羽ばたけコウノトリ!、日本の空に、そしてトキも !!

日本の貴重な自然を一人一人が大切に!、素晴らしい環境に戻そう !!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

花の月山・八合目<標高1,400M>高山植物の花咲く弥陀ヶ原・湿原散策!

出羽三山の一つ月山<標高1984m>、その1400−1500Mに広がる高層湿原・弥陀ヶ原を散策する。

イメージ 1




イメージ 2


********************************************************************

温海(あつみ)温泉を出発し、山形県北部の出羽三山へ。

ソバ畑や牧場を眺めながら、まず三山の主峰月山に向かう。

イメージ 3







イメージ 4 白い花咲く蕎麦畑






大木の陰に放牧の牛がいっぱい…
イメージ 5



月山八合目にある大湿原・ 弥陀ヶ原

標高1400メートル以上もの高層、珍しい高山植物の宝庫としてよく知られる。


涼風を味わいながら登山口より入る。

案内版ある所から、スケールの大きい湿原に長く伸びる木道を進む。

途中 中之宮 でお参りし、

時計回りでほぼ一時間のコース。

イメージ 6




イメージ 7


木道両側には小さな池が点在…、

大好きな高山植物たちが色とりどりに咲いて迎えてくれた。


イメージ 8


イメージ 9



イメージ 10





イメージ 11


イメージ 12





イメージ 13


月山のお参り所 中之宮 に到着。

イメージ 14


御田原・参籠所 で参拝。

イメージ 15




イメージ 16





イメージ 17


イメージ 18




イメージ 19




イメージ 20


イメージ 21





イメージ 22






イメージ 23


イメージ 24





イメージ 25




イメージ 26


イメージ 27




イメージ 28






イメージ 29


イメージ 30






イメージ 31






イメージ 32


イメージ 33





イメージ 34





イメージ 35

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

冷たい伏流水に育つコケ・天然記念物「鳥海マリモ」

獅子鼻湿原ハイキングのハイライト第二弾、「鳥海マリモ」の元へ。

イメージ 1




イメージ 2


**********************************
あがりこ大王の見学後、

途中までしばらく戻り、鳥海マリモが観られる伏流水流れる処へ、木道を更にゆき、一気に下る。

イメージ 3







イメージ 4



伏流水流れる澄んだ川に沿って少し下る。


イメージ 5


イメージ 6




イメージ 7





イメージ 8



鳥海マリモ>;)が観られるところへ到着。

イメージ 9



イメージ 10





イメージ 11


鳥海マリモ

「獅子ケ鼻湿原」には湧き水の周辺や川底には多種多様のコケ類が密生。

特に、八ヶ岳にしかないハンデルソロイゴケ、

鳥海山にしかない (湿原にはないといわれるモエルギアジャポニカ)ヒラウロコゴケ、別名「鳥海まりも」が見られる。 イメージ 12

参照→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E6%B5%B7%E5%B1%B1 






イメージ 13





鳥海山の八合目付近がほんの僅か眺められる処で、清涼水を手ですくい飲んでみた。その美味しいこと・・・、その手の指先が痛いほど冷たい…。雪融けの恵みなのだろう。

イメージ 14


イメージ 15




イメージ 16 小熊の横顔に見えるブナ





ヘビが木をよじ登るような木も・・・
イメージ 17



木道をハイキング道入口へ戻る。

木道脇には山野草の花達がいっぱいだ。

イメージ 18




イメージ 19




イメージ 20


イメージ 21





イメージ 22




ブナの実が豊富にできていた。

ブナの木の実
イメージ 23



獅子ヶ鼻湿原から、

鳥海山を左手に眺めながら、山形県に再び入り、

イメージ 24






今夜の宿、日本海側にある温海(あつみ)温泉へ。





イメージ 25




旅館前を流れる川では鮎釣りも
イメージ 26


イメージ 27 庭園の池ではカルガモの親子が遊ぶ

老舗旅館らしくのんびり感が漂う・・・。


イメージ 28






イメージ 29


イメージ 30

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

鳥海山麓の獅子ヶ原湿原・神秘なブナの森、天然記念物・巨大ブナ「あがりこ大王」に・・・

湿原内で違形<奇形な>巨大ブナ・「あがりこ大王」の元へハイキング。

イメージ 1



*********************************************
山麓・元滝伏流水に続いて、鳥海山麓の溶岩流末端

大自然庭園・ブナの森が広がる 獅子ヶ原湿原(中島台レクリエーションの森) >;)へ。


イメージ 2


イメージ 3





オオウバユリ咲くハイキング道を森の入口へ。

イメージ 4 オオウバユリ






イメージ 5


鳥海山獅子ヶ原湿原
(植物群落および新山溶岩流末端崖と湧水群)イメージ 6 
 
鳥海山から流れ出した溶岩流の末端には、湧水地が点在している。

特に、山麓の獅子ヶ原湿原には、標高500mながら、ブナの森や湿原が広がり

巨大なブナ「あがりこ大王」や、多様な高山性のコケ類「鳥海まりも」が見られ、

2001年に天然記念物に指定された。

参照→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E6%B5%B7%E5%B1%B1 


イメージ 7




ブナが林立する森、その中に設けられた木道を行く。


イメージ 8


イメージ 9



イメージ 10





イメージ 11


イメージ 12



ヤグルマユリが目を惹く。

イメージ 13 ヤグルマユリ




天然記念物への分岐点。

まず、「あがりこ大王」巨大ブナの元に向かう。

イメージ 14


イメージ 15 燭台のようになったブナの木




イメージ 16





炭焼き窯
イメージ 17





イメージ 18


ブナの大木が目立ちだした。

イメージ 19


分岐点よりしばらくして、やっと天然記念物「あがりこ大王」>;)に到着。

イメージ 20


あがりこ大王 イメージ 22 

森林に林野庁の「森の巨人たち百選」にも選ばれた、
樹齢約300年、樹高25m、幹周り7.62mの 
巨大なブナ「あがりこ大王」

イメージ 21 あがりこ大王







イメージ 23


イメージ 24





イメージ 25




イメージ 26



分岐点に戻り、もう一つの天然記念物「鳥海マリモ」のある沢へと向かう。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

神秘の鳥海山麓・伏流水が豊富!

日本海際にそびえ立つ独立峰・秀麗な山容で魅力いっぱいの鳥海山山麓へ。

元滝伏流水 イメージ 1




イメージ 2
冷たさ抜群・・・、神秘!


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
翌(7/27 Mon.)山形・蔵王の温泉を出て、

山頂付近の雪渓が目立つ、翌日訪問する月山(出羽三山の一つ)、

を遠望しながら山形と秋田の県境にそびえ立つ鳥海山を目指す。

イメージ 3 月山を遠望





月山の麓を通り、

イメージ 4 月山ダム湖






イメージ 5



途中、庄内物産館へ立ち寄る。

イメージ 6


鶴岡市は藤沢周平のふるさとでもある。

イメージ 7



名産の果物やだだちゃ豆など・・・。

イメージ 8


イメージ 9





鳥海山の姿が間近に・・・。

イメージ 10





イメージ 11


イメージ 12 メロン畑も




秋田県へ入る。

イメージ 13




鳥海山>;)の麓・伏流水の湧き出る里へ。

イメージ 14


鳥海山
山形県と秋田県に跨がる標高2,236mの活火山。
山頂に雪が積もった姿が富士山にそっくりなため、出羽富士(でわふじ)とも呼ばれ親しまれている。
秋田県では秋田富士(あきたふじ)とも呼ばれている。

古くからの名では鳥見山(とりみやま)という。鳥海国定公園に属する。日本百名山・日本百景の一つ。2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定された。

参照→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E6%B5%B7%E5%B1%B1 

清流に沿って、元滝伏流水へは、ほぼ10分の道のり。

イメージ 15




イメージ 16



山野草の花たちが迎えてくれている。

イメージ 17


イメージ 18




イメージ 19




イメージ 20



冷たい伏流水・・・、

山肌から一気に吹き出し、涼感いっぱい!!

イメージ 21





イメージ 22






イメージ 23



冷たい水を汲み、キ・ツリフネソウなどを愛でながら戻る。

イメージ 24





イメージ 25 くるみの実




イメージ 26


イメージ 27 キ・ツリフネソウ




イメージ 28

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

裏磐梯山・美しい花がいっぱい咲く五色沼!、小野川不動滝で涼感・・・滝しぶきの涼しい!!

小野川不動滝の涼感に感謝!!
小野川不動滝 イメージ 1








++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
浄土平から裏磐梯へ。

イメージ 2


イメージ 3






まず、裏磐梯にある五色沼に。

イメージ 4






イメージ 5


イメージ 6




イメージ 7





イメージ 8



五色沼の散策路ハイキングを楽しむ。

イメージ 9



イメージ 10





イメージ 11


イメージ 12




沼には緋鯉が・・・、ハートマークついた鯉もいると・・・

イメージ 13 ハートマークの鯉がいると・・・




ピンクとミドリの二色ソフトクリーム
イメージ 14


イメージ 15




イメージ 16





イメージ 17



多くの湖沼が点在する中、

小野川湖その奥、

イメージ 18




イメージ 19




イメージ 20



約30分、ほぼ平坦な山道・・・、

イメージ 21




路そばに疲れを癒してくれているかのように、ツリブネソウが咲く。

イメージ 22






イメージ 23


小野川不動滝 、落ちてくる滝のしぶきそのマイナスイオンの涼しさ満天

イメージ 24





イメージ 25




イメージ 26


裏磐梯より磐梯山を後に元米沢藩・上杉家の山形へ入る。

イメージ 27



今夜泊まる、山形の温泉リゾート・蔵王温泉へ。

イメージ 28






イメージ 29


イメージ 30

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事