韓流大好き (KBSの韓国ドラマを見ています)

韓国文化に日本文化のルーツがあるのかも知れないと思うときがあります。

全体表示

[ リスト ]

現代の韓国ドラマを見ていてよくあるパターンは、普通だったら絶対にあり得ない複数の関係です。
 
死んだと思っていた夫が突然あらわれて、再婚してしまった妻の新しい家族に少しづつばれていくパターンとか、
元恋人の子供を身ごもっていた人が知り合った新しい恋人の友人が、元夫の会社の知り合いだったとか、
間借りをしている家の大家さんの家族が、間借りをしている家族と複数の人間関係(恋人同士、会社で上下関係、過去の離縁した夫婦だったなど)が同時進行するパターンとか。
 
でもそこを楽しく見る方法は、この後作者はどのような展開を考えているのかを推理しながら見ることです。
 
あり得ない事象をどれ位もっともらしくカムフラージュしながら無理なくストーリーを展開できるかという点を見るのが見どころではないでしょうか。
 
でも、あまりにも不自然な脚本であっさり片付けるような部分が多く目につくと急に残りを見る気がしなくなるのは仕方がないことです。(日本のドラマを見ている時でも、つい、そのように感じてしまう時があります。)
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事