山田屋かわら版

山田理矢創作活動告知ブログ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

トプ画替えました!

イメージ 1

まだ梅雨入りは予想の段階だけどせっかく今日描き上がったので
梅雨バージョンにしてしまいました。
この絵は妹の店に送るので、
明日急きょ午前中からの出勤になってしまったから早く梱包しなければ。


このたんぽぽとシジミチョウの絵は、喫茶ギャラリーの課題でした。
100均に色鉛筆画用の画用紙を買いに行ったら、例によってまた商品がモデルチェンジされてて
なんかわざわざ「クレヨン用」と「水彩用」に区別してあったので(笑)
え?わざわざ分けたってことは、少しは水彩対応にちゃんと作った紙なの?
と、だまされて買ってちょっと描いてみました。

・・・・・・うん、だまされた(涙

この紙、やっぱり「どうなの」と思って使ってみた人もいるみたいですね。
うーん、今までのいわゆる用途フリーの学童用画用紙となにがちがうのってかんじ。
この絵はwebに載せるのわかってるから最初からCG加工しやすいように描いてるけど。

でも蝶にスポット当ててそれ以外は自然のままにとった写真なので、
(撮ったの自分じゃないですが)
ちょっと面白い構図になったと思います。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


またちょっと予告とぜんぜん違う話でアレなんですが(汗
今日ちょっとツイッターで書いたことをまとめておきます。
いやひょっとしたら例によって前に書いたことと重複するかもしれんけど。

まあぶっちゃけ、今日まで詳細を調べに行きもしなかったぐらい興味ないんですけど

「香取慎吾、初の個展をパリ・ルーヴル美術館で開催」
というニュースに、いわゆるアート関係者
(たぶん、展示企画を発案したりアートイベントを主催したりするひとたちのこと)
が、苦言を呈してるみたいな話が流れてきて

要は、ミもフタもない言い方をしてしまえば
「タレント知名度と会場のビッグネームのわりに肝心の作品がクソ」
ってことらしいんですが(笑)

今さらすげえ余計なお世話じゃね?と思いましたので。


(余談:その後さらに、香取ファンだのアンチだのが絡んできて
もうアート関係なく泥沼化しているらしい・・・
そこまではわたしは見てない。そこまでヒマではない)



なんつーかさ、
もうあーゆーひとのやるあーゆーことって、そ−ゆーもんなんじゃね?と(笑)
たしかに作品画像見たら「クッソだなあ」とは思いましたが
でもわたしは草間彌生のきもちわるいキノコやカボチャも同じくらいクソだと思っておりますもので。

「草間彌生はすんばらしいゲージュツだけれども香取はクソ」って
アート関係者さまがたがきめることなんでせうか。
(そうだったらごめん)

わたしは、たぶんここにはもう何度も書いてると思うけど数年前まで
「とにかくザギンとかみんなが見るとこで展示されれば知名度上がるだろう」と思って
クソの役にも立たない誰も見に来ない、ただ画廊さんが維持費を稼ぐためだけに開催してる
やけに参加料の安いグループ展にしょっちゅう出展しておりまして

その頃、今でははるか雲の上のお方になってしまった
(こう書くと死んだみたいだな・・・ちがいますすいません)ある画家さんから
「そういうのやめたほうがいいよ」と言われたんですが、
でもなぜやめたほうがいいのかは明言してくれなかったし、
その発言の後でその方自身は
「特に売り込みがんばらなくてもなんとなく注目されて拾ってもらえた」
と仰っていたので、
なんだよじゃあやっぱりわたしみたいな才能皆無なの承知で支援もなくやってる奴は
泥臭く地道にこーゆーことするしかないじゃん。
という結論しか出なかった。

今は、なぜ「やめたほうがいい」のかは
上記の太字の部分だと知っていますが、
でもそれだって結局、泥臭く無駄な努力と行動と出費をかさねた後でないと
絶対わかることはなかったと思う。バカなので。


わたしのこういうバカで無知ゆえの行動と、香取慎吾の件はまったく話が別ですが
それでも

「こういう奴にはアートをやってほしくない」
みたいな線引きを設けるのって、
平素アート関係者さまがたがやろうとしていたこととは
真逆なのでは?と思うんだが。どーなのよ。

だいたいあんたらが苦心惨憺して立ち上げた高尚なアートの企画になぜか香取慎吾が乱入してきたってんなら
そりゃ御腹立ちもわからなくもないが、
無関係なんだったらもう
「作品がクソだろうと、観たくて足を運ぶ人がいっぱいいたら勝ち」でいんじゃね。
嫉妬か?
それって嫉妬する価値を認めた時点で負けじゃね?


まあわたしがこう思うようになったきっかけっていうのが一応あって、
数年前、好きな画家さん(日本で水彩画やってる人にはめっちゃカリスマな人)の
いわゆる「お教室の発表会」展に行ったんですが。
(・・・これも書いたような気がするなあ。まいっか)

一応その日はそれがメインの用事ではなく、その近くまで行ったついでで
あくまでその先生自身の新作が1〜2点でも観れるかもと思ったのと、
あとまあそうゆう有名画家さんのお教室で習ってる人って、どんだけ描けるようになるものかと。
そのくらいの興味だったんですが

これが、あくまでわたしの感想ですが
想像のはるか上をいくぐらいのヒドさで。
・・・いや、作品自体はみんなまあまあ上手く描けてたと思う。
描けてたとは思うが、なんつーか、はっきりいって

出来の悪いニセモノ展みたいだった。

・・・あー、こういうとこ来てる人たちって
これがゴールでいいんだー、みたいな。
トンチンカンなことをほざいて申し訳ないけど
本気でその先生の贋作を作ったら、絶対わたしのほうが上手い(笑)
これがさ、
どっかお教室の地元の、公民館の展示室みたいなとこでやってんならわかるよ。
趣味のサークルとか、老化防止の手慰みの発表会、批評批判はナシ、
みんなおじょうず、家族やおともだちがいっぱいきてくれてよかったねーって。

でもその会場、一等地中の一等地なんだよ(涙
わたしなんかたぶん一生はたらいても借り賃払えない。
っていうか、それ以前に
その先生のお教室っていうのがもう超絶大人気で、
お月謝バカ高いのにぜんぜん空きが出ないわけさ。
つまりそのお教室で習うってことには、
この一等地に展示されるステイタスも当然含まれているわけさ。


会場を半周もしないうちに
「あー・・・カネある奴って何やってもいいんだあ・・・。」
って、ものすごい脱力感に襲われた。


まあでもさ。
これも厳然とした、現実でしょ。
香取のルーブルって、まさにこれと同種だとわたしは思う。
(違うと思う人は違うでいーです)
やりたくて、やる力も持ってる奴がやることに文句をつけたかったら
正当に阻止できる権力ふりかざして行かなきゃただのヒガミだ。
クソな作品が注目集めるせいでアートの権威がゆらぐっつうなら
もうそれ衰退→崩壊に向かうんでしょーがねんじゃね。
必要とされないもんは消えてゆくんだよ。せいぜいおのれの力不足をお嘆きよ。

ちょっと誰にケンカ売ってんだかわからなくなってしまった(笑)

まあわたしは基本
「俺より売れてる奴は全員風邪引け((c)たむらけんじ)」
と思っている人間ですので、権威や批判がどこに突き刺さって誰が失脚しようと
モニタの向こうの面白い話でしかないんですけども。


画像は、前に言ってた
会社のパンで作ったフルーツサンド。
ヤ●ザキのパンと安い偽生クリームで作ったにしてはおいしかったです♪

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


なんか知らんけど月曜日は潰れがちですな(笑)
いや笑い事じゃない。

作業机の上に、描きかけのかき氷の絵が(それもシロップ4種類)あるんだが
これが何曜日から描きかけなのか思い出せませぬ(涙
たしか会社の休憩時間に、やることリストを書き出していて
「かき氷の暑中見舞い素材を作り終わったら、一旦制作関係は中断して
家の中と庭の片づけをやる」みたいなことを書いているんですけど、

今日じゃんぷ買ってきて、「読んだらかき氷の続き描こう」と思ってたのに
読んでる途中で仕舞い忘れてた冬の服とかが目に入ってきて
いやなんであれもこれも出しっぱなしやねん!と、次々に気になることが。
なんかもう、まさに
「時間泥棒をみずからの手で生み出していた」
という典型的なバカですね(涙
(そして当然のようにかき氷は進んでいない)

ちょっと前にたまたま見つけて読んだブログに、
今日やると決めたことはどんだけ夜遅くなっても今日中に片付けるという
ものっすごいしっかりしててみんなにあこがれられている人のことが書いてあって、
なるほど〜そうゆう自分に対して縛りを科すことも、時間泥棒対策には必要かもなあと
特にだらだらしてしまった日は思い出すようにしてるんですけど

バカさ加減もわたし級になってくると
永遠に眠りに就けないのでは?という恐れが・・・


・・・ここまで書いて、前回の記事をあらためて読み返したら
やることリストのこととか思っきし重複していてガクゼン(涙

そして、その記事を書きながら
「次回は小旅行のレポを書いて写真も載せよう」と思っていたことを思い出した・・・

どんな薬をつけたら治るんだわたしのバカは


画像は、そんなアホな人間を
「フーンなんかしらないけどたいへんね〜あたちには関係ないけど。」
みたいな目で見上げる藤子さんです。

小旅行の写真を載せようにも、画像を加工するには保存discを付け替えなければならず
めんどくさいから結局かき氷も描き終わってからまとめて加工作業をしたいので、
当初の予定をこなさなければなにも進まないのであった。


・・・あっ、そろそろトプ画も変えたい。









イラスト素材・ベクター素材のピクスタ

この記事に

開く コメント(0)

樹の芽どき?

イメージ 1


こんな生活してて五月病ってこともないと思いますが(笑)
なんとなく、いろいろと調子が悪い今週です。

まあ、ただでさえ樹の芽どきは気候・気圧の変動が激しくて
自覚がなくても自律神経に影響したりするようですが
ちょっと会社の仕事でも、先週末は自他共のミスでいろいろ注意を受けたりで
なんだか気をつけなければいけないことがアホの脳のキャパを超えてしまって
疲れたので、突然思い立って
月曜の朝から小旅行してきました(笑)

でもそれでリフレッシュしてきて翌日からバリバリ働けるかというと、
まあそんなきれいに切り替えできたら今こんな貧乏してないよねーと(笑)

幸い、と言っていいのかわからんけど
出勤1日目の金曜日が朝からではないので、
木曜日も深夜まで作業してて大丈夫なので(←ほんとはやめたほうがいい)
とりあえず、今夜はやりかけの作業ぐらいはやっつけよう。

・・・一応、漢方薬を飲んでみたり食事制限してみたり、
あと前から気になってた、体動かす系のDVDを取り寄せてみたりと
(中古で送料込みポイント買いできるのを見つけたので;笑)
いろいろ対処はしております。
絵の仕事のほうも、来週からやらなきゃいけないことを
ノート作って出勤日のあいだに書き出しておこう。


・・・と、集中力がない中でもなんとか描き上げたキャベツです(笑)
前に春キャベツは描きましたが(こちらの記事)(こちらに下絵もあり)
やはり冬キャベツのほうが年間通じて食べられているので、
描かないわけにはいかんだろうと思っておりました。

これも冬の間高騰してたんだよねー。
けっこう最近まで、4分の1カットで100円とかしてました。
それが、これは規格外品で75円ぐらいだった(笑)

春キャベツと冬キャベツは品種自体が違うんだよー、って書こうとしたら
春キャベツの下絵載せたときの記事で書いてた(笑)

脳の衰えもキャベツ食べて治ればいいんですけどねー









写真素材のピクスタ

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1
これも、ちょうどブログ休止してる間くらいに告知しなきゃいけなかったんですが
そこからさらに、画像まで用意しつつも今頃になってしまいました(涙


アップルパイ専門店「RINGO」さんで配布する
商品と企業の紹介タブロイドペーパーに、イラストを描かせていただきました。

・・・実際作画作業をしていたのは年末年始頃で、とっくに配布はじまってて
まだ残ってるかな〜〜〜ぐらいの時期になってしまいましたが(汗
一応、公式サイトのトップページでは配布中ってなってます・・・
ちなみに池袋店、川崎店、天神地下街店の3店舗の限定配布だそうです。

こちらのページでアップルパイを紹介したページの大きめの画像と、
他のページも縮小版ですが全部見られます。
材料のりんごの生産風景のイラストも、全部わたしが描いています。
(実際にもらったペーパーを写真に撮った画像も自分で用意したんだけど
公式サイトのほうに同じくらいのサイズのがあるので、そちらでごらんください。)

りんごジャムのプレゼントは4つ以上購入での数量限定配布ですが、
タブロイドペーパーはたぶん全員にくれると思うので(なくなり次第終了)
よろしければ、お近くの方はぜひ行ってみてください♪


上のイラストは、依頼内容にはなかった構図なんですが
描くにあたってお店に行ってパイの実物を購入してきたので、
せっかくだから真上から見た絵も描いてみました。
5月以降ならば公表自由とのことでしたので。

さくさくトロ〜リ♪でとってもおいしいアップルパイでした♪

この記事に

開く コメント(2)

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事