ここから本文です
山神のブログ 7(完)
道なき未知を行け!
今度こそ最後の記事になるかもw
もちろん今回も友達限定記事にしてますが・・・

まずはあの門入(かどにゅう)探索の件
日程は6月1日(土)と2日(日)
決定でございます
朝10時 道の駅 夜叉ヶ池の里さかうち
お集まり下さい

その日が降らないこととホハレ峠まで無事に行けることを願うばかりです
ご存知のように現在、峠から先にその門入まで道を造っているようです
これは多分数年後には開通するのではないか?と期待させるのですが
その工事のお陰で土曜日は通行出来ない可能性も無きにしも非(あら)ず
こればかりは当日になってみないとわかりません

とりあえずは参加者のみなさん、幸運を祈りましょうw

ちなみに門入まで将来道が出来たとしても
簡単に通してくれるのか?
それが気がかりでもあります
ボートのように関係者以外通行禁止になる可能性も大であります
間違いなくゲートは造られると思われますけれど・・・
まあそうなったらそれはそれでわたくし燃えるのでありますけれどw

近未来、ゲートでやっぱり行くことが出来なかったら
以前俺は歩いて門入まで行ったことがあるんだよな
とみんなに自慢してみましょうねw
そのためにも今回頑張りたいものです


さてさてもひとつ告知しておきます
今年も根尾そうパを執り行います
こちらは6月22日(土)
場所は前回と同じ場所
梅雨の直前ですので雨が心配ですが・・・

この企画はわたくし気に入ってますので
9月1日(日)にもやりたいと思ってます
ええ!今年は暑くなる直前と終盤、二回やるつもりですので
どちらか片方、もしくは両日参加していただけると有難いです
是非こちらも皆様ご参加下さいますように!

現在このブログのお友達は34名の方々
その方々にしか今回は声を掛けていません(見れませんw)
ケッパコさん、是非奥様、お子様の目を盗んで御参加をw
(問題のあの方はこの記事見れませんからご安心をw)


アメブロに移って早、1か月ほど過ぎましたが
やっぱアメブロは個人的に肌に合わないのが本音
って言うかわたくし、全く人気がありませぬw
まあこれはわたくし自身に問題があるのでしょうからいいのですが・・・w
でも思うのですが、ヤフーの頃の皆さんが全く顔を出していただけないのですよね
たまにヤフーブログをやってたみなさん、どうしたんでしょ?w
アメブロではコメント書きにくい状況もあるでしょうが
たまヤフのみなさんのその後がわかりません
生きておみえなのでしょうか???w
生存確認のためにも門入もしくは根尾そうパに
お顔を出していただけると非常に嬉しいです
再会出来るの楽しみにしております


今度こそ最後(?)の山神のブログ7でした

開くトラックバック(0)

先の友達限定記事ではお友達の方々にはお知らせしたのですが
この拙山神のブログ7、今回にて完全終了でございます
前身の拙ブログ3から見ていただいた方には大変感謝しております
ヤフーブログの終了を待たずに次なるブログへとお引っ越しします



さて次なるブログはこちら アメーバブログ
新たにタイトルを山神のブログ8としてスタートです
(友達の方々にはブログ6改と報告してましたが
諸事情によりこれが正式な後継ブログと代えさせていただきました)

引き続き山神のブログ、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします


尚、兄弟ブログ
同じく
としてはてなブログにて続ける予定であります
こちらもよろしければ見てやってくださいませ



こちらで知り合ったヤフーブロガーの方々も多く
みなさん各々お引っ越しされると思われますが
よろしければアメブロにわたくしと一緒に参加されることを
勝手ながら希望しておきます
イメージ 3

これにはわたくしの腐れ縁のあの方↑もお付き合いくださるようです
(半場強引にお誘いしましたw)
イメージ 1

イメージ 2

の方々も宜しければ後にお続きくださいませw


なおアメブロにはアクセス解析はあるにはあるものの
見ていただいた訪問者の性別や年代はさっぱりわかりません(そんなのありません)
これではご自身のブログがおっさんのブログなのかわからなくなりますが
間違っても訪問者の年代層が突然若くなることはあり得ませんのでご安心下さいw
(んなわけねぇよ!おっさんにしか理解出来ないことしか書いていないんだからw)


どうぞアメブロに移りましても山神のブログ引き続きよろしくお願いいたします

山神

開くトラックバック(0)

ホンダ シティ

先日揖斐川堤防沿いを走っていてすれ違ったのが・・・
(一瞬の出来事だったので写すことは出来ませんでした)
イメージ 1

イメージ 2

この真っ赤なホンダ シティ(初代)
いやぁ懐かしい! まだ走っていたんだ!?
って何年この車に乗っているんだ?と驚くこと然り・・・
現役で未だに走っていることに驚きを隠せません

これってほんと人気があったんですよね
わたくしの知り合いTさんも乗ってました

で、気になって調べたら初代シティは1981年〜86年(昭和56年〜61年)
(もちろん参照はウイキペディアですが)

今から40年ほど前の車なんです
確かに今もいろんな昔の車に乗ってる方は見えますが
このホンダ シティはさすがに希少ではないでしょうか?
これ見た時、なぜか嬉しくなっちゃいましたねw

で、これの販売と同時に売り出されたのがモトコンポ
イメージ 4

イメージ 3

同社のコンパクトカー「シティ」(初代)のトランクルームに積める
いうコンセプトで開発された。
1981年10月29日発表、同年11月11日発売で、
初代シティと同時発表同時発売である。
当時の販売価格は8万円
当初から四輪のシティと二輪のモトコンポを同時並行で開発しており、
ユニークな試みとして注目された

これもウイキペディア参照です
トランポの奔(はし)りとなったようなモトコンポであります

で、この初代ホンダ シティのCM曲となったのが
マッドネスシティ・イン・シティ(In The City)

イメージ 5

イメージ 6

ホンダ ホンダ ホンダ ホンダ…」の合いの手が入ったCMでも有名になった

このあとドバ、ドバ、ドバ、ドバ〜と続くんですよねw
そのマッドネスは一発屋のように消えちゃいましたけどw


と懐かしいネタを今回お届けしてみました
しかし、残念ながらこれをわかるのは本物のおっさんのみw(50代限定w)
これぞ!誰かの真似じゃあないけど同年代だけに通じる
おっさんのブログでしたw



次回予告
六厩(むまや)川橋 森茂(もりも)六厩川林道 秘話③を・・・
ただし内容が少々ヤバいのでファン限定記事にさせていただきますので・・・

開くトラックバック(0)

さすがにネタも尽きてきました
またもやあの六厩(むまや)川橋 森茂(もりも)六厩川林道
秘話お届けいたします

参考記事

セロ尾さんの記事から
イメージ 1

この日、念願の六厩川橋へと向かって森茂六厩川林道を歩き始めた我々4人
完全に廃道となったその道を進みましたところ
イメージ 20

イメージ 21

↑沢渡り個所(川越えの個所)
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 26

イメージ 24

イメージ 2

イメージ 3

スタートからおおよそ1キロあたりにて
大崩落の現場へとたどり着きます

実は事前にゆたさん記事を読んで、この道中に大崩落の個所があるのは
知ってはいたのですが、それがここだとはわかっていなかった・・・
(失礼ながらゆたさんの記事にはその場所の詳細は書いてありませんでしたので)

で、わたくし先頭を切ってこの崩落個所を横切ろうと進んだのですが
この大崩落個所、最初はガレ場なんですが途中からザレ場となるのです
(げんこつ〜頭の大きさの石が転がってる場所=ガレ場
それ以上小さくなると=ザレ場
詳しくはこちら参照)
イメージ 5

イメージ 4

途中まで進んだのはいいのですが、ザレ場の部分が進めません
一歩足を踏み出すとずるずる体ごと落ちて行くのです・・・
「ダメだぁ〜!!!」とわたくし大声を張り上げます
(この時笑っている不謹慎な仲間もいましたがw)
どうにもこうにもここから進めないのです
必死で後戻りはしたのですが、ここを高巻きするにも難しい・・・

さあここをどうする?となったのですが・・・
イメージ 11

イメージ 6

この時見つけたのが、川へと下りれるトラロープ
おお!なぜかこんなとこにトラロープが・・・
ここを歩いた先人の人がこれを用意してくれたのでしょうか?
これはこれを利用して一旦川に下りれ!と言うことなんでしょうね?
早速これを利用して川へと下りるのですが・・・
イメージ 7

イメージ 9

イメージ 8

最初は身の丈以上あるコンクリート擁壁(ようへき)部分
そこから下は土肌むき出しの崖
それらを降りると岩の上に降り立つことが出来ます
(ロープの長さはここまで)
で、更に河原に1メートルほど飛び降りるのです
で、河原を横切り再び崖をよじ登り、林道(廃道)に復帰
こうしてこの難所を乗り切ることが出来たのでした・・・
イメージ 10

↑わたくしに続きセロ尾さんも・・・
イメージ 12

↑下から見たその最大の難所個所
イメージ 13

↑ここを横切ります(川には入らず岩の上を行く)
イメージ 14

↑その岩の上はこんな感じ(下を行くしか方法はありません) 
イメージ 15

↑ここをよじ登り・・・
(って道筋があるわけではありませんよ)
イメージ 16

↑林道に復帰 
画像はここを何とか乗り越えて一安堵(あんど)のセロ尾さんでした
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

その後も難所はありますが、ここが最初にして最大の難所であったことは
後になってわかったことでした



さて念願の六厩川橋に到達した我々
再びこの道を歩いて帰るのですが、問題はこの個所!
この最大の難所を再び攻略しないと帰れないのです

とりあえず河原へと下りた我々
まずは1メートルほどある岩へと上がろうとするのですが
何も手掛かりとなるようなものが岩の上にないのです
行きはただ飛び降りただけだったのですから何も考えていなかった・・・

それでもなんとかよじ登ろうと手を伸ばしたところ
わたくし見事に失敗
そのまま後ろに倒れ、川にドボン
尻もちをつく形で寒中水泳となったのです
もうズボン・パンツはべたべた・・・靴・靴下もずぶ濡れ
これでわたくし一気に意気消沈・・・
最悪の状態となったのです

そんなわたくしに代わりセロ尾さんぬまデラックスさんが岩を登ります
彼らに手を貸していただきわたくしもなんとか岩を這いあがりましたが
問題はあのトラロープ個所
ここを今度は残りの体力・腕力・気力で登らなくてはいけないのです
正直ここまでの帰り道だけでもうくたくた
最後の力を振り絞ってここを登らないと帰れないのです

まずはセロ尾さんそしてぬまデラックスさんと登ります
で、わたくしの番となったのですが
わたくしは下半身べたべたの状態
半場やけくそでコンクリート擁壁手前までは登ったのですが
この先が最大の試練
そのコンクリート擁壁をトラロープ頼り・腕力だけで登ろうと
チャレンジするのですが
肝心の足を引っかける個所がコンクリート擁壁にないのです
足を掛けると滑ってしまい元の木阿弥
二度チャレンジしてもうまく行きません
ああ〜〜!ここで断念するのか?
帰ることは出来ないのか?
わたくしマジでここで夜を明かすことさえ考えました・・・
そのくらい絶望だと思ったこのコンクリート擁壁
(もちろん仲間以外助けはなし 携帯の電波は通じません)

それでもセロ尾さんたちの励ましもあり再チャレンジ
何とか頑張ってここを上がったのでした
ほんと生きて帰れないと思ったほどの難所でした



後に続く方々へ・・・
ここはほんと行きはまだいいのですが、帰りは地獄です
ここを攻略しないと生きては帰れません
森茂六厩川林道、最大の難所、地獄の一丁目ですw
それを覚悟の上でチャレンジして下さい



余談①
半身ずぶ濡れのわたくし
ここを攻略したのはいいのですが、もう完全放心状態
その状態で帰るのですがもう足元はふらふら
濡れた服はとても気持ち悪くブルー・・・
必然とみんなの最後を歩くこととなったのですが
ちょっとしたぐらついた石の上に乗ると体ごと倒れる始末
倒れたまま起き上がる気力も湧かずしばしマグロ
いやこのまま寝てはいけないと起き上がり歩き始めることが
数度ありました・・・
(これは最後尾だったので誰も知らない話w)
モンキーを置いたスタート地点まで戻った時は
ほんと生還と言う言葉が当てはまる瞬間でした
イメージ 25

余談②
トラロープは実は現地に3本垂れ下がってました
が、役に立つのは一本のみ
縄梯子でも用意するといいかも知れません ほんと
予備ロープが必要かも知れません

余談③
ゆたさんはここを二度ほど攻略されております
二度目はお友達と六厩川橋を渡り、秋町隧道の上を越え
荘川林道コースで戻っておみえですが
単独で行かれた一回目はここをお戻りになられたのでしょうか?
いや、この難所を一人で行かれたとは本当に凄いことです
(一回目はザレ場を抜けた模様)
ゆたさんが六厩川橋攻略達人であることは間違いありません

余談④
寒中水泳となったわたくし
本当はこの事件を韓中人事件と名付ける予定でしたが
余りにしょうもないので止めてます
〇ッパコさんごめんなさいw




今回は同行されたみなさんの画像もお借りしております
勝手ながらありがとうございます

開くトラックバック(0)

2019/02/16

今日は前夜祭の飲み会でした。
草津前の「たわのした
イメージ 1

メニューを見ると、なんと鯖のへレこがあります!
イメージ 2

早速注文。
これです。

イメージ 3






ここよりこの記事補足説明
この日はセロ尾さん喜撰(きせん)山ダム探索のため前日入り
イメージ 4

イメージ 5

↑こちらの滋賀県草津市国道1号線沿いのビジネスホテルにお泊りです
夕刻にチェックインをいたしまして
イメージ 7

イメージ 8

ひとっ風呂浴びてからの宴会となりました
イメージ 9

イメージ 6

 こちら天然温泉でしたが、全く温泉としての特徴はありませんでした
  拙ブログ2でも取り上げる予定は今のところありません・・・

二人して草津駅前にあります居酒屋たわのしたに歩いて向かいました
場所はこちら HPこちら
イメージ 10

TOWER111の下にあるお店なので”たわのした”であります
セロ尾さんが事前に予約していたお陰で席につけたのですが
なぜか時間制限がされてました
「お時間二時間までとさせていただきます」
「おい!おい!聞いてねえよ!」
おっさんブツブツ言いながらも注文w
この時メニューに鯖(さば)のへレこがあったのでした

 鯖のへレコに関してはこの記事を参考にしないと意味がわからないはず
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

念のため、正しくは鯖のへしこ
ところが看板にはへレこ
”し”でなく、どう見てもカタカナの”レ”に見えるので・・・
まあこの千鳥苑(現・海の駅)に行かれた方でないと
このオチはわかりませんでしょうが・・・

で、このへレこをわたくし初めていただいたのですが
美味しくない・・・
セロ尾さん曰く、お茶漬けにすると美味しいらしいです

少し遅れてRKパパさんも参加され
林道ネタやらブログネタで盛り上がったのでした
3人で中ジョッキ14杯も気づいたら飲んでおりました
しっかり飲んでおりますが記憶はしっかりしてます
一番最初に頼んだ串盛りがいつまで経っても出てこず
1時間掛ったのも覚えてますw

お開きとなりまして二人でホテルに戻ったのですが
セロ尾さんはしっかりこの前夜祭の記事をアップしてから
おやすみになられてます

明日起きられるかな〜

などと記事の最後に書いて見えますが
そんなこと書く前に寝ろよ!と突っ込んでおきますw
イメージ 14

そのセロ尾さん、わたくしが起きた時にはすでに出発されていたので
ちゃんと起きれたようです

以上セロ尾さんの記事、前夜祭の丸パクりでした

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事