ここから本文です
Keiko Matsubayashi
Beads Around the World

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

eo ipso

イメージ 1



-English follows after Japanese-


私が連載させていただいてる雑誌Bead Art の「Beads Around the World」では、真珠について書きます。ダイヤモンドに代表される宝石類は違法な手段で採掘されたり、児童労働に依存している場合が少なくありません。そんな血なまぐさい宝石を着けていても全然ハッピーじゃない。宝石の収益がマフィアの財源や紛争資金に充てらるということは、間接的に戦争や児童労働を援助しているようなもんです
で、友人のドイツ人デザイナーKai Malte R?verと開発したのがeo ipsoシリーズです。
志摩の生態系と経済の持続性を両立させる「里海」プロジェクトに賛同する熱い真珠養殖業者さんにご協力いただいて完成したジュエリーシリーズです。ちなみにドイツ語でBeadsのことをPerlen(真珠という意味もある)と言います。面白いご縁ですね。


My next article "Beads Around the World" in the magazine Bead Art is about pearls.
It is interesting that the word for pearls in German (Perlen) also means beads.

A lot of precious stones such as diamonds are involved in illegal businesses. Buying those can indirectly contribute to child labor or weapons used in civil wars.

My German designer friend Kai and I started working on a "eo ipso" project two years ago to make jewelry that is sustainable for environment, business and society, that you can wear with good feeling and a clear conscience. We have been supported by an eco-friendly pearl farm business in Shima.


この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事