ここから本文です
続・山神のブログ 2
邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪
鈴鹿山脈を登山される方々には知られた温泉であります
三重県三重郡菰野(こもの)町にあります
朝明(あさけ)渓谷 三休(さんきゅう)の湯
場所はこちら HPこちら
県道762号をひたすら上って行きますと道中に入り口があります
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この入り口の先が、こちらへの一番の難所
未舗装のでこぼこ道があります
イメージ 4

イメージ 5

この難所を抜けますと施設の前の駐車場に・・・
イメージ 6

駐車場脇には源泉井戸もございました
イメージ 7

イメージ 12

イメージ 8

猫の出迎えを受け、施設内へ・・・
イメージ 9

イメージ 11

入り口にて料金を支払い、お風呂場へ・・・
イメージ 10

イメージ 14

イメージ 25

イメージ 24

簡素な脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!
(ロッカーは100円リターン式になってます)

泉質 低張性 弱アルカリ性 冷鉱泉

イメージ 13

イメージ 15

今は動かないポンプとやや茶色がかったお湯がすぐに目につきます
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 27

こちら週末・祝日しかやっていない温泉なんですが
わたくしと前後してお客さんもお見えです
地味に人気のある温泉かと・・・
イメージ 18

イメージ 19

窓の外には山が見えるのみ・・・
イメージ 20

イメージ 22

山の上の方には積雪が・・・
イメージ 21

こちらはやはり山が近いせいでしょうか
1月・2月は冬季休業となります
イメージ 23

今年の3月初めに訪ねてみたらまだ休業中でした
事前に確かめてから訪ねた方がよろしいです
こちらにはまだブログを始める前に来たこともあるのですが
今回は前回と印象が違い、非常に気持ちよく感じました
こちらは比較的空いている温泉です
冬季休業になる前に是非訪ねてのんびりしてみて下さい
今を逃すと来年まで入れませんので・・・
イメージ 26

イメージ 28

帰りには県道から四日市市の街並みや四日市港が見えました・・・

この記事に

開くトラックバック(0)

今まで敢(あ)えて取り上げなかった食事付きで日帰り入浴可能な温泉
それをブログ4にて日帰り入浴不可温泉として取り上げてもいたのですが
今回よりそちらも訪れてみることに・・・
(食事付きは邪道だと敬遠していましたw 値段も高いし・・・
でも日帰り入浴だけで1,620円だった雄琴温泉 湯元館のようなとこも
あるのも事実・・・
実はちょっとネタ切れでもあります)

まず手始めに訪れたのが
愛知県犬山市犬山温泉 名鉄犬山ホテルです
場所はこちら HPこちら
国宝犬山城のすぐ近くにございます
イメージ 3

イメージ 1

イメージ 2

ホテル内にはいくつか食事処があるのですが
今回選んだのはガーデンレストラン ラインです
イメージ 4

こちらのランチバイキング+温泉を選択

広大な庭園を眺めながら、ホテル特製のお料理を心ゆくまで召し上がっていただける
バイキング形式のレストラン。
お料理は和食・洋食あわせて約40種類。もちろんフルーツやデザートも充実しています。
しかもソフトドリンクは飲み放題

※食べ放題は90分制、ソフトドリンク付き。
予約承ります。
※貸切営業の場合、休止致します。

【昼】 11:30〜14:30 【夜】 17:30〜21:00

【ランチバイキング】
大人 2,916円 シニア(65歳以上) 2,700円 

↑これが月曜日限定だと・・・

★月曜日だけ!バイキングのお食事がお得に!
  【ランチバイキング】 大人・シニア  2,500円

↑これに温泉入浴をプラスして

★月曜日だけ!!温泉付きのバイキングがお得!
  【ランチバイキング】
   大人・シニア:温泉付パック 3,200円(通常大人3,846円)

となるのです 詳しくはこちら
早速突入・・・
でも裏事情がありまして・・・
ランチを予約しておくと窓側の席が確保されるのですが
今回のように予約なしで訪れると入り口側の席となるのです
従って今回は受付レジの横となったのでしたw
まあ食べるだけなら席なんか・・・と考え、早速料理をいただきに・・・
イメージ 5

イメージ 6

こちら平日月曜の昼だというのにすごい人気です
イメージ 7

このように賑(にぎ)わっております
この方々に負けぬように料理を集めまして
イメージ 9

さっそく美味しくいただきます
でも途中で気づきました あれ?肉がない!
イメージ 8

【ランチ限定】
実演コーナー

 ローストビーフのカッティング


ローストビーフをいただくの忘れてました
でも実際、目の前で切っていただいて手元にいただいたのは・・・
イメージ 10

たったの三切れ・・・ いや食べ放題じゃないし!!!
わたくしの連れに限ってはたったの二切れ・・・
肉ケチり過ぎですよ ガーデンレストラン ラインさん
画像と違うじゃないですか!w

で食事を終えましてレジにて清算
この時に温泉チケットをいただきます
それを持ってお風呂場へ・・・
(最初にレストランの席に座った際に温泉付きバイキングだと申請しておきます)
イメージ 11

お風呂場入り口にてチケットを渡し、タオルをいただきます
(脱衣所にも貸タオルが並べてあります 手ぶらで来ても大丈夫です)
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 18

さすがにホテル 立派な脱衣所です
では早速服を脱ぎ、温泉にGO!

「白帝の湯」は平成7年12月に地下1,200mから湧き出した新しい温泉です。
お湯はきれいに澄みきったアルカリ性低張性冷鉱泉で、スベスベとお肌にやさしい美人の湯といわれています。
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・くじき・痔疾・冷え性・疲労回復などに効果があります。
当ホテルでは、源泉から直接お湯をひき、皆様にご利用いただいております。
ぜひ一度、犬山温泉『白帝の湯』へお越しくださいませ。

泉質 アルカリ性低張性冷鉱泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器
    病、 痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

ちなみに白帝とは犬山城が別名白帝城と呼ばれる所以(ゆえん)から・・・
イメージ 17

イメージ 19

イメージ 12

非常に大きな内湯です
41,6度のデジタル表示になってますが、実際はもっとぬるめでした
イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

サウナ・水風呂も完備しております
大きな窓の外には露天風呂
イメージ 24

紅葉したもみじが非常に綺麗でした
イメージ 25

イメージ 23

イメージ 29

イメージ 26

二本の打たせ湯も勢いがあり気持ちいい
お湯も適温 もみじも最高
イメージ 27

でも肝心の犬山城が見えないのでした・・・
イメージ 30

やはり食事付きは値段が張るの欠点ですが、たまにはいいかも・・・
犬山城が見えればもっと良かったのですが・・・
イメージ 28

この記事に

開くトラックバック(0)

今回は完全なパクリ記事&後追い記事です

岐阜県中津川市にある付知(つけち)峡倉屋温泉
日帰り入浴専門施設 おんぽいの湯が有名ですが
こちらにも温泉スタンドがあったのです
そう実はここに温泉スタンドがあるなんてわたくし全く知りませんでした
それを知ったのはこの記事
わたくしの数少ない温泉ブログ友達の
初めて知ったのでした・・・

ここ中津川市付知はわたくしの実家近く
準・地元いやと呼んでもいいくらいなのですが
この温泉スタンドの存在は全く知りませんでした
いやいやお恥ずかしいと言うかネタにされて初めて知ったという
悔しさが勝るでしょうか?w
(同じ源泉の足湯道の駅 花街道付知)と運び湯であろう
料理民宿 不動滝ひろづきは知ってはいたのですが・・・)



と言うわけで後追いながらその温泉スタンドを訪ねてみました
場所はこちら
非常にわかりにくい場所にあり、これは地元の人しかわからんと言ったところです
倉屋神社のすぐの前に温泉スタンドがあります
(わたくし同じ神社でも護山(もりやま)神社のそばを探していました・・・
そりゃあ見つかるわけがなく、近所の人に聞いて初めてわかりました)
イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 2

倉屋神社と道を挟んで反対側にあります
大きな温泉タンクと二基の温泉販売機
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

■付知峡倉屋温泉スタンド
住所:岐阜県中津川市付知町1997-1
営業時間:24時間
定休日:無休
料金:
100円/200ℓ


おんぽいの湯のHPには温泉スタンドの存在は書いてありません・・・
(社)中津川観光協会のサイトには紹介されています
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

【泉質】アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性高温泉)
【PH値】8.6
【飲用】不可
【浴用の適応症】一般的適応症…神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、感性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

現地の看板にはなぜか午前8時〜午後8時までの利用とされてます
(どちらが正しいのか不明・・・)

神社には(続)めっちゃおもろい温泉さんも見た
(中津川)市指定天然記念物のムクロジの木が・・・
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

ムクロジの実が落ちてないか?と探したのですが
一個も落ちてはおらず、石鹸実験は出来ませんでした・・・



さてさて今回何が一番悔しいか?と言えば
ここを知らなかったことと、先に記事にされたことも悔しいのですが
ここで(続)めっちゃおもろい温泉さん
ゲリラ入浴したこと!!!w
イメージ 14

イメージ 15

↑もちろん画像お借りしました
これは悔しい 
めちゃくちゃ悔しいです
わたくしのおひざ元でゲリラ入浴するとは!
これはわたくしに対する挑戦挑発と受け取りましたw
負けれません!!!
この挑戦受けて立とうではありませんか!w
山神真っ向から勝負に挑むことに・・・


いくら泉温44、6度と言えどもたぶんこの日夕刻だと思われるのですが
こんなくそ寒い中、水着になって入浴する
(続)めっちゃおもろい温泉さんは確かに凄過ぎます
到底真似出来ることではありません
それも人前でこれをやるのですからアホを通り越してますw
もう尊敬するしかありませんね


と言うことでわたくしも真似してます
詳しくは拙ブログ7 山神温泉にて・・・
(その記事はこちら



ちなみにこの温泉スタンドはパクらせていただいたのですが
(続)めっちゃおもろい温泉さん この記事って
わたくしの記事のパクリじゃないですか?
お互いパクリあってどうするんでしょうね?w
出来ればリンクぐらいしておいて下さいねw

この記事に

今回はちょっとマニアックな温泉に・・・

岐阜県瑞浪(みずなみ)市にあります稲荷(いなり)温泉 不老荘です
こちら過去に一度行ったことがあるのですが
何しろ場所がわかりにくいです 一応地図ではこちら
イメージ 1

初めて訪れた時はこの神社(荷機稲荷神社)前を目指して来たのですが
施設はこの階段の上でして、ここには駐車場もありません
その上にある肝心の駐車場への入り口がまたわかりにくい
(この近辺に不老荘への案内看板らしきものは一切ありません)
イメージ 28

↑この瑞浪南中学校の前の斜めの道を神社へと入って行くのです
(もちろんここにも何にも案内がありません)
イメージ 2

イメージ 3

神社の前に目的地 不老荘があります
イメージ 5

イメージ 4

イメージ 6

神社の駐車場に車を停め、館内へ・・・
もう見るからに非常におんぼろいレトロな温泉ですw
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 11

イメージ 9

イメージ 10

ところが玄関を入ってみても誰もいませんし、誰も出て来ません
(前回来た時は全く愛想のないご主人が出てきたのですが・・・)
どうしたらいいものか?と思っていたところ
お風呂より出てきた常連らしきお客さんが
『お金はそこに置いておけばいいよ!』
と教えてくれます
『えっ?』
勝手に入っていいのか?と思うのですがいいらしいですw
なんと自由な温泉でしょうか?w

入浴時間 12時〜20時まで
休業日  水曜日
料金   500円(ただし洗髪される方は600円

千円札しかなかったわたくし
『おつりもそこからもらって行けばいいよ!』
と常連さんらしき人は言いますw
髪の毛洗いたいから600円かな?と言いますと
『短い髪の人はいいよ!長い髪の人だけが600円だよ!』
と、これまた常連らしき人は言います
『いいんかいな?』などと思いつつ
イメージ 12

お言葉に従いおつりをいただき廊下奥へと向かいます・・・
イメージ 13

イメージ 27

廊下の突き当りを半階ほど下りた場所、左右にお風呂入り口が・・・
イメージ 14

これまたおんぼろい古風なお風呂ですw
立連産の湯???達筆すぎて読めませんw
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

これまた古臭い小綺麗な脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

200年の歴史を誇る小里のお稲荷さん、
その緑に包まれた境内にある稲荷温泉で季節の田舎料理をご賞味下さい。
昔から有名な皮膚に良いラジウム温泉に、
元気になるニューセラミック『コスモプラナ』を採用した、
大量の発汗作用がある日本で唯一の気功温泉です。
どうぞごゆっくりとおくつろぎ下さい。

むかしむかしのこと。
(小里記にて、このあたりを治めていた領主古里氏によるところ)
 織田氏と武田氏の攻防戦により、
武田方に奪い取られた岩村城(恵那市岩村町)を取り戻すため、
織田信長はこの地方まで軍勢を進めていた。
その兵士たちの傷を癒やした水がこの稲荷神社から湧き出た温泉と云われます。

泉質 放射能泉
効能 体の痛み、不眠症、皮膚に大変良い

以上こちらHPがないためぶらっと散策 みずなみのサイトから引用しました
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 22

真四角い内湯ひとつのみの温泉です
この日はちょっと熱め・・・ 水を入れさせていただきました
イメージ 21

イメージ 23

イメージ 24

小高い場所にここはあるのですが、窓の外は神社の雑木林
イメージ 25

イメージ 26

残念ながら風景は期待出来ません・・・

こちらは最初に申した通りちょっとマニアックな温泉です
地元の常連客か?温泉好きの方しかお見えになりません
この日一緒になったお客さんは名古屋から来たお客さん
『今日は(湯温が)ちょっと熱いよね』と申されてました
是非温泉通のあなたも一度はここに行って見て下さい

尚、画像にもある通り、脱衣所のロッカーはほぼ鍵が壊れてます
貴重品は持ち込まない方が無難ですよ

この記事に

開くトラックバック(0)

この日は林道を走った後です
冷え切った体を温めるために向かったのが
長野県木曽郡南木曽(なぎそ)町南木曽温泉 あららぎ温泉 湯元館です
場所はこちら HPこちら
国道256号線沿いにあります
イメージ 8

イメージ 9

この国道の反対側にあったのが、今は閉館してしまった
同じ南木曽温泉の日帰り入浴専門施設 木曽路館です
イメージ 10

その2年前の廃業情報はこちら
同じ敷地内にあった貴泉館も同時期に閉館してます(詳しくはこちら

さて湯元館の駐車場に車を停めますと、一匹のが近づいてきます
イメージ 1

この黒猫が妙に人懐っこいw
わたくしにすりすりしてくるのであります
実はこの黒猫はこちらの施設で飼われているものだったようです
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

建物左側の玄関より入り、受付にて料金を支払います

営業時間 AM11:00〜PM20:00迄
定休日  毎週火曜日・祝日の場合は翌日
入浴料金 大人(中学生以上)    550円

靴を脱ぎ、廊下奥へと向かいます
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 11

イメージ 12

脱衣所でサッと服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

泉質  アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性低温泉)
適応症 神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩 運動麻痺 関節のこわばり
    うちみ くじき 慢性消化器病 痔疾 冷え性 病後の回復 健康増進

温泉の扉を開けると、木曽の五木の1つでもあるコウヤマキで造られた湯舟の他、
湯桶・風呂イスはひのき製品を使用しております。
毎日湯を張り替え、清潔なかけ流しの温泉です。

イメージ 13

イメージ 17

こちらは内湯のみのほんとシンプルな温泉です
冷え切った体で入りますとめっちゃ熱い!!!
思わず「熱い!」と叫んでしまいました
まあそれも徐々に体が慣れてくると何とかなりましたが・・・
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 19

たまたま一緒になったお客さんは
「ここ初めて来たんですが、意外にいい温泉ですね」と褒めてみえました
お湯に多少のぬめりが感じられます
景色も非常にシンプル
イメージ 18

田んぼしか見えませんw
それでもしばし一人でのんびりさせていただきました
こちら土日はお客さんも多く見えますが、平日はやはり空いております
温泉でぼんやりのんびりしたい方にお勧めですよ

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事