ここから本文です
旅写真・日記〜blog編〜
休ブ届…拙いブログにお付き合い頂きました皆さまに感謝。

書庫2017夏スイス

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

カレンダーはすでに9月ですが、旅日記の夏休み話はいよいよ(?)現地滞在5日目。

イメージ 1
朝はお部屋のバルコニーでマッターホルンの朝焼けを眺めていました。

イメージ 2
本来は午後、ツェルマットを眺めるトレッキングコースを歩くつもりでしたが、予定変更。お出かけの準備です。

イメージ 3
ホテルの前庭からもマッターホルンが良く見えていますね。

イメージ 4
ツェルマット駅にやって来ました。

イメージ 5
ゴルナーグラート登山鉄道のツェルマット駅

イメージ 6
7時発の始発電車に乗り込みます。

イメージ 7
30分ほど列車に乗って…

イメージ 8
標高2815m、ローテンボーデン駅へ

イメージ 9
駅から続くトレッキングコースを歩きます。5分も歩くと…

イメージ 10
逆さマッターホルンが美しい、リッフェルゼーに到着

イメージ 11
縦位置で、もう1枚♪

イメージ 12
さらにトレッキングコースを歩いて行くと…

イメージ 13
もうひとつの湖、ウンターリッフェルゼーで逆さマッターホルン

イメージ 14
朝のうちに登って来たので、雲一つないマッターホルンに会えました。

イメージ 15
眼下にトレッキングコースの終点、リッフェルベルク駅が見えて来ました。

イメージ 16
昨年、3泊もお世話になった「Riffelhaus 1853」がマッターホルンをバックに絵になりますね。

そう言えば―
チェックアウトの際に「去年は雨だったけど、今年はマッターホルンに会えて、最高に良かったよ♪」と話したら、ホテルのオジさまに「そう言わず、またマッターホルンに会いに来てくれよな!(→私的意訳)」と言われたのでした。やはり約束は守っておくべきでしょうか??(笑)

イメージ 17
リッフェルベルク駅からは…

イメージ 18
登山電車でツェルマット駅へ下って行きます。

イメージ 19
車窓にはマッターホルン

イメージ 20
そして、大きな滝…

イメージ 21
一晩お世話になったホテル

イメージ 22
ツェルマットの街並み…と、車窓に飽きることがありません。

イメージ 23
ツェルマットの駅に戻った後は、ホテルの朝ご飯に急ぎます(笑)
 

つづく
9月になりましたが、旅日記は相変わらず夏休み現地滞在4日目のお話です。

イメージ 1
ホテルの広々バルコニーで過ごした後は…

イメージ 2
夕食を頂きに、ツェルマットの街を歩きます。

イメージ 3
「日本語メニューあり」のRosstallにやって来ました。

イメージ 4
可愛らしい店内です。

イメージ 5
パンが届いた後…

イメージ 6
隣のテーブルに座っていた日本人母娘の「そんなにアルコールは強くないですよ」との言葉に勇気づけられてオーダーしたチーズフォンデュが到着。

イメージ 7
「フォンデュは1人前だと、とっても小さいよ」と店員さんに言われたので、いつものレシュティもオーダー

イメージ 8
では、全然小さくなかったフォンデュを頂きます。

イメージ 9
食後はホテルに戻り、バルコニーで過ごします。

イメージ 10
バルコニーから眺める街の風景

イメージ 11
そして、今年も憧れのマッターホルンに会えました。

イメージ 12
ホテルのウェルカムギフトを開けて…

イメージ 13
マッターホルンの実物と比較(笑)

イメージ 14
やがて、マッターホルンに夕日が差します。

イメージ 15
暮れ行くツェルマットの街の風景―

イメージ 16
バルコニーに三脚を立てて、マッターホルンを眺めて過ごしました。
 

翌朝に続きます。
9月になりましたが、旅日記は相変わらず夏休み現地滞在4日目のお話です。

イメージ 1
駅から歩いて10分弱…

イメージ 2
今夜お世話になる「Parkhotel Beau Site」に到着です。

イメージ 3
最後の坂道が気合が要りましたが、もちろん送迎サービスもあったそうです。

イメージ 4
チェックインをお願いしまして…

イメージ 5
お部屋にお邪魔します♪

イメージ 6
ソファ・スペース

イメージ 7
コーヒーを飲む習慣がない私には、立派過ぎるコーヒーメーカー

イメージ 8
グラスやカップなども揃っています。

イメージ 9
バスルームはもちろんバスタブ付き♪

イメージ 10
アメニティはホテルのオリジナルでした。
 

そして、このホテルを選んだ一番のポイント
 

イメージ 11
マッターホルン・ビューのバルコニー付き♪

イメージ 12
ロビーでは16〜18時の間、アフタヌーンティーのサービス中とのことで、さっそく覗いてみました。

イメージ 13
セルフサービスのようです。

イメージ 14
ケーキを頂いていると…

イメージ 15
テラス席が空いたようですので…

イメージ 16
マッターホルンを眺めながら、クロワッサンを頂きました―何だか朝ご飯みたいですが。
 

つづく
9月になりましたが、旅日記は相変わらず夏休み現地滞在4日目のお話です。

イメージ 1
インターラーケン・オスト駅でバーゼル行きの特急、インターシティに乗り換えます。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
進行方向右側に席を確保すると、トゥーン湖の景色が車窓に広がります。

イメージ 5
やがて、シュピーツ駅が近づいてきました。

イメージ 6
乗り換えで少し時間に余裕があるので、駅前に出てみましょう。

イメージ 7
こちらの駅、駅前の眺めが絶景♪なのです。

イメージ 8
続いて、ブリーグ行きに乗り換え

イメージ 9
うっかり寝過ごすところでしたが、フィスプ駅で下車

イメージ 10
続いて、こちらの列車に乗り換え

イメージ 11
ツェルマットに向かうマッターホルン・ゴッタルド鉄道に乗車します。
 
↓この後は各自、「世界の車窓から」のテーマを口ずさみながらご覧ください(笑)
 

イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
1時間半ほどの汽車旅で、終点・ツェルマットに到着

イメージ 27
お天気に恵まれなかったスイスの夏休みは、現地滞在の話を割愛して、復路のフライトの話に飛ぼうと思いましたが、やっと青空に会えました。

イメージ 28
あとは、少し雲に隠れた主役の登場を待つだけ―。
 

つづく
9月になりましたが、旅日記は相変わらず夏休み現地滞在4日目のお話です。

イメージ 1
メンリッヒェンからトレッキングコースでクライネ・シャイデックへ向かう予定が、お天気がイマイチでしたので、電車移動に予定変更。

イメージ 2
麓では意外と青空が広がっています。

イメージ 3
ヴェンゲンの街が小さくなって行きます。

イメージ 4
クライネ・シャイデックに向け、高度を上げて行くと、雲が増えて来ました。
 

クライネ・シャイデックに到着しても、見えるはずのユングフラウ3山は見当たらず…
 

イメージ 5
とりあえず、ランチタイムとすることに…

イメージ 6
もちろん、レシュティでございます。
 

―すると…
 

イメージ 7
待った甲斐があって、ユングフラウ3山が姿を現しました♪

イメージ 8
大急ぎでビュースポットへ移動し、アイガーを一枚♪

イメージ 9
ユングフラウヨッホ、拡大♪

イメージ 10
そして、ユングフラウ3山そろい踏み♪―この後、再び雲が広がり、つかの間の風景でした。

イメージ 11
クライネ・シャイデックの駅に戻り…

イメージ 12
グリンデルワルト行きの電車に乗ります。

イメージ 13
アイガーを眺めながら、電車が峠を下って行きます。

イメージ 14
見る方向によって、意外と姿が違うアイガー

イメージ 15
グリンデルワルトに向けて、坂を下って行きます。

イメージ 16
グリンデルワルト駅に到着

イメージ 17
グリンデルワルトの駅から眺めるアイガーの景色も素晴らしいですね。

イメージ 18
グリンデルワルトからはこちらの青い電車に乗り換え

イメージ 19
インターラーケン・オスト行きです。

イメージ 20
川沿いを走り…

イメージ 21
緑を眺め…

イメージ 22
いくつか駅に停まると…

イメージ 23
終点のインターラーケン・オスト駅に戻って来ました。
 

つづく

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事