ここから本文です
続・山神のブログ 2(完)
邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

書庫岐阜県

さて今回は異色の温泉 ゴルフ場にある温泉です
瑞浪市にあるフォレストみずなみカントリークラブです
どこで見つけたかといえば、いつもお世話になってる
東海馬鹿一代目さんのHP http://www.geocities.jp/onsenbaka1/index.html
より見つけました
一代目さんがここを訪れたのが2007年の10月ですから、それから最新情報がなく
本当にまだ日帰り入浴をしているかが不安です
ここのゴルフ場のHP https://booking.accordiagolf.com/guide/3570039.htmlを見ても温泉に関しては何も載ってません
というか一代目さんが訪れたときは、瑞浪トーカイカントリークラブだったのですが
いつの間にか名前も変わってます
で、不安なので行く前に電話してみました
ガイダンスに従い”2”を押すと女性が電話に出てくれました
(”1”はゴルフ場のプレー予約です)
で、結果は日帰り入浴可とのこと
時間は昼過ぎになればOKとのこと(実際フロントには12:00〜22:00とありました)
気になる服装については(一代目さんのHPに注意事項としてある・・・)
普段着でOKとのこと ほっとします
温泉行くのになんで正装しなきゃいけないのか・・・?
ダメと言われたらあきらめようかとさえ思ってましたから・・・
 
さて中央道高速の瑞浪インターそばの建物には 「ゴルフの町 みずなみ」
看板(垂れ幕)があります
イメージ 1
 
いやぁ〜確かに瑞浪にはゴルフ場が多いかもしれませんが
市民みんなが全員ゴルフするわけじゃないでしょ!
大袈裟と言おうかゴルフで町おこしでもするつもりなんでしょかねぇ〜?
 
瑞浪インターを降り、国道19号に入り恵那・中津川方面に向かいます
2車線から1車線に道が狭くなり山の合間をしばらく走ります
で、釜戸(かまど)町の信号が見えたらそこを右折
すぐの突当りを左折して県道65号に沿って走ります
さすがに行き先がゴルフ場ですから釜戸町の交差点から看板が出てます
ので道に迷うことはないでしょう
イメージ 2
イメージ 3
 
県道65号に沿ってJR中央本線の高架をくぐり道なりに右に曲がり
土岐川の橋を渡り、たんぼの中を通り山に向かいます
と山に入る手前に大きな看板が現れます
イメージ 4
 
看板に従い左折し、坂を上ってゆきます
山の間をくねくね上って行くとやっとゴルフ場への入り口が現れます
イメージ 5
 
左に曲がると日本プロスポーツ専門学校なるものがあります
騒々しい名前の学校ですが何でしょうね?
道は下りになります
と、途中に源泉のポンプが現れます おぉここが源泉地か?!
イメージ 6
 
そこを通り過ぎるとやっと到着です
イメージ 7
 
駐車場にはたくさんの車が停まってます
ゴルフをやらないわたくしにはゴルフ場ってこんなに混んでいるんだと驚きです
まあこの日は天気も良くゴルフ日和でもありましたからなおさらなんでしょう
9割方埋まった駐車場の片隅に車を停め、フロントへと向かいます
ロビーに入るといきなりゴルフグッズやゴルフウェアがところせましと並べてあります
その右奥に受付があり、そこで日帰り入浴の旨を伝えます
(たぶん電話対応してくれた女性でしょう 綺麗な女性でした)
もしかしたら服装に対して怪訝な顔をされるんじゃないかと思いましたが杞憂でした
ほっ・・・ひと安心です
500円を支払います 
明細らしきものをいただけるのをお断りしてお風呂への順路を伺います
フロント反対側の奥にお風呂場があるようです
イメージ 8
 
まっすぐ行けばロッカー室を通り抜け男湯へ すぐに左に入れば女湯らしい・・・
で靴のまま奥へと入ってゆきます
自動ドアを抜けると男湯の脱衣所です
イメージ 10
 
誰もいない 貸し切りだと思ったらなんと男湯の脇の小部屋におじさんが!
びっくりしました!どうやらお風呂を管理してるひとらしいのですが・・・
昔の銭湯の番台のひとみたいなひとです
驚きながらおじさんに靴はどうするのか聞いてみます
そのまま脱ぎ捨てて上がればいいのだそうです
まあ下駄箱もありませんからそうするしかありませんが・・・
イメージ 9
 
上の写真ピンボケですいません・・・
籠に衣服をまとめ早速温泉へ
ちなみにこの時点で貸し切りでした
ドアを開けると左手に露天風呂があります
イメージ 11
 
岩で囲まれたお風呂です 前はちょっとした和風庭園でしょうか?
内湯のあとはいったのですがそんなに熱くはありません
風景は前の松林を見るだけでちょっと寂しいです
露天風呂を左手に見て奥に進むと内湯があります
自動ドアを押して開けるとライオンの顔の銅像の口からお湯がとうとうと流れてます
イメージ 12
 
前面三方ガラスで囲まれており広い浴場です
中は丸い内湯ひとつと左右に洗い場 シャワーコーナーが三つ サウナと水風呂があります
イメージ 13
 
右手ガラスの向こうを見るとなんとクラブハウスの入り口が丸見えです
ということは向こうからもこっちが丸見えです きゃあ恥ずかし・・・
イメージ 14
 
ちょっと驚きながらも入浴を楽しみます
内湯の温度はさほど熱くは感じないのですが何度も入ったり出たりしてると
ラドンのせいでしょうかだんだん熱く感じるようになります・・・
 
サウナに入って出てくるとやっと入浴客がやってきます
というよりプレーを終えた人たちです
これがなんと次から次へとやってきます
さっきまでの貸し切り状態がうそのようです
みなさんなぜかさっと風呂に入ってさっと出てゆきます
そう温泉を楽しんでいるのはわたくしひとりのみなんです!
うたい文句である天然温泉を楽しむひとなんて全くいません
ただ汗をかいたからだを洗うために浸かっている感じです
みなさん話すことはもちろん今日のプレーの出来のことばかり
わたくし思いっきり疎外感に浸ります
タイミングを見てお風呂からでるのですが、まだまだいっぱいひとがきます
ラウンドを終えたひとが順次くるのでしょう
 
なおここはホテルもあるため脱衣所にあるアメニティも充実してます
タオルも大小用意してあるので、手ぶらで訪れても大丈夫です
 
で、ここでゆっくりしたいときはやはり12時過ぎから13時半頃までが狙い目でしょうか?
この日は13時過ぎに伺ったので多分そんな感じです
あとはゴルフの閑散期の冬が狙い目だと思われます
 
で採点ですが8点です が時間帯を間違えたらすごく落ち着かない時間を
過ごすことになりえないので注意しましょう
 
余談ですが近くには釜戸温泉もあるのでここも釜戸温泉かと思いきや
なぜか源泉名はラドン温泉トーカイです
源泉を見つけたら好きな名前をつけることができるのでしょうかね?
(たぶんトーカイは前ゴルフ場名からとったのではないか?・・・)
そんなことを思いつつ温泉をあとにしました
なおこのゴルフ場は中央道・19号から見ることができます
緑のクラブハウスが特徴です
イメージ 15

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事