ここから本文です
山神のブログ 3 (完)
外道・道なき未知を行け 峠・林道そして酷道etc

書庫全体表示

記事検索
検索

全126ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

以前ご紹介しました廃墟探索参加者募集の件
いよいよ明日4月23日(日)に廃墟探索決行いたします

集合場所はこちら
岐阜県美濃加茂市 道の駅 日本昭和村 
大型車駐車場
午前10時までにご集合下さい
ここより15分ほどのところにある廃墟に行く予定です

週間天気 - 美濃(岐阜)

2017年4月21日 17時00分発表
日付
4月23日
(
)
4月24日
(月)
4月25日
(火)
4月26日
(水)
4月27日
(木)
4月28日
(金)
天気晴れ
晴れ
晴時々曇
晴時々曇
晴時々曇
晴時々曇
曇時々雨
曇時々雨
曇り
曇り
曇時々晴
曇時々晴
気温(℃)21
7
21
9
20
10
19
12
20
12
20
9
降水
確率(%)
101020604030
この地域の週間天気の気温は、最寄りの気温予測地点である「岐阜」の値を表示しています。

一応現時点では天候は晴れの予定です
熱くなりそうですし、汗も間違いなくかくでしょうから
水分補給とタオルのご用意をお願いいたします
イメージ 1

なお現地ゲート前は車が二台ほどしか停めれませんので
各自乗り合わせになると思いますのでご了承下さい

明日の朝8時まで参加者受け付けますので、どうかご一考下さいますように
みなさまの参加心よりお待ちしております











で、突然ですが山神のブログ 終了のお知らせです
2013年5月よりブログから分岐して始めたこのブログ3
約4年間お付き合いくださいまして誠にありがとうございました
諸事情により今回を持って終了とさせていただきます
またどこかでお会いしましょう・・・
















と言うわけで新しいブログ立ち上げましたw
このブログ3をリニューアルしてさらにおかしな方向に進む予定ですw
引き続きご愛顧いただけますようお願いいたします

なおお手数なんですが、これまでお友達登録されたみなさん
もう一度ブログ7でも友達登録していただきますようよろしくお願いいたします
わたくし来るものは拒まず去る者は追いませんw
どなたでも結構であります
お気に入り登録・ファン登録していただければ特典付きですよw
いろんな林道のゲートの秘密を知ることが出来るかも知れません
これは登録しておいて損はないはずですw
どうぞみなさんよろしくお願い致します
ではブログ7でまたお会いしましょう

開くトラックバック(0)

鞍馬山教会

山神のブログ3林道ネタがメインなんですが
最近は段々良からぬ方向へと走っているのはわたくしも自覚してますw

今回の鞍馬(くらま)山教会なんてそのもっともたるネタです
そこに通じる林道なんて実はどうでもよくて
その怪しい教会を見るのが今回の目的でした
日を改めて入鹿(いるか)池側よりゲートの先を歩いて行きます
イメージ 1

イメージ 2

荒れた林道を上って行きますと、またもやゲートです
しつこいくらいにここにはゲートがあります
そのゲート横に道が二つあります
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

手前側の道は急な階段を上りながら本殿へ行けます
怪しい銅像が道中にはいくつか飾ってあります
奥の階段(多分こちらがメイン道)を上って行きますと・・・
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

こちらも同じく怪しいものがいくつかあるのですが
とりあえず歩く分にはこちらの道の方が楽です
やがて目の前に本殿らしきものが見えてきます
イメージ 13

イメージ 14

最期の階段を上りますと本殿らしき場所に到着です
おっさんすでに汗だくでありますw
イメージ 15

イメージ 16

もちろん本殿の中は覗くことは出来ません
と言うか怖くて見るつもりもないのですが・・・w
イメージ 18

イメージ 17

屋根の上にはこれまた怪しき小さな銅像二体
ここが怪しい場所だと物語ってるようなものです
でもここ景色だけは凄いです
山の上に造られた教会
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

入鹿池もしっかり一望出来ます
東側にはもう一個拝殿の屋根が見えてます
とりあえず流れる汗を拭きながら一旦休憩させていただきます
こちら本殿の横には三重の塔がございます
イメージ 22

なかなかの立派な塔なんですが、最上部にはこれまた銅像
イメージ 23

これよく見ると目が光ってます
いやいや不気味ですw
絶対夜にはこんなとこには来れません
怪しく光る目がとても怖いです
間違いなくションベンちびることでしょうw

こちらの本殿の裏が林道及び東海自然歩道であります
イメージ 24

イメージ 26

イメージ 25

その東海自然歩道をはさんだ向こうに先ほど見えていた拝殿がございます
とここまで一応全て見たつもりなんですが
あの天狗が見当たりません・・・
あれ?一体どこにあったんだ?と再びあちこち探索・・・
イメージ 27

イメージ 28

↑こんな看板があちこちに立てられてます
もちろん林道は軽車両は通行禁止とされてます
で、うろうろ探しますと、ありました!天狗さまです!
イメージ 29

イメージ 30

本殿へのメインルートの坂の途中の脇にあったのでした
強力天狗とされた拝殿を覗いて見ますと・・・
イメージ 31

いました!天狗さまです
こちらも怪しく目が光ってます!!!
ちなみにこれ↑はストロボ写真
通常に撮影すると・・・↓
イメージ 32

より一層目が光っているのがよくわかります
こちらをじろりと見てるようで、めっちゃ怖いです
暗い拝殿の中で目だけが異様に光ってますから怖いなんてものじゃあありません
もうこれ見たらすぐにここから逃げ出したくなります

とりあえず一通り見たつもりですから帰路に着きますと・・・
イメージ 33

林道を上ってくるバイクの皆さん方に出会うわけなんです
やはりここマニアには知られたところなんでしょうか?
彼らがこのあとこの教会を覗いたか?は不明ですが
天狗にさらわれなかったことを祈りますw

めっちゃ怪しいこの鞍馬山教会
幸いにもこの日は教会の方には誰にも会いませんでしたが
一人で行くにはめっちゃ怖いところですw
誰にも告げず行くと天狗にさらわれるかも知れませんから
誰かに声を掛けてから行きましょうねw

ちなみにここ迷盤な日々さんが訪ねてみえます(2013年
この方が実は今度行くあの廃墟にも行かれているんですよね
わたくしこの方を達人と呼ばさせていただきますw

開くトラックバック(0)

(仮)鞍馬山教会林道

今回はお友達けんさんに教えていただいたとっても怪しい林道ですw
愛知県犬山市 入鹿(いるか)池湖畔から延びる林道
イメージ 1

イメージ 2

場所こちら
イメージ 3

県道49号(旧・尾張パークウェイ) 赤い入鹿大橋の先に入口があります
いきなりここを入るとロープが張ってあります
イメージ 4

イメージ 5

まあこれは簡単に外すことが出来るのですが
この道は本当は東海自然歩道の一部
イメージ 6

別段ロープなんか張る必要はないのになぜでしょう???
実はこの先に非常に怪しい教会があるのです
イメージ 7

イメージ 8

鞍馬(くらま)山教会
けんさん曰く、道中には怪しい看板があり非常に不気味だそうです
今井パイロット農場別名開拓パイロット農場まで続く林道なんですが
その途中に教会があり、それがとても不気味だと言うのです
いやぁ
怖いけどめっちゃ興味が湧きます
恐れていては何も出来ませんから突っ込んでみます

20メートルほど先に進むとまたもやゲート・・・
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

ここも簡単に外すことが出来るのですが
なぜか東海自然歩道の利用者しか入れないようにされてます
なんで?私有地なのか?
意味不明なんですが、突っ込むしかありません
もし問われたらあくまで歩行者のつもりと言い切るしかありませんw
イメージ 12

ところがこの先Y字のところにもゲートがあります
しつこいくらいにゲートが設けてあるのです
イメージ 13

イメージ 14

左はどうやら違う感じ 本線は右のようですが・・・
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

こちらのゲートはしっかり鍵がされており、車ではここから進めません
もちろんバイクは脇を通行出来るのですが・・・
イメージ 18

地主さんのきついお言葉がそこには看板として立てられてます
事故が起きても当方では一切責任は持ちませんと・・・なんとなく不気味なお言葉
本当に事故でも起きるのか?とこの先に進むことをめっちゃ不安にさせます

と、とりあえずこちら側はここまで
肝心の教会にはまだたどり着いていませんが
一旦反対側からも調べてみます
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

反対側へは県道191号 今井小学校付近から脇へと入って行きます
尾張パークウェイの下を通り、池の横を抜けて行くと
イメージ 22

イメージ 23

林道へと続く道へ入ります
そこにはこの先行き止まりとされてますが、構わず突っ込みます
イメージ 26

イメージ 24

イメージ 25

最終処分場へと続くこの道
一応こちらにも鞍馬山教会への案内があります
イメージ 27

で、道は最終処分場のところでその先、未舗装に変わります
左手がその最終処分場の入口 場所はこちら
イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

未舗装のその先は?と言うと・・・
イメージ 31

イメージ 32

その先、二手に道が分かれてますが、本線は右側
どちらの道にもチェーンが張られています
イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

こちらも残念ながら車では入ることが出来ないのでした・・・

さあ次回はその怪しい鞍馬山教会を訪ねてます
怪しく目が光る天狗
に出会っていますよ
乞うご期待w

開くトラックバック(0)

西尾橋

これは以前(仮)もれしゃん陸橋としてお送りした記事の続編です
前回は国道19号 オールドレイク倶楽部(ゴルフ場)の横から
チャレンジしたのですが
今回は県道16号からチャレンジです

もちろん参考とさせていただいたのはそのもれしゃんさんの記事

こちらを見て県道16号から西尾(さいお)橋へと進んでみました
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

右が本線 県道16号です
この案内看板のある個所を多治見市方面から来て左へと曲がります
荒れた道をとことこ進みますともれしゃんさんの記事の通り
西尾橋へと出ることが出来ました
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

もちろんこの陸橋は中央自動車道に架かる橋
内津(うつつ)峠PAのすぐ北東側に架かる橋であります
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

橋の向こうには一本の
イメージ 16

イメージ 11

余り派手さはないですが綺麗な桜でした
もれしゃんさんお気に入りの場所 桜があるのはご存知でしたか?
もちろんこの先は車では行けませんからUターンです

この本道 県道16号の先にちょっとした休憩所があります
東海自然歩道の休憩所として造られたものです
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

非常に景色のいい場所でもあります
愛知県春日井市方面が一望出来る休憩所です

でも・・・よく見るとこんなとこを車が走った跡があります
これはいけません!無粋です!
走った人は面白かったかも知れませんが
こんな跡をしっかり残してしまうと、管理の方が見たら激怒するに違いありません
(跡を残すなとか言う問題ではないですよ)
で、この道を車では通行出来ないようにされてしまうのです
こういうことは止めていただきたい
貴方の一瞬の快楽のためにみんながひどい目、影響を受けるのです
この県道は荒れた楽しい道なんですが
こういうことすると途端に車で走れなくなります
くれぐれも自重くださいますようお願いいたします

開くトラックバック(0)

この先はと言うと・・・
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 7

最初はまだU字なんですが・・・
段々えぐれ方がきつくなってきます
ちなみにわたくしももしかしたらバッタモンを押して
このU字の上を行けないのか?と考えたのですが
やはりそれは甘い考えでして
上側には樹が生えており、むき出しの根っこがその行く手をさえぎるのでした
歩くのでさえ難儀するほどでした・・・
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

徐々に県道はU字からV字へと変わって行きます
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

行きは上側を歩いたのですが、帰りはV字の底側を歩いてみてます
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

100メートルほど歩くとやがて普通の山道となります
このえげつない区間をチャレンジする方が見えるから凄いものですね
どう見ても行けっこないと思うのですが・・・
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

その先大きく180度ターンすると・・・
イメージ 19

イメージ 21

イメージ 20

道に谷水が流れ込んでおり、歩くのも辛くなります
そして犬山市側出口に到達です
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

この日は出口付近で測量を行ってました
まさかこの県道16号を治す気なんでしょか?
はたまた県道16号でも造るつもりでしょうか?
真偽のほどは確かではありません 果たして測量の意味とは・・・?

これにて長かった県道16号探索は終了です
ここをチャレンジする方凄いと思われるのですが
果たしてその意味はあるのでしょうか?w
どう考えてもただ押すだけになりそうなんですが・・・

ひとつ疑問が・・・
この方は一体どっちから車で突っ込んだのでしょう?
イメージ 25

イメージ 26

多治見市側?犬山市側?
どう考えても今はどちらか側からも車では突っ込めないのですが・・・?
イメージ 27

県道脇に咲いていた山つつじが綺麗だったのでした

開くトラックバック(0)

全126ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事