ここから本文です
続・山神のブログ 2(完)
邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

以前国道156号で美濃市を通った時に、日帰り温泉の看板を見かけました
それ以来いつか機会があったら寄ろうと思ってました
それが美濃市にある湯の洞温泉です
実際に地図でみると、長良川鉄道越美南線に湯の洞温泉口駅もあります
そのわりには残念ながらこの駅は無人駅で、寂れてしまった温泉なのでしょうか?
とりあえず看板を頼りに訪ねてみることにします
イメージ 1
 
国道156号を美濃市中心街を抜け郡上方面に進みます
天神大橋を越え、カーブを曲がると湯の洞温泉 湯本館の看板があります
看板にはしっかり『日帰り入浴OK』と表示してあります
この看板の先にある最初の信号を左折し、橋(立花橋)を渡ります
イメージ 2
 
橋を渡った先にある看板に従い右折し、道なりに長良川に沿って北上します
イメージ 3
 
しばらく行くと湯本館への入口の看板があり、そこを左折し山の方へ入ってゆきます
ちょっと行くと湯本館が見えます 割と市内より近く着く感じです
旅館の入り口を挟んで手前と奥、二か所に駐車場があります
(奥は軽二台ほどしか停めれませんが・・・)
イメージ 4
 
谷川をはさんで旅館の入り口はあります
入り口を入るとチャイムが鳴り、女将さんらしき方が迎えてくれます
日帰り入浴が出来るか確認すると
『こちらは石の湯という岩盤浴の施設と普通のお風呂がございます
岩盤浴は1500円でご利用でき、普通のお風呂は500円となってます
お風呂の方は女性用は外を見ることは出来ますが、男性用は山肌を見るぐらいしか
出来ません・・・』
えっ!?風景まったく無いの!でも、岩盤浴しに来た訳じゃないし・・・
まぁいいや とりあえず普通の入浴を希望し館内へと案内していただきます
靴を脱いで下駄箱に入れ、料金を支払い、案内に従い右手奥へとついて行きます
すぐに岩盤浴の部屋がありその前に休憩所があります
イメージ 5
 
写真の扉が岩盤浴の入り口です 写ってない右手がお風呂の入り口です
この場所にロッカーがあり貴重品はこのロッカーに入れておきます
(なおロッカーのカギは最初にフロントにて渡されます 貸出タオルも渡されます
使用後のタオルは写真右手のかごに入れてください)
イメージ 6
 
お風呂の入口を開け進むと、右が女性用、左が男性用です 
女性用の方が谷側になり、ちょっとした風景が望めるみたいです(推測)
イメージ 7
 
男性用に入るとこれまた狭そうな脱衣所があります 服はかごに入れるしかありません
この日先客があり、一旦戻って休憩所にいたところ、この後宿泊客が来るとのこと
(午後3時過ぎに訪問 4時から宿泊客を迎えるとのこと)
貸切状態は難しいかと思いつつ戻って服を脱ぎ入浴
イメージ 8
 
脱衣所より階段を降り、ドアを開けるとこれまた狭いお風呂 
確かに周りは全く見えずわずかに二つある小さな窓(ブラインド付)から山が見える程度
女将さんが言ったことがよくわかりました それにしても閉塞感が感じられます
一応4人ほど入れるそうですがさすがにこれは4人入ったら窮屈ですね
ひとりで独占してもう〜んという感じです なんか家のお風呂はちょっと大きくして
天井を高くした感じです
もう少し窓を大きくはできなかったのでしょうか?
お湯自体そんなに熱くは感じないのですが、狭いせいかすぐに熱く感じてしまいます
 
こちらHPでも石の湯をメインにしてるので、肝心の温泉は蔑(ないがし)ろなんでしょうか?
まぁ女性湯の具合がわかりませんから一概には言えませんが・・・
丁度宿泊客がお風呂に来たので上がることにしました
 
ちなみに石の湯にもお客さんが見えてました こちら結構人気があるのですね
 
さて採点ですが5点ですね
この日は時間帯が悪くのんびりできませんでしたが、もう少し早い時間なら
のんびりできたかも・・・?(点数アップ?) 日帰り入浴開始時間は不明・・・
ちなみに旅館のチェックアウトは9時となってました 
 
注文 脱衣所に椅子をひとつぐらい置いて欲しいですね
    それとHPが2010年より手が加えられてませんね
    こういうのみんな見てますよ
ちょっと辛口になりました・・・ すいません

今回はまたもや温泉 土岐市にあります山神温泉のご紹介です
 
その前に一大決心! やはりたくさんの温泉ブログと一画をなすために
わたくしはやっぱ空いた温泉をメインに紹介してゆきたいと思います
なるべくひとりで満喫できるような温泉を今後も訪ねてゆく所存であります えっへん!
そしてお湯はやっぱりぬるめの感がいい(^^♪
イメージ 1
イメージ 2
 
場所は多治見市から県道66号を瑞浪市へ向かう途中にあります
走っていると上の写真のとおり、道沿いにでっかく看板と石碑がありますから
わかりやすいと思います 右手にはコメダ珈琲とガソリンスタンド(GS)があります
看板のとおり左手に曲がり道沿いに奥まで行くといきなり民家の奥に建物があります
山神温泉 湯之元館です
イメージ 3
イメージ 9
 
なんとここ屋根付き駐車場もあります 豪華です
わたくしの軽(ブロロン号)は失礼にあたるので青空駐車場の隅っこに停めます
ちなみにブロロン号は、マンガど根性ガエルの主人公ヒロシの学校の先生
南先生が乗ってた車の名前(?)です 参考画像はちいさいですw
イメージ 4
 
さて入口を入り日帰り入浴の旨を伝えます
若いお姉さん(従業員?もしや若女将?)が対応してくれ、靴を脱ぎフロントにて支払いします
なんと1200円です 高っ!!
小タオル二枚付き(貸出用)なのですが、ちょっと高過ぎです
もしやここ由緒ある老舗(しにせ)旅館だったのでしょうか?
その女性に浴室を案内されます
フロント横を通り階段下まで案内してくれます
「階段上って右に行きエスカレーターがありますから、それを昇ってさらに行った
ところにお風呂があります ごゆっくりどうぞ」
えっ!?エスカレーター? すごいところに来てしまったのか?
恐る恐る階段を上って進みますw
イメージ 5
イメージ 6
 
なんとこのエスカレーター 人感式で人が近づくと動き始めます
いやぁ〜金かかっているなぁ〜と感心します そりぁ〜入浴料高いわけだ
変に納得して浴室に入ります
イメージ 7
イメージ 8
 
この日は先客3名いましたが、しばらくしたら貸切状態になりました(^^♪
高い料金払っているからこの位のいいことないと元取れません(せこっ!)
こちら浴槽はひとつのみです 内湯だけです 
前面ガラスのむこうにはちょっとした庭園風の庭が広がっており、その奥は山です
風景は残念ながらその庭と山を見るぐらいです
季節によっては山も綺麗でしょうが、生憎(あいにく)この時期(冬)は寂しい山です
でもなぜか山も綺麗にしてありました この山も手入れされているのでしょうか?
旅館のまわりは山だけですので、これを手入れするのは大変そうですが・・・
まあそんなことを思いつつややぬるめの湯でのんびりできました
 
脱衣所洗面には男性化粧品も置いてありサービスがいいです
ちなみにシャンプー・リンス・ボディソープすべてポーラ(化粧品)製でした
 
風呂を出てフロント横のロビーでくつろいでいると、女将でしょうか
「お水でもお持ちしましょうか?」と声を掛けていただきます
お心遣(づか)いありがとうございます わたくしごときに・・・
恐縮してこちらを退散することといたします・・・
 
さていつもの山神採点は8点です
マイナス2点はもちろん料金ですね それ以外は満点でした
風景はこういった山の温泉の中ではまだましな方ですね
(生意気申して申し訳ありません・・・)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事