春日井市

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

明日、20回目のトンネル特別公開が始まる。
その夜、昔の会社の気の置けない仲間と飲んだ。当然、オープン前夜であることを理解する友は「前日なのに(飲んでいて)大丈夫かい?」と気遣ってくれた。

そうなのです。今週は毎日早朝に起きて、すぐさま現地へ行かなくちゃ。深酒はだめだぞ!と戒めた。
しかし、・・・初日は二日酔いでした。

この蛮行、身の程知らずが功を奏したのか、開門前から長蛇の列が出来上がった。例年、土日の週末はそれなりに開門時に列ができるので安心していたら、開門後、いつまでたっても入場の行列がなくならない。
終わってみれば3800人と、近年では高い入場者数。

さて翌日の日曜、昨日にも増して行列が。。。締めて4000人が入場。

続いて今日の平日初日、快晴に誘われたのか、締めて2300人が入場。

前半の3日間で1万人を超えてしまった。まだ6日間もあるので”とらぬ狸の皮算用”で計算すると、20回の公開で記録を更新する2万人の”新記録”を確実に超えてしまうのでは。

入場者増に歩調を合わせるように、弁当類も羽が生えたように売れてしまい、初日は11時半過ぎに完売。翌日は追加したにも関わらず12時に完売。 もー完敗です。
業者さんへは昨年、「12時までに完売してしまったら、お客さんに申し訳ないので、ペナルティ5万円の罰金だよ」と冗談に練りこんで、それとなくお願いをしていたのですが、予想を上回る売れ行きに、おなかを減らしたお客さんへは申し訳なく思う。
現地へ番頭や飲料水を搬入するルートは6号先の県境の谷を、仮設で設置した手作りのゴンドラを使って廃線にい移動させ、リヤカーなどで運搬するしかない。毎朝、5〜8人の人々が苦労してその作業に努めるが、一度搬入すると、途中で追加搬入するのが難しいのだ。業者さん泣かせの搬入ルートでもあります。(我々メンバーも一緒に搬入作業を行っています)

トンネルの入場者への安全対策とともに、ライフライン?の確保が最優先課題でもあるが、何年も要請しても開かない自治体の扉に跳ね返させるるのは、なんともむなしい。 これがやけ酒飲まずにいられようか。

あー今夜も酒が進んでしまいそうだ。


この記事に

開く コメント(0)

苦渋の選択?

前回に続く。
まずボヤキからスタートします。
20回目を迎える「特別公開」。 すでに19回も運営しているにもかかわらず、毎度直前になると心配事が頭をよぎる。
 「手作りの誘導看板は今回も使えるだろうか」(経年劣化でうす汚れてくるのです)
 「ツアーバスの駐車場は」「マスコミさんは来てくれるだろうか」「弁当や飲料水を運
 びこむリヤカーのタイヤは大丈夫だろうか」・・・・・・・。

まだ公開1年目の頃、場内の鉄橋跡に橋を架けたが、当然金がないのだから竹林の竹を大量に切りだし5層に重ねて橋にした。しかし自然とはおそろしいもの?で竹はどんどん劣化して2〜3年で枯れて割れやすくなる、のを目のあたりにしていた。
ある公開期間中に1万5千人の来場があった。ということは場内のその橋は往復で渡るから計3万人が通る。

ある夜、”その橋が重量に耐え切れず、ポッキリと割れて、たくさんの来場者が4m下へ落ちてしまった”・・・・・・夢を見てしまった。”正夢”は絶対だめだ!と翌年までになけなしの資金で鋼鉄橋に架け替えたのだ。

実に私は心配性なのだ。いや当然のことか!

さあて、トンネルカードは、作ればいいのでは、ただのお遊びの浪費と自己満足に終わってしまう。
針小棒大、トンビから鷹、うそからまこと。もうひとひねりのトルネード旋風を起こさねば、私じゃない!

トンネルカード・・廃線カード・・・でかい廃線って?いくつある・・・・・・・もしかして我が廃線のトンネルは日本トップクラスではなかったか・・・・・・・・・。

うむ、日本3大廃線トンネル・・・て聞いたこともない。
聞いたことなければ、作ればいいじゃん!てなことでございまして、まずは自ら考えた「日本3大廃線トンネル群」の一つに自己推薦いたしました。しかし3大廃線だから残り2つの廃線トンネルが何としても不可欠です・・・・・。

深謀遠慮、沈思黙考・・・なんて全くなくて日本で最初の国・重文に指定された群馬県・碓氷峠トンネル群を思いついた。思ったが掛け時、いや電話どき。早速群馬のボスに「三大廃線・・に乗るかい?」と。当然、OKでござる。
あと一つなければ三大じゃないが・・・・・。思いつかないのです。知らないのです。困ったのです。

できれば同じ地域に偏りたくなし、知人がいない施設じゃ実現が遅くなっちゃうし、何件か候補を探るが、寸足らず。最後に出でたのが伝家の宝刀、火事場のバカ力。え〜い、手前勝手に決めちゃえ!と◎◎県庁の●◎に電話。「おい、のらねーか?」「はい 乗った!!!!」  瞬殺、、瞬間芸、でございました。

ということでメデタシめでたし。あとは三大・・・のアリバイ作りにい勤(いそ)しむだけです。これが完成すれば廃線トンネルカードの最上部にドーンと、キラビヤカに「三大・・・・の一つ」と着飾ったタイトルが躍るのでございます。

来年夏前には、きっとマスコミに登場すると思います。 しばし3つ目のトンネル公表をお待ちください。





この記事に

開く コメント(0)

いやな性格じゃ〜

11月に入った。この年齢になると、なぜか時間が過ぎ去るのが早くなったような。
学生の頃は、1日が経つのが遅く、やることもなくブラブラ、グズグズの生活が、・・・・そうそう、バイト先で時間の進みが遅くて、時計の針の回りばかり気にしてどやされたこともあったナ〜。

ある説によると、お年寄りが時間が早くなったと感じているのは、実は物事の経過を次々と忘れてしまうことで誤解釈しているのだとか・・・・。

忘れる間もなく、次々にミッションが入ってくる毎日。沢山のマスコミだけでなく雑誌社からの取材申し出、CSR協力を申し出てくれる大企業、廃線を自社技術開発に活用させてほしいという色々な会社、キャンペーンに入れ込んであげようという行政・・・・・。中には、電磁波でイノシシ撃退テストをやらせて・・・など異色の申し出も。

そんな混乱する毎日だが、我得意とするヒラメキ?、もとい思い付きも湧いてくるのだ。
会員の一人がつぶやいた「我がトンネルもマンホールカードを作ろうよ!」と。
しかし言下に「アホか〜、」「人のまねしてどうすんや!」と言ってしまったのだ。

対論なくして反対なし!の有難い人生訓を標ぼうする私として、何とも浅はかな言動だったろうか。

これ以上忙しい方向に追い込まなくてもいいのに、なぜか自らを崖っぷちに連れてゆく悪しき性格。マンホールカードでピン!とひらめいたのが、トンネルカード・・・・(そのままやんか!)
いや、只者のトンネルカードじゃないぞ。プレミアムカードじゃ!

国内には正規な鉄道路線(失礼)じゃない鉄路(3セクです)や廃線が山とある。
日本3大夜景、3大美人の県、3大祭り・・・・3大廃線ってないんじゃないのかい?
このタイトルでカード作れば・・・・面白いのかも。
てな具合に単純な思考回路を持つのが我が頭脳なのです。

やってしまった!思いつくとすぐに欲しくなるのがまるで子供です。早速不必要な人脈を駆使して・・・・・

今日はテレビ局に引き釣り回らせられてしまって疲れました。

次号ご乞うご期待!
スヤスヤ

この記事に

開く コメント(0)

次は、ウキウキ!

総選挙と台風がスーパーの大安売り初日のお客の殺到風景ごとく、みにくくやってきた。
私物化したわがまま解散の政治ショーと、、温暖化の申し子のごとき、過去に耳にしたことのない”超”大型タイフーン。いずれも来てほしくないのだが・・・。
投票日の日曜は、両者が同時に舞台に登場しそう。

妻曰く「雨なら投票に行かないわよーーーー」  あなたは?
「俺は雨になぶられても絶対に行く。それがブツブツぼやいている者のせめての責任義務だーーー」と。

今日はNHK関係者から電話。トンネルのことを聞きたいのですが・・・・。
先日はテレビ東京から「所さんの・・・・」で候補に挙がり、下見をしたいのですが・・・・・。
全国紙からは夕刊ですが一面で掲載したいのですが・・・・・

どうして今年はこんなに電話が来るのだろう。台風の”あたり年”でもあるまいに!
トンネル関係者としてはウハウハと嬉しい限りなのだが。

我慢すべきこともあり、喜ばしきこともあり。
山あり谷あり。それがあるから人生をウキウキと楽しめるのです。













この記事に

開く コメント(0)

出会いは必然

今日は、朝から伏見へ。毎年恒例の名古屋鯱学園公開講座の講師としてトンネル噺をしてきた。講演は4年目?になるのか。ここは学園祭・運動会・修学旅行まである文字通り2年間の高齢者のための学びの場なのである。

学園の事務局長さん曰く、大変好評なので今年もぜひ!と乞われ、500人余のシニアの生徒を前にひとくさり。90分あまりアッチコッチと話しが飛び回り、名古屋市立で河村市長が学園長の学校にも関わらず、行政などへの批判じみたスベル話もこぼれ落ちてしまった。相も変わらずである。

私の性格を反映して?かたぐるしく、押しつけがましい話はよして、今年はなるべく聞きやすくなるようにと、気をつけていたら、あら不思議、滑り出したら止まらないのが関西人!
大学時代の仲間・つるべ師匠との珍生活にまで落としてしまった。(詳細は省きます)

彼の人となり(奇人変人の類ですが)の落ち切った話を、修正してまともな話に戻すのに苦労した。彼も好きな言葉が「出会いは偶然ではなく、必然なのだ」
2年間の高年学園の仲間も必然の出会い、同じですよ!と。
秋公開の入場予定者を500人ほど確保できました。

講演後、無事講演をクリアできたと一人でランチ。トンネル仲間とも必然だったのかな〜と、軽く一杯の祝杯、そしてもう一杯。
どこかのガイドさんが言ってました。「お酒とおなごさんは2号(合)まで!」 
時間もよろしいようで!





お、

この記事に

開く コメント(0)

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事