ここから本文です
続・山神のブログ 2
邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪
こちらはいつか絶対行ってみたいと思ってた温泉です
いや!やっぱ来て良かったです 絶対お勧めです!!!

富山県南砺(なんと)市にあります庄川湯谷(ゆたに)温泉
場所はこちら HPは残念ながらありません・・・
イメージ 1

イメージ 2

国道156号から国道471号に入り、庄川を越え小牧ダム方面に向かいますと
イメージ 3

湯谷亭の大きな看板があります
その交差点角に駐車場
イメージ 4

ここに車を停め、川の方へ少し下ります
イメージ 5

私設湯谷温泉バス停先、赤いポストのところに降り口の小道があります
そこを下って行きます
イメージ 6

湯谷亭を通り越しますと180度ターンした先の突き当りに一軒のお宅があります
イメージ 7

イメージ 8

何も表札も看板も掲げられていないこのお宅が湯谷温泉旅館です
営業中の看板を見てここで間違いないことを知ります
その玄関先には
イメージ 9

イメージ 10

無人の料金箱が・・・
ここに500円を入れれば、勝手に温泉に入ってもよろしいのです
なんとも不用心なんですが、これがここのスタイル
性善説に基づいた田舎ならではのスタイル
みなさんこんなとこで悪さはしないで下さいねw

営業  9時〜17時頃まで
定休日 毎週木曜日

イメージ 11

こちらでは日帰り入浴のことを一浴と呼ぶようです
案内に従い、長い廊下を浴室に向かい歩いて行きます
イメージ 12

イメージ 19

イメージ 13

イメージ 14

廊下沿いには調理場が・・・
こちらが湯治場であることの証拠です
(現在も宿泊可能なのか?は不明)
イメージ 15

イメージ 16

廊下を過ぎると今度はコンクリートの階段となります
外には小牧ダムが見えております
その下、ブルーシートの先に見えるドーム型のコンクリート屋根の下が浴室
イメージ 17

このブルーシートは数年前の台風の影響だそうです
なぜ直さないの?と思うでしょうが何やら制約があり直すことが出来ないそうです
イメージ 20

こんな怪しそうな階段を下って行きますと浴室入り口
左手女湯 右手男湯です(消えそうな文字で書かれてます)
イメージ 18

脱衣所は非常に簡素な造り
さあ服を脱ぎ、いざ温泉にGO!

泉質 ナトリウム−カルシウム・塩化物泉
泉温 39.0℃
イメージ 21

イメージ 22

完全密室となったお風呂にはお湯がドバドバと流れ出し、足元まで溢れています
これは凄い!と誰もが驚くことでしょう
3段階の深さになった浴槽 一番下は1メートルほどの深さ
源泉掛け流しのお湯が波動砲(?w)から勢いよく出ています
イメージ 23

この波動砲がシーソーのようになってるとのことでしたが
気づいていませんでした 大失敗・・・
イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

硫黄の匂いの充満するややぬる湯でひとりのんびりさせていただいたのですが
すぐに熱くなりのぼせてくる始末
ぬる湯だとなめてかかると危険ですよw

正直洗い場もなく、景色も一切なく、ただただ入浴するだけの施設ですが
気分は最高 絶対お勧めの温泉です
温泉マニア・温泉通・温泉好きの方々が口を揃えてお勧めする温泉
やはり間違いありません
温泉好きを自称するみなさん、絶対ここは一度は行くべきですよ
ゆらんで加盟温泉72湯周ってもこういうとこを知らなきゃ何の意味ないですよw
と言うか、ここに入ったら普通の温泉が絶対物足りなくなります
それほど良い温泉でした
機会があれば再訪したい温泉です
(ゆらん好きの方には失礼な発言ですがあくまでも個人的意見です)

ちなみに女風呂はこんな感じ(誰もいなかったので覗いてみました)
男湯と大差ありませんが・・・
イメージ 29

イメージ 30

失礼ながらこんなとこに女性の方が来るのか?と思ったら
お風呂から出た後に廊下で女性客にばったり
ちょっと女性には不向きな温泉のように思えるのですが
温泉通の女性は何とも思わずいらっしゃるようですw
イメージ 27

イメージ 28

この記事に

開くトラックバック(0)

富山県南砺(なんと)市にあります桜ヶ池温泉 桜ヶ池クアガーデン
売りは

桜ヶ池温泉は南砺市・城端(じょうはな)SA隣接で高速を降りずに入浴可

なこと・・・
と言うわけでわたくしも東海北陸道からお邪魔してみました

場所はこちら HPこちら
イメージ 1

城端SAの駐車場に車を停めて歩いて温泉に向かいます
イメージ 2

イメージ 5

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

正直余り高速から温泉を訪ねる人は少ない感じです・・・
イメージ 7

イメージ 8

玄関にあります入浴券自販機にて券を購入
大人 620円 無休 6時〜22時(受付21時半まで)
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

では早速服を脱ぎ、温泉にGO!

桜ヶ池のほとりに湧き出す、肌に優しい天然温泉です。
温泉の濃度が人の体液に近いため、豊富なミネラル成分がやさしく作用します。
春の桜、秋の紅葉など、
四季折々の自然の美しさにつつまれた大浴場や露天風呂で、
日常の疲れを洗い流し、心身ともにリフレッシュしていただけます。

成分の濃度が人の体液にほぼ等しい、肌にやさしい温泉です
泉質 ナトリウム塩化物泉
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

お客さんはまばら・・・
やはり一般道から来た地元の方が多いようです
と言うより隣接されたプールにお越しのお客さんが多かったです
温泉は微妙に塩味がするのみ
これと言った特徴が余りありませんでした・・・
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

露天風呂も景色は一切なし
ごくごくありふれた温泉のように感じました・・・
折角の広大な土地ですからもう一工夫欲しいところです
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

↑このあたり温泉が多いようです
福光温泉アローザ温泉法林寺温泉川合田温泉
ふくみつ華山温泉ぬく森の郷(福光医王山温泉)など・・・
興味が惹かれるのですが
わたくしはなぜかこの後は林道温(拙ブログ4)へと行ったのでした・・・

この記事に

岐阜県下呂市下呂温泉
湯めぐり手形を利用してつるつるの湯 みのり荘にお邪魔しました

 湯めぐり手形についてはこちら参照
  湯めぐり手形を購入すると加盟旅館一覧表がいただけるのですが
  そちらの一覧表が最新情報です
  サイトに書かれてある情報は更新されてませんのでご注意願います
 下呂彩朝楽(さいちょうらく)別館以外に本館も入浴可能
  睦(むつみ)館はサイトでは18時〜20時ですが現在は11時〜12時
イメージ 1

イメージ 2

下呂温泉街の高台にあるこちら
場所はこちら HPこちら
イメージ 3

湯めぐり手形を利用しての入浴時間は
12時〜15時(受付14時半まで)

きつい坂を上って宿を目指します
イメージ 4

↑マスコットキャラクター(?)イトちゃんだそうです
イメージ 6

イメージ 5

駐車場に車を停め、二階にあるフロントへ・・・
(注 土日はマイカー不可 
こちらの坂を車を使わずに行くのは難儀
歩いてこちらに行く人は稀でしょう・・・)
イメージ 7

通常の外来入浴も受け付けているようです
12時〜20時 700円
イメージ 8

イメージ 9

二階玄関前には足湯もあります
7時〜21時 無料 冬季12月〜2月は休み
イメージ 10

フロントにお邪魔し、湯めぐり手形のシールを一枚剥がしてもらいます
お風呂場は3階になります
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

非常に年季の入ったお風呂です
その証拠にお風呂場へのドアの取っ手は取れてありませんw
イメージ 15

このくらい直しましょうよ!みのり荘さんw
イメージ 16

では早速服を脱ぎ、温泉にGO!
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 25

イメージ 24

内湯ひとつの大浴場(放流一部循環式)
5階にもお風呂があるそうですが、そちらは宿泊者専用
ちょっと深めになった浴槽です
謳い文句通りにつるつるの湯であります
下呂温泉街を眺めながら一人ゆっくりさせていただきました

ちなみにこちらホテルくさかべアルメリア姉妹館でもありました



余談
以前わたくしもお邪魔したことのある大江戸温泉物語
国道41号線沿いにあったのですが・・・
イメージ 26

なんと会員制ホテルのポイントバケーション下呂と変わってました
HPこちら 日帰り入浴は出来なくなった模様・・・)
では、大江戸温泉物語はなくなった?
イメージ 27

いえ!なんと以前までホテルパストールだったとこが
大江戸温泉物語 下呂新館となっていたのです
これは驚き! 一体いつの間に・・・
こちら今までのように日帰り入浴出来るかは不明・・・

大江戸温泉物語と言えばもうひとつ
長野県木曽郡南木曽(なぎそ)町にあった南木曽温泉 ホテル木曽路
こちらも8月から大江戸温泉物語に変わるそうです
いやいや大江戸温泉物語、ばく進中ですね

もひとつ
今年4月に入浴した静岡県浜松市西区
この7月に破産したそうです
また混浴がひとつ消えました・・・

この記事に

開くトラックバック(0)

岐阜県下呂市 下呂温泉足湯
これまでいくつか紹介しましたが
個人的に下呂温泉の中で二番人気の足湯だと思ってるのが
ビーナスの足湯です

場所はこちら HPこちら
イメージ 1

下呂温泉街の中、白鷺の湯の前にあります
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

欧調風の建物が印象的な共同浴場「白鷺の湯」の玄関に造られた足湯。
いビーナス像が目印のユニークな造りで、
女神像を眺めながら輪になって入浴できるため、
女性グループやファミリーに人気があります。

入浴 24時間
料金 無料
定休 なし
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

下呂温泉街を散策中のみなさんが代わる代わる立ち寄って行かれます
イメージ 9

イメージ 10

下呂温泉に行かれた時には一度立ち寄ってみて下さい
尚、個人的に一番人気なのはさるぼぼ黄金の足湯だと思ってます
イメージ 11

イメージ 12

この記事に

開くトラックバック(0)

福井県南条郡南越前町花はす温泉 そまやま日帰り入浴してきました

場所はこちら HPこちら
イメージ 1

国道365号より県道202号に入り走りますとその途中に施設があります
駐車場に車を停め、館内へ
イメージ 2

入浴券自販機にて券を購入、フロントに提出します

入館料  大人600円
営業時間 AM8時〜PM10時
イメージ 3

イメージ 4

フロント前の通路を奥に進むとお風呂場
イメージ 5

イメージ 6

では早速服を脱ぎ、温泉にGO!

花はす公園に隣接してあるのが、宿泊施設花はす温泉そまやまです。
南条の移り変わる四季の彩りを楽しみながら、自慢のはす料理に舌鼓をうち、
ここにしかない“はす風呂”やサウナでのんびりと過ごすことができます。
また、バーベキュー舎やテニスコートなどの施設もあります。

泉質 アルカリ性温泉・アルカリ性単純温泉
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

自然の爽やかな声が聞こえてきそうなそまやまの自慢の庭園風露天風呂で、
肩までたっぷりとお湯につかって、心もからだもリラックスしていただけます。
イメージ 14

この日カメラのメモリー残量がなく、露天風呂の画像は↑こんだけ・・・
でも意外にこの露天風呂が気に入りました
苔の生えた庭園がいい雰囲気を出してましたよ
この日夕方にお邪魔したのですが
ご近所の方でしょうか?仕事帰りにみなさんいらっしゃってました
なかなかの人気施設なようです
宿泊も可能なようですから一度お邪魔してはいかがでしょう?

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事