ここから本文です
ブログ始めました!

いよいよ終わりだな。

完全に匿名で
かきこみできる場所がなくなる。
また左巻きが
うそ八百をならべて
日本人を惑わす
おそろしい時代になる。
街宣活動をやるしかない。
新しい街宣車を
購入するか。
山をひとつほど売って。
イメージ 1

ポンポナッツイ

彼の代表作
「霊魂の不滅」
これをすんなり受け入れられたら
死をまったく気にしなくて
すむのだが。
そうなれば、人生もっと悠々自適に過ごせるのだが。
勿論
生きている時は死はないし
死んだら
生は無いのだから
気にする事はないと言えばそのとうりなのだが
両方のはざまで苦しむ事はないのは確かではあるが。
そう単純にはいかない。
イメージ 1

警察学校

警察学校初任科教育で、
どの程度の愛国教育をしているか
自治大臣は実際に自分の目で
確かめる必要ありだな。
祖国を愛することのできない人間に
同胞を守れるはずがない。
だから自分に自信も誇りも
持てないからバカな真似をする
警官が現れたりする。
もっと警官にプライドを持たせてやれ。
昔は署長が
会議の訓示で
「諸君は天皇陛下の警察官である」
と訓示した。
その一言がどれほど
警官に勇気と誇りを与えたことか。
それが日本の治安の良さの根源だった。
イメージ 1

現在の警察行政

だめだな
これだけ左に傾いては。
早い話
政権が代わって
左翼が政権を取ったら、
共産党員が
国家公安委員長になったなら
その指示に従うわけだから、
警察に協力していた者はひどい目に合わされる。
矢張り内務省直属の特別高等警察が必要だ。
政権が代わっても
国家の基本方針は絶対に
揺らぎのない状態に堅持しなくては
その下で生活している国民はたまったものではない。
住民の安全のためにボランティア活動をしている
防犯運動家を弾圧して
治安の悪化をまねきかねない、
左まきの警官が出てくるようでは、
事態はかなり深刻だ。
監察官室に通報するべきか
先輩の警友会の人間に相談するとするか。
住民にとっては自分たちの命の問題だからな。
イメージ 1




映画、ハンターキラー

毎日
日本海の海中では
アメリカ、ロシア、中國、日本の
潜水艦が、イメージ 1あのように
お互いを探索し合っているのであろう。
平和ボケした日本人には
ちょうどいい映画であった。
瀬戸内海に外敵の潜水艦が侵入してきているという
噂がずっと前にあったが
あんがい本当かも。
東京湾から国会議事堂に
ミサイルを撃ち込まれたら
日本は一発で国政がまひだな。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事