なび便り

オガサカスキー カタログ外商品のお知らせ

全体表示

[ リスト ]

11月4日は神奈川県指導員研修会・理論です。
準指導員・正指導員の有資格者は2年に1度、理論と実技の研修を
受けなければならない義務があります。
内容は元オリンピック選手や現役オリンピック選手、元デモンストレーターを呼んでの講演、
SAJから講師を招き最新スキー技術のお話やらで、けっこう盛りだくさんな1日です。

研修会参加者をみていると、毎年参加してる常連さんが数多くいらっしゃいます。
実は有資格者の先生、毎年SAJに有資格者登録という名目で
けっこうな支払いをしています。
検定員登録料を含むと、むむむっ、というくらいの奉納金です。
なので、毎年研修を受けてもなんら問題はないのです。

ただ、毎年出席してる多くの方は仲間に会いたいというか、
年配の方たちにとっては安否の確認というか・・・

研修会の実技(雪上)で、新人技術員にとって避けては通ることのできない”儀式”みたいなものがあります。
それは1班や2班の講師をするということです。

この班には各協会のお偉いさんや、各クラブの会長・副会長、
もちろん、元❍❍と肩書きの付く人や、県連技術員のOB・・・
この先生たちには2パターンあって、
「おれたちゃもう何十年もこうやって滑ってきたんだから、
今さらあーだーこーだ言われたってできっこねえから、早いとこ済まして解散しようや」
っていう先生たちと、
「教程にはこう書いてあったけど、これはどうなってる?
スキージャーナルではこう言ってるけど、君の言ってることはおかしいんじゃないか?」
とかなり意識の高い先生のグループと。
口は達者だし仕切るのはうまいわで、新人にとっては鬼門の班なのです。
まあ、このくらいの班を何事もなく講習できるようになれば、指導者として1人前とも言われてますが。

あ、そうだ!もう1パターンありました。
それは1本目のリフトで自主的に迷子になる人たち。
ツワモノ達が揃っています。

で、本題。
当日はナビゲーションとして出店します。
ヘルメットやゴーグルの特価品、クラフトのインナーetc....
去年より気合を入れて持っていきますので、みなさんも
お小遣い、多めに持ってきてね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事