ここから本文です
旅写真・日記〜blog編〜
休ブ届…拙いブログにお付き合い頂きました皆さまに感謝。

書庫全体表示

バーリの駅からはイタリア鉄道を挟んで、南側からスド・エスト線、そして北側からアップロ・ルカーネ線が延びていますが、本日はアップロ・ルカーネ線のお世話になります。
 
イメージ 1
ホテルの部屋からは中央駅が良く見えます。そして、ロータリーの周りには南国のような木々…
 
イメージ 2
アップロ・ルカーネ線の切符は、高架ホームの下にある売店で買えます。
 
イメージ 13
前の日の晩のうちに時刻表のチェックを兼ねて、切符を買っておきました。
 
イメージ 18
本日お世話になるアップロ・ルカーネ線は高架ホームからの出発
 
イメージ 19
立派な画面表示ですが、かなり本数は少なめです。
 
イメージ 20
すでにマテーラに向かう列車がホームに入っていました。
 
意外と編成が長いのね…と思ってみていると…
 
イメージ 21
さらに増結するようです。
 
イメージ 22
では、連結です―ガチャン♪
 
イメージ 23
車内は意外と(失礼?!)キレイ…
 
「マテーラ行くよね?」としつこく確認していたので…
 
イメージ 24
この駅で乗り換えだよ!と教えてくれました。
 
イメージ 3
ホームの向かいに止まっていた列車に乗り換えです
 
イメージ 4
街に入る直前にトンネルに入って、マテーラ駅は地下ホームでした。
 
イメージ 5
念のため、帰りの列車の時刻をチェックしておきます。そう言えば、行きの列車は15分遅れだし…
 
イメージ 6
ホームから階段を登って地上へ出ます。
 
イメージ 7
洞窟住居=サッシSassiの案内看板を目印に街の中を歩いて行きます。
 
 ―すると、目の前に広がる光景が変わります。
 
イメージ 8
洞窟住居Sassiが残るマテーラの街並みです。
 
イメージ 9
サッシ地区を歩きながら、セピア色の街を眺めます。
 
イメージ 10
色のない街並みに点在する教会に入ると、美しいステンドグラス
 
イメージ 11
余計に美しく感じますよね。
 
イメージ 12
丘の上に密集した住居が並ぶ街並み
 
イメージ 14
住居に飾られた花の色が引き立って見えます。
 
イメージ 15
ドゥオーモはどこ?と地元の人に聞くと、付いておいで―と坂の多い道を先に歩き始めます。
 
イメージ 16
―ところが、ドゥオーモ改修工事中で入れませんでした。
 
イメージ 17
でも、その代りにドゥオーモが建つ高台から、サッシ地区が一望出来る風景を見ることが出来ました。
  
つづく

  • 切符からしてオシャレですよね♪

    電車の外観は古っぽい感じがしますが、中はキレイですね

    高台から眺める街並みがとってもステキです(^-^)

    はっしー

    2013/5/30(木) 午前 6:26

    返信する
  • 顔アイコン

    ひとつひとつの建物の色も形もそれぞれ違うように見えるのに、遠くから見ると一つに溶け合っているようで幻想的にすら感じます。青空の下のセピア色の街、とっても素敵です。

    ぽちた

    2013/5/30(木) 午後 7:39

    返信する
  • はっしーさん、こんにちは。
    列車の外観はちょっと貫禄ありますよね。
    切符を売る売店のオジサンも、車掌さんも親切で助かりました。

    初めての場所でも、高台から街を眺められると、街歩きの予習になって歩きやすいですよね。

    プリゴン

    2013/5/31(金) 午前 0:03

    返信する
  • ぽちたさん、こんにちは。
    マテーラの街の遠景、とっても美しいですよね。一時は不衛生と政府が移住を進め廃墟と化したそうですが、今では保存が進み世界遺産にも登録されるまでに再生したのだそうです。

    プリゴン

    2013/5/31(金) 午前 0:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事