ここから本文です
旅写真・日記〜blog編〜
休ブ届…拙いブログにお付き合い頂きました皆さまに感謝。

書庫2017夏スイス

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

すでに終わった夏休みですが、旅日記はまだ現地滞在2日目のお話です。

イメージ 1
予報通り雨降りの朝を迎えました。

イメージ 2
地上階のレストランに向かいます。

イメージ 3
いや、1日中雨の予報なんですが…

イメージ 4
朝食を頂きながら、雨の日の過ごし方を考えます。

イメージ 5
食後はホテルを出発し…

イメージ 6
予定通りチューリッヒ中央駅から列車に乗ることにしました。

イメージ 7
列車の案内表示が空港のようなスケールですね。

イメージ 8
2階建て車両がホームに停まっていました。

イメージ 9
もちろん丸い屋根が魅力的な2階席へ

イメージ 10
1時間ちょっと列車に揺られ…

イメージ 11
やって来たのは、ザンクト・ガレン
クレア・トラベラーの特集「未知なるスイス」を見て、一度来てみたいと思っていた街です。

イメージ 12
スイス国旗が並ぶ通りを歩くと…

イメージ 13
お目当ての建物が見えて来ます。

イメージ 14
大聖堂―う〜ん、やっぱり青空の下で見たかったですね。

イメージ 15
雨宿り代わりに大聖堂の中にお邪魔します。

イメージ 16
しばらく、写真を撮って過ごし…

イメージ 17
オープン時間に合わせ、ザンクト・ガレンで一番のスポット「修道院図書館」へ

イメージ 18
館内は撮影禁止だそうで、建物の中で撮った風の写真が撮れる記念撮影スポットが用意されていました。
撮影禁止スポットには用事の無い私ですが、スイス・パスでタダだったので、一応お邪魔しておきました。

イメージ 19
館内の様子は、お土産屋さんで調達した絵葉書でお届けします。
 

つづく
すでに終わった夏休みですが、旅日記はやっと目的に到着です。

イメージ 1
チューリッヒ国際空港に到着後は、案内看板に従って、鉄道駅へ

イメージ 2
地下のショッピング街を抜け―

イメージ 3
さらにフロアを下ると…

イメージ 4
ホームへのエスカレーターにたどり着きます。
ちょうどチューリッヒHBを経由して、ベルンに向かう列車が出発するところでした。

イメージ 5
2階建ての列車に乗り込みます。

イメージ 6
インターシティーに揺られて1駅…

イメージ 7
知らない間に地下ホームが出来ていたチューリッヒ中央駅に到着です。

イメージ 8
スポットインから中央駅まで所要40分は優秀ですよね。

イメージ 9
中央駅に着いた後は…

イメージ 10
駅近くの今夜のホテルへ向かいます―セントラルプラザホテル

イメージ 11
チェックインをお願いします。

イメージ 12
お部屋の様子です。

イメージ 13
窓際にソファセット

イメージ 14
コーヒーを飲む習慣のない私には使い方が分からないエスプレッソ・マシーン

イメージ 15
バスルームは嬉しいバスタブ付き

イメージ 16
アメニティの両側の空きスペースが気になりますが、翌日はハンドタオルが鎮座していました―忘れられた??

イメージ 17
お水のサービスはまさかのガス入りでした―コーヒーとか、どうするのかな。

イメージ 18
今回のお部屋は「リバー・ビュー」を指定しておきましたが、滞在中お世話になったCOOPビューでした。

イメージ 19
そう言えば、バスルームにはヒルトン系でもないのにアヒルがいらっしゃいました。
 

翌日のお話に続きます。
現実の世界では帰国途中の空の上ですが、旅日記は往路、乗り継ぎのお話です。

イメージ 1
出発は遅れましたが、フランクフルト到着は定刻で、ラウンジ寄り道時間は無事に確保。

イメージ 2
ステイタス・カードを忘れ、そう言えばスマホアプリで入れてもらえるかも?と思ったのですが、搭乗券の「NH*G」マークだけで入れてもらえました。

イメージ 3
フランクフルトらしく、ソーセージ♪

イメージ 4
そして、アイス食べ放題もスケールが大きいです。

イメージ 5
とは言え、時間の都合でひとつだけ…

イメージ 6
搭乗口へと向かいます。

イメージ 7
お世話になる機材はこちらのエアバス

イメージ 8
フライトはLH1198便、チューリッヒ行きです。

イメージ 9
では、搭乗開始です。

イメージ 10
お席はこちらです。

イメージ 11
機材はA320-200だったようです。

イメージ 12
窓の外に特別塗装のLHジャンボを発見

イメージ 13
滑走路へ向かいます―これで青空ともお別れです。

イメージ 14
短いフライトでも、立派な機内食が出ますね。
でも、最近LHに乗られていた青組のお姉さまとはパンの種類が違うよな…。

イメージ 15
ドイツは晴れていましたが、雨の予報のスイス上空…

イメージ 16
チューリッヒ空港に到着です。

イメージ 17
エアバスさん、お世話になりました♪

イメージ 18
出口に向かいます。

イメージ 19
大きなリンツの看板が迎えてくれます。

イメージ 20
出来れば帰りに寄りたいリンツ売り場―銀座で行けば?という突っ込みは禁止です。

イメージ 21
荷物の待ち時間が表示されるのも、待ち時間が7分なのも優秀ですね。

イメージ 22
無事、ANA×RIMOWAとも再会して、ホテルへ向かいます。
 

つづく
すでに夏休みも終盤ですが、旅日記は相変わらず往路の機内からです。

イメージ 1
ファーストミールが終わっても、まだ目的地が遠いNH223便。

イメージ 2
日頃映画館に行く習慣が無い私、映画を見るのは機内だけ―洋画は登場人物の区別がつかないので、いつも通り邦画オンリーで本日1本目は「追憶」

イメージ 3
通りがかった外人CAさんに「香るかぼす」をお願いしたら、なかなか持って来てもらえなかったので、忘れちゃったかしらん?と思ったら、「ご一緒にどうぞ」と、お茶菓子付きでした。疑ってゴメンナサイ!

イメージ 4
取り置きをお願いしておいたハーゲンダッツを挟んで…

イメージ 5
邦画2本目は「花戦さ」

イメージ 6
まだロシア上空でしたので…

イメージ 7
「うかい名物 豆水とうふ」を頂きながら…

イメージ 8
途中で居眠りしても良いように、機内2度目の「君の名は。」―でも、見入ってしまって、かえって目が覚ました(笑)

イメージ 21
到着まで2時間を切ったようで、セカンドミールの時間です。

イメージ 9
セットメニューのほか、アラカルトメニューもチェックして…

イメージ 10
サラダ&うどんをお願いしました。

イメージ 11
「ガーデンサラダ 黒酢オニオンドレッシング」―アラカルトのサラダって、Fのファーストミールと同じような気がしています。

イメージ 12
「舞茸うどん」は初めて頂きました。

イメージ 13
NH223便の空旅もそろそろ終了…

イメージ 14
雲が多かった眼下の眺めも、雲もだいぶ切れて来ました。

イメージ 15
日本茶を頂きながら、時計を現地時間に合わせます。
 
あとは到着するだけ―と思ったら…
 

イメージ 16
CAさんが「もうひとついかがですか?」とハーゲンダッツのおかわりを持って来てくれました。

イメージ 17
最後にCAさんからメッセージ付きの袋を頂き、空旅終了。もしかして、マニアと思われました??

イメージ 18
フランクフルトの街並みが見えると、空港も目前

イメージ 19
青空のフランクフルト空港に到着です―マイルでタダ乗りなのに、素敵な空旅をありがとうございました。

イメージ 20
地下トンネルの動く歩道、まだ工事中なのね―と思いつつ、ターミナル1Aに移動します。
 

つづく
すでに現地滞在も終盤ですが、旅日記は往路の機内からです。

イメージ 1
お食事前のお飲み物に、撮影用シャンパンを頂きます。

イメージ 2
アミューズ
普段お酒を飲む習慣のない私、オリーブには機内でしか会いません。

イメージ 3
さて、ファーストミールの事前予約は和食と…

イメージ 4
洋食の肉料理との二択でした。

イメージ 5
今回は「和食」にしてみました。

イメージ 6
せっかくのコラボ・メニューだったからです。

イメージ 7
先附「夏野菜のゼリー寄せ」

イメージ 8
お造り「小鯛笹漬け 羽太 煽り烏賊」

イメージ 9
小鉢「牛時雨煮 冬瓜」

イメージ 14
慣れないシャンパンのお陰で、この後ひと寝入りしてからメインへ…

イメージ 10
主菜「伊佐木胡麻塩焼き」

イメージ 11
御飯「枝豆もろこし御飯」―実は、この枝豆&とうもろこしに一番惹かれたのでした(笑)

イメージ 12
選べるデザートはいつも通り(?)両方頂きました。

イメージ 13
食後に日本茶を頂きつつ、セカンドミールの際に起こして良いか確認があったので、叩き起こして頂くようお願いしつつ、アイスの取り置きもオーダーしておきました。

イメージ 15
やっぱり、和食って、美しいーと思いつつ、奥田さん、ご馳走さまでした。
こちらのチケットで最初のドリンクが無料になるそうですが、その程度ではお店に近づけそうにありません。
 

つづく

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事