ここから本文です
フレアライン塾長のブログ
良く聞かれますがバイク屋ではありません、エアコン屋です(笑)

書庫全体表示

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

今年ももちろんゴールデンタイヤで行きます

月曜日にワイズモト(Beta Japan)さんに発注して、昨日届いたパーツ達
イメージ 2
アレも届いた(^^)
新社屋になったばかりで忙しいと思いますが、相変わらず素早い対応で非常に助かります

開幕戦で使うタイヤ。
リアは毎度のザ・オールマイティタイヤのGT230
それに組合すのは同じくゴールデンタイヤのエクストリームムースのムースX(120サイズ)
商品は只今在庫切れですが(T_T)
イメージ 1
イメージ 4

このGT230とムースXの組み合わせは初めてですが、きっと良いフィーリングになると思います

イメージ 3
ムースにはムースジェル(50g)が付属してきますが、ムースを長持ちさせる為にしっかり塗るには足りませんのでムースジェルも一緒に持っておくと良いと思います。
イメージ 5
リアはビードストッパーの穴を追加して、ビードストッパーは2つ。
組み終わって押した感じも張りがあってクッション性もあって良い感じです


そしてフロント。
イメージ 6
今まで好んで使っていた80/100-21は在庫切れになってしまいました(T_T)

ただ海外のトップライダーを見るとほとんどがこちらの90/90-21を使っているんですよね。
イメージ 7

イメージ 8
性能的には間違いないはず。

フロントはこのタイヤにBSのウルトラハードチューブの組み合わせです。

さあ、まだまだ準備、準備

この記事に

新作ゴールデンタイヤ

昨日から続々とゴールデンタイヤの新作タイヤが発表されてます。

こちらは先ほどF.B発表されてたばかりのGT369KとGT369KX
https://www.facebook.com/GoldenTyreWorld/posts/1765508070135640

イメージ 1

なんとサイズが130/80-18という奇抜なサイズ❗
外径は通常のモトクロスタイヤの110/100-18と同じ様な感じでしょう。
Xの方はおそらくソフトコンパウンドタイヤと見て間違いないでしょう。
う〜ん、これは非常に気になる!
130サイズのブロックハイトが高いタイヤは今まで無かったのでは⁇

そしてもう一つは昨日発表されてたGT516KEとGT516KX
https://www.facebook.com/GoldenTyreWorld/posts/1763255747027539

イメージ 2

こちらは140/80-18のFIMタイヤ。
今までのGT216の後継になるのかな?


この様子だとフロントの新作も出て来そうな予感がします。

発売及び日本入荷はいつになるのでしょう⁇
GT369の方はメッチャ使ってみたい!(^^)

この記事に

ムースを新調しました
イメージ 1
イメージ 2

この前の糸魚川で使ってたムースがお亡くなりになりました
イメージ 3
この前でというか、もうすでに終了してたんですが何とか使えないかと思って使っちゃったんですが、もうほぼパンク状態(^^;)
2年前の糸魚川で、その時はチューブでしたが1時間ぐらいでパンク。
パンクの状態でベストラップが出たという経緯があったので『ベコベコでもいいや』なんて思ってましたが、流石に今回は走り辛かったです(^^;)

最近はショップさんとかでムースに穴を開けて硬さ調整のサービスを行ってくれる所も多いですが、僕も例に漏れず行っていました。

しかし、耐久性に超難アリなんですよね
僕の場合、ドリルで自分でやったやつは1レースで裂け目が入ってしまいます
違う方法で穴を開けたやつはもう少し耐久性がありましたが、それでも難アリでしたね。

今回新調したムースは、数年前からあるものでご存知の方もいらっしゃると思いますが、初めから穴が開いていて溝が彫ってあるものになります
そして特筆すべきはムース自体が非常に柔らかいという事
これは良さそうだぞ

当然、穴の切り口は手作業で開けるよりも断然綺麗なので、通常品に穴を開けるよりも耐久性は断然高いんじゃないかと思います。
ま、初めて使うのであくまで予想ですが(^^;)

通常のムースで柔らかいのを求めようとするとしばらく使ってやせ細ったのを入れて空洞を多くして使いますが、これなら空洞が少なくて柔らかくイケる感じです。

ハードエンデューロはもちろん、JNCCでもバッチリだと思います
最終戦AAGPではこのムースを新品投入する予定です

その前週には勝沼でクロスカップ最終戦がありますので、ムース持参しますので興味ある方は触ってみて下さい
交換の仕方とかでも質問ありましたら気軽に声かけて下さいプロじゃありませんが・・・

当然、勝沼で行われるクロスカップ、CROSS MISSIONにもバッチリだと思いますよ
パンクに不安がある方、解決方法はムース一択ですよ

この記事に

ゴールデンタイヤから久々にNEWタイヤが入荷しました
ラインナップには少し前からありましたが、国内入荷は初となるGT523Eです
イメージ 1
このタイヤの特性としては、ソフトコンパウンドベースなのでハード路面向き、さらにはロック向きときてます。

これは月山で使うしかないでしょう!!

月山=ロック=GT523
こうなります(笑)

正直、JNCCでFIMタイヤを使うメリットは無いと思います。
あ、フロントは別です。フロントは様々な路面に対応出来る様に作られてるFIMタイヤはグッドだと思います

リアはやはり山の低さが・・・

しかし月山は違います。
JNCCのコースで最もブロックの高さで差が出ないコースだと思います。
アップダウンも無ければフカフカも無い。
石しかない(笑)

さらにハードエンデューロ向きなソフトコンパウンドタイヤも入荷してます
こちらもFIMタイヤ。
なので柔らかタイヤではあるけれど、GT216Xと同様にハイスピードでもヨレが少なくブロックも飛びにくいのではないかと思います。

僕は月山出れませんが試したかったな〜(T_T)

公道走行もOKなので林道も良いと思います

月山までもうすぐですが、使用候補に入れてみてはどうでしょう??
ロックの月山にロック向きタイヤ、きっと良いと思います

この記事に

こんばんは。
酔っぱらってます

みなさん、タイヤセッティングはどうしてますか
チューブ派 ムース派、タブリス派
大きく分けてこの3択ですよね

タイヤ自体の性能、特性も大事ですが、そのタイヤを活かすセッティングも大事だと思います。
チューブで言えば空気圧ですね

僕はJNCCの時、基本的にはフロントがBSのウルトラヘビーチューブ、リアがゴールデンタイヤのムースです。

まあ、その中でもこだわりというか、あまり公表したくない㊙セッティングをしています。

5、6年前は前後ムースでした。
ほとんどパンクした経験はありませんでしたが、パンクしたくないとの理由からです。
しかし、あまり良いフィーリングには感じられず、リザルトも付いてきませんでした・・・
その後は、コースによってムースにしたりチューブにしたり色々試しました。

そしてBetaに乗って2年目の一昨年ぐらいからですかね
JNCCをチューブで走った時のリアのパンク率が100%となりました
セッティングによってはパンクしててもそんなにペースは変わらず走れますが、流石にマズイと思い、去年からはずっとムースです(リアだけ)。

フロントはまだレース中にパンクした経験が無いんですよね。
フロントは釘なんかを踏む事もほとんど無いですし、手が超痛い程ギャップに突っ込む事も無いので、今もチューブで行ってます。

タブリスは使った事がありませんが、僕の中ではイマイチ耐パンク性の信頼性に欠けるんですよね・・・
JNCCではリムが変形する程ギャップに突っ込んだりするのに、そんな状態でも本当に大丈夫なのかと不安になります・・・

前置きが長くなりましたが、とにかく今はリアは必ずムースです。

そしてそのムースにも組み方に個人差があると思います。
タイヤの組み方、ビードストッパーの付け方、そしてムースの組み方。

その昔は、ワセリンを使って組んでました。
しかし今は、ムースジェルオンリーです
理由はやはりワセリンだとイマイチだからです。

ちゃんとジェルを塗るとムースの持ちも変わってきます。

で、そのムースジェルもゴールデンタイヤの物を使っています。
イメージ 1
左が1㎏、右が今回注文した500g。
1㎏はサイズ的にも丁度良かったのですが、残念ながら今は500gと5kgだけだそうです。

この1㎏で約2年もちました。リアしか使ってませんが。
なので500gだと1年はもつと思います。(リアだけの場合)

ワセリンを使う理由はジェルが高いからだと思いますが、500gで1年使えてムースのもちも良いなら、そんなに大きな出費でもないんじゃないかと思って使い始めました。

ムースジェルの質もメーカーによって違うと思いますが、このゴールデンのジェルはクオリティも文句無しです

前はミシュランのを使ってた事もありましたが、質は文句なし。しかしチューブタイプが付かいづらくて・・・
こういったタイプもあったのかな

このタイプなら、使い捨てのニトリルゴムの手袋を付けて、タイヤとムースに塗りたくって、ムースをタイヤの中に入れて手袋を捨てるといった感じです

他のメーカーのムースを使ってる方でも、ワセリンで組んでる方は是非試してみて下さい

そしてついでに、次回ほおのき大会の分のタイヤも注文しちゃいました
タイヤはもちろん『ザ・オールマイティタイヤ』なGT216GT230のセット

フロントはこの様に段ボールがハサまってビードが広がってる状態で来ます。
イメージ 2

しかしリアはセバまっている事が多いのでこんな感じで
イメージ 3
スプレー缶を挟んでおけば広がってイイ感じになります

チューブで組み込むにはそれほど問題でもないのですが、ムースで組み込むとビードが上がり辛くなってしましますので、その対策です

ゴールデンタイヤは在庫が薄くなってきていますので、お求めはお早めに
次回入荷はいつになるでしょう

あまり公表したくない㊙セッティングもゴールデンタイヤユーザーさんには教えちゃうかもしれませんので直接聞いてください

この記事に

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事