会長の横顔

訪問下さった皆さん、一言声を掛けてください

登山

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

夏山で多忙ですので大分時間が掛かると思いますが段々と掲載するように心掛けます。
時々覗いてください。

東三河山ぽ会の6人で出かけました。
アルパイン企画で12日間で大変楽しい山行と観光でした。

[[imghttp://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51957401_3()]]
九賽溝を高所順応のため富士山頂上程の高度を登り下りして観光を楽しみました。規模の大きさと美しさで圧倒されました。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51957401_4
黄龍も全部歩いた御陰でとても素晴らしかったです



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51957401_1
四人姉妹の一番上のお姉さんのピーク(5038m)に立てました



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51957401_6
前夜の大雨で頂上は積雪がありアイゼンを装着しての登頂になりました


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51957401_0
気のあった山仲間6人で思いっきり万歳をしてきました


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51957401_5
パンダがしきりと愛嬌を振りまいてくれました


暫くお待ちください

開く コメント(13)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

  7月2日(土)夜〜3日(日)、伊吹山の夜間登山をしました。

 姫ホタルと夜景と花が目当てです。
 涼しいのが又、ありがたかったです。

 3回目の伊吹山・夜間登山ですが姫ホタルにも会えました。
 ホタルの賑わいや出る場所がそのたびに違うのも興味深いものです。

 7月2日 20:00   豊川市営駐車場
       《東名高速》
     22:00   関ヶ原IC
     22:15   三の宮神社前
     22:39   スタート
     23:13   一合目
      
 7月3日  1:25   五合目
1:44   避難小屋着(仮眠)
      2:50   避難小屋発
      2:55   六合目
      3:12   七合目
      4:00   九合目  
      4:13   伊吹山山頂(仮眠)
      6:00   伊吹山山頂 下山
      6:34   八合目
      7:40   五合目
      8:00   五合目発
      9:30   一合目
      9:56   三の宮神社前

     
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_0
以前のスキー場のルートを登る


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_1
お宮横の社務所前で準備体操の後、出発する。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_5
ヘッドランプをつけて出発する。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_2
樹林帯を抜けて1合目の廃墟の小屋跡で休憩する。
2合目の道標を過ぎ樹林帯に入ると、まばらに姫ホタルを見られました。
大分以前にやはりこの辺で踏んずけそうになるほど姫ホタルが見られました。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_3
5合目の小屋の自販機が闇の中で光り輝いていた。不思議だし不気味に思えた。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_7
避難小屋の周りには、点滅するイルミネーションのように姫ホタルが見られました。
関ヶ原から琵琶湖まで、節電を感じさせない夜景が展開されていました。
13名が何も羽織ることなく30分強仮眠をとる。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_9
歩き始めると直ぐに6合目の道標を見る


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_10
暫く、岩場が続く


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_11
急斜面が終わりなだらかになり山頂間近を感じる


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_12
小屋で毛布を借りて仮眠すると¥1500円と聞く。小屋の脇でカッパを着込んで暫く野天でごろ寝をする。馬鹿してるなと思いながら結構楽しんでいます。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_14
先月歩いた北尾根全体を包み込むように雲が流れ込んで移動しています。瀧雲と言いましたか?
どなたか教えてください。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_15
6時下山開始


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_18
暑くならないうちに下山したいです。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_19
どうしても覚えられません。花の名前はご自分でどうぞ・・・


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_20



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_21


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_22



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_23



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_24



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_26



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_27
8合目


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_28



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_31



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_29



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_30



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_32
今朝、此の避難小屋辺りはフラついて登っていました


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_33



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_34



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_35



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_36
暫く皆さん腰を上げる人がいませんでした。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_37



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_38



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_39



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_40
樹林帯の少ない伊吹山は夜間登山も有効ですよ


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_41
パラグライダーから御伽の国を連想するのは私だけでしょうか


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51872481_42
7月の第1日曜日が毎年『伊吹山の夏山開き』だそうです

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 南信の大川入山は馴染み深いのに、山頂を挟んで流れる大川入川と柳川の沢は全然、入ったことがないので6月25日(土)と26日(日)の両日で計画しました。
然し、25日(土)は荒れる天気予報だったので中止して、26日(日)大川入川の沢を8人で登りました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_1
治部坂スキー場を通り過ぎ、ヘアピンカーブの先、左に『もみじ平キャンプ場』の看板から左へと車を進める


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_0
『もみじ平キャンプ場 100m先』の看板前の空き地に車を駐車し、1台を下山口の治部坂へ駐車させる。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_2
静かに祀られているお墓の脇を通らせてもらい急斜面を降りる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_3
入梅の真っただ中で水量が多めなのだろう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_4
昨年はこの時期に横尾本谷から大キレット、奧穂高、前穂高、岳沢、上高地を縦走した事を思い出す。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_5
堰堤が次々と四つ現れる


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_6
二つ目の堰堤だったか? 右岸へ大きく高巻きザイルで沢へ戻ることになる


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_7
堰堤は終わり、木々の緑が映える木漏れ日の中をさかのぼる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_8
5m程の滝が現れる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_9
滝の両側がきりたち乗り越せないので、右の草付き・左岸にルートを取る。大きな高巻きとなる。
足をかけた大石が落ちてMさんをかすめました。ごめんなさい反省しています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_10
歩き始めて2時間10分程で左から沢が流れ込む二股に出る。右の本沢を進む

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_11
7〜8mの落差だろう。右の階段状を辿る

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_12
自然の変化、妙味を楽しむ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_13
Sさんが取り付くがザイルは出さない。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_14
私は滝に近い一つ左を登り、涼を楽しみました

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_15
ザイルの使用は大きな滝もないので、初めの高巻きで沢に降りる時だけで終わりました


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_16
沢筋が狭まってきた事を感じながら進む

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_17
スタンス、ホールドをHさんがアドバイス

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_18
シブキが飛び散り沢登の醍醐味を味わえました

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_19
此の一歩が大変なんです。落ちても滝壺の中でケガはない。ただ、ずぶ濡れになる覚悟が必要です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_20
大木の根が転がり、山ふところに入ってきた感じになってきました

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_21
沢が流れ込む二股で地図と磁石、高度計でルートを検討する。北へ本沢を辿る。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_22
両脇が切り立った岩場になり稜線が近ずいて来ており、ルート取りがむつかしくなる地形になる。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_23
ナメの2段滝

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_24
先が切れて木々の間から明るく光が差し込む感じになる。目指す鞍部、稜線を期待する。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_25
パーティがバラけることなく、しっかりしたペースで進む。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_26
最後の二股だろう。左に進む。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_27
岩がなくなり砂礫になり、木々もなくなりシダや笹が目立ち始める

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_28
水源地です。海もここから始まっているのです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_29
大川入山の笹しかありません。笹をかき分け、遮二無二、笹で足を滑らせながら登るだけです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_30
目指した尾根道にヤット出る

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_31
大川入山山頂 (1908m)


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_32
大分疲れました。あと2時間の下山と気合を入れる。
尾根筋の木々からセミの声が騒がしく聞こえました。
生きられる8日間を思いっきり力んでいるのでしょう。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_33
自然の素晴らしさです。
何時までも元気ではおられませんが、丈夫になりたくて始めた登山です。
少しでも長く続けられる努力をこれからも心がけます。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_34
別の大川入山を体験させてもらいました。それぞれに大きさをお持ちにになっています。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51847385_35
8時間30分の山行でした。
コカ・コーラが美味かったです。
仲間に感謝、感謝です。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

今年の夏山合宿は南アルプスに決まり、毎年恒例の合宿を意識してボッカと救助訓練が県民の森で行われました。合宿に参加するパーテイ毎にボッカの負荷を決めそれぞれのコースを登り、14時から11パーティ・75名の参加で救助訓練をしました。
『高齢の女性が斜面を転げ落ち、足首をねんざ、肩を脱臼した』設定です。ベーシック装備の細引、シュリンゲ、カラビナで安全な山道まで引き上げ、救助隊に引き渡す訓練をしました。

救助訓練はリーダー、サブリーダーだけが知っていれば良いものではありません。一般参加が多くなったことが良いことです。

私達は7月の中旬から2週間、中国・四川省から大姑娘(タークーニャン・5025m)に出掛けるので合宿不参加チームで参加しました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_0
県民の森・南尾根に取り付く


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_2
南尾根休憩所。次々に東三河山ぽ会の面々が通り過ぎてゆく。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_1
体験山行の3人が一緒に登る


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_4
予定の733mの分岐まで行くのは無理のようなので、国体尾根を降る


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_5
昨夜來の雨はやんだが湿度が高くジメツイテウンザリしていたので助かりました


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_6
この時期満開のヤマボウシが今年も元気に闊達に咲き誇っていました


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_7
毎年の積み重ねでより具体的な救助訓練になってきました


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_8
『高齢の女性が斜面を転げ落ち、足首をねんざ、肩を脱臼した』設定です



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_14
ベーシック装備の細引、シュリンゲ、カラビナで安全な山道まで引き上げる。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_9
足首のねんざは三角巾で固定する。肩の脱臼は三角巾で首から吊り固定して軽傷なら一緒に下山する。地形、天候、時間を考慮して重傷なら救助隊に引き渡す訓練をしました。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_10
細引で引き上げるのに、1/2、1/3の力で引き上げるザイルワークをそれぞれのグループで実習する



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_13
救急箱の中身は意外に知られていません。
救急隊へ連絡前に氏名、年齢、性別、ケガの内容、現在位置、地形、知らせる方法などなどをメモしておくメモ帳、薬、備品を確認しました。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_11
レスキューシートを開いたことありますか?


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51821796_12
しっかりと温まる様です。
 北海道・十勝岳で足を骨折した女性を二人で二時間近く交代で背負って下山した経験から、ザックとストック2本をタオルで巻き怪我人を背負う救助法が意外に活用出来る事を披露しました。
有意義な一日でした。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 久しぶりの南山です。
此処には男岩と女岩が少し離れて並んでいます。両方を登れば初級から上級まで練習出来るし、桜と紅葉の名所・香蘭渓が近くにあってアプローチも良いので賑わうところです。
先週、6月の第1週の日曜日は毎年恒例の愛知、三重労山の御在所合同清掃山行に前尾根を登り参加した帰途、南山の計画が決まりました。
梅雨の合間の薄曇りでクライミングには程よい気候になり終日堪能出来ました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51799819_0
男岩も女岩も道路脇にあり、高いところは50m近くの高さがあるのでWロープで登ったり、懸垂下降しました。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51799819_1
地元の山岳会のおかげでしょう、ピンが新しくなっていました。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51799819_3
左側から掘棔銑困裡極椶離魁璽垢あり、全部登りました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51799819_2
入会して数年たった5人がとってもパワフルでした。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51799819_5
雨上がりでスタート地点辺りは水がしみ出ている箇所があり、朝方は怖かったです。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/d7/pqdpb290/folder/463945/img_463945_51799819_6
右に振られ大きな事故が起きている箇所です。Sさんが頑張りました。拍手です。

開く コメント(2)

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事