ここから本文です
続・山神のブログ 2(完)
邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

書庫岐阜県

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

美濃加茂市 音羽湯

実は温泉ネタがいくつか溜まってはいるのですが
なかなかアップできずにいます・・・

それをまとめてと言いたいところですが
今回はなぜか銭湯の紹介です
温泉ではありませんのであしからず・・・

地元近くの温泉はほとんど制覇したわたくし
最近は温泉ではないスーパー銭湯などにも出かけております
その一方、今は少なくなってしまった銭湯にも・・・

その銭湯、まず手始めに愛知県一宮市浜湯に(拙ブログ7にて紹介)
続けて岐阜県各務原(かかみがはら)市平和湯(未アップ)
(こちら露天風呂もある銭湯ですよ 景色は全くありませんがw
お体に落書きされたお客さんもみえますw)
そして今回は美濃加茂市音羽湯にお邪魔しました

場所はこちら HPは代表でこちら岐阜のお風呂屋さん
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

国道21号美濃加茂市役所前より南に入ったところに
音羽湯があります
イメージ 4

一見、正直今にも壊れそうなレトロなお風呂屋さんですw
音羽湯の看板は見当たりませんが、湯の暖簾が掛かってますから
ここで間違いありません
尚、こちら駐車場がありませんから、こっそり市役所の駐車場に停めましょうw
常連の方々は宝くじで有名な平川たばこ店の駐車場に
勝手に(?)停めてみえましたけどw
イメージ 6

玄関を入りますとすぐに番台
愛想の悪いご主人が無言で料金皿をわたくしに差し出します
ムッときますが、わたくしも黙って300円を支払いますw
もちろんありがとうございますの一言もありませんw
(期待してはいけませんw ここは大人の対応でw)
イメージ 7

美濃加茂市太田町2-5-2
0574−25−3228
日曜日・第三木曜日定休
17時〜21時
諸事情により、大人料金 300円で営業しております。
イメージ 5

店内ももちろんくたびれてますw
脱衣ロッカーの鍵はほとんど付いておりません・・・
その中から数少ない鍵のあるロッカーを探してください

では早速銭湯にGO!
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

開店と同時に入られた常連さんとご一緒に・・・
で、真ん中にある湯舟がくそ熱い!!!
滅茶苦茶熱いです!
隣の女湯も熱かったらしく
「ちょっと熱いわよ!」と文句を言う声が聞こえてくるほどです
(基本銭湯はどうやらどこでも熱め設定なようですが・・・)
ただ熱いのが好きなお客さんも見えますから
がんがん勝手に水を入れるわけにも行きません・・・
この辺が共同浴場の欠点でしょうか?・・・

それでも隅にあった薬湯は少しぬるめ
こっちでちょっとゆったりさせていただきます
こちらランプが点灯すると湯が出る仕組みらしいのですが
肝心のそのランプは見つからず・・・
いつお湯が出てくのか?と冷や冷やしますよw
(熱いのに冷や冷やとはこれいかに?w)

片側の洗い場にはシャワーは付いてませんし
そのシャワーは出してみたらちょろちょろ出るのみ・・・

どこもかしこもくたびれていた銭湯でしたw

まあ銭湯はこんなものだと思って下さい
貴重な昭和を体験するつもりで行って下さいね
イメージ 12

お風呂上りにくつろいでいますと
例のご主人が常連らしき方々に
「どうぞジュース飲んで下さいね」と声を掛けてました
うん?この紙コップのジュースのことなんでしょうか?
この紙コップには一体何が入れられているのか???
オロナミンCなのか?オレンジジュースなのか?
ポカリスエットは飲んでいいのか?
そもそもそれって無料なの???
値段も何もそこには書いてないのです!
ああ恐ろしやw

愛想の悪いご主人にそれを尋ねることは恐ろしくて出来ませんでしたw
どなたか是非確認願いますw

開くトラックバック(0)

久々の混浴ですよw

岐阜県高山市 新穂高温泉にあります山本館
場所はこちら HPはありませんので代わりにこちら
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

以前訪ねたこともある合掌の森 中尾キャンプ場(ここも混浴w)の
すぐ目の前に施設があります
イメージ 4

県道475号から中尾温泉とも呼ばれる方向に曲がります
(↑の大きな暖簾が目印)
(この曲がるすぐ先に有名な新穂高の湯(もちろん混浴w)があります
この日はすでに冬季休業状態になっていましたが)
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

道なりに坂を上って行きます
イメージ 8

新穂高ロープウェイが見えたあたりに中尾案内図
それで山本館の場所を確認
イメージ 9

イメージ 10

更に上がって行き、足洗いの湯足湯)の交差点を越えた先に山本館がありました
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

その入り口にちっちゃく日帰り入浴可能と掲げられています
これではみなさん気づきませんw
イメージ 14

実際この看板に気づかなかったわたくし
半信半疑で本当にこちらが日帰り入浴出来るのか?と
館内にお邪魔します
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

玄関先で声を掛けますとおばあちゃんが出て来てくれました
日帰り入浴できますか?と聞きますと
現在清掃中だと言うこと・・・
一応奥にある浴室を見に行ってくれました

今は露天風呂と男湯は清掃中で湯が溜まってないからダメだけど
女湯なら入れますよとのお返事
えっ?女湯でもいいの?
他に客は誰もいないようで女湯でよければどうぞ!とのお返事
ありがたく入られせていただきます
イメージ 18

イメージ 19

入浴料金500円を支払いまして奥の脱衣所へ・・・
(入浴可能時間は一切不明です 
この日のように昼過ぎですと清掃中の場合もあります)
イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

↓この日入れなかった男湯の様子
イメージ 23

イメージ 24

さあ服を脱ぎ、温泉にGO!

北アルプスが一望できる混浴大露天風呂。
内風呂は大小さまざまな石を使った岩風呂が自慢。

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 31

イメージ 28

イメージ 29

山の湧き水で温度調整してあるのですが、それでも湯温はやや高め
でもしっかり湯の花が浮いており、硫黄の匂いもいたします
誰もおらずこれを一人占め状態です

露天風呂の清掃が早く終わらないか?と様子をうかがったのですが・・・
イメージ 30

ご主人が念入りに清掃中
結局露天風呂には入れませんでした・・・

それでも清掃後にしっかり露天風呂はのぞかせていただいたのですがw
開きの悪い窓を力いっぱい開けましてw露天風呂に向かいます
イメージ 32

左手のこれ↑が山水で薄めているのでしょうか?
イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

お湯が張られていないのが非常に残念でした・・・
尚、露天風呂横にある脱衣場は直接露天風呂だけに入る方のためのもの
こちら駐車場からも直接露天風呂に行けるようでしたが
以前は黄色いその看板が駐車場脇にあったようですが
現在はなくなっていました
露天風呂のみ利用出来るのか?は宿にお問い合わせください
イメージ 38

イメージ 39

こちらの温泉入浴参考記事こちら(ちょっと閲覧注意w)
ここは正直、混浴の穴場であります
混浴大好きな人、一度どうぞ
ワニさん、これ見て行かないようにw

開くトラックバック(0)

慌てて行って来ました
岐阜県高山市平湯温泉 アルプス街道平湯 パノラマ大浴場

こちらなんと今月いっぱいで営業終了と聞きましたものですから
急がなくてはと・・・
その情報は温泉ブログお友達の
(情報ありがとうございました)

場所はこちら HPこちら
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

国道158号線沿いの平湯バスターミナルのところにあります
レスト&スパアルプス街道平湯の3階に日帰り入浴施設があります
多くの観光客でにぎわう1階より3階に上がります
イメージ 9

イメージ 6

イメージ 5

通常ですと

【夏季(4/16〜-11/15)】
午前8時30分〜最終入場 午後5時、午後5時30分終了
【冬季(11/16〜4/15)】
午前9時〜最終入場 午後4時、午後4時30分終了
大人 600円

なのですが

アルプス街道平湯3階パノラマ大浴場は、20年に亘り営業を続けてまいりましたが、2018年11月30日をもって営業を終了することになりました。
長い間、皆様方に親しまれご利用いただきましたこと、心より感謝申し上げます。
つきましては、これまでのご愛顧に感謝して、2018年11月1日から30日までの間、入浴料を特別に無料とさせていただきます。
イメージ 13
イメージ 7

なんと最後と言うことで入浴料金が無料となってます
ありがたく入らせていただきます
靴を鍵付き下駄箱に入れ進みます
イメージ 8

イメージ 10

↑男湯 錫杖(しゃくじょう)の湯 錫杖岳を意味するものと・・・
イメージ 11

↑女湯 笠の湯 笠ヶ岳の意味でしょうね
イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

平湯バスターミナル3階にあるパノラマ大浴場は、
鉄分が多く含まれる湯量豊富な源泉かけ流し天然温泉です。
目の前には北アルプスが広がり、
北アルプスの涼風を感じながらゆったりとした気分を味わうことができます。
冷え性、痔、神経痛などにも効果があり、旅の疲れを癒します。
泉質は炭酸水素塩泉で肌をなめらかにする「美肌効果」があると言われています。露天風呂から雄大な北アルプスの笠ケ岳を眺めながら、
ゆったりと旅の疲れを癒しませんか?

源泉温度: 56℃
加水/有・加温/無・循環/無・入浴剤の添加/無・消毒処理/無

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

建物の裏側に露天風呂があったのでした
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 33

イメージ 25

お湯はしっかり鉄分の匂いがいたします
ラストチャンス(無料だから?w)とあって多くのお客さんでした
是非あなたも急いで行って見て下さい

尚、営業終了後はどうなるのか?受付のおばちゃんに聞こうとしたのですが
電話片手に誰かとおしゃべりに夢中でして伺うことは出来ませんでした・・・
(いくら今月いっぱいだからと言って手抜きせずしっかりお仕事して下さいw)
こちらの1階にあります平湯バスターミナルの足湯
今後一体どうなるのでしょうか?
イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

なお、めっちゃおもろい温泉さんが気にされていた
この近くの神の湯は依然、休業状態でした
イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

参考 ブログ42016年) 
そちらに追記で書いた昨年同様、神の湯は依然何にも変わっておりませんでした
(昨年見た法面(のりめん)工事の案内はなくなっていたのですが
本当に工事が終了したのか?は不明です)
今年もどうやら駄目のようです
果たして来年こそ何とか再開出来るのでしょうか?

開くトラックバック(0)

以前は岐阜県関市の市営施設だった武芸(むげ)川温泉 ゆとりの湯
2016年11月関観光ホテル 西の屋別館 武芸川温泉
生まれ変わりました
以前一度は施設まで行ったのですが、駐車場が満杯
諦めて帰って、今回再チャレンジしたのですが
やはり凄い人気でした・・・

場所はこちら HPこちら
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

東海北陸道 美濃インターを降りて県道94号を西に走り
市場信号交差点をそのまままっすぐ市道を走ると左手にあります
大きな駐車場に車を停めますがすでに満車に近いです
イメージ 5

イメージ 6

館内に入り受付をします

武芸川温泉は入浴料金(平日680円)のみで、
天然温泉(サウナ完備)と岩盤浴をご利用いただけます。
広い休憩スペースがあり、ゆったりと日頃の疲れを癒せます。
マンガや雑誌、無料Wi-Fiに加えインターネットができるパソコンも完備。ゆっくりくつろげる滞在型日帰り温浴施設です。
お風呂の後は、味処「湯楽里」でこだわりのお食事もお楽しみください。
フロント前の土産処ではご当地のお土産を豊富に取り揃えております。

土日祝:780円(入浴税50円込み) 1/1-3祝日料金
入浴料金のみで岩盤浴に入れます。

10:00〜23:00(最終入館受付 22:30)

不定休

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

早速服を脱ぎ、温泉にGO!

ナトリウム‐炭酸水素塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性低温泉)

7つの浴槽が楽しめる湯処。
内湯、露天風呂、シルク湯、つぼ湯、座湯、寝湯、四季の湯、
またサウナもお楽しみいただけます。

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 21

イメージ 16

イメージ 18

イメージ 17

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 29

イメージ 24

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 25

イメージ 28

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

こちら以前のゆとりの湯からは大きく様変わりしておりました
確かに人気があるのもわかります
お湯はぬるぬるしているとの評判でしたが、この日は全く感じられず・・・
(日によって違うとも言われているようですが)
こちらの施設は温泉ラリーゆらんにも参加してるようで
ご近所の方以外にも多くの方が見えるようです

2018年度総合温泉ランキング全応募者3位、
2018年度施設ランキング全応募者1位を頂きました。

人気の秘密、是非みなさんも確かめてみて下さい

なおこちらの関観光ホテル、本巣(もとす)市にありました
真正温泉 ぬくいの湯(現在休業中)も開店させるようです
11月中旬予定)
二匹目の泥鰌となるでしょうか?w
(三匹目は出来れば美濃市美濃国道三温泉を再開して欲しいのですが)

開くトラックバック(0)

岐阜県高山市にあります飛騨高山温泉 ホテルアソシア高山リゾートにて
日帰り入浴してきました

場所はこちら HPこちら
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

国道41号 西之一色町南信号交差点から西へと向かうと
右手にそれは立派なホテルが見えて参ります
ホテルの前の駐車場に車を停め、早速館内へ・・・
イメージ 5

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 21

実はこちらフロントにて日帰り入浴を申し込みますと
直接6階に上がって受付してくださいと言われます
のでフロントは通さなくてもよろしいようです
イメージ 10

エレベーターで6階に上がり、靴を脱いで下駄箱に入れ、入浴券自販機にて券を購入
券を受付に提出し、大小タオルを貸していただき
隣の温泉棟 スパウイング 天望の湯へと歩いて行きます

利用時間 12:00〜21:00(最終受付)
料金   大人¥1,150(レンタルタオル代を含みます)

イメージ 11

イメージ 13

ところがちょっと面倒くさいのは更にお風呂が5階7階にわかれていること
この日は男湯が5階 望の湯でしたからまた一階降りることになります
(7階が天の湯 この日は女湯でした)

7階「天の湯」と5階「望の湯」は日替わりで男女入れ替わりますので、
ご一泊されれば、両方お楽しみいただけます。

イメージ 12

イメージ 15

↑こんな造りになってます
温泉棟6階には足湯もございましたよ
イメージ 14

やっとことでお風呂に到着
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

早速服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

10種類の露天風呂と2種の内湯で、日常を忘れさせてくれる至福の時間を

「天の湯」「望の湯」は温泉棟スパウィング二階層にまたがる温泉フロア。
檜風呂や岩風呂など飛騨随一の種類を誇り、
湯面の向こうには北アルプスの大パノラマが広がります。

泉質 弱アルカリ性単純泉

イメージ 28

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 29

イメージ 30

内湯は十分に広いのですが
肝心の温泉自体は口コミにもあります通り特徴がありません
無味・無色・無臭です
で、こちらの売りはやはりとても広い露天風呂となります

和風の露天風呂エリア。落ち着いた雰囲気を演出します。

イメージ 31

イメージ 34

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 38

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 41

イメージ 37

壁湯・岩風呂・檜風呂・壺風呂・寝湯と五つの湯が楽しめます
お湯もややぬるめでして長湯が出来ます
特に壁湯からはお湯に浸かりながら景色が見えますから最高です
イメージ 39

イメージ 40

イメージ 42

イメージ 43

またこちら驚くのは双眼鏡が設置してあること
露天風呂に双眼鏡なんてここだけではないでしょうか?
イメージ 44

イメージ 45

それほどの自慢の景色なんでしょうね?
尚、この双眼鏡、眼下に見えます民家は覗けないように配慮されてます

ちょっとお値段は高く、貸していただいた大タオルは通常のより小さいですが
景色はなかなかのものです
一度お邪魔してはいかがでしょう?

この日は平日、ポツリポツリとお客さんがお見えでした
ランチを兼ねても入浴出来るようですよ

開くトラックバック(0)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事