ぽん助のこだわり雑記帳

アイドルについて好き勝手に書く、スーパーマイナーブログ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

まさかの復活!

BS番組で松本典子が歌ったらしい。
何を歌ったのかと思えば、これまた、まさかの「儀式(セレモニー)」。

・・・こんなマイナー曲でいいの?w

復活した経緯も、この曲を歌うことになった経緯も分からないけれど、アイドルファンとしては大歓迎。
特に、松本典子が好きだった自分にしては、奇跡の出来事だ。

ちょっと、ぽっちゃりした気もするが、当時と変わらぬカワイサと声で歌ってくれたことに感激。

「儀式(セレモニー)」は彼女の6枚目のシングル。
1年目の秋に松任谷由実の「さよならと言われて」を歌った彼女が、2年目の秋は中島みゆきに挑戦。

中島みゆきを歌ったアイドルといえば、代表的なところで工藤静香、柏原芳恵だろうか。
彼女たちは、中島みゆきの世界を、上手く表現していたと思う。

では、松本典子はどうか?
個人的にはもう一息な感じかなぁ。

結構好きなんだけれど、中島みゆきの曲を聴いているという感じがないというか、「毒」がないんだろうなぁ。

 ♪セレモニー 指輪を結び合い
  セレモニー 涙の海へ投げて
  セレモニー 単車の背中から

ん〜、まず、単車の後ろに乗りそうにないw
なんか、相手の言うままに儀式に立ち会ってしまう女の子って感じがする。

せっかくの中島みゆきなんだから、「ドロッ」としたところも見せてほしかったかも。
毒がないならないで、薬師丸ひろ子ぐらい突き抜けてくれたら、それはそれでいいんだろうけど、そういうこともないし。

中江有里の「風の姿」にも同じような印象があったが、こちらは、隠れた「毒」みたいなものが感じられた。
どこがどう違うかと言われても、ハッキリとは言えないのだが、「感情の揺れ」みたいなもんを感じるのだ。

まぁ、その毒のなさが松本典子の個性なんだろうし、彼女が自分の歌にしていたということでもあるのだろう。
くせのある歌詞に、毒のない歌唱ってのもいいとは思う。

でも、彼女から、もう少し何か出てきそうな期待感があったのも確か。
なにか隠してそうな感じがあるんだけどなぁw

松任谷由実も中島みゆきも歌ったということも、この辺にカギがあったんだと思う。

出てきそうで、出てこない。
突き抜けそうで、突き抜けない。

これが、彼女の限界だったのかも。

2年目の彼女は、まさに迷走で、他の85年組が奮闘してブレイクして行く中、
「虹色スキャンダル」→「NO WONDER」→「儀式(セレモニー)」
と、失速。

「儀式(セレモニー)」の次の「KEEP ME HANGIN' ON〜誘惑を抱きしめて〜」ではカバーにもチャレンジするが、もうヤケッパチ感さえ漂うw

それでも、志村けんのおかげか、売れなくなってからも歌い続けられたのは幸せだっただろう。

それにしても、1回とは言え、復帰した松本典子。
これから、いろんなところで歌ってくれたりしたらウレシイなぁ。



閉じる コメント(19)

顔アイコン

「セレモニー」。アイドルらしいタイトルに当時正統派を感じていました。彼女の場合、「春色のエアメール」に「さよならと言われて」のイメージが強いですね。やはり、失恋ソングも歌うのが当時の正統派アイドルに求められていたような気がします。岡田由希子さんも「哀しい予感」を歌っていますから。 オリコンも20位圏外で、売り上げも確か3万枚ちょっとだった「青い風のビーチサイド」が僕は好きでした。田中陽子の「夕陽のクレッシェンド」のパンチラならぬ、ミニスカートの典子に注目しましたが、不思議なことに、芳恵、奈保子同様に、ボインでもいやらしさがなかったことが典子の良かった所なのでしょうが、多くのファンもミニにはショックだったようで、2曲目にして売り上げは下降しました。「虹色スキャンダル」の髪型には違和感があって、久保田サウンドを歌う彼女が痛々しかった。本質は性格も良さそうでしたから、ほんわかした歌、初期の掘ちえみ路線で攻めてくれたらと思っていました。「NO WONDER」の振りとジャケットを結構僕は気に入っていて、今でも保存してます。NO WONDER( ^_^) 削除

2011/9/20(火) 午前 2:24 [ 晴れときどき ] 返信する

顔アイコン

晴れときどきさん>
おニャン子ブーム、ミポリン、本田美奈子ちゃんのブレイクの中、みっちょんと典子ちゃんは正当派で踏んばってましたねぇ。

「青い風のビーチサイド」は、あのミニがカワイイんですが、ファンにとってはショックだったんですね。
Gな自分は気づいていませんでしたw
ってか、ジャケット、衣装、髪型、どこを切り取っても「聖子」なことにビックリしてましたw

「NO WONDER」のロボットダンスは、唐突でいいですよねw

2011/9/20(火) 午前 10:17 ぽん助 返信する

顔アイコン

いやいや〜!ぽん助さん!この曲を取り上げてくださるとは!僕もレビューしようかと思っていたんですよ〜。こないだのBS、確かにふっくら感がありましたが、歌声は健在でしたよね!「儀式」は、彼女の歌の中で一番大好きな曲なんです。もっとヒットしてほしかったんですけどね〜。

自分的には、「虹色スキャンダル」で失速したような気がします・・・。2年目も正統派で攻めてほしかったです。

今回の番組出演を機に、ぜひとも本格的な歌手復帰してほしいですよね!http://yaplog.jp/idol-pops/

2011/9/20(火) 午後 6:13 [ tk1**522* ] 返信する

顔アイコン

ポンポコさん>
「単車」はワザと選んだんでしょうね〜。
典子ちゃんが「バイク」って言うのも変な感じだし、「車」ほど大人でもなくて、「自転車」ほど子供でもないし・・・。
ん〜「二輪」?
もっとヤンキーくさいかw

あっ、この頃はナンノちゃんもブレイクしてましたね。
85年秋までは、まさか、ナンノちゃんがノリリンを超えるなんて、想像もしませんでした。

2011/9/20(火) 午後 9:05 ぽん助 返信する

顔アイコン

TKさん>
TKさんもレビューしようと思ってたんですね〜。
全然変わってたら・・・とドキドキしましたが、当時のイメージ&歌声を保ってて、ホッとしました。

「虹色スキャンダル」は曲としては悪くないんだろうけど、「さよならと言われて」の後で、似合わないショートではキツかったですよねぇ。

ひねり過ぎた勝負曲っていうか。

ミッチョンの「心の扉」みたいな曲が良かったかなぁ。

2011/9/20(火) 午後 9:09 ぽん助 返信する

顔アイコン

田村エリリンは、「真剣」で♪バイクの後ろに乗せて♪って歌ってましたよね?    『単車』と『バイク』との違いって、なんなんでしょうね?   南野陽子と松本典子との大きな違いは『頭身』だと思うんですよ。ナンノが7頭身なのに対し、ノリリンは5頭身って感じで野暮ったかったです     恐らくノリリンがスケバン刑事に抜擢されたとしても、ブレイクはできなかったんじゃないかなあ      ぽん助さんは、どう思いますか?     『松本典子』っていう芸名も、古臭くて失敗だったような気がします 削除

2011/9/21(水) 午後 7:38 [ ポンポコ ] 返信する

顔アイコン

ポンポコさん>
単車とバイクですか。
単車はスーパーカブでバイクはレーサータイプなイメージですけど、この場合の単車は125ccぐらいのレーサータイプかなぁと想像していますw

スケバン刑事の、鉄仮面が割れて、ナンノちゃんが出てくるところは、ノリリンでは無理だったでしょうねぇ。
でも、セーラー服反逆同盟の仙道敦子にはなれたと思うんですけどね。

2011/9/22(木) 午後 0:44 ぽん助 返信する

顔アイコン

こんにちは。バイクネタに話を戻しますと、田村英里子ちゃんの真剣では、ポンポコさんの言う「バイク」が際立っています。さびのちょっとやそっとの恋じゃない、真剣(本気)なんの信じて、半端や軟じゃ許さない、よりも、歌い始めバイクの後ろに乗せて、海の青がみたいの、で一気に田村英里子ちゃんの歌の世界にひきこまれます。これは2番の始めも同様で、自分の事より大事、こんな気持ち始めて、磁石で出来てるみたいほんとふたりの未来とシリアスに展開します。洋楽と違って、日本人の我々にとって歌詞は大事で、バイクではじまるのと、単車、(満里奈のように)サイドシートとくるのではイメージと重感が全く違いますね。単車と来られると、ぽん助さんの言うように、中学生が無理して原付乗ってるのを想像してしまいます。 削除

2011/9/23(金) 午前 9:53 [ ことみしりANGLE ] 返信する

顔アイコン

田村英里子ちゃんはテレビ東京のアニメ、アイドル伝説えり子と平行して曲を出し、プロモーションもアニメとはいえドラマの内容に沿っていたので、子供向けの他、相乗効果は大きかったと思います。特に作中、(叔父の嫌がらせを受けありもしないスキャンダルのうわさで仕事をほされ)好きよでは地方営業になり、3曲めの真剣でベストテン入りする設定はマルシアとの新人賞レースともシンクロして盛り上がっていました。やはり、アイドルにとって、ドラマ主演はイメージをつけやすいのでしょうか。松本典子ちゃんも連続ドラマでの主人公の娘役、妹役でもあれば伸びたかもしれません、残念です。今の彼女なら以前の石野真子のようなお母さん役が似合いそうですね。そして、宇沙美ゆかり嬢自身も… 僕の記憶があいまいですが、誰かの代役でみゆきの主演を得たような・・・ 彼女の場合、スケバンを犠牲にしてまで主演した映画、内容が薄い駄作、主演とはいえ学園もので他にも10代の脇役がおり、それらに埋もれる場面も多かったVマドンナの興行失敗が残念ですね。 削除

2011/9/23(金) 午前 10:14 [ ひとみしりANGLE ] 返信する

顔アイコン

ポンポコさん>
スケバン刑事は、マンガ版の主人公の髪が長いですし、由貴ちゃんの方が合ってたでしょうねぇ。
当時、勢いのあった由貴ちゃんを主演にして、成功したってのはあるでしょうね。

2011/9/23(金) 午後 4:37 ぽん助 返信する

顔アイコン

ひとみしりANGLEさん>
エリリンはバイクでいいと思います。ってか似あってますよね〜。
一年後には「助手席のPerfume」で、さらに大人な感じになるんですけど、それもまた良かったですねぇ。
ミッチョンの「プライベート・レッスン」もキャラに合ってましたねぇ。

ノリリンの娘役、良かったでしょうねぇ。
「時には一緒に」みたいなドラマなら、ナンノちゃんにも負けないか・・・も?

ゆかりちゃんのみゆきってオーディションですよね?
もしや、優勝候補がほかにいたとか?
それにしても、Vマドンナは・・・見に行きたくなる要素のない映画でしたねw

2011/9/23(金) 午後 4:45 ぽん助 返信する

顔アイコン

ポンポコさん>
スケバン刑事を蹴って、Vマドンナだったみたいですね。
ゆかりちゃんは、Vマドンナやスケバン刑事みたいなものよりも、みゆきとか胸騒ぎの放課後の方が合っていたように思います。

2011/9/23(金) 午後 4:51 ぽん助 返信する

顔アイコン

こんばんは。先日書き込みしました、ゆかりちゃんの代役の件、沢村美奈子の陽当たり良好での伊藤さやかとの交替劇の記憶でした。ポンポコさんが書いているように、16、7才の子が仕事のポリシーを持つことは難しい業界では、事務所、スタッフの意向が全て何でしょうね。沢村美奈子の場合も、ドラマの内容や出演時間に事務所がクレームを付け過ぎたせいでの降板だったと何かの雑誌で読んだことがあります。ぽん助さん、みっちょんは佳曲ぞろいですね。当時リアルタイムでラジオを聴いていて、明るくおきゃんなみっちょんと歌のシリアスさのギャップにひかれたものです。アイドルに慣れていないレコード会社テイチクでのベストテン入りの青い靴、AURORAの少女も好きですが、ぽん助さんの言う初期の曲、プライベートレッスン他、白いバスケットシューズ、アプリコットキスもせつない恋を歌っていて好きです。なぜこんなに胸がせつないビートうつの? なぜ砂に名前を記せばせつないの? のあたりは今でも思い出すさびの部分です。 削除

2011/9/28(水) 午前 1:40 [ ひとみしりANGLE ] 返信する

顔アイコン

続けての投稿ご容赦。時にはいっしょには正統派を印象付けるにはおいしいドラマでした。スケバンが終わり、テレビの露出がなくなると思いきや、南野の事務所はしっかり策を講じていました。続けてのドラマ出演、両親の離婚に耐える子供の役、坂上忍よりも好演。あのドラマは、年末まで放送していたので、最終回の次の日、年末特番で歌う南野のアプローチ、効果的でしたね。しかしながら、ポンポコさんの言うように、アイドルの引退のタイミング、難しいものですね。ぽん助さんのレビューにあった?のですが、水谷麻里ちゃんの春休みの最後のシーンでの21世紀まで愛しての曲がかかるスタッフの思いやりや、NOあたりからアイドル路線を離れ、「アイドルとしてデビューしたのだから、アイドルをしたくない?私は引退します」 と曲を作る側に転職した島田奈美ちゃん、そして、セーラー服通りでエッチな役夏樹を演じた紘川淳嬢に至っては、きっぱり芸能界を去り、僕と同業に転職。岡田有希子さんも、周りのスタッフがもう少し気がついてあげていれば、寿退職、良妻賢母になっていたのだと思い、書き込みをしました。ファーストデイトをこれから聴きます。 削除

2011/9/28(水) 午前 2:10 [ ひとみしりANGLE ] 返信する

顔アイコン

ポンポコさん>
確かに、ゆかりちゃんはゴツさを感じましたねぇ。
彼女はスパッとしてたけれども、麻里ちゃんは、だんだん変になっていく感じがして、怖かったです。
ユッコも、麻里ちゃんみたいに、見切りをつけられてたらねぇ・・・。

ファースト・デイトは曲が暗いというより、ユッコのウェット感が出過ぎていたような。
まぁ、桃子ちゃんの「青春のいじわる」が軽すぎたせいで、余計にそう感じるんでしょうけどw

2011/10/2(日) 午前 10:46 ぽん助 返信する

顔アイコン

ひとみしりANGLEさん>
陽あたり良好って、沢村美奈子ちゃんだったんですねぇ。
伊藤さやかちゃんの方が、適役な感じなんで、結果的に良かったと思います。

アイドルの引退といえば、キャンディーズと百恵ちゃん、80年代ではちえみちゃんが印象的でしたけど、フェードアウト組もたくさんいますもんねぇ。
キレイに引退できる人なんて、ごくわずか。
そんな中、ちゃんと引退できた麻里ちゃんは良かったと思います。

2011/10/2(日) 午前 10:51 ぽん助 返信する

ぽん助さん...復活されていたのですね^^。ワタクシメもこのニュースにはビックリいたしました。でしかも曲が「儀式」って...どんだけの方(一般層で)が知っているのか...ってちょっと思ったりで^^;。

2011/10/6(木) 午後 8:56 チェリー(CHERRY★CREEK) 返信する

顔アイコン

ポンポコさん>
まぁ、麻里ちゃんも力は入れてもらってたと思いますけど、のりPのプッシュっぷりは凄かったですねぇ。
タレントショップにグッズにビデオに入場行進曲にと、考えられる全てのことをしてたんじゃないですかね?

のりPは、これからもっと稼げるって時に・・・ねぇ。

2011/10/9(日) 午後 8:16 ぽん助 返信する

顔アイコン

CHERRYさん>
ご無沙汰です〜。
ぼちぼち、更新してますw
典子ちゃん、なんでこれになったんでしょうねぇ。
「さよならと言われて」でなくて。

2011/10/9(日) 午後 8:18 ぽん助 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事