贅沢三昧

ミシュランレストランでグルメ三昧を!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ホテル編(28)ホテル日航東京 ジヤグシーZenで混浴
住所:東京都港区台場1−9−1  03-5500-5500
(評価)☆☆☆1/2]☆
(内容)
十年ぶりにお台場のこのホテルを訪問しました。
新橋からモノレールで20分の旅でリゾート地に行くことが出来るホテルです。ここへの入り方はまずランチを目的にお台場で下車して、シーサイドに広がるオープンカフェを併せ持つレストラン群のなかの一つで、遅いランチを味わった後、ホテル日航東京に3時頃チエックインすることをお薦めします。すぐに水着を持ってプールに直行し、4時から始まるアクアビックスに備えます.プールの中で、40分間のエアロビで体の中に溜まっていた疲れは、一挙に吹っ飛び軽くなること確実です。その後ここの最高の売りである屋外ジャグジー「スパZen」で異次元体験を。特に冬場の屋外ジャグジーは適当な温かさで温泉に入っている気分になります。入って水面すれすれに目線を置いて東京湾とレインボーブリッジを見ると、東京湾に繋がっているような錯覚を起こさせるように工夫されており、香港の「リージェントホテル」の屋外ジャグジーに匹敵するすばらしさです。夕方このスパに入って刻々と変わる大都会の景色を見ていると最近見た映画「バブルでGO」を思い出し
バブルのころのいい思い出が思い出されます。
暗くなるとジャグジーとプールは、底がライトアップされロマンチックなムードになるので、カップルには最適な場所となるので、週末はカップルでいっぱいですので、平日がお薦めです。プールは円形で深いので、泳ぎに自信のある方は泳ぎがいがあり、ライトアップされたプールで泳ぎまくって下さい.
(利用法)
ここはカップルで来ることがベストの選択です。カップルで入るジャグジーは身も心も温まります。特に2−3月の冬場は温泉気分に浸れます。宿泊は少し高めでもシーサイド向きの部屋を予約することが絶対です。ここから見る大都会の朝焼けが最も好きな風景のひとつです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事