ここから本文です
続・山神のブログ 2
邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪
この日長野県北安曇(あずみ)郡白馬(はくば)村
白馬八方温泉 小日向(おびなた)の野湯へと向かったわたくし
(その記事はこちら ブログ4にて)

残念ながら小日向の野湯はやはり枯れていて入ることは出来ませんでした
ならばと同じ源泉と言われるすぐ近くのおびなたの湯立ち寄り湯いたしました
イメージ 1

場所はこちら HPこちら
県道322号線沿いにあるこちらの施設
県道反対側の駐車場(未舗装)に車を停め、施設へ・・・
イメージ 2

イメージ 4

イメージ 3

受付横の自販機にて入浴券を購入し、受付に提出

入浴料金  大人600円、小人300円
営業時間  <夏期>9時〜18時(受付終了 17時30分)
      <冬期>10時〜17時(受付終了 16時)
休館日   年末年始(12月上旬〜1月中旬)、4月上旬

すぐ横の浴場へと向かいます
イメージ 5

イメージ 7

イメージ 6

イメージ 8

イメージ 9

さほど大きくもない脱衣所でさっと服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

八方から白馬大雪渓へ向かう途中約3kmにある源泉に一番近い施設で、
天然水素泉としてアンチエイジングの効果が期待できます。
冬期営業(1月中旬〜)では、雪景色のなかの露天風呂が楽しめます。
おびなたの湯は冬期のみ「貸切風呂」としてご利用いただけます。

おびなたの湯のつぼ湯は、溶存水素濃度が基準値を超えており、
天然水素泉としてご堪能いただけます。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

こちらは露天風呂のみの施設
岩風呂に上からお湯が流れ出てます
(これ多分お隣の女湯からの流れ湯・・・)
イメージ 13

イメージ 14

ちょっと熱めの湯が流れ出てます
この日は祝日 多くのお客さんがこちらに見えてました
入れ替わり立ち代わりでお客さんが見えるのでのんびりは出来ませんでした
イメージ 15

露天風呂から白馬三山が見えるのですが・・・
 白馬三山=白馬岳(しろうまだけ)(2932m) 
       杓子岳(しゃくしだけ)(2812m) 
       鑓ヶ岳(やりがだけ)  (2903m) 
イメージ 16

イメージ 17

残念ながら電柱・電線が邪魔して良くは見えません・・・
これは残念 もっと綺麗に見えると乙なのですが・・・

でも暑い日差しの中、それなりに楽しみさせてはいただきました
やはりここは平日の方がゆっくり出来るでしょうね
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

こちらの施設の先の二股橋からは綺麗に白馬三山が望めます
是非あと一歩進んで覗いてみて下さい

この記事に

開くトラックバック(0)

この日群馬県長野県の県境 毛無(けなし)峠にやってきたわたくし
毛無峠で楽しんだ(ブログ7)あとに向かったのが
群馬県吾妻(あがつま)郡嬬恋(つまごい)村万座(まんざ)温泉です

こちらの温泉もいくつか日帰り入浴が出来るようで
その中から選んだのがこちら 万座高原ホテルです
イメージ 1

イメージ 2

場所はこちら HPこちら
入口の看板にもしっかり日帰り入浴の案内がされております
(実はこのホテルの下にある豊国館に最初お邪魔するつもりでしたが
駐車場が満タンでして諦めてます)

ご利用時間=11:00A.M.〜6:00P.M.(最終受付5:00P.M.
料金=1.500円

料金は正直べらぼうに高いです
(インターネット割引使用なら1.200円です)
イメージ 3

イメージ 4

フロント横の日帰り入浴受付にて申し込み
こちら実は混浴 
受付の方にその旨をお聞きし、タオルを貸していただきます
もちろんこれは男性の前を隠すためのタオル
マナーを守っての混浴となります
レンタルバスタオル 300円もあります 水着着用不可です)
イメージ 5

イメージ 6

お風呂場はロビー奥のエレベーターから1階に下ります
(フロント階は4階にあたります)
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

その1階にあるのが石庭露天風呂
脱衣所でさっと服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

男女別内風呂・8個の湯船が並ぶ名物・石庭露天風呂有り
(8個のうち7個混浴、1個女性専用)
名物「石庭露天風呂」は幻想的な景観とゆったりとした空間を味わえる

石庭露天風呂は、4つの異なる源泉(姥湯・大苦湯・竜泉の湯・嬬取の湯)からなる混合泉です

泉質 酸性・含硫黄-マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉

イメージ 10

イメージ 11

と実は撮影はこの洗い場まで
この奥に露天風呂があるのですが
さすがに混浴、カメラを向けるわけには行きません
依(よ)って今回は肝心の温泉の画像はありません
イメージ 13

イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

HPからお借りした画像で雰囲気を味わって下さい

でですね、こちら混浴ですからマナーを守りタオルを腰に巻くのですが
なんとタオルが小さくて男性はお尻丸出しになります
マナーは守ってるのですがお尻丸出しはよろしいのでしょうか?
もっと大きいタオルを用意すべきだと思うのですが・・・
見たくもない他人のお尻見させていただきましたw
(女性は大きなタオルなのでそんな心配はいりません)

さすがに人気の温泉
混浴だから客が少ないのか?と思いきや女性のお客さんが普通におみえでした
カップル客がほとんどではありましたが・・・
お湯がぬるめで嬉しいのですが多くの客
みなさんいくつもの湯船に入っては他の湯船にまた移りますから
絶えず誰かが動いてます
あぁ!忙(せわ)しない!!!

わたくしには残念ながら不向きな温泉でした・・・
ここは平日に来るべきでしょうね
温泉を楽しむにはちと辛かったのでした・・・

 日帰り入浴では4階の百泉の湯が利用出来ないのでしょうかね?

この記事に

開くトラックバック(0)

静岡兼静岡市葵(あおい)区
口坂本(くちさかもと)温泉 口坂本温泉浴場に行って来ました
場所こちら HPこちら
県道27号線沿いにある山奥の静かな温泉です
ただし今回その県道27号が崩土のため温泉手前の上落合地区までしか通れないため
県道189号県道60号大日峠〜県道27号と
大回りして口坂本温泉に向かったのでした
(交通情報はこちら

県道27号から温泉施設への入口に信号
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

こんな山の中にいきなり信号が現れますから驚くのですが
ここから施設への道が大変狭いため信号機によって一方通行となってます
イメージ 4

広い駐車場に車を停め、施設に向かいます
イメージ 6

イメージ 5

イメージ 8

イメージ 7

イメージ 9

こちらは

営業時間 9:30〜16:30(最終受付16:00)
休業日  毎週水曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/29〜1/2)

となってますが、11月からは
イメージ 10

土日祝日だけ営業 平日は休業になるようです
更には12月からは寒さにより変更の可能性があるようです
事前に確認してから行きましょう
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

玄関脇の受付にて300円を支払います
こちら市営施設なのでこんな格安料金で入れます

ちなみにここも秘湯と言えば秘湯なんですが
まだまだこの奥にも温泉があります
井川地区の田代温泉 
更に奥に同じ市営施設の赤石(あかいし)温泉もあります
秘湯の入口と呼びましょうか?w
イメージ 15

イメージ 14

イメージ 16

簡素な脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

泉質  ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性・アルカリ性・温泉)
    殆ど無色、透明、無味、無臭
泉温  37.5℃
水素イオン濃度(pH値) 8.9 アルカリ性
適応症 神経痛、関節痛、リウマチ性疾患、糖尿病、消化器病、
    皮膚病、痔疾、冷え性、疲労回復など

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 21

イメージ 23

イメージ 19

イメージ 20

源泉加温循環ろ過式で、一部かけ流しです。
30人ほどが入れる広めのタイル張りのお風呂です。


内湯はこんな感じ
わたくしがお気に入りなのはここの露天風呂なんです
イメージ 22

イメージ 24

源泉かけ流しです。6人ほどで入れる露天風呂です。
ぬるめのお湯なので、自然の中でたっぷり温泉を楽しめます。


わたくしの大好きなぬるめの露天風呂
いや〜〜ここはいいです
ほんとゆっくり浸かれます 楽しめますw
でも実は日ごろは超満員です
みなさん長風呂でなかなか出てくれませんから待つことになるほどです
でも今回は交通事情のお陰で空き空きw
施設の方もお客が少ないと嘆くほどです
施設の方には申し訳ないのですが、わたくしには好都合でした
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

景色は大したことはありませんが、ほんとぬるめで長湯が出来ます
一人至福を味わったのでした
是非みなさんも至福を味わってみて下さい

この記事に

開くトラックバック(0)

わたくしのブログで散々取り上げた
愛知県豊田市藤岡温泉 龍神の湯

こちらの温泉に関して最近コメントにて情報をいただきました
たつさんより

この温泉・・・一時閉鎖という名の廃業しましたよ^^

あらま!と言うかやっぱり!
廃業した温泉をすったもんだの末
開業したもののその後も鳴かず飛ばずの営業だったようで
(昨年9月以降営業日の縮小などがあった模様
2016年4月開業 たった5か月でこの有様・・・)
先行き不安だなと思っていたのですが
とうとう閉鎖という名の廃業のようです

ならばとわたくし現地に見に行って来ました
(いつもお世話になってます東海温泉馬鹿一代目さん掲示板を見ますと
今年の1月18日からボイラー故障休業していると
HPに書かれてあった模様です)
ちなみにそのHPには現在やはり



お休みのご案内とお詫び
ボイラーの故障により修理のため、しばらくお休みを頂く事になってしまいました。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

とされてます

場所はこちら
イメージ 1

県道350号から施設への入口には幟は立っていません
奥へと入って行きますと・・・
イメージ 2

イメージ 3

壁にクリスタルプリンスホテルの文字と藤岡温泉の看板が・・・
何度も来てますから見慣れた風景だったのですが
肝心の温泉への入口は・・・
イメージ 4

イメージ 5

雑草だらけでして、これは本当に休業状態のご様子
お隣の有料老人ホーム 龍庵も営業していないようです
イメージ 6

温泉への入口には

休館の御案内
機械不良・施設老朽化に伴い
大規模修繕が必要な為
休館させていただきます

と書かれてありました
施設老朽化ってたった一年半で起きるものなのでしょうか?
それって開業の時、しっかりメンテしてなかったことの裏返しでは???

現在、休業してから早半年以上の月日が経ってます
果たして再開はあるのでしょうか?
以前ここにあった温泉施設と同じ憂き目に合うのでしょうか?
イメージ 7

この記事に

久々にわたくしお得意の天然温泉ではない温泉施設の紹介です
長野県木曽郡上松(あげまつ)町 国道19号線沿いにあるホテルです
上松町営 国民宿舎 ねざめホテルです
イメージ 1

場所はこちら HPこちら
名勝寝覚の床のすぐ近くにあります
イメージ 2

イメージ 3

国道より案内看板に従い市道を上るとすぐにホテルがあります
イメージ 4

イメージ 5

ホテル横の駐車場に車を停め、館内へ・・・
イメージ 6

イメージ 7

こちら日帰り入浴は
入浴時間 午前10時〜午後9時
料金 大人 500円
であります
イメージ 8

フロントにて受付をして奥にあるお風呂場へと向かいます
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

こちらが貴族の湯・トロン温泉です
わたくし畏(おそ)れ多くも平民いや貧民ですが
早速服を脱いでトロン温泉にGO!

当ホテルのトロン温泉は天然の薬石を原料としております。
この薬石が出す力をトロ ントいい、血液の循環や、
体内の老廃物排出を促進する効果があります。
人工温泉で すが、天然の温泉が湧き出る時と同じ状態を再現しています。
トロン温泉の効能と機 能を一度お試し下さい。

トロン温泉は地球上に僅か存在しない天然鉱石トロン原石を使った
ミネラルたっぷり の温泉です。
弱アルカリ性の泉質で、保温作用が高く血液の循環を促進します。  
またその始まりは古く、ドイツの有名な観光地、
黒い森シュバルツバルトに隣接す る国際的保養地バーデンバーデン。
2000年前に発見された天然のトロン温泉は、
ローマ帝国の貴族が戦争で傷ついた身体を癒したとされ、
貴族の湯とも呼ばれていま した。  
今やヨーロッパ随一の温泉療養施設として世界中の人々から注目を浴びています。
当ねざめホテルの温泉はまさにその湯を再現したものであります。

効能
神経痛・腰痛・肩こり・冷え性・打ち身・くじき・水虫・痔・しもやけ・
疲労回復など

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

内湯のみのお風呂です
浴槽両脇はジャグジーが噴き出しています
トロン温泉と言われても実際には無色無味無臭
天然温泉に比べ温泉らしさは感じることが出来ません
とはいえ広いお風呂独り占めですからとりあえず満足
イメージ 18

前面ガラス窓にはすだれによる日除けがされているので
綺麗な和風庭園も横から覗かないと見えません
その奥には山々が見えるのみ
目の前にある県立公園 寝覚の床は立地が高台にも関わらず見ることは出来ません
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

驚いたのはこちらにケロリンの桶が置かれていたこと
意外でしたね
これを集めてる温泉マニアの方もみえるようですが・・・

この日は林道探索の後
こちらでのんびり汗を流させていただきました
イメージ 22

結局はこちらのホテルの前からも寝覚の床は見えないのでした・・・
たまには違った温泉はいかがでしょうか?

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事