ここから本文です
Guitars & Beers
大好きな音楽とお酒とラーメンのお話し。 ギタリストの和田アキラさんには特別な思い入れがあります。

書庫GUITARS

趣味のギターについて。

ギター収集が趣味ではございませんので記事は少ないです・・・。
記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

10月15日(日)

曇り。

早くも10月も半分・・・。

早っ!!

です。


長女の同級生が、なんと癌で亡くなってしまったそうな・・・。

この歳で。

ご両親の気持ちがわかりすぎます。

ご冥福をお祈りします。


さて。

昨日、

なんと、

ご訪問者さま、

イメージ 1

210,000名さま突破。


これもひとえに、

イメージ 2

これからもよろしくです。


さて。

ココにもきてくださる方が、

現在、レスポールモデルを自身で、

Gold Top化。

ごいすぅ〜。

わてくしも1本Gold TopのLes Paul Modelを所持しておりますが。

最初からGold Topです。

イメージ 8
Aria ProⅡ LS-800(?)& Fernandes FR-120S(改)

ここんとこ、

PCでようつべ見ながらのあぐら弾きが多いので、

イメージ 14

Les Paul Modelと、

イメージ 15

FR-125S(改)を弾くこと多いのです。

Flying Vやセミ・アコはあぐらだとちょっと挽肉、

じゃなくて弾きにくいので・・・。


FR-155SとFR-Limitedはアクティブなのでギター・コーナー専用で。


で、この2機をご紹介。

イメージ 13

まずは、

Aria ProⅡ LS-800(?)。

ほんとうにLS-800なのかわわかりません。

以前、ココで写真をUPした時に、

AriaのST Gold TopはLS-800しかなかったと、

ココにこられた方が申されていたので、

あ、そうなんだぁ。ってな感じでした。

イメージ 9

PUは、

Frontのゼブラは前オーナーが変えたようで、詳細不明。

まずまずな音なのでそのまんま。

Rearは、Originalがついていたのですが、ちょいと気に入らなかったので、

FernandesのVH-1に交換しました。

ボディはマホガニー、メイプル・トップ。

マホガニー・ネックにローズ指板です。


ダーク・バックなのも気に入ってるんですよねぇ。

PRISMお三方のサイン入りですし。

イメージ 12



こちら、Fernandes FR-125S(改)。

もともとは、

Sustainer・Single・Single・Humbucker、

Singleはアクティブ、Humはパッシブという配線だったのですが、

Sastainerの調子が悪くなったので、

思い切ってH-S-Hのパッシブ化にしました。

イメージ 10

FrontはFernandesのVH-1、

CenterはEvansというよくわからないSingle、

RearはOriginelのFHM-3210というHum。

Bodyはモンキー・ポッドという材で、

イメージ 16

『この〜木なんの木・・・。気になる木。』のあの木です。

ネックはメイプル、ローズ指板です。

イメージ 11

ヘッドの裏には和田アキラさんサイン入りです。



最後に、

出会いの曲。 

Vocal編。


まずは、

安全地帯。

イメージ 3

玉置浩二がまだ変な奴だったとわ、

わからなかった頃。

曲作りにかけては凄いものを感じますし、

唄もよいですよねぇ。

微笑みに乾杯

数ある好きな曲でもこの曲を聴いて、

安全地帯(玉置浩二)って凄いなぁ。

と思った曲でした。



次は、

八神純子さん。

イメージ 4

1st Albumから、

どんどん垢抜けていきましたねぇ。

でもデビュー当時のころが一番すきだったかも。

追慕

“思い出は美しすぎて”ももちろんですが、

それよりこの “追慕”で、ヤラれてしまいました。



そして、

門あさ美さん。

イメージ 5

初めて知ったのは、大学時代にお付き合いしていた方から、

カセット・テープをいただいたのがAlbum Hot Lipsで。

まさかのバックが松岡直也&Wesing。

で、他にも。

と聴いたのが、セミ・ヌードでこの曲。

月下美人

めっちゃ気にいりまして。

他のAlbumも入手しましたっけ。


洋物系は、

なんてったて、この方。

Boz Scaggsです。

イメージ 6

コチラは高校時代にお付き合いさせていただいてた方から、

カセット・テープで“Silk Degrees”をいただいて。

あ、良いなぁ!!

と、

で、自分で入手した

“Down Two Then Left”に入っていたこの曲。


Hard Times

日本公演にも一度行きましたし。

今でも好きで聴いてますねぇ。

彼女に感謝です。


最後は、

Sade。

イメージ 7

行きつけだったチャイニース・レストランのマスターが、

LaserDiscでよくかけていて、

あ、イイなぁと。

“Stronger Than Pride”を入手。

で、この曲がめっちゃ気に入りまして。

Paradise

他の曲も良いんですけどねぇ。


さてさて、

明日から来週の沖縄にむけてイロイロとやらねば。

21日はPRISM LIVE出汁。


では、良き休日を。

この記事に

開くトラックバック(0)

9月9日(土)

今年の夏ってどうだったのよ!?

8月上旬に40℃を超え、

どっひゃぁ〜、

と、思っていたら。

なんとなく涼しくて過ごしやすい夏だったような?


海の家とかちと可哀想だったかなぁ?


さて。

先日のこと。

空の車の陸送用のトレーラーの後ろを走ってますと。

イメージ 1

アクション映画なんかでもあったでせう?

無性にトレーラーの荷台にこのまま、

乗っかりたい衝動に駆られてしまう訳です。


この日のランチは、

イメージ 2

元町家さん。

イメージ 18

まいぅ〜ったらありゃしない。

ごちそうさまでした。

で、ついでに店主にお願いして。

イメージ 3

PRISMのフライヤーを置かせていただきました。

ひとりでも引っかかってくれますよに。



さてさて、

仔麦くん。

イメージ 20

やってくれてます・・・。

気がつけば、

コード噛み噛み。

イメージ 15

WALKMANのUSBコード・・・。

まだ使えますが。

使えなくなると、

この機種廃盤なので新品のコードの入手は超困難。

なので某オクで見つけてたので。


迷わずポチ。

イメージ 4

大変な美品。

ですがジャンク扱いで。

イメージ 16

殆ど使った形跡はない新品みたいだったのですが・・・。

本体は電源が入らず。

残念!!

でもまぁ、コードが目的なので。

2,000円+送料は納得でせうか?

機会があったら、本体もSONY SHOPにでも持っていってみませうか?



またある日。

イメージ 21

某高校へお邪魔する道で、

白鷺の群れに遭遇。

♬白鷺やぁ〜、小首かしげて・・・・。

あれ?

この先知りません・・・。


この日のランチは羆さん。

イメージ 5

麺固で味噌バター。

イメージ 17

もう言うこと茄子。

まいぅ〜も、いいとこです。



そして、昨日。

Guitar Research Wood StockさんからTELありまして。

イメージ 6

入院していたFR-Limitedが治ったと。

イメージ 7

全く覚えはないのですが、

アロンアルファのような接着剤が、

スタッドアンカーの穴の中に入ってしまったとか?

それを綺麗に剥がしたそうです。

動かなかったわけですよねぇ〜。

恐るべしアロンアルファ。


で、めでたく。

退院させてきました。

ピクリとも動かなかったスタッドアンカー。

イメージ 11

レンチでスムーズに回るようになりました!!

おめでとうございます!!

イメージ 10

これで、弦高が調節できるし。

やったね!!


でしたが。

ここでも、仔麦くん。

イメージ 19

やってくれてたんです。

Sustainer&Active Pick UP付きのこの子たち。

FR-Limitedくん&FR-155Sくん。

イメージ 8

この兄弟、

電源がないと音が出ない。

9Vの乾電池から、パワーサプライ化しまして。

イメージ 12

アダプターが必要なわけです。


ここでも、仔麦くんが噛み噛み。

2つあったうちの1つは無残にも噛み砕かれて。


残ったこいつにも噛み噛み。

イメージ 9

使えないじゃん・・・。

困ったじゃん・・・。


じゃんじゃんじゃぁ、

Amazonに相談だ!!


ところが・・・・

イメージ 22


なっにっ〜!?

売ってない・・・、

Fernandes専門店のFer Shopにも、

Sound Houseにも・・・。

廃盤になってしまったのだろうか???

そりゃ、困るだろ?


仕方ない、

和田アキラさんのギターを作ってるSaijo Guitarの、

主宰・西條さんに相談してみよう。

元々、メンテ&パワーサプライ化してくださったのも西條さんですし。

最悪はまた乾電池に戻すか・・・・。



昨夜は、

大好きな櫻井さんちのお豆腐。

イメージ 13

冷奴が一番。

イメージ 14

コレだけでじゅうぶんだったりします。

湯豆腐も美味しいんですけどねぇ。



今日の1曲。

松岡直也さんでTouch The New York Pink。


Touch The New York Pink(Album Ver.)

この曲は、

1982年。

松岡直也&Wesingが活動停止になり、

松岡さんがNew Yorkで現地のミューシャンを起用して録音した、

Solo Album『Fall On The Avenue~見知らぬ街で』に収録された曲。

Guitarがアキラさんだったらなぁ〜。

と聴くたびに思ったものでしたが、



あったんですねぇ。

Touch The New York Pink(Live Ver.)


やっぱ、松岡さんのピアノには、

アキラさんのギターが1番!!


では、ごゆるりと良き週末を。

この記事に

開くトラックバック(0)

Slow Move

9月2日(土)

雨。

台風15号の影響下?



8月初旬の暑いさ中、

毎週金曜日に放送されているFM Nack 5のFUNKY FRIDAYで、

小林克也氏が紹介してくれた『ツボ』だったお話し。



ガロの名曲『学生街の喫茶店』。
 
昔、あるラジオ番組で、

リクエストを受け付けた電リク・ガールが言い放った一言は、
 
『次は、覚醒剤の喫茶店です。』

実話だそうで。


1ヶ月経とうというのに、

未だ思い出し笑いしてしまいます。

 
さて。

昨日のランチ。

ラーメンは1週間で3回以内。

と決めたので。


何にしようか?

ハンバーグ?

カツカレー?

牛丼?

ちょっとヘビーだし?

考えるのも面倒・・・。


ならば、セブン。

イメージ 1

ハムカツサンド。

おにぎりが100円セールだったので大好きなツナマヨ。


いろいろコンビニはあれど、

やっぱセブンが好きかなぁ。


で、帰って夜ごはん。

冷蔵庫に合挽きとピーマンがあるんじゃ、

やっぱ肉詰めだろ!?


ところが、

なんと、ケチャップが茄子!?

しょうがない。

フレッシュトマトをクラッシュして、

オリーブオイルでニンニクを炒め、ブルドックソース、

赤がないので白ワインと絡めて、

適当にいい加減ソース。

イメージ 2

奥方も夕ごはん食べていないというので、

仕方茄子。

半分個。

イメージ 3

ちともの足りない?

レトルトのピザがあったので、添えてみました。

奥方のピザは次男に奪われたようでしたが・・・。



で、今日は午前中に、

今月下旬に出発する某私学の修学旅行保護者説明会があるので、

午後からついでに、

PRISMフライヤー配りで楽器屋さんを巡ろうかな?

と。

イメージ 6

毎年PRISMのフライヤーを置かせていただいている、

お隣町のGuitar Research Wood Stockさん。

今回もお願いします!!

イメージ 5

で、思いついたのが、

この子の修理。

イメージ 4

ホントならこの子が、

ワテクシのエース・ギターになるはずだったんですけど。

イメージ 7

フロイド・ローズのアンカーがピクリとも動かず・・・。

弦高がちょっとだけ高いので挽肉、

じゃなくて、弾きにくいんですよねぇ。


ダメもとで、なんてのも失礼なので、

なんとかなるかもしれない。

と、希望を持ってお願いしてみようかなと。


ゆっくりと、

動かしてくれるかな?


Slow Move。

なんちゃって。


今日の1曲。

PRISMで。

2nd Album SECOND THOUGHT/SECOND MOVEから。


Slow Move


9月20日リリースの、

40周年記念Album、

What You See。

amazon,TOWER RECORDSなどでUPされてました。

イメージ 8

早く聴きてぇ。

絶対に良いに決まってる。


では、

9月最初の週末。

健やかに。

この記事に

開くトラックバック(0)

6月10日(土)

晴れ。


13連敗でやっとこさ止まったようで。

それにしても凄すぎる大記録を作ってくれたもんです。



さて。

昨夜、帰宅途中の車の中から月が赤っぽく見えまして。

酔っぱらいか!?

なぁんて思ったのですが。


なんと、

ストロベリー・ムーンと言うのだそうで?

イメージ 3
(拾い画)

知りませんがなぁ〜。

そんなの。




でわ本題。

1つめのおいおい、なんてこったろ。

またまた、おイタメール第2弾を着信。

イメージ 1

寧々って誰だよ!?

寧々なんて大塚寧々と豊臣秀吉の正室のねねくらいしか知りませんし。

大嫌いでもいっこうにかまいませんし。

そりゃ、無視、蒸し、夢詩、無死、六四ですし。

何かあったの?

なぁんて、心配してくんなくていいし。


さらに翌日。

またまたまたおイタメール第3弾を着信。

イメージ 2

しつこい・・・。

お前は北朝鮮のミサイル発射か!?

です。

第4弾もあるのでせうか?



2つめのおいおい、なんてこったろ。

前記事でUPした某OFFで見かけたFernandesnoFR-85Sちゃん。

イメージ 7

記事を見た関西のお友達が反応。

代わりに買って送るという事になりまして。

お店に電話してKEEP。

で、昨日アポの谷間に引き取りに某OFFへ。

よ〜く、彼女を見たら、


イメージ 4

この前は気がつかなかった傷も見っけ。

イメージ 5

まぁ、でもコレくらいは許される範囲かな?

『試奏してみますか?、そこにアンプありますから。』と店長さん。

『コレ、電池入れないと鳴らないんですけど。』と言うと、

『あぁ、そうなんですか? じゃ電池貸します。』って・・・。

ちょいと音出し。

無事?

鳴りました。

サスティナーも稼働してるし。

イメージ 6

3つのノブは右から、

ボリューム・コントロール、

トーン・コントロール、

サスティナーのレベル・コントロール。

真ん中のノブをPULLするとコイルタップになり、

ハムバッカーがシングルになるという仕組みなんですが。

PULLしてみるとノブが壊れてました。

『コレ、タップできないですよ。』というと、

『そうなんですか?』と店長さん。


そうなんですかって、これじゃジャンクじゃん!?


こちらはワテクシのエース・ギターのFR-155Sちゃん。

イメージ 11

ボディ−の材が、FR-85Sはアッシュ。

FR-155Sはマホガニーバック&メイプルトップ。

構造は全く同じです。

イメージ 12

真ん中のノブをPUSHでハムバッカー、

イメージ 13

PULLでシングルになるわけです。

と、言うわけで。

KEEPからRELEASEへ。

そして関西の友人とTELでお話して、

入手は中止に。


やっぱり、見ただけじゃダメですねぇ?

楽器専門店ならまだしも、某OFFは特に。

ギターの知識がまるで茄子ですもん。


このFR-155Sは某オークションで入手したのですが。

そう考えると、某オークションの方がよほど信頼度が高いのか?

それとも良い出品者に出会えただけなのか?



気を取り直してランチは赤城屋さん。

イメージ 8

メニューには無かったのですが、

『冷やしたぬきありますか?』と女性店員に聞くと。

イメージ 14

嘘です。

『できますよ。』と。

『んじゃ、大盛で。』


しばらくして着丼。

イメージ 9

レタスやプチトマトまで乗っかってぇ〜。

お店の雰囲気に合ってねぇ〜。

イメージ 10

美味しくいただきました。

808円也。

ちと高い?



今日の1曲。

ストロベリー・ムーンにちなんで?

Al Di Meolaで、

RED MOON


でわ。

良き週末を!!

この記事に

開くトラックバック(0)

蒼い彼女の誘惑。

6月7日(水)

曇り。

九州地方はすでに梅雨入り。

こちらもまもなくですかね?



そして、

こちらもとうにどっぷり梅雨で晴れ間なし?

とうとうやっちまいました。

球団ワースト・タイの11連敗・・・。

もうどにでもなっちまってくれ!!

です。

Giants。



さて、

昨夜の晩ごはん。

ご近所から新じゃがをいただき、

奥方がコロッケを作りました。

イメージ 1

中野さんちのコロッケに匹敵?

まいぅ〜でした。

じゃが&じゃが。

もう一品はジャーマンポテト風チーマヨ焼き。



して長男’s弁当。

この時期じゃがは危険ですからね?

焼肉弁当にしました。

イメージ 2

玉子も危険?

でも長男のところは冷蔵庫があるそうで。



してして昨日のランチ。

30℃は超えなかったので。

元町家さんへ。

イメージ 3

店内は強めにエアコンがかかってます。

おかげで?

着丼時に店員さんが、『すいません。海苔が倒れちゃいました。』と。

イメージ 4

ま、いっか。

中盛濃いめ、多め。

玉子トッピング。

イメージ 5

相変わらずまいぅ〜。

これからも冷やしメインになりそうですが?

30℃超えなきゃ喰いたい!!



そして、アポの谷間にちょいと覗いたHard Offさん。

おやおや!?

な蒼い彼女発見。

イメージ 6

Fernandes FR-85Sちゃん。

ワテクシ所有のFR-155S、FR-125Sの妹ちゃんです。

ボディがアッシュのサスティナー付き。

傷もまったくなく、裏の配線カバーやFRTのカバーにはまだビニール付き。

デット・ストックでせうかね?

しかもこのお値段。

某オークションではもっと程度がわるくても4万円程度で取引されているのに、

税込み27,000円!!

Hard Offの鑑定したスタッフ。

雑なやつ?


『お家に連れてかえって?』と、

蒼い彼女の誘惑・・・。

悩ましいったら。

でしたが、

連れて帰ると、

節分でもないのに鬼が出る?

なので諦め・・・。

残念!!



さてさて。

嬉しいお知らせと、

おいおい!?なお知らせ。


PRISMのデビュー40周年記念LIVEの詳細が発表されました。

イメージ 7

10月21日(土)TIAT SKY HALL
PRISM Concert
 "デビュー40周年記念LIVE”TIAT SKY HALL
PRISM
Akira Wada(g)  
Mansaku Kimura(dr) 
Jiro Okada(b) 
Cher Watanabe(key) 
open 17:30 start 18:00 全席指定
TIAT SKY HALL (羽田空港国際線旅客ターミナルビル4F)
前売り¥6,480 / 当日¥7,020(消費税込み 入場時 別途ドリンクオーダー ¥600)
○先行受付6/10〜6/30 LIVE CAFE STORMY MONDAY 045-664-2085
○プレイガイド先行販売 7/7(金)正午〜7/10(月)18:00
チケット取扱
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:335-908)
イープラス(e+)
チケット一般発売日7/15 10:00〜
問い合わせ:TIAT SKY HALL 03-6428-0456


どうぞこぞってご参戦を!!

録画もあるそうで。

映れるかも?



してコチラ。

イメージ 8

なぜに、

Pさんチーム、TSさんチームを呼ばん!?

です。


今日の1曲。

NANIWA EXPRESSで、

Believin'

あくまでも個人見解ですが、

CasiopeaよりはNANIWAのほうが好きだなぁ。


では、今日も良き1日を。

この記事に

開くトラックバック(0)

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事