ここから本文です
続・山神のブログ 2
邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪
わたくしが大好きな岐阜県大野郡白川村
大白川(おおしらかわ)温泉 大白川露天風呂に今年も行ってきました
昨年の記事はこちら

国道156号より県道451号へと入って向かうのですが
この県道が毎年ながらなかなか開通いたしません
冬季閉鎖の時期が異常に長いのです
冬の間に路肩が崩れたりするのでしょうが
それにしても毎度毎度なかなか開通しないのです
ここが開通しない限りは露天風呂へとは行けないので歯がゆいばかりです

さて今年はどうやら7月末にやっと開通したようです
(昨年より2か月も遅いです)
この日県道入口まで来たところ、開通しておりました 入口こちら
イメージ 1

この先に大白川露天風呂の営業情報があるのですが・・・
イメージ 2

あれ?開通はしたけど露天風呂はやっていないのか???
不安な気持ちでこの先へと進んでみました
県道を走ること30分ほど
県道終点 目的の白水湖湖畔に辿りつきます
イメージ 3

この日は夏休みの最中ということもあり
家族連れやら多くのお客さんがみえてました
駐車場の一角に車を停め、露天風呂へと向かいます
イメージ 4

イメージ 5

なんと!その入口には今年は

営業時間 8:00〜18:00
ただいま調整中のため無料でご利用頂けます 
管理人

とされているではありませんか!!!
あらら 気前のいいこと 一体今年はどういうことなんでしょうね?

どうやら昨年まで管理人をされてた方がお代わりになったようです
(詳しくはこちらのFacebook参照)
イメージ 6

イメージ 7

そのためか?昨年まで使われていた湖畔ロッジは閉鎖されたままとなってます
昨年はここで犬と戯れたのですが・・・非常に残念です
イメージ 8

イメージ 9

露天風呂入口は昨年より寂しい感じ・・・
イメージ 10

イメージ 11

薄暗い脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!
もちろんここは石鹸・シャンプー等は使用禁止です
イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 13

イメージ 16

お湯はぬるめになっておりわたくしには最高
目の前に広がる白水湖を見ながらのんびりさせていただきました
いやいやいつ来てもここは最高です
いつでも入れるというわけではありませんから
ほんと貴重な露天風呂です
是非来年もここに来たい、いや毎年でも来たい露天風呂です
是非みなさんもここに一度行って見て下さい
病みつきになるでしょうw

この記事に

開くトラックバック(0)

長野県木曽郡木曽町 開田高原にある
木曽御嶽温泉 つたや季(とき)の宿 風里(かざり)
日帰り入浴してきました

場所はこちら HPこちら
国道361号より木曽馬の里を目印に入って行きます
イメージ 1

イメージ 2

もちろん宿の案内看板も出ています
案内看板通りに進み、途中から未舗装の道を入って行くと宿に到着
イメージ 3

イメージ 4

非常に細長い建物
駐車場に車を停め、館内に向かおうととすると
なんと宿の方が飛び出すように出迎えてくれました
これには驚き わたくし単なる日帰り入浴客なんですが・・・
『いらっしゃいませ』
『(驚きながら)すいません 温泉に入れますでしょうか?』
『ええ!大丈夫ですよ』
ほっとしながら宿の方の後を付いて行きます
イメージ 5

イメージ 6

立派な玄関を入って行くと右手にフロントがあります
こちら失礼ですが、こんな場所にしてはすごく立派な施設です
高級感があふれており単なる田舎の宿だと思っていたら大違いでした
イメージ 7

フロントにて受付
氏名・電話番号を明記し料金を支払います

時間 14時〜18時
料金 1.200円

ちなみにHPには日帰り入浴のことは一切書かれてません
なぜなんでしょうね???

バスタオル(貸し出し用)と小タオル(持ち帰り可)をいただき
宿の方にお風呂場へ途中まで案内いただきます
イメージ 8

長い廊下(風の回廊)を歩いて行くと、これまた大きくて立派なお風呂入口
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

湯上り処も兼ねたお風呂場入口から更に奥に進むと脱衣所
イメージ 16

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 17

これまた綺麗で広い脱衣所で服を脱ぎ
貸し出されたタオルを片手にさあ温泉にGO!

御嶽山の豊かな恵みを肌で味わう大浴場と露天風呂。
高原を渡る爽やかな風が、湯上がりの体にやさしくそよぎ、
心の芯からリフレッシュしてくれます。
炭酸水素塩などを豊富に含んだお湯は、疲労回復や筋肉痛にも効果があります。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 23

二槽に分かれた内湯 奥はジャグジー付きです
イメージ 21

イメージ 22

アメニティも高級っぽいですw
そこいらの日帰り入浴専門施設にあるアメニティとは質が違います
窓から見えてる露天風呂へと向かいます

露天風呂から広がる大自然中に、山桜・枝垂桜・吉野桜の木を植えました。
開花予定は4月20日〜5月10日頃。
露天風呂に入りながらの花見をお楽しみください。

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 28

露天風呂は二種類のお風呂
丸い釜風呂は以前は薬草を煮るために使われていた鉄釜だそうです
もうひとつの六角形のお風呂が一番お湯がぬるくお気に入り
これに浸かって目の前の立派な庭園を眺めます
イメージ 27

イメージ 29

イメージ 30

こちらの庭園、非常に手入れが行き届いており眺めていて気持ちいいです
これで御嶽山が見えればなおいいのですが、それは贅沢過ぎるでしょうね
久しぶりに贅沢なお風呂でした
正直料金は高いですが、それだけのことはあります
たまには贅沢に温泉に入りたい方にはお勧めです
優雅な庭園を見ながらゆっくりされてはいかがでしょうか?
の咲く頃に行くのが一番いいと思われます

この記事に

開くトラックバック(0)

長野県木曽郡木曽町にある木曽駒高原ホテル日帰り入浴に行って来ました
こちらのHPではその日帰り入浴をいち押ししております

場所はこちら 
国道19号伊谷信号交差点より県道279号と入り、途中から山の中へと向かいます
イメージ 1

県道の途中には以前お邪魔した木曽福島温泉 駒の湯もあります
イメージ 2

こちらのホテルはゴルフ場(宇山カントリークラブ)を併設してます
そのゴルフ場の案内にも従い進んで行くと・・・
イメージ 4

イメージ 3

山の中にあるホテルに到着
ゴルフ客の車が多く停まる駐車場の一角に車を停め、館内へ
イメージ 5

イメージ 6

フロントにて日帰り入浴を申し込みます
イメージ 8

温泉利用可能時間 11:00〜23:00(サウナは22:00まで)
料金 大人800円
各種フェイスタオル、バスタオル、アメニティ等ご準備しております

フロント奥にあるエレベーターより地下へと降り、お風呂へと向かいます
イメージ 7

イメージ 9

イメージ 10

エレベーターを降りるといきなり目の前に卓球台
これにはちょっと驚きますw
イメージ 11

イメージ 12

広い脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!
と、その前にこちらは実は天然温泉でも運び湯だったのです
イメージ 13

イメージ 14

同じ木曽町内にある二本木温泉からの運び湯であります
使われていますから、湯量豊富なんでしょうね

大自然を望みながら入る露天風呂は、体の芯から温まる炭酸水素泉、
岩風呂や数種類の壷湯までお楽しみいただけます

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 17

イメージ 18

四角い内湯はやや熱め 熱いのが苦手なわたくしはすぐに露天風呂へ・・・
イメージ 21

イメージ 22

露天風呂へのドアを開けると右手に三つの壺湯があります
ちょっとした休憩用の椅子も並べてあります
ここより御嶽山が晴れていれば一望出来るようです
そのため御嶽 展望の湯と命名されています
イメージ 24

残念ながらこの日はその御嶽山に雲が掛かっておりはっきり見えず・・・
イメージ 23

イメージ 34

とは言え三つの壺湯の内、真ん中の大きな壺湯がぬるめでしたから
そこから景色を眺めさせていただきます

露天風呂出口、左へと階段を降りると高原サウナと水風呂
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 28

その一段下に露天風呂があります
イメージ 27

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

こちらの露天風呂も内湯と同じ温度ですが
外にある分だけ熱くは余り感じません
温泉としての特徴は余り感じられませんが、御嶽山が見えるのはいいです
是非雲一つない日に来てみたいものです
空気も澄んでますし、ゴルフ客がプレー中はこの日のように独占出来ます
のんびり満喫出来るでしょう

この記事に

開くトラックバック(0)

富山県南砺(なんと)市にある
新五箇(ごか)山温泉 平ふれあい温泉センター ゆ〜楽
国道156号から少し入ったところにある温泉です
場所こちら HPこちら
イメージ 1

イメージ 2

国道より入って行けば突き当りらしきところに赤い屋根の施設があります
イメージ 4

イメージ 3

大きな駐車場に車を停め、館内へと向かいます
イメージ 5

イメージ 6

玄関入口にある入浴券自販機にて券を求め、受付に提出します

【  大 人  】  600円
【営業時間 】  10:00〜21:00 (入館は20:30まで)
【 休館日 】  毎週水曜日 ※祝日の場合は翌日

イメージ 7

イメージ 11

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

閑散とした脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

四季折々に表情を変える山々、眼下に広がるエメラルドグリーンの水面。
絶景の掛け流し露天風呂が人気の「ゆ〜楽」。
風を感じながらお湯に浸かれば、日常から解き放たれて心の底からリフレッシュできそう!景色を楽しめるサウナやジェット水流を備えた内風呂もあるので、
ゆっくり浸かって一日の疲れをほぐしましょう。

泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(低張性アルカリ性温泉)

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

大きな前面ガラス張りの内湯にはサウナ・水風呂も完備されてます
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

内湯は少し熱めの温度 
売りであるエメラルドグリーンの水面が見える露天風呂へ・・・
イメージ 19

イメージ 20

庄川に面して造られた露天風呂
眺めは非常によろしいです
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

ただしこの日残念だったのはその庄川に前日までに降った雨のせいで
水面はエメラルドグリーンではなく、茶褐色に汚れていたこと・・・
でも非常に解放感があり、めっちゃ気持ちいいです
湯温も内湯よりはぬるめで気持ちいいです
解放感が良すぎて国道からこの露天風呂が見えるほどですw
非常に静かな山の中の川沿いのお風呂
たまに国道を通る車を眺めながらのんびりさせていただきました
温泉そのものは余り特徴が感じられませんが
比較的空いている温泉施設なのでゆっくり出来ます
是非一度こちらでリラックスしてみて下さい
イメージ 24

この記事に

開くトラックバック(0)

久しぶりに福井県の温泉に行ってきました
福井市鷹巣(たかす)温泉 国民宿舎 鷹巣荘です
場所はこちら HPこちら
福井市内を通り抜け日本海側へと向かい
国道305号から県道227号へと入るとすぐに宿舎があります
イメージ 1

イメージ 3

宿舎の駐車場に車を停め、館内へ・・・
イメージ 2

玄関を入るとすぐにスリッパに履き替えなくてはいけません
土足のままでいいのかと勘違いしますからご注意を
イメージ 4

イメージ 5

入ってすぐ左手のフロントで受付をします
イメージ 8

イメージ 6

受付先の左側階段より階下に降ります
イメージ 7

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

そんなに広くはない脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

イメージ 15

イメージ 14

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 21

イメージ 20

内湯は二つの浴槽に分かれており右が温浴(40℃)
左が高温浴(42℃)とされてます
イメージ 22

どちらも正直熱いです 温度計以上の熱さを感じさせます
窓ガラス下半分がすりガラスの為、景色は見えません・・・
イメージ 24

イメージ 23

熱いのが苦手なわたくしは露天風呂 不惑温浴(38℃)へと逃げ出します
こちら露天風呂へは一旦、内湯に入ってからしか行けません
どうやら露天風呂はあとから造った感じですね・・・
イメージ 25

イメージ 26

六畳一間のような小さな露天風呂
2〜3人も入れば満員です
でもここだけはぬるくて良かったです
目の前に日本海が広がり、海風を感じることが出来ます
(両横の壁がちょっと邪魔で圧迫感があるのが欠点)
イメージ 27

イメージ 28

↑左手に見えるのが女湯露天風呂
なんとなくあとから内湯より張り出して露天風呂を造った感が
ありありとわかります
どうせならもっと大きく造っていただきたかったですね

でも湯船から海が見える温泉はそうそうありません
のんびりぬるま湯に浸かり、ぼ〜〜〜と日本海を見つめます
水平線の向こうはどうなっているんでしょ?w
イメージ 29

近くの海岸では海水浴を楽しむ人もみえます
海水浴疲れのあとにも利用出来る鷹巣温泉
福井県の日本海側に行かれた際には寄ってみて下さい

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事