なび便り

オガサカスキー カタログ外商品のお知らせ

全体表示

[ リスト ]

北鎌尾根 入山編

北鎌尾根を登ってきた。
これで槍ヶ岳から伸びる東西南北の稜線を全部歩いたことになる。

数年前まではこの尾根に対して関わってはいけない場所だと思ってた。
なぜなら毎年滑落者は出るし、地図にコースが出てるわけでもないし、
山登りを真面目にちゃんと取り組んできた人たちだけが歩く場所だと思ってた。

ところが行っちゃったんだよね。
連れてってくださいとお願いしたのは県連スキー仲間のOぎのさんと、
そのザイルパートナー5.12aT橋さん。
連れてってもらうのは新婚IぶりんとTりん、Kっちゃん、そしてぼく。
Iぶりんはさすが山ヤだけあって何も心配ない。
残る3人は・・・・
事前にクライミングジムでロープやビレイ器の練習をし、7月29日新宿へ集合し、いざ中房温泉へ。
久しぶりの夜行バスはほどんど眠れず、でも緊張と興奮で睡眠不足のまま
北アルプス3大急登である燕山荘までの登山道を黙々と歩く。

イメージ 1

小雨降る中の登りは蒸し暑く、なかなかペースをつかみ切れない。
Oぎのさんの健脚は知ってはいたけど、いつものナビペースに慣れた身には正直つらい。

イメージ 2


でもその日は大天井(おてんしょう)ヒュッテを経由し、貧乏沢を下って天井沢の河原でテント泊。
先を急がねば・・・

イメージ 3


いやー、貧乏沢の下りはきつかった。
もともと登山道じゃないのでルートは不明瞭。

イメージ 4


草や木の根っこをつかんだり、大木をまたぎ、苔で滑る石を渡り、やっとたどり着いたのは18時半?

イメージ 5


速攻でツェルトを張り夕飯を食べたらお休みなさい。
この日の行動時間は約12時間。
明日は4時起きです。

(続く)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事