プレインズのブログ

23.4.1ブログ始めました!宜しくお願いいたします。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1



「女の運命は髪で変わる」の著者である佐藤友美さん↑は子供の頃から
クラスの男子や身内からも「ブス、ブス」と言われていたそうです

僕は彼女の子供の頃はとうぜん知りませんが、こうして現在の写真を見ると
そんなに悲観するようなブスには見えませんがね〜・・・

そんな彼女が何の因果かヘアライターになりファッション誌のヘアページを
担当する事になったのですが周りを見るとあきらかに自分は浮いた存在で

「ブサイクな私が見た目に気を使ってるのが逆に恥ずかしい・・・」
って変な自意識過剰に苛まれていたそうです

そして、ヘアページを担当するようになって半年くらい経った25歳の頃仕事をするうちに
「髪の影響力って凄いかも・・・」って思うようになったそうです


イメージ 2



そう思った佐藤友美さんは今まで何もしゃべらず爆睡しているだけだった美容室で
初めて「こんな髪型にしたいんです」雑誌の切り抜き写真を見せたそうです

髪を切り終わった彼女は、何だか髪がいつもよりいいような気がしたそうです
その数日後に仕事で会った美容師さんが佐藤さんの髪を見て

「あっ、その髪すごく似合っていてかわいいですね!」
って言ってくれたそうです

子供の頃から「ブス、ブス」と言われ続けていた佐藤さんは25歳にして
初めて他人から「かわいい」って言われて舞い上がったそうです


イメージ 3イメージ 4

























生まれて初めて他人から「かわいい」と言われた佐藤さんは
「どんなブスでも、髪だけは褒めてもらえるんだ!」
と、勇気をもらい自分に自信が持てるようになったそうです

そしてそれからの佐藤さんはどんなに忙しくても
2か月に一度は美容室に行くようになったそうです

そうなると不思議な事に仕事もプライベートも順調にすべり出したそうで
どんどん仕事も増え雑誌の編集長にも抜擢され
全国から講演依頼も来るようになったそうです


イメージ 5


僕は美容師として30数年間、お客様の髪を切らせてもらう中で思う事に
お客様が「その時の、なりたい自分になる」という事がベストだと思っています

その、「なりたい自分」を美容師に伝えるには雑誌の切り抜きや写真など
何でもいいから、とにかく画像を見せる事がベターだと思います

ヘアスタイルを言葉だけで伝える事はとても難しい事です
「軽く」「重く」と言われても、それらは人によってイメージする基準が違います
パーマの「強い」「弱い」もそうだし、カラーの「明るい」「暗い」も同様です

更には巨人軍の長嶋茂雄さんのように(笑)「フワッと」「シュ〜ッと」
「シャッと」「ス〜ッと」・・・等の擬音で言われても美容師が思い描くイメージと
お客様のイメージが違うかも知れない

「なりたい自分」になるためには髪を切ってもらうお客様と
髪を切る美容師がイメージを共有する事が何より大事です

それを伝えるには同じ画像を見る事が最小限に誤差を抑える方法だと思います

「写真のモデルさんと顔が違うから・・・」と、恥ずかしがる方もいらっしゃいますが
美容師が欲しい情報は「顔」ではなく「髪」なんです

そんな事は一切気にする必要なんてありません


イメージ 6


「なりたい自分」になれると人は嬉しくなりテンションも上がり
メイクをするのも、服を選ぶのも楽しみになります

そうする事で佐藤さんのように自分に自信が持てるようになり
気持ちもポジティブになります

自分に自信が持てれば人は言動や行動が変わり他人からの評価も上がります

しかも髪は生まれ持った顔のパーツとは関係なく整形次第で褒めてもらえるパーツであり
顔の一部である髪が変われば顔トータルの平均値はとうぜん上がります

前回も言いましたがチープな絵画がお洒落な額に入れられ
トータルで実際の価値以上の出来栄えに見えるようになったという事です

そうなるためには「変わる勇気」を持つ事も大事だと言えるでしょうね!


イメージ 7イメージ 8
























今回写真はタレントの久本雅美さんを使わせていただきました 

前回僕は「若さという武器は七癖を隠す」と言いましたが左の若い頃の久本さんは
若さという武器を持ちながらも個人的にはどちらかと言えば・・・ 笑!

僕が思うにこれは彼女の髪型によるところが非常に大きいと思うわけです
2枚目の写真なんて彼女の芸風もあったのでしょうが酷いですぞ 笑!

グラボブ自体は悪くはないんだけどあのオデコ全開の前髪が
現在の久本さんなら似合いそうですが当時の久本さんには似合っていないと思います

26歳時の写真なんて現在の久本さんより老けて見える
これも髪型によるところが大きい
長い髪をいつも一つに結んでるのは実は老けて見えるんですよね

髪型は同じ人やデザインでも年齢や時代性によって
似合ったり似合わなくなったりもするのです

現在58歳の久本さんは、歳は取ったけど若い時より綺麗に見える
テレビで拝見しても、とても個性的でお洒落だしキュートに見える

それは美容師の目から見ても、一人の男としてみても
彼女の髪型によるところは大きな要因だと思います

年齢を重ねた久本さんは当然の事ながら髪以外の顔のパーツは
整形でもしてない限り若い頃より老けてるわけです

しかし髪を素敵にして内面に自信が持てれば久本さんだって(笑
これだけ綺麗になれるわけです

「だから、髪はすごいんです!」 
ジャンジャン!!


イメージ 9


PRAINSのご予約

呉市本通り2−3−4(四ツ道路バス停前) 
(0823−23−7540)

PRAINSホームページ http://prains.jimdo.com/

PRAINSホットペッパービューティー  http://beauty.hotpepper.jp/slnH000288765/?cstt=

開く コメント(12)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事