ブルースのブログ

素敵な。。あなたと。。ヽ(*´∀`)ノ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]







ゴブ・サタ。。

桜散って。。もう夏ですかね

この気候変動に。。ついてけないですよね


さて、ブルースのルーツ下記に記してます。


デルタ・ブルースの素朴なアコースティックギターでの演奏に。。エレキギターに進化しているのが。。シカゴブルースの特徴ですね


後は、ご自分で判断してね


では。。おミュ〜ジック・スタ〜ト〜〜






シカゴ・ブルース (Chicago blues)とは、米国イリノイ州シカゴにおいて1950年頃に登場したブルースのスタイルのひとつ。主にアコースティック・ギターの弾き語りで演奏されたアメリカ深南部のデルタ・ブルースにエレキ・ギターを持ち込み、バンド・スタイルに発展させたものであった。代表的なアーティストにはマディ・ウォーターズが挙げられる。彼は、シカゴ・ブルース創世記にそのスタイルを作り上げた一人である。

デルタ・ブルース (The Delta blues) はアメリカ合衆国南部のミシシッピ川流域(ミシシッピ・デルタ)やテネシー州メンフィスなどの地域で発生した、初期ブルースミュージックである。演奏楽器として、特にギターとハーモニカが一番多く使われた。またソウルフルで、激しく、そして自己の内面を歌い上げるようなボーカルスタイルもデルタ・ブルースの特徴である。代表的なミュージシャンにチャーリー・パットン[1]、ロバート・ジョンソンなどがいる。






イメージ 1






https://www.youtube.com/watch?v=hpdvAL5Tn_I&t=261s
Best of Blues, from Mississipi to Chicago


Tracklist:
00:00 - Howlin' Wolf - Smokestack Lightnin'
03:07 - John Lee Hooker - Boom Boom
05:35 - Muddy Waters - Rock Me
08:47 - Screamin' Jay Hawkins - I Put a Spell on You
11:12 - Big Mama Thornton - Hound Dog
14:02 - Aretha Franklin - Today I Sing the Blues
16:48 - Robert Johnson - Sweet Home Chicago
19:50 - Johnny Cash - I Walk the Line
22:34 - Fats Domino - Blueberry Hill
24:55 - Freddy King - I'm Tore Down
27:33 - Amos Milburn - One Scotch, One Bourbon, One Beer
30:47 - B.B. King - Sweet Little Angel
33:47 - Big Joe Turner - S. K. Blues, Pt. 1
36:48 - Sister Rosetta Tharpe- Crying in the Chapel (Ft. Kelly Owens Quartet)
39:16 - Albert King - Don't Throw Your Love on Me so Strong
42:13 - Howlin' Wolf - The Red Rooster
44:39 - Kokomo Arnold - Milk Cow Blues
47:46 - Jimmy Reed - Baby What You Want Me to Do
50:09 - The Coasters - Young Blood
52:30 - Sidney Bechet - Blues in Paris
55:50 - Leadbelly - Where Did You Sleep Last Night
58:52 - Chuck Berry - Driftin' Blues
01:01:13 - John Lee Hooker - Shake It Baby
01:05:18 - Skip James - Devil Got My Woman
01:08:17 - Johnny Cash - Folsom Prison Blues
01:11:03 - Memphis Slim - Nobody Loves Me
01:13:52 - Muddy Waters - Mannish Boy
01:16:48 - Howlin' Wolf - Spoonful
01:19:31 - Lightnin' Hopkins - Mojo Hand
01:22:31 - Jimmy Witherspoon- Ain't Nobody's Business (Ft. Jay McShann)
01:25:27 - Sidney Bechet - St. Louis Blues
01:29:40 - Jimmy Reed - Bright Lights, Big City
01:32:28 - Arthur 'Big Boy' Crudup - That's Allright
01:35:19 - Memphis Minnie - Me and My Chauffeur Blues
01:38:05 - J.B. Lenoir - Eisenhower Blues
01:40:58 - Chuck Berry - Worried Life Blues
01:43:08 - James Brown - Try Me
01:45:40 - Muddy Waters - Sugar Sweet
01:48:11 - Robert Johnson - Cross Road Blues
01:50:50 - Big Joe Williams - P-Vine Blues
01:54:01 - Howlin' Wolf - I've Got a Woman
01:56:55 - Sonny Boy Williamson - Stop Right Now
01:59:20 - T-Bone Walker - Call It Stormy Monday
02:02:21 - John Lee Hooker - Whiskey and Wimmen
02:05:18 - Jimmy Reed - Big Boss Man
02:08:07 - The Coasters - Down in Mexico
02:11:23 - Johnny Cash - Oh Lonesome Me
02:13:53 - Sidney Bechet - Blues My Naughty Sweetie Gives to Me
02:19:34 - Elmore James - Dust My Broom
02:22:19 - Bo Diddley - I'm a Man







開く コメント(1)







ゴブ・サタ。。


GW。。終盤に、皆様疲れましたか


疲れを。。ブルース・ミュージック・・・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン・・・


Slow Piano Blues - A two hour long compilation  

まずは。。Eric Clapton - Three O'Clock Blues (Feat. B.B. King)

どうぞ、お聴きくださいネッ。。






イメージ 1







Slow Piano Blues - A two hour long compilation



0:00:00 - Eric Clapton - Three O'Clock Blues (Feat. B.B. King)
0:08:34 - Lafayette Leake - Outskirts Of Town
0:14:11 - Katie Webster - The Love You Save May Be Your Own
0:19:00 - Lurrie Bell - I Got So Weary
0:23:20 - Junior Wells - Trust My Baby
0:28:18 - Marcia Ball - Falling Back In Love With You
0:33:08 - Joe Beard - Three Day Love Affair (Feat. Duke Robillard)
0:38:05 - Chuck Leavell - Higher Ground
0:41:21 - Kenny "Blue Boss" Wayne - Don't Rush To Judge Me
0:45:48 - Jimmy Rushing - Take Me Back Baby
0:51:58 - Floyd Dixon - Don't Send Me No Flowers In The Graveyard











開く コメント(2)

Sade - No Ordinary Love ・・








ゴブ・サタ。。モーニング・ミュージック

GW。。終盤にさしかかっています。

元号も。。令和元年

皆様にとって、良き年になりますように・・( ^_^)/□☆□\(^。^ )カンパ-イ!

であ・・おミュージック。。

ジャズとアダルト・コンテンポラリーをミックスしたサウンド


シャーデーSade - No Ordinary Love





イメージ 1







Sade - No Ordinary Love



Kiss of life - SADE











https://www.youtube.com/watch?v=GNCK5ShO84k
Best of Sade Greatest Hits jojoflores Think Sade Smooth Jazz Lounge Playlist Chill Out Soul Music








シャーデーの音楽はいつもアルバム全体を通してクオリティが高い。サウンドの細部に耳を澄ましても音作りのかっこよさに気づかされるし、BGMとして流しておいてもいい雰囲気作りができる。私達の生活のすぐ隣に横たわっていて間接照明のように空間を彩ってくれる。

このベストアルバムでもシャーデーは自分のスタイルを崩さない。ベストアルバムというと、仰々しくヒット曲を詰め込んでまるで高価なドレスに数々の装飾品・派手なメイクでパーティーに出かけるようなものが多い。でもシャーデーは本当に自分に似合うものばかり厳選してある衣装ダンスからいつも通りのドレスとメイクで表れた感じ。こういうことは自分のスタイルを確立している本当の美人さんしか出来ないよねえ。

その退廃的なムードと相反するオシャレ感覚で80年代のロンドンの音楽シーンに大きな影響を与えたSade。約8年間という長い充電期間を経て発表された「Lovers Rock」では、独特のムードは健在ながらも、プライベートで妊娠・出産を経験したシャーデー・アデューの親密さと感受性溢れる温かい作品になった。
シャーデー(Sade、/ シャーデイ)は、イギリスのバンド。シャーディーと表記されることもある。女性ソロ歌手だと誤解されることもあるが、女性ボーカルとバックミュージシャンから成るバンドの名称である。

1984年デビュー。第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンを背景にして、アルバム『Diamond Life』が英国のみならず米国などでもヒット。翌年の米グラミー賞最優秀新人賞に輝いた。ジャズとアダルト・コンテンポラリーをミックスしたサウンドや、アデュの落ち着いたミステリアスなボーカルが特徴。寡作ながら、発表する作品はいずれもが世界的なヒットとなっている。

1994年から、アデュを除くメンバー3人がSweetbackという名前で活動を始めた。
2000年のアルバム『Lovers Rock』で再びグラミー賞の最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞。
2010年2月に約9年ぶりとなるオリジナルアルバム『Soldier Of Love』を発売(日本国内盤は3月)。2009年12月に同名の先行シングルを公開した。

当初のジャズやソウルの系統のサウンドから、『Lovers Rock』以降はブルースやフォークの影響を感じさせるギター中心のサウンドに変化している。またアデュがジャマイカに移住したこともあり、レゲエの影響も受けている。







開く コメント(0)

Whisky-Blues ・・








ゴブ・サタ。。


令和元年。。おめでとクラッカー( ・_・)。∠※PON!。.:*:・'°☆。.:*:・'°★°'・:*


では・・Blues


Whisky-Blues  


堪能してね






イメージ 1








Whisky-Blues Vol 9



1. Metropolitan Blues All-Stars - Devil Gets His Due
2. Tim Wagoner And Wild Blue Younder - Make It Rain
3. Hypnotics - Blues Patrol
4. Dean Hall - I Know Something 'Bout The Blues
5. Metropolitan Blues All-Stars - Storm Comin' Thru
6. Planet Rockers - Tennesse Woman
7. Dean Hall - My Milkman Was Freddie King
8. Buddy Flett And The Bluebirds - Blues In A Honky Tonk Key
9. Johnny Neal - While She's In Love
10. Metropolitan Blues All-Stars - Bad Situation
11. Buddy Flett And The Bluebirds - Third House On The Left
12. Tim Wagoner And Wild Blue Younder - My Old Friend The Blues
13. Lost In Detroit - I Want To Make Love To You
14. Steve Gannon - Too Through With You
15. Jeff Jolly - Long Distance Love
16. Vipers - Mailbox Blues








開く コメント(4)

Whiskey Jazz ・・







ゴブ・サタ。。

平成最後。。ブログ更新・・

明日から・・元号。。令和


皆さんは、何が変わるのって


元号が変わります




令和


書き記してます

では。。おミュージックを・・

Whiskey Jazz ・・・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン・・・

シックに・・








イメージ 1







Whiskey Jazz • Best Soft Jazz for Cocktails and Dinner | Mellow Music for Cocktail Party



00:00 'Round Midnight
05:33 Smoke Gets In Your Eyes
08:19 Waitin' For A Train To Come In
12:37 In A Sentimental Mood
18:25 You Are Too Beautiful
25:24 Blue Moon
29:16 Night & Day
33:37 Sophisticated Lady
37:35 Skylark
42:36 Autumn Leaves
47:30 Moonlight In Vermont
51:14 Misty
57:03 Take The A Train
59:58 When Sunny Gets Blue
1:02:45 Dream
1:07:03 Here's That Rainy Day
1:11:09 Meditation
1:14:37 The Shadow Of Your Smile
1:18:25 Midnight Mood
1:23:24 Angel Eyes







開く コメント(0)

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事