春日井市

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全69ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

3男誕生

先日、岐阜県飛騨市で開かれた「日本ロストライン協議会」の設立総会に設立時メンバーの1人として立ち会う機会がありました。ロストラインとは?どうも英語表記ではなく、日本人お得意の造語のようです。
鉄道関連では知る限りすでに全国的には3団体があります。我々が賛助会員として長年お世話になり、その鉄道部会発足後初の地方開催地として選ばれた「全国近代化遺産活用連絡協議会」、他には蒸気機関車など電車情報を交換することを主題にした「日本鉄道保存協会」があり、それぞれ特色はあります。またこれらの組織に加わらない“鉄道”のキーワードの団体は雨後の筍のような状況です。
さて、ロストライン協議会設立総会の場で講演されたのが時の寵児・石破茂議員。その話中で地方再生の極意と力説されたのが「“産官学金言“が地方創成のポイントである」と。元・地方創生担当大臣ならではの言質ですが、さて“金”と“言”とはなんでしょう? なぜ“民”のワードがないのでしょうか。協議会の発起人の一方である市民団体・神岡マウンテンレールバイクの方々も肩透かしにあったのではと、少し残念な気がします。しかし見方を替えて、政府目線で言えば以外と即効性のある正面を突いており、面白いとも感じます。(“金”とは、地方の銀行・信金など金融機関、“言”とは各地方のマスコミなどの言論機関だそう)
 中部地方では昇竜道ルートの開発など全国各地で同様のルート創設によるインバウンド促進対策を進めてきた観光庁の担当者も出席しており、街道(ルート)提唱の次のテーマは“酒蔵”をアピールするそうです。せっかく全国的な鉄道関連組織が多く出来上がったこの機会なのだから、きっとそのお次は“廃線・鉄道”をテーマに施策を練っていただけることを熱望します。我々はそのタイミングの波に乗り遅れないよう、国の意識に欠けている“民”力を発揮して、次のステージである官民協働の10年を目指したいと思います。
ロストライン協議会には、北海道から門司港まで14団体が設立団体として参画し(当会も)、緩やかな連携を進めてゆく予定だそうです。神岡とは、10年前の本会設立当初から何かにつけ連携、研修先としてもお世話になった経緯もあり、ことあれば協力を惜しみません。
(写真は、協議会設立調印式でのスナップ。後列左から2人目が私。前列右から3人目が「なんでも走りながら考えよう。まず行動!と協議会設立と石破議員招聘に奔走した飛騨市長)
イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

先日、自転車によるトンネル内通行システム研究会が実質スタートした。
高校生らとの意見交換が始まった・・といってもまるで孫たちとの語らい。
人生の辛酸をなめつくした我々と、巣立ちを待ちかねる若鳥では、知識経験に大きな落差があるのだが、今回の趣旨の柱でもある、若者だからこそできる”バカな発想力”に大いに期待するのだ。
会を開くと、早速うれしい期待通りの展開が待ち受けた。
トンネル内を廃棄自転車を使ってスムーズに通過させようとの、まるでUSJやTDLにも勝るとも劣らない?乗り物アミューズメントを想定しているのだが、何と彼らはトンでもない発想をするものだ。

チョロキュー・・・・・。そう、私は判らないが、チョロキューの走行原理を利用して自転車を走らせてはどうか!などなど。初回から驚きのアイデア満載の始動となった。

お金・技術力などの社会環境の実状から判断することは一切しない。荒唐無稽の中にこそ、独創力の根っこが潜んでいる。

果たしてどんな結末が待ち受けるのか、今後に期待する私がいる。
まずは、水や肥料を施してすくすくと育ててゆきましょう。

この記事に

開く コメント(0)

アケオメ コトヨロ

新年あけましておめでとうございます。
年末から新年にかけ、何と晴天が続いています。
いっときの夜間降雨などあったものの、かれこれすでに2週間以上にわたり晴天続きは私の記憶にございません。
さらにさらに、11月末の底冷えや北日本の降雪により、スワッ!今年の冬将軍来週は早いぞ!と心していたのが、なんとも肩透かしのぽかぽか陽気の連続が重なっている。
その時に車のタイヤをスタッドレスに交換してしまったことから不平不満を述べているのでなく、過ごしやすいことはいいことなんですが・・・・。
日本は春夏秋冬がまぎれもなく訪れる国。やはり夏は夏らしく、冬は冬らしくあるほうが安心できます。
 さて、昨年末に中部大学との共同研究がスタートした。なぜ大学と?何を研究?と、❓印が頭の周りをグルグルしているでしょう。
実は早めのスタート。学生時代いつもやっていた直前一夜漬け勉強ならぬ手遅れになる前の事前準備なのです。
研究課題は、「廃棄自転車による愛岐トンネル内 エコ通行システムの研究」。
さらに研究参加団体は、中部大学・県立春日井工業高校・名古屋市立工芸高校に我々トンネル委員会の4者による研究会です。当然、高校生が参加、春からは大学教官のほか大学生も参加の予定です。
愛岐トンネルにはたくさんのトンネルが存在しており、現在通行できるトンネルだけでなく、今後通れるようになる(かもしれない)トンネルもあります。
現状では、6号トンネルをテーマに、徒歩ではなく、簡易式ガイドレールを設置して自転車による通行方法の研究を目指しています。2〜3年後には設置する工程を考えていますが、まずは、今年もしくは来年に、中部大学キャンバス内にリニア実験線ならぬ「自転車通行システムの実験線」の設置を目指します。
一難去って、また一難!毎年何か動きがあるのが愛岐トンネルです。決して飽きさせてくれません。
 

この記事に

開く コメント(0)

NHKの記者さんからお礼の電話があった。「お世話になりました。その後の反応はいかがでした?」・・・・・「いやいや、お陰様で昨日見たよ!と沢山の方々が来てくれました。ありがとうございました。」その後は、恒例の新聞社系にお礼の挨拶参上。
秋の特別公開が終了し、これで今年の対外行事がすべて終了。ホッとひと段落・・・・。
おっと、10日には亀山方面への研修会が残っていた。

さてさて、今年の夏ごろに気が付いたのだが、来年はNPO法人化前の有志によるトンネル組織を設立以来、驚いたことに10年目を迎えることになる。法人化はその2年後。
もう10年もたっちまった。歳を重ねるたびに月日が過ぎ去るのが早くなる!というが、ある説では、歳とともに”物忘れ”が進行するから、よけいに加速するそうな。

設立当初は3年で活動の目途をつけよう!とスタートしたが、いつの間にかはや10年がすぐそこに。有言実行を標ぼうする私としては、進展状況が道半ばの現在は、何とも面歯がゆいばかりの惨状であることは間違いない。せっかくの区切りのいい10周年!人間でいえば、半成人式!何とかひと花も、ふた花も咲かせたいものでございます。

この記事に

開く コメント(0)

逆転のホームランは!

今秋の特別公開も今日で4日目、中日(なかび)を過ぎた。老齢化激しいスタッフの仲間も寒い中、何とか頑張ってくれている。

今回もたくさんの旅行エージェントのツアーバスなどが来訪、予約は10台を超えた。大阪からは近鉄電車貸切で名古屋駅まで、そこからJRで現地来場のケース。はたまた長野からは多治見までバス、そこからJRに乗り換えての来場など、駐車場のないとPRする現地に対応するべくバス以外のツアーも増えてきた。
しかしながら、毎日の問い合わせ電話はそのほとんどが「車で行きたいが、どこに停められるの?」「駐車場はどこにある?」と、事前告知にもかかわらずの内容に正直ウンザリ。

さすが車中心社会の名古屋だと呆れるとともに、ふと、この駐車場問題を頭から無下に袖にせず、真摯に取り組めばJRだけにご利益があるこの現状を案外変えることができるのかも、と考え直す。
「パーク&ライド」という言葉がある。とある場所まで車を使い、その後は公共交通機関を利用しようという提言である。
隣駅の「JR高蔵寺駅」周辺には、駐車場もあり、電車も現地までは一駅だけで便利だ。ならばどのような方法で実質的な「パーク&ライド」を実現させるのか。
色々と悩んだ末に、ある方へ電話した。

「・・・・・村上です。・・・あなたの商店街の活性化をしませんか・・・・特別公開に合わせて、外部の方々を呼び込み、駐車料収入というおまけをつけて町の活性化をやりませんか・・・・・」

詳細は書けないが、もしかするとワレワレと来場者、そして地域の一挙両得(いや三徳)のホームランになるかもしれない。
来年に向けてじっくり検討・模索してゆきたい。

この記事に

開く コメント(0)

全69ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事