ここから本文です
PON鉄道
今日も無事故で安全運転(。>ω<)ノ!

書庫全体表示

記事検索
検索

全139ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 昨日22日、SL復活プロジェクトの要となる最後の車輛DE10-1099号がJRから東武へ回送されてきました。

イメージ 1

仕事明けだったので秩父線内の撮影は最後の方しか間に合いませんでしたが何とか見れたのでその様子を。


今回は新郷〜西羽生間のR122の陸橋下で待ちました。


登板はデキ501と303号。

イメージ 2

青と朱の色合いがいいですね、秩父線内をDEが走るのも初でしょうか?

イメージ 3


羽生に到着したDE

イメージ 4

501号を切り離し、東武線の側線へ入換え。

イメージ 5

側線には既に81115Fが待機。

イメージ 6

上り本線をエスコートのために使用する855Fが通過、この後東武動物公園で折り返し再び羽生に戻ってきます。

まずは81115Fと併結。

イメージ 7

まるで8000系の甲種回送のよう。

イメージ 8

デキ303が秩父へ帰り855Fを待つ状態に。

イメージ 9

東武動物公園から折り返してきた855Fがやってきました。

イメージ 10

イメージ 11

DEと併結。

イメージ 12

8000に挟まれたDE。

イメージ 13

イメージ 14

組成が完了。

イメージ 15

イメージ 16

この状態で深夜の回送まで待機、普段は入換え等で牽引で使用されるDE10がまさか8000に挟まれて走る日が来ようとは。

イメージ 17

来年の営業運転が楽しみです。


中古のDE買ってきてこの編成再現してみたいですねぇ。


でわ。

この記事に

今日は都内に買い物へ行くついでに東上の越生線と末端区間を担当するワンマン仕様の8000系4連が池袋まで試運転するということで見てきました。

イメージ 1

まずは上板橋へ。

イメージ 2

本当にやってきました、かつては8連だった8199Fです。

営業列車を退避して池袋へ向かいました。

イメージ 3

池袋到着、昨年1月の10連引退以来なので1年ぶりの入線のよう。

イメージ 4

久々の8000入線ということでギャラリーが凄かったです。

普段は10連しか来ない池袋にまさか4連の列車が来ようとは。

イメージ 5

15分ほど停車して発車していきました。

イメージ 6

再びイベント列車として復刻カラーの8000系つなげて走らせてほしいですね。

では。

この記事に

シームレスな新型特急

こんばんは

イメージ 1

本日ついに東武線の新型特急500系の第1陣が遠く兵庫の工場から東武線内にやってきましたね!


たまたま休みだったのでカブでツーリングがてら秩父線内の撮影に出かけました。


イメージ 2


まずは秩父線に向けての始発、熊谷貨物ターミナルへ。

広い構内に見慣れぬデザインの車体が停まっていました。

イメージ 3

当たり前ですがイラスト通りですね、イメージ写真見たときはなんだか凄い電車だなと思いましたがなかなかかっこいいじゃないですか。

イメージ 4

陽の当たり方にもよりますが車体も白かと思いきや微妙にシルバーがかった感じなんですね。

養生のテープも相まってなんだか仮面ライダーのよう。


秩父線内のエスコート役のデキ2両が到着、この日は506と108が登板。

イメージ 5

イメージ 6

組成している間に撮影地へ。

貨物ターミナル〜秩父セメント工場間の踏切脇。

三ヶ尻線内での撮影は今回が初だったので友人たちが教えてくれた定番の場所に行ってみました。

元松尾鉱業のデキ108に引かれてやってきました、デキの釣りかけ音が良いですねぇ。

イメージ 7

イメージ 8

追いかけて方向転換する武川へ。

トップナンバーの501-1。

イメージ 9

特殊貨物検査票。

イメージ 10


ちょうどいい感じに跨線橋があったので屋根上を。

イメージ 11

東武車と言ったらこの独特な羽根つきの鍵外し、やはり付いてましたね。

イメージ 12

イメージ 13

パンタはお馴染み東洋電機のPT71でしょうか。

走行中に上がらないようにロープで固定されてました。

イメージ 14


そして武川を出発、今度はデキ506が先頭に。

イメージ 15

108はパンタを下してました。

イメージ 16


のんびり運転なので追い越して定番の武州荒木〜新郷間へ先回り。

14系の輸送の時ほどではなかったですが今日も凄い人数の方々が集まってましたね。


青空の下長編成の列車がのんびりやってきました。

イメージ 17

イメージ 18


羽生に当直後すぐに側線への入れ替え作業が始まってました。

イメージ 19

108に押されていよいよ東武線内に。

イメージ 20


以前の新型車達と同様に今晩から明日にかけて深夜に南栗橋工場へ輸送するのでその間は羽生の側線で本線走行の準備の為暫く留置ということで各部を診て回りました。

イメージ 21

愛称「Revaty」のロゴマーク。

イメージ 22

連結部。

イメージ 23

なぜか2、3編成だけ幌で繋がれていました。

イメージ 24

しばらくすると前面の養生の撤去作業が。

イメージ 25

JR線内で機関車と連結していた503号はだいぶ汚れが付いてますね。

イメージ 26


さてさて総数24両ということであと数回甲種回送があるみたいなので休みだったらまた見に行きたいです。

遠くは会津鉄道、そして野田線や本線各地を走り回る新型車に期待大です。

営業運転が楽しみですな。


イメージ 27


では

この記事に

本日行われた2016年東武ファンフェスタ。


毎年恒例の東武商事の鉄道コレクション、今年は1700系でしたね。

イメージ 1
画像は購入時に頂いた絵葉書

しかも登場時、冷房搭載初期、前面強化と前照灯が増備された末期の3種を一度に出すとはさすがです。


1700系は前々から欲しかった車輛で古くはごろねん堂、最近ではイエロートレインから金属キットとして発売されていましたね。


プラ製品で出るとは思いもしませんでした。


閉場時間直前に買いましたがたたき売り状態になってました、あまり売れて無さげなので一般発売でも余裕で買えそうです。

とりあえず3種1箱ずつ購入したんでちょっと載せてみます。

イメージ 2

それぞれABCとありAは登場時 Bは冷房搭載当初 Cは側窓固定化、前照灯強化後とあります。

行先、HM、車号ステッカー

ABは共用でCは別となってます、行先はほぼ同じなので違うのはHMの形状ですね。

イメージ 3

まずはAの登場時から。

イメージ 4

どことなく京急の1000形に似てますね。

イメージ 5

前面の左側に逆三角形ヘッドマークの台座となるモールドがされているのでステッカーを貼らないと変な感じです。

どちらにも幌パーツが付きこのパーツおそらく5700の流用かと。

幌の下部についているでっぱりは車体側にモールドされてます。

イメージ 6

妻面

イメージ 7

見た感じ妻面はABC共通でした、配管もしっかりモールドされています。

貫通ドアのガラスが随分とでかいですね、実際の形がわからないので何とも言えませんが。

屋根上

ベンチレーターは屋根と一体成型で塗り分けられてます。

イメージ 8

側面

A車「奇数車、浅草向」

イメージ 9

イメージ 10

B車「偶数車、日光向」

イメージ 11

ガラスの白く名っている部分はトイレと洗面台のようです。

イメージ 12

台車はアルストム式のFS308、一箱に二つ動力用の台車枠が付属してます。


車体内側

イメージ 13

3000系で改善された屋根の固定の仕方が逆行してました、屋根を外す際は雨樋を傷つけないよう注意が必要かと。

床板、これもABC共通のようです。

イメージ 14


続いてBの冷房搭載当初。

イメージ 15

前面

Aの登場時と同じ。

イメージ 16

幌枠がベージュ一色のAと違いBCではベージュとマルーン、白帯と塗分けられてます。

屋根

銀色のクーラーが5個乗ってます。

イメージ 21

側面

A車

イメージ 17

イメージ 18

B車

イメージ 19

イメージ 20


そしてCの側窓固定、前照灯強化。

イメージ 22

前面

8000系と同じような丸目前照灯が増設されています。

イメージ 23

Hゴムが黒に変わりワイパーが移設されてるのもしっかり表現してあります。

A車

イメージ 24

イメージ 25

B車

イメージ 26

イメージ 27


全体を見た感じBセットはAの車体にCの屋根を載せたものみたいです。


前面の比較。

イメージ 28

丸目が付いただけで結構変わりますね.



付属のステッカーを貼ってみました。

イメージ 29

いやーカッコいいですな。


あと気になったところ。

イメージ 30

妻よりのドアの彫が運転台側と比べると異様に薄い感じがしますが実車が妻よりのドアは非常用で引き戸だったらしくそれを再現してるのだと思います。


1700系は活躍期間が10数年と短いのと短期間のうちに形態変化が激しくなかなか書面でまとめたものが少なく資料探しで困ります。

わずか4Pですがいい感じの記事が載ってる「とれいん」の1985-9 129。

イメージ 31

車輛の視点ということで載ってます、著者はおなじみ花上館長。

イメージ 32

床下機器の配置等が載ってて助かります。

イメージ 33

とりあえずこれくらいしか我が家には1700の資料がありませんがまあそれなりに弄れたらいいなと考えてます。

イメージ 34

1700系も使用されたという上毛電鉄直通列車とかやってみたいですねぇ。

イメージ 35


でわ

この記事に

東武祭り2016

こんばんは

イメージ 1

今年ももちろん行ってきましたファンフェスタ!


また例年以上の人出だったような気がします


SL復活プロジェクトが始動しそれ関連のグッズや写真がたくさん展示されていました


イメージ 2

自分はSLを間近で見ることはできませんでしたが本運転の楽しみとしておきましょう

イメージ 3

イメージ 4


クリームになった8111Fもなかなか稼働時は仕事で行けず今回初めて撮影できました

イメージ 5


そしてJR253系

イメージ 6

JRの車両が展示に加わるのは今回が初でしょうか? 良いものが見れました



いやー来年の夏が楽しみですね、列車名称もSL大樹号と決まったようで記念乗車券も発売してましたね


イメージ 7


ちょっとばかり自分もSL関連の客車の回送を撮影したのでその時のを載せておきます

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16



この記事に

全139ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事