ここから本文です
PON鉄道
今日も無事故で安全運転(。>ω<)ノ!

書庫全体表示

記事検索
検索

全140ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今晩は

イメージ 1

お久しぶりの投稿、今回は赤カブ90に再び箱を載せようって話です




前に載せていた箱「JMSラゲージボックスL」はどうなったのかというとツーリング中に箱と蓋を止める鍵の部分が落下してしまい箱としての役割を果たせなくなったので外してしまいました・・・・鍵は今も奥多摩の山中に転がっていると思われます

イメージ 2

ホームセンター等で探しても鍵の部品が見つからず、JMSさんにレラすれば鍵だけ分売ってしてくれるのでしょうか?


箱の無い状態でのツーリングや買い出しはやはり不便で来るべきロングツーリングに向けていい加減載せようということで5月下旬、重い腰を上げて作業を開始



この度新たに積む箱は白カブ110に載せてるのと同じくJMS製ラゲージボックスEX

イメージ 3


66リットルの大容量で箱の上にさらに収納スペースもある優れものというのは普段の白カブツーリングで実証済み!中古屋で1年前に仕入れておきました

イメージ 4


イメージ 5

というのがこの記事で書いてましたね、キャリアを大型の集配課仕様に変えたのはこのためです


さて、赤カブに積むにあたって白のままでは面白くないのでここはやはり前回と同じく塗装をします


デザインはほぼ前回のと同じく蓋は赤、本体と収納スペース部はレッグシールドとサイドカバーとの色合いと同じくミルキーホワイトを選択

近所のカインズで仕入れてきたスプレーたち

イメージ 6


蝶板や鍵、防水ゴムは塗装のためすべて外して洗浄、傷をパテ盛り、水研ぎして適当に内側をマスキング

イメージ 7

イメージ 8

適当に塗装を重ねていきます


元の色とはこのくらいの差

イメージ 9

蓋の赤を塗り上げてしばらく換装

イメージ 10


キャリアにはどう留めるのかというと今回はキャリアに直接穴をあけるのではなく一般の郵政カブと同じく固定用の金具で留めます


まあ実際は金具ではなく電気工事用品のとこにあった塩ビ製?と思われる固定具を使用

イメージ 11

おおよその取り付け位置をマーキングして箱に穴をあけます

イメージ 12

固定具の方がキャリアのパイプ部よりも太いのでゴムバンドを巻いて調整

イメージ 13



塗装が乾いたところで仮組

イメージ 14

中々良い感じ

イメージ 15

内装マスキングを剥がして、傷防止のパッドを内側に貼りつつサイドのラインを今回もテープを貼って入れます

イメージ 16

ちなみに今回はビニールテープではなく夜の安全性の向上に反射テープを使用

イメージ 17

イメージ 18


太い方は3M製で細い方はメーカー不明、細い方の反射率はちょっと微妙・・・・


明るい時は同じ色に見えますが太い方は反射すると微妙にオレンジっぽくなるので意図せず東武の快速電車のようになりました



そんなわけで無事に赤カブ90に箱を搭載しロングツーリングを快適に終えることが出来ましたよ、やはり箱は偉大!

イメージ 19


ロングツーリングの話はまたいつか



でわ

この記事に

九州の観光列車ゆふいんの森として使用されるキハ71系気動車


イメージ 1


2014年別府駅にて

キハ71-1

イメージ 2

イメージ 3

キハ70-2

イメージ 4

イメージ 5

キハ70-1

イメージ 6

イメージ 7

キハ70-2

イメージ 8

イメージ 9

この記事に

開くトラックバック(0)

113系 広ヒロ F-17編成

京都から広島に転属した湘南色の113系700番台 広F-17編成の写真です

イメージ 1


2011年広島駅にて

クハ111-755

イメージ 2

イメージ 3

モハ112-775

イメージ 4

イメージ 5

モハ113-775

イメージ 6

イメージ 7

クハ111-705

イメージ 8

イメージ 9

この記事に

 先月3月20日、ラストランイベントで引退した北総鉄道9000形


イメージ 1


近年に残る昭和生まれの電車では最も気になっていた電車でしたが京成からやってきた3700形のリース車9808編成の登場で残る9018編成も引退となってしまいましたね

イメージ 2


幸いなことにイベント当日は休み資料を抑えることが出来ました


毎日のように運行には入っていたもののいかんせん走行区間が長いのと形式写真を撮れるような駅での長時間停車がなく撮影に難儀してました

入庫と出庫の印西牧の原停車くらいしか思いつかなかったもので、早朝と深夜ではとても無理・・・・・


イメージ 3


そんなわけでイベントで発表された鉄道コレクション北総9000形とイエロートレインのキットを弄る方の参考になれば幸いです

イメージ 4



Mc9018

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

M9017

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

T9016

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

M9015

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

M9014


イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

T9013

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

M9012

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

Mc9011 

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

この記事に

秩父電車の廃車体

今晩は、今年度・・・というか今年初の投稿になりますな

イメージ 1



今年もPON鉄を見てる方はよろしくお願いします、ツイッタ―は適度に更新してるのでこちらは補足的な感じになるかとは思いますが



でわでわ今年一発目は廃車体の話です


先月13日、仕事終わりで疲れてたんで一緒だった職場の連中と車出すから温泉行こうぜ!となりかねてから気になってた廃車体もついでに見に行こうと行先を秩父方面に勝手に決めて出かけました。


色々走って春日部からR299へ

飯能側から秩父方面へ向かう途中の正丸トンネルを出ると県道53号との分岐になりこれを右折

イメージ 2

しばらく県道を進むと緑のおにぎり林道焼山線との分岐が、今回目指す廃車体はこの林道沿いにあるそうなのでやってきました

イメージ 3

最初は舗装路でしたが次第にダートに、面白そうなので次回はカブで走りに来たいです

イメージ 4


ダートに入ってすぐ右側の建設会社の資材置き場的な所にそいつは眠っていました

イメージ 5

イメージ 6


秩父鉄道3000系の先頭車のカットボディー デハ3003号

イメージ 10

かつては秩父鉄道の急行秩父路号として活躍、国鉄165系から改造された電車で、2006年に西武線から来た101系改造の6000系に跡を譲って引退しました

ラストラン時に駅に貼ってあった広告です

イメージ 11

イメージ 12



今回見に来たのはその唯一の生き残りです

最近まで存在を知りませんでしよ、すっかり前の場所で解体されたもんだと・・・・

イメージ 7

中には機材のようなものがぎっしりと、倉庫的な感じで使用されているようです

イメージ 8

新設された妻面には引き戸が

イメージ 9

こんな形でも残ってることはありがたいですね


上に前の場所から・・・と書いているのは実はこの廃車体これ2次利用なのです

秩父線からすぐにこの場所へ来たのではなく一度別の場所で活躍してました


その時の写真がこちら、2008年くらいに撮影

イメージ 13

国道254号小川バイパスの金勝山トンネル付近のラーメン屋として使用されていたのです

イメージ 14

どういった経緯でこの車体が店舗になったのは不明ですが当時も引退した3000が再び見れたのは嬉しかったです

イメージ 15

しかし自分が訪れたときにはすでに閉店していたようで中でラーメンを食べることは叶いませんでした


上の写真と比べるとドアの位置がずれています、建設会社に移動した際に移設されたのでしょうか?

イメージ 16

車内は程よく原型をとどめていました

イメージ 17

バイパスの拡張工事でいつの間にかなくなり撤去されたもんだと思ってました




さて、焼山林道を後にして再びR299へ、一気に秩父市内入り


お次は299から140号に入る手前の羊山付近で別れる県道11号線へ

自分にはおなじみの熊谷小川秩父線、そう定峰峠の道です

何度も走っているのにすっかり見落としていました、定峰方面に向かう道中にそれはありました


イメージ 18

秩父鉄道2000系、言わずと知れた元東急7000系です

イメージ 19

ステンレス車でしたが非冷房なのと18メートルという車体が災いし2000年に都営三田線からやってきた6000系の5000系と交代して引退

イメージ 24

寄居付近の荒川の河原に2両あるのは知ってましたがこちらはノーマークでした

イメージ 20

イメージ 21

まさか秩父市内にも残っていたとは、どちらかというと寄居の方が見つかりにくそうな感じですが


こちらも3003同様に車体を半分にカットされ、建設会社の倉庫として使われているようです

イメージ 22

側面の車番は無く何号車なのかはわかりません

東急車に詳しい方なら上の写真だけで7000系の何次車で何番だ!とか分かるのでしょうか?

情報知ってる方がいたらご教授願います


寄居の車体の写真は友人から頂いたものでいつか自分も調査に行こうかと



さてさて今ドライブの目的は温泉!ってことで今回の目的地、県道11号沿いにある新木鉱泉に立ち寄り

イメージ 23


前を通るたびに気になっていた温泉でした

趣のある建物で宿泊営業もやってるようで、鉱泉は無色透明で程よい温度、加温みたいですがとても気持ち良く2時間くらい浸かってしまいましたよ


この界隈にはほかにも多数温泉や鉱泉が点在してるので秩父へ行く楽しみは尽きませんねぇ

荒木鉱泉も含めて秩父七湯と呼ばれる温泉があるのだとか、♨好きとしては是非とも制覇してみたいです


最後に野さかで遅い昼飯食べて定峰峠を越えて帰宅


新たな廃車体を発見できて大満足なドライブでした



こんな感じで新年1発目は終わりです、果して次回はいつになるやら・・・・・



でわまた

この記事に

全140ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事