プレインズのブログ

23.4.1ブログ始めました!宜しくお願いいたします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



2015年2月14日

シーナ&ロケッツのボーカルだったシーナさんが子宮頸癌でお亡くなりになった
享年61歳の若さだった

シーナさんのご主人でありシーナ&ロケッツのギタリストである鮎川誠さんは
今後の活動についてシーナの遺志を継いでいく事を明言し
以降も数々のイベントやロックフェスに出演している・・・



と、いう事で僕が思い入れがある昭和の楽曲やアーティストを振り返り
当時の世相や思い出を語る「My Music Travel」40回目の今回は
1978年にデビューしたロックバンド「シーナ&ロケッツ」をお届けしたいと思います


イメージ 2


僕のルーツでもある(笑)福岡県久留米市出身の鮎川誠さんは1970年代に
福岡市を中心に勃興した所謂「めんたいロック」の草分け的存在の一人である

1970年に柴山俊之さんや、奈良敏博さんらとブルースロックバンド「サンハウス」を結成し
1978年まで活動したが解散し、奥さんのシーナさんと共に上京し
同年「シーナ&ロケッツ」でデビューを果たす

1978年にはデビューシングル「涙のハイウェイ」をリリースするが大ヒットとはならなかった
翌1979年にシーナ&ロケッツはアルファレコードに移籍しセカンドシングルをリリースする





ユー・メイ・ドリーム/シーナ&ロケッツ 1979 
作詞・柴山俊之/Chris Mosdell  作曲・鮎川誠/細野晴臣

あなたの事想うと すごく胸があつくなるの 
いつもはユーウツな雨も サンバのリズムにきこえる

あさもやの湖に 水晶の舟をうかべて 
ちょっとだけふれる感じの 口づけをかわす

So if you love me  Come up and see me after dark
Your name is carved on my heart  For you've reserved a dream
それが私のすてきなゆめ それが私のすてきなゆめ ユメ ユメ ユメ・・・

あさもやの湖に 水晶の舟をうかべて 
ちょっとだけふれる感じの 口づけをかわす

And you may dream tonight  When you turn out the light
Of a girl the arms of a hero  Like valentino  Well-hey! That lucky girl's me!
それが私のすてきなゆめ それが私のすてきなゆめ ユメ ユメ ユメ ・・・


イメージ 3



1979年にリリースされたアルバム「真空パック」からのリカットであり
JALのCMソングに抜擢され大ヒットしたシーナ&ロケッツの
セカンドシングル「ユー・メイ・ドリーム」

しかし音楽通に言わせると「ユー・メイ・ドリーム」はテクノポップのニュアンスを含んでおり
ロックバンドのシーナ&ロケッツが変な曲をリリースしたと当時揶揄されたそうだ

それもそのはず、この曲はテクノポップのレジェンドであるYMO細野晴臣さんが
プロデュースしておりサウンドトラックも手掛けているのだ

しかし当の鮎川さんは「そんな論争はどうでもいい」って反応しなかったそうだ

てか、この「ユー・メイ・ドリーム」は僕が高校1年生の時の曲だが
当時無知な僕にはロックにもテクノにも聞こえなかった

好きな曲で部屋でよく聴いた記憶はあるが歌謡曲だと思ってた
テレビにもよく出てましたしね 笑!




ベイビー・メイビー/シーナ&ロケッツ 1980 
作詞・シーナ 作曲・高橋幸宏

Baby Maybe I love you Baby Maybe I love you 
Baby Maybe I love you Baby Maybe I love you

ベイビーそっと目をとじて メイビーきこえてくるでしょう
ため息だけですぎてしまうなんて ベイビー貴方にあわない
 
ベイビーあたしの好きな人 メイビーいつまでも変わらないわ
恋のかけ橋宇宙の果てまで ベイビー誓ってほしいの 
真夜中の光が窓辺をさした時 おきざりのハート貴方は気づく

Baby Maybe I love you Baby Maybe I love you 
Baby Maybe I love you Baby Maybe I love you

ベイビーそっと目をとじて メイビーきこえてくるでしょう
ため息だけですぎてしまうなんて ベイビー貴方にあわない

Baby Maybe I love you Baby Maybe I love you
Baby Maybe I love you Baby Maybe I love you


イメージ 4


1980年にリリースされたシーナ&ロケッツのサードシングル「ベイビー・メイビー」
この曲はシーナさんが作詞されているが、作曲はこれまたYMO高橋幸宏さんだ

シーナ&ザ・ロケッツは生粋のロックバンドですがYMOの高橋幸宏、細野晴臣との
出会いによって大きなきっかけをつかみました
 
鮎川誠さんはYMOの歴史的名アルバム「SOLID STATE SURVIVOR」にギターで参加
YMOの国内のツアーにも参加していました

まったく正反対の音楽を志していたYMOとシーナ&ロケッツですが
音楽が大好きという点においてお互いをリスペクトしていたんでしょうね


イメージ 5


地元である福岡を拠点にすることにこだわっていた今でも博多弁丸出しの鮎川さんが
幼い双子を残して上京し「シーナ&ザ・ロケッツ」を結成した理由は、シーナさんの父親の

「一回、東京でスパッと勝負してこい、子供は任せて思い切りスパッと勝負してみんない!」
という励ましがきっかけだったそうです

めんたいロックの草分け的存在の鮎川さんの意志は、その後博多の後輩の
ザ・モッズ森山さんや、ザ・ロッカーズ陣内孝則さんへと引き継がれて行きました

先日記事にした元クールスのピッピさんのインタビューが掲載されている音楽雑誌
「ロック ジェット」に陣内さんのインタビュー記事も掲載されていますが
鮎川さんの事は同郷の先輩として尊敬してるしモッズの森ヤンの事は
良き仲間でありライバルだったと語っておられますね! ジャンジャン!!


イメージ 6


PRAINSのご予約

呉市本通り2−3−4(四ツ道路バス停前) 
(0823−23−7540)

PRAINSホームページ http://prains.jimdo.com/

PRAINSホットペッパービューティー  http://beauty.hotpepper.jp/slnH000288765/?cstt=

閉じる コメント(14)

顔アイコン

おおお、歌舞伎役者の髪型登場だぁ〜!
・・・・程度の知識では、なかなか追走が難しい。

この種の芸能記事の度に、自分にとっての新しい知見を与えていただけると、感謝しております。

2016/12/2(金) 午前 10:01 [ ben*ei*hi19** ] 返信する

顔アイコン

> ben*ei*hi19**さん

師匠の世代だったら知らなくても仕方ないですよ
九州福岡は独自の音楽文化を発展させた土地柄です
ロックに限らずフォークミュージシャンも多く輩出しています

2016/12/2(金) 午前 10:35 [ プレインズ ] 返信する

完全にモッズの後聞きですが、最高に好きですよ。
前身のサンハウスがかなり好きでこれと同様に年中ながします。

まずめんたいロックがあまり売れなかったのは洋楽テイストで正統ロックやパンクやブルースをながすので歌謡曲土壌の日本では受けないからと思いました。

鮎川さんのギター最高ですよね。
下北沢のバーで夫妻と遭遇したっきは話をしてくれました。
犬を連れて夫婦で散歩する姿はまるでアメリカ映画でした。

最高ですよね。

2016/12/2(金) 午前 11:19 [ sido.takuya ] 返信する

顔アイコン

> sido.takuyaさん

めんたいロックが好きなシドさんがシナロケが好きだって事は言われなくてもわかるよ 笑
好きな物を深く掘り下げるシドさんだからサンハウスが好きだという事もわかるしね

僕はデビュー曲の涙のハイウェイはよく知らないけど、2曲目のユー・メイ・ドリーム以降の
曲はリアル世代だからわかります
でも当時シナロケは歌番組にも出てたし、あまりロック色は感じなかった
ポピュラーバンドだと思ってたね

日本ロック界には布袋さんや、チャーさん、高中さんなど有名なギタリストは沢山いますが
鮎川さんも日本を代表するギタリストの一人だろうね
てか、鮎川さんって確かアメリカ人とのハーフだったよね〜?

昨年ニュースでシーナさんの訃報を知りました
まだ若いのに残念だと思いましたね・・・

2016/12/2(金) 午後 0:32 [ プレインズ ] 返信する

スネークマンショーに入ってたレモンティーって曲が好きでした😁

2016/12/2(金) 午後 0:37 [ matsu ] 返信する

顔アイコン

> matsuさん

レモンティーはサンハウス時代のカバーという説もある曲ですよね
しかもそのサンハウス時代の曲も洋楽のパクリという説も聞いた事があります
ま、音楽業界ではよくある事なんでしょうが・・・ 笑

2016/12/2(金) 午後 4:02 [ プレインズ ] 返信する

昨年の高塔山ジャムは、北九州の音楽シーンを盛り上げ様との発案者だったシーナさんの追悼って事で、初日は、陣内さんのザ・ロッカーズ、PERSONZ
ダイアモンド☆ユカイさん、ローリー寺西さん

二日目は、
ARBの石橋凌さん、ルースターズの池畑潤二さん、花田裕之さん、横道坊主
と驚きの豪華メンバーでした。

私は、初日に行きましたが、パーソンズのジルさんのシーナさんとの想い出の話は、笑えて泣ける話でした。

皆さん、シーナさんに対する感謝と追悼の気持ちで動いたのでしょう。

そんか気持ちがこちらにも伝わるそんなライブでした。

2016/12/2(金) 午後 7:17 [ sdhnh909 ] 返信する

顔アイコン

タイトル見た瞬間に。シーナ&ロケッツ、YMOと浮かんでしまった私は・・・それなりの年ですね・・・。

2016/12/2(金) 午後 7:19 [ 消え行くアメリカ車たちを追って ] 返信する

顔アイコン

> yusakuさん

そりゃまた凄いメンバーだね
広島も永ちゃんや拓郎さん始め凄いメンバーも沢山いるけど
福岡を中心とする北九州も凄いメンバー揃いだからね
博多のミュージシャンはライブハウス照和で育った人も多いし
先輩後輩の縦の関係もしっかりしてるし絆が深い印象があります
シーナさんも、そんな先輩に可愛がられ、後輩に慕われていたんでしょうね

2016/12/2(金) 午後 7:33 [ プレインズ ] 返信する

顔アイコン

> hir*_h*s*n*15*ctさん

1980年代初頭はテクノポップ旋風が吹き荒れた時代でしたよね
時代の変革期だったと思うし、どんどん新しい物が台頭してきた時代でした

2016/12/2(金) 午後 7:38 [ プレインズ ] 返信する

顔アイコン

鮎川さん・・・ぶれない、自分をまげないってところが好きです。

たいてい、ここまできたら標準語しゃべるのにとことん「博多」を通すその気構え、いいですねぇ〜〜(*^^)v

奥様、と言うよりかけがえのない自分の半身であるシーナさんを亡くされた痛み、辛さは想像できないなぁ(._.)

普通なら音楽活動を辞めたっておかしくないほどだろうけど・・・

それでも、彼女の意志とともに進んでいこうとする姿・・・

ロックだぜ!!(^O^)/

2016/12/2(金) 午後 9:32 ゴルゴ 返信する

顔アイコン

> ゴルゴさん

鮎川さんの博多弁と言えば、昭和の時代にあった何かのラーメンのCMを思い出します
どこの亭主も長年連れ添った奥さんが先立てばショックでしょうが
鮎川さんの場合は奥様であり、仕事のパートナーであり同志だった
他人が思う以上に心中複雑だったと思いますよね
しかし現実的にはいくら悲しんでもシーナさんは生き返らない
同志であったシーナさんの遺志を貫く事がシーナさんへの供養だし
鮎川さんの生き様だったんだと思います
その生き方がゴルゴさんも言われるロックなんだと思います

2016/12/2(金) 午後 10:15 [ プレインズ ] 返信する

こんばんは!

はじめに断っておきますが、オレはシーナ&ロケッツには特に興味がありません。

鮎川さんの印象といえば、大昔に出演していたインスタントラーメンのCMでのセリフ「博多んもんな、横道もん、青竹割って、へこにかく、ばってん、ラーメン」が頭の中で強烈に残っています。
あとポプラ(コンビニ)のCMにも出演していましたね〜、分かるひとには分かる情報?ですけど(笑)

曲を聴いたところテクノのニュアンスは特に感じませんでしたけど(汗)…言い換えれば彼らはそれまでの和製ロックとは違ったセンスを持っていたとも言えそうですね(^^)

2016/12/2(金) 午後 10:17 [ しゃっくりメイ ] 返信する

顔アイコン

> しゃっくりメイさん

えっ、そうなの?メイさん好きそうな感じだと思ったんですがね〜
とは言いながら(笑)CMのセリフまで覚えてるのは凄い
で、ユーチューブで見てみたら思い出しましたよ
確かにメイさんの記憶のようなセリフを言ってますね
インスタントラーメン「はかたもん」のCMだね
ポプラは呉にも多いから知ってるよ、CMまでは記憶にないけどね

だよね、当時YMOや先日記事にしたプラスティックスなどテクノポップの
ミュージシャンが沢山台頭したけどシナロケにはテクノは感じなかった
とは言えロックもあまり感じなかった、歌謡曲だと思ったんだけどね〜
ま、音楽のジャンル分けってけっこう難しいからね〜

2016/12/2(金) 午後 10:32 [ プレインズ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事