山田屋かわら版

山田理矢創作活動告知ブログ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

はるか昔の昭和の時代に、ラジオで基礎英語っていうのを聞くように塾で言われて
そこでアメリカには10月にかぼちゃでちょうちん作って
子供が家々をまわる収穫祭の風習があるっていうの知ったんだけど、
渋谷で交通規制してまでバカ騒ぎする仮装行列の奴らって
誰一人としてこれが収穫祭だとは知らない気がする

まあでも
平成の今わたしたちが「これが正統」って思っている風習なんかでも
実際は明治維新後になんとなくマネゴトで始まったやつとか少なくないみたいなんで(笑)
あんまりこまかいこと気にするのも野暮ってもんかもね〜

なんで今ハロウィンの絵なんか載せたかっていうと、
月末になったら忘れてるかもしれないから(笑)
思い出したときに載せとかないとね。
例によって、売れどきを狙って前倒しでハロウィンの素材も作ろうと思って
母の日父の日のグリーティングカードがけっこう売れたので、それじゃあと
それっぽいの山程作ったんですけど
いっこも売れなかったです(笑)この文字クッキーだけ何回か売れた。
やっぱ、本来の祭りの意味は誰も知らなくても
「カードを贈りあう習慣はない」ってことだけはなんとなくみんな察してるからだろうか。


さて
前にもちょこっとだけ予告して、なんとなくそれっきりになってましたが(笑)
またちょっと、変な記事を上げていますが気にしないでください。

まあ要するに、イラストや肖像画オーダーの仕事をとるための
マニュアルページを、本当はメインサイトに作ろうとしていたのですが
それだと白紙からきっちりデザインしなきゃならないし、
それでケツが重くてなかなか着手しないんで
じゃあもうブログにとりあえず作っちゃうかー。
ブログだったら簡単に書き直しもきくしねー。
というわけです(笑)

手始めに、PIXTAのプロフィールページから飛んでもらうための
印刷媒体イラストのオーダーマニュアル記事を書きました。
興味のある方はこちらから。3記事飛べるようになってます。

この記事に

開く コメント(0)

この記事は、おもにPIXTAから
イラスト仕事のご依頼に来られた方に向けて書いております。
ここまでお読みいただきありがとうございます。


山田理矢は1989年からフリーで漫画家をしておりましたが
2009年一杯で辞めました。
マンガ雑誌業界自体がかなり傾いていたこととも重なりましたが、いちばん大きな理由は
業界のあまりのいいかげんさに愛想が尽きたからです。
挙げるときりがありませんが、人の原稿を預かってろくに管理もしない、
連絡もなく勝手に使う、失くす、内容を勝手に改ざんする、しかも改ざん内容が法に触れる・・・
等々、ひとつひとつは小さなことですが
10年以上目をつぶってきてもう本当に仕事が楽しくなくなり、続ける意味がなくなりました。

じつは漫画家をやっていた当時からすでに、
「イラスト業界はもっと酷い、こんなもんじゃない」
という話は聞き及んでおりました(笑)

だから、「漫画家をやめたらこんどはイラストレーターで」
などと安易に考える気にはなりませんでしたが、
それでもPIXTAを始め、ぽつりぽつりとご依頼をいただくようになり
せっかく見つけてくださったのだからとお引き受けしていたのですが

聞きしに勝るというか、正直
ここまでまともなご依頼者様にめぐり会えないとは思いませんでした。

これまた例を挙げるときりがありませんが、中でも酷いなと思ったのが

本の中のカットを依頼されていたのが、途中で「表紙もぜひ」ということになり、
その時点でなぜ今になってなのか?
最初に他の絵描きさんなりモデルなりカメラマンなりに依頼をしてはいないのか?
と疑問はあったのですが、いざ詳しい依頼を受け取ってみると
表紙といういわば本の顔にもかかわらず、方向性がまったく定まっておらず
統一性のない案を山程出され、中には「この世に存在しない物」を描けという案まで。
たとえば、ファンタジー系の作風の人に
「実在しない夢のある動物や乗り物」を描かせる等というならわかりますが、
そのとき制作されていた本はまったくそういう要素はなく、また
わたしも言うまでもなくそういう作風の絵描きではないので
普通に考えて、「なになのかわからない物が表紙に描かれている本」が
はたして興味を持って買ってもらえるのか?と・・・
自称ベテラン編集者とのことでしたが、なぜそんなこともわからないのかなと。
結局わたしが「まずこういう話し合いをして、案をここまで絞ってきてください」と
部外者にもかかわらず指示を出し(笑)
本来当然むこうがやるべき仕事を、イラストの代金のみでだいぶ余計にやらされるはめになりました。
(わたしがそこまでしなかったら、本が出るどころか表紙画の制作自体いつまでたっても着手できなかったと思います。)

他にも、
できる人自体あんまりいないだろうと思われる技法の絵を指定してきたり・・・
(さすがに双方にて「できないね」ということになりましたが)
資料を送ってくれたはいいが、名前の付け方が全角半角めちゃくちゃで
拡張子が壊れていたりとか・・・
絶対無理な納期で依頼してきて、「わが社はこの仕事にかけてるんです!」とアツく語るので、じゃあ少しでも時間短縮のために明解な資料を、とお願いしたら、解像度めちゃくちゃ小さい、webのどっかから勝手にパクってきたのが丸わかりの画像を送ってきたり・・・

正直な話、
「この資料じゃ使えません」と伝えるのに失礼のないメールの文面を考えるのにも
それなりに時間と労力がかかるんです。
会社に所属している方は、使えない資料をもう1回送り直すという無駄な時間にもお給料が出ていますが、フリーのこちらは「その文面を考えて打つのに使った時間」にできたであろう他のことを犠牲にしています。

だからといって「こういうのもうほんとかんべんしてください」とここに書いておいたところで
気をつけていただけるともわたしは思っていません。

こういう人たちしかいない業界なんだろうなと思っているからです。

なので、
この前の2つの記事からも察せられるかと思いますが
正直、あんまり積極的に印刷媒体の仕事を請けようとは思っていません。

それでもウチはお手をわずらわせません!とおっしゃるかたは
どうぞよろしくお願いいたします。
詳しいご依頼はこちらへ↓

pop_corn※syd.odn.ne.jp
(※を半角@に変えてコピペしてください。)


たぶん、ここまでお読みになった方の100%が
「甘ったれんなよ売れてもねえくせにイラスト描きなんてそこまでが仕事のうちだろ」
と思われているでしょうが、
はい、まさにそんなあなたとお仕事をしたくないのでこういうことを書いています。
「プロとは何たるか論」にも興味はないので、
どうぞどんな無理でもきいてくれるご立派なプロの方を他でお探しください。

この記事に

この記事は、おもにPIXTAから
イラスト仕事のご依頼に来られた方に向けて書いております。

印刷物用イラストの料金提示です。
今までにいただいたご依頼を基準に設定しています。
ご依頼内容によっては上下いたしますので、あくまで参考程度にご覧ください。


B5サイズ大×1枚
資料提供なし 描き直しあり
20000円

ハガキ大×1枚
資料提供なし 描き直しあり
12000円


・ハガキまたはそれ以下くらいのミニサイズの場合、
枚数が多い場合はおまとめでもう少しお安くいたします。

・資料探し及び打ち合わせ時間の時給を含みます。

(※使いやすい資料をご提供いただけて、綿密な打ち合わせをしていただき描き直しなしとなった場合はお安くできるかというと、今までにそのようなスムーズなお仕事をさせていただいたことがないので、それはなんとも言えないです・・・)

・納期は他の依頼が入っていないときでも1週間はとっていただきますようお願いします。(1枚の場合)

・お引き受けして制作を開始してからでも、あまりにも話が違うという事柄が続出するようでしたら制作をお断りいたします。その場合、着手した作品はそのまま進めて他へ販売するか、ご依頼内容の秘密保持代を含めた代金をいただきます。


ここまでお読みいただきありがとうございます。
ご納得いただけましたら、こちらまでご連絡ください。

pop_corn※syd.odn.ne.jp
(※を半角@に変えてコピペしてください。)



もしも、こいつなに生意気な提示ばっかりしてくんの?なに様なの?と思われた場合は

この記事に

イメージ 1


この記事は、おもにPIXTAから
イラスト仕事のご依頼に来られた方に向けて書いております。


山田理矢への制作依頼をご検討いただきまして誠にありがとうございます。

書籍・広告等の印刷物にご使用になる絵のご依頼は、
以下の条件にてお引き受けいたします。

【画材・技法】以下の画材・技法による制作が可能です。
・水彩紙に透明水彩絵の具
・白紙・クラフト紙・色画用紙等に色鉛筆
※どちらも補助的に、不透明水彩、アクリル絵の具等を使用することもあります。

【データ処理】データにてお渡しの場合、以下の工程までこちらでいたします。
・スキャナ取り込み(600dpi程度・長辺5000px程度まで)
・余白部分を完全にホワイトに
・原画そのままを含め、色調整見本を3〜4枚程度作製
CMYKデータはうちのパソコンでは作れません。
どうしてもという場合は電車を乗り継いでサービス可能な店まで行かなければならないので
約1日余計にかかります。

・猫・食べ物・植物等普段よく描くものは、比較的資料を多く取り揃えておりますが
特定の品種の動植物や商品、特定の個人の肖像画等
「絶対それに見えなくてはいけないモチーフ」の場合は
しっかりした資料のご提供をお願いします。

・完成品の購買層、ターゲットと提供イメージ(賑やか・豪華・シック等)は明確にお伝えください。
できればラフスケッチのご提示をお願いします。

アナログ作画は完成後の部分直しがききません。
「CGでいじって直せる」範囲を超えていた場合まるまる1枚白紙からの描き直しになります。
サイズ・納期によっては2〜3回程度の描き直しはいたしますが、なるべく1回で完成できるようご尽力いただければと思います。

・初めてのご依頼では、実際に使用されるかわからないコンペ等への出品用の制作のご依頼はお断りさせていただきます。ある程度実績を見ていただき、信頼関係が築けました後にてお願いいたします。


以上、ご納得いただけましたら

この記事に

これ、2010年に絵のお仕事のオーダー受け付けようとして上げてた記事なんですけど
ぜんぜんいいかげんもいいとこだし(笑)まぎらわしいので移動します。
消そうかとも思ったんだけどまあ一応いっしょうけんめい作ってたみたいなんで・・・

これ見て依頼されてもこのとおりには受けられませんので〜(笑)


◆◆◆絵のお仕事承ります。◆◆◆
 
・インテリア用1点もの絵画
・web・印刷物等のメディア用イラスト&カット&コミック
・キャラクターデザイン・コミック調似顔絵等
・季節のハガキ・名刺ベースデザイン等
共にオーダーお受けいたします。
 
ホームページに作品見本が多数ございますので
↓下の画像をクリックしてごらんください。
リンク死んでます(笑)

イメージ 1

←イラスト上から
「いちねんいちごぐみ」
色鉛筆/ポストカード&原画販売
「SODAの夏」
水彩等/桜 Exhibition 2010・NY杯出品作
「スイレン」
水彩/うちわ・ポストカード・原画販売
「森の妖精さん」
水彩/オーダー作品

1点もの絵画作品
少女画の他、植物、動物、風景、写真の模写等可能な限り対応いたします。
透明水彩・ガッシュ(不透明水彩)・アクリル・色鉛筆・千代紙等を使って制作します。
レトロ調の場合、ムラのある下地塗りや仕上げに汚しを入れたりします。
特にリアルな古さを出したくない場合は白紙のままの仕上げでもOKです。
完成品にはサインを入れて表面保護スプレーをかけます。
ご希望の場合は、木製パネルに水張りしたままの状態でお渡しすることもできます(パネル代実費はご負担ください)。
サイズ:ハガキサイズ〜B4くらいまで。正方形・円・ハート等変形もOKです。
料金:1平方cm×10円+ご注文内容(作業や資料集めの難易度)によって多少上乗せあり+消費税
A4(210×297)で6500円前後になります。
ご指定がない限り、支持体(紙)や画材は手持ちのものを使うので、材料費による上乗せはありません。

印刷用&web用イラスト
フルカラーものはコピックマーカーかCG(フォトショップ使用)で制作します。モノクロも承ります。
(※1点もの絵画と同じ技法では、絵の表面に凹凸やムラがあって原画のイメージどおりに再現されないため、印刷やwebには向きません。アンティーク調にしたい場合はCG加工で近い状態を作ります。)
人物・動物・キャラクター・似顔絵・日記のマンガ化等承ります。
データ・紙原稿どちらでもご指定の方法にて入稿いたします。
料金は、用途や頒布数によって様々だと思いますので、先にご予算をお伝えください。

■いずれの場合も著作権は山田理矢にあります。
他者の作品として許可なく再販・再配布することなどは認めておりませんのでご了承ください。
 
■まずはメールにて、お気軽にご相談ください
pop_corn※syd.odn.ne.jp (←※を@にちぇんじ)

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事