7 随神門





門よこの夫婦岩
イメージ 8


イメージ 9 特別天然記念物・表参道杉並木をまずは下る

途中、神橋を渡る。

イメージ 10 神橋とその山肌に須賀の滝





イメージ 11


しばらく行くと、左手奥に 樹齢が何と千年以上 爺杉 >;)に。

イメージ 12





イメージ 13



爺杉<ジジスギ>
 
イメージ 14

その後しばらく行くと、お目当ての国宝・羽黒山五重塔>;)に到着。

イメージ 15




イメージ 16





イメージ 17


イメージ 18




イメージ 19




イメージ 20


国宝・羽黒山五重塔 イメージ 21











五重塔をしばらく見物。


羽黒山山頂へはここから
一の坂、二の坂、三の坂・・・ と、

特別天然記念物・表参道杉並木を通って先程の三神合祭殿まで

全長約1.7Km、2446もの長い石段 を登ってゆかねばならない。

既にお参りを済ませており、

元来た参道を

イメージ 22






イメージ 23


イメージ 24


何度となく国宝の五重塔を見納めて山門へと戻る。


車窓より蓮の花を遠望し、
出羽三山参り最後のと湯殿山神社へと向かう。


イメージ 25







湯殿山は今から約15年ほど前にお参りし、かつお祓いをした懐かしい神社でもある。

イメージ 26


イメージ 27




イメージ 28




神秘かつ荘厳あらたかなお祓いを受け、

イメージ 29


イメージ 30

三日間の鳥海、出羽三山の旅を終えた。

羽黒山山頂・出羽三山の三神を祀る三神合祭殿で参拝

月山、羽黒山、湯殿山の三神を羽黒山頂に祀っている 三神合祭殿<サンジンゴウサイデン> へ。

イメージ 1




イメージ 2



********************************************************
参詣道の途中にある、

三山の開祖・第32代崇峻天皇の蜂子皇子の御陵>;)へ立寄る。



イメージ 3


蜂子皇子 
 イメージ 4
1400年前、皇子は八咫烏に導かれて羽黒山に登拝し、
羽黒権現を感得、山頂に社を創建したのが始まりとされている。
皇子はさらに月山権現と湯殿山権現をも感得し、三山の開祖となった。

その後、三神合祭殿へ。

イメージ 5


鳥居をくぐり、境内の中に。

イメージ 6 参集殿




イメージ 7 参集殿の手前にあるのが、鐘楼と平和塔



鐘楼と参集殿の左隣りに建つ、

三神合祭殿 に参拝する。

三神合祭殿
イメージ 8


イメージ 9




合祭殿前には御手洗池、



イメージ 10 鏡池

羽黒山が向影する池として 鏡池 と呼ばれている。

平安、鎌倉、江戸中期までの鏡が発掘され出羽三山歴史博物館に収蔵されているとのことだ。



イメージ 11




羽黒山には徳川家康の御神像を祀る東照社がある。

今年はその 家康の没後四百年 にあたることから、

社を開扉し、御神像の特別拝観をさせてもらった。

イメージ 12 <羽黒山>徳川家康没後四百年 御神像・特別拝観へ





イメージ 13




イメージ 14


東照社横に並ぶ八つの神の社

(左から神興社/大雷神社/建角身神社/稲荷神社/大山祇神社/白山神社/思兼神社/八坂神社)

がずらりと建ち並ぶ。

イメージ 15




イメージ 16 俳聖松尾芭蕉と句碑





イメージ 17


イメージ 18 出羽三山歴史博物館の案内




イメージ 19 羽黒山にあるレストランで出羽三山らしい朱塗り大茶碗膳の昼食




出羽三山の土産もずらり
イメージ 20


イメージ 21 名物の鏡池にちなんだ銘菓・古鏡を土産に

次に、羽黒山で特に有名な国宝・五重塔へと向かう。

全238ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事