ここから本文です
旅写真・日記〜blog編〜
休ブ届…拙いブログにお付き合い頂きました皆さまに感謝。

書庫飛ぶ(国内)北海道

記事検索
検索

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

月日を遡り5月のとある週末、オフ会に参加するためにやって来た札幌の翌朝のお話です。

イメージ 1
ドーミーインと言えば、お楽しみは天然温泉と夜鳴きそばと朝ご飯でございます。
前夜はシメパフェの待ち時間が長過ぎで夜鳴きそばに間に合いませんでしたが、朝食は混雑を避け、早起きして朝6時にレストランへ…

イメージ 2
では、ドーミーインの中でも豪華版の札幌の朝食を見渡してみましょう―小鉢が取りやすいサラダ等。

イメージ 3
野菜サラダやフルーツ

イメージ 4
焼き物コーナーには帆立にいもだんごという魅力的なラインナップ

イメージ 5
和食小鉢も充実しています。

イメージ 6
パンコーナーにはフレンチトーストなどもありますが…

イメージ 7
北海道のドーミーインと言えば、朝から海鮮丼コーナー♪

イメージ 8
ドリンクコーナーへ足を運んでみますと…

イメージ 9
もちろん、北海道らしくカツゲン

イメージ 10
朝ご飯、全景♪

イメージ 11
朝から海鮮丼、拡大♪♪

イメージ 12
スープカレーも頂きました♪

イメージ 13
小鉢、各種♪

イメージ 14
帆立&じゃがいも

イメージ 15
国内旅行では、生野菜も頂きます。

イメージ 16
デザートコーナーはかつての勢いをなくしたような気がしますが…

イメージ 17
とりあえず、各種頂きました♪

イメージ 18
ホテルから札幌駅までは少し距離がありますが、タクシーの送迎サービスがあります。

イメージ 19
朝から食べ過ぎましたので、札幌駅まで歩いて、快速エアポートで新千歳空港に戻ることにしました。

開くトラックバック(0)

蟹だるまオフ会 in 札幌

引き続き、月日を遡り5月のとある週末、札幌にやって来たお話の続きです。

イメージ 1
0次会で雪印パーラーにお邪魔して…

イメージ 2
ドリームジャンボパフェを頂いた後は…

イメージ 3
北のお姉さまを慕うブロガーさん達が集うオフ会の会場へ、徒歩で移動します。

イメージ 4
憧れの蟹だるま、正式には「浜茹で毛ガニ『だるま』」と言うのですね。

イメージ 5
4Fの「和ごころ桜彩」に到着です。

イメージ 6
大勢の参加者がいると、蟹だるまも凄い数ですね。
 
食べたものをひと通り、手抜きのスライドショー形式でふり返ります。
 

イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
―朝から食べ続けて満腹でしたので、蟹だるま以外は食べた記憶がほとんどありません(笑)

イメージ 16
さて、札幌では「シメパフェ」が流行っているそうで、2次会は人気のパフェ屋さんへ…話の展開の都合上、モザイク処理です(笑)

イメージ 14
順番待ちの時間も長かったですが、注文してからパフェに会えるまでの待ち時間も長かったです。だから、並ぶのでしょうが…。

イメージ 15
とっても凝った素敵なパフェですが、なかなか出て来ないのに、さっさと食べて帰ってくれ―みたいな態度はどうかと思いましたよ(爆)
 

つづく

開くトラックバック(0)

引き続き、月日を遡り5月のとある週末、新千歳空港にやって来たお話の続きです。

イメージ 1
小樽でアイスのハシゴを楽しみ、駅に戻って来ました。

イメージ 2
快速エアポートで札幌に向かいます。

イメージ 3
お天気が良いので、Uシートで海を眺めながら汽車旅を楽しむことに…

イメージ 4
でも、転換クロスシートの旧型車両でしたから、Uシートを奮発しなくても、景色は楽しめましたね。

イメージ 5
青空の札幌駅に到着

イメージ 6
花々がきれいに咲く季節でした。

イメージ 7
狸が観光客を迎える狸小路に到着

イメージ 8
今夜の宿、「ドーミーインPREMIUM札幌」にやって来ました。

イメージ 9
エントランスの様子です。

イメージ 10
無料のコーヒーサービスもあります。

イメージ 11
お部屋にお邪魔すると、ドーミーインお馴染みの二重扉

イメージ 12
お部屋の様子です。

イメージ 13
お水付きがPREMIUMなのでしょうか??

イメージ 14
温泉大浴場付きですので、部屋にはシャワーのみ

イメージ 15
お風呂に行く際は、お部屋のタオル持参をお忘れなく。

イメージ 16
さて、ホテルを出発して、札幌の街を歩きます。

イメージ 17
時計台までやって来ると、目的地はもうすぐ

イメージ 18
大幹事さまにお呼ばれした0次会の会場にやって来ました。
 

つづく

開くトラックバック(0)

小樽でアイスのハシゴ

月日を遡り5月のとある週末、新千歳空港にやって来たお話の続きです。

イメージ 1
新千歳空港駅は「一日散歩きっぷ」を買えなくなってしまったので、Suicaで快速エアポートに乗りました。

イメージ 2
Uシートで、途中、海を眺めながら…

イメージ 3
終点の小樽駅へ

イメージ 4
よく晴れた小樽駅でした。

イメージ 5
駅前の商店街を歩き…

イメージ 6
「アイスクリームパーラー美園」にやって来ました。

イメージ 7
ディスプレイにも歴史を感じます。

イメージ 8
漢字が多いメニューです。

イメージ 9
北海道最古のアイスクリームという美園アイスですが、牛乳や卵といった原材料にもこだわりを見せています。
 
本日の注文は…
 

イメージ 10
いつも通り「句吏夢伯福栄(クリームパフェ)」をお願いしました。
上がソフト、下がアイスクリームという、無駄のない理想的なパフェでございます。
 
あっ、それはパフェじゃなくて、単にアイスがダブルでは?という突っ込みは禁止です(笑)

イメージ 11
美園の後は、せっかくお天気が良いので、小樽運河を散策…

イメージ 12
気持ちの良い青空でした。

イメージ 13
日本銀行などを眺めながら、駅へと戻ります。

イメージ 14
何だか線路の上を歩けると得した気分になる、旧手宮線跡

イメージ 15
「洋菓子喫茶あまとう」にやって来ました♪

イメージ 16
お店の外に魅力的な写真たち

イメージ 17
先ほど美園でアイスを頂いたばかりですが、お店に入っちゃいました(笑)

イメージ 18
美園と違って、こちらの「あまとう」は、卵を使わないアイスを売りにしています。

イメージ 19
「クリームしるこ」を頂きました♪

イメージ 20
ちなみに名物「クリームぜんざい」との違いは、つぶあん/こしあんの違いになります。
アイスのハシゴに大満足して、本番の大きなアイスを食べに札幌へ戻ります(謎)
 

つづく

開くトラックバック(0)

昨年のパソコンのクラッシュ騒ぎで書き損ねていた、ちょっと前の空旅のお話です。

イメージ 1
月日を10ヶ月ほど遡った5月のとある週末。羽田空港へやって来ました。

イメージ 2
出発フロアへ向かいます。

イメージ 3
SUITE CHECK-INのエントランス

イメージ 4
SUITE LOUNGEにお邪魔します。

イメージ 5
本日は野菜のブイヨンスープ&軽めにパンを頂きます。

イメージ 6
搭乗が始まっていて、搭乗口の写真ナシ…いきなり窓から望む「沢庵」(笑)

イメージ 7
翼の王国を眺めながら、スープを頂きます。

イメージ 8
千歳空港に向け、着陸態勢です。

イメージ 9
スポットに到着♪

イメージ 10
トリプルセブンさん、お世話になりました。

イメージ 11
さて、千歳空港に到着後は、空港内を散策…

イメージ 12
北海道ラーメン道場にやって来ました。

イメージ 13
開店前の「えびそば 一幻」に並びます。

イメージ 14
おしながき―開店前は、席に案内される前にオーダーを確認され、待ち時間短縮です。

イメージ 15
えびそば、みそ、しお、しょうゆの3種類の味付けに加え、そのまま/あじわい―という2種類のスープの選択肢があります。

イメージ 16
「えびそば」到着。えびしお&そのまま…でお願いしました。

イメージ 17
食後は「よつ葉ホワイトコージ」へ

イメージ 18
メニュー、一覧

イメージ 19
期間限定、北海道メロンパフェを頂きました♪

イメージ 20
千歳空港駅で愛用の「一日散歩きっぷ」を買おうとしたのですが、見当たらず。

イメージ 21
新千歳空港駅ではお買い求めいただけません
―という、観光客狙い撃ちの嫌がらせな商売を始めていました。
 売りたくないなら、廃止しろよ―と思いつつ、次回に続きます。

開くトラックバック(0)

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事