ここから本文です
安芸Zツーリング城巡り
大型バイクで城めぐりツーリング 主に中国地方 城跡 神社仏閣、狛犬、大木 今は狛犬探索がメインになってます。

書庫全体表示

太宰府天満宮


太宰府天満宮

境内図
人大杉で半分も廻ってません。

イメージ 1


なんとか社務所のところから入り込みました。
楼門横になります。
イメージ 2


絵馬堂にすごい人だかり
イメージ 3


猿まわしでした。
イメージ 4


混雑の中、なんとか橋を三つ渡り狛犬まで到達

イメージ 5イメージ 6

ますます混雑。進むのはこれまでとし、本殿に向かう。
イメージ 7

イメージ 8


橋の上からの大木
イメージ 9

橋沿いの境内社。ゆっくり止まって撮影が出来ないほど混雑
イメージ 10

イメージ 11

拝殿図
イメージ 12

楼門前
イメージ 13


楼門前の狛犬 台座は安永二年製(1773)になっていますが明治三十九年(1906)再建
イメージ 14イメージ 15

楼門内。
イメージ 16


楼門内の狛犬 大目玉の玉乗り 
イメージ 17イメージ 18

拝礼の列に並びながら撮影。
屋根をつきやぶる大木
イメージ 19


飛梅(とびうめ)
樹齢1000年を超えるとされる白梅で、本殿前の左近(本殿に向かって右側)に植えられており、根本は3株からなる。太宰府天満宮に植えられた梅のなかではいちばん先に咲き始めるとされる。

伝説によれば、道真を慕う庭木たちのうち、桜は、主人が遠い所へ去ってしまうことを知ってからというもの、悲しみに暮れて見る見るうちに葉を落とし、ついには枯れてしまったという。
しかして梅と松は、道真の後を追いたい気持ちをいよいよ強くして、空を飛んだ。
ところが松は途中で力尽きて、摂津国八部郡板宿(現・兵庫県神戸市須磨区板宿町)近くの後世「飛松岡」と呼びならわされる丘に降り立ち、この地に根を下ろした。(松伝説と

一方、ひとり残った梅だけは見事その日一夜のうちに主人の暮らす大宰府まで飛んでゆき、その地に降り立ったという。
イメージ 20


本殿前の狛犬 かわいすぎ
イメージ 21イメージ 22

拝礼の列がとうとう門外まで
イメージ 26


大楠
イメージ 23

イメージ 24


お疲れ 私も人大杉で疲れました。
イメージ 25


雨が降りそうですが岩屋城に向かいます。

  • アバター

    すごい人ごみ〜正月はどうなるんだろう〜

    なんか自分だったら、狛犬見て満足しちゃいそうだ^^

    ゴツイのやら、目がクリリン狛犬とか、ユニークだなぁ

    境内が広いから、あちこち散策するだけでも見応えありますね^^

    ALLポチ☆!

    栞

    2012/5/6(日) 午前 10:00

    返信する
  • 顔アイコン

    太宰府は独身時代に訪れたのみです多分40年前です。

    [ テラノ助 ]

    2012/5/7(月) 午後 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    栞さん
    バイクだったので横から入れた感じでした。
    如水の井戸というのにも行きたかったですが諦めました。

    安芸Z

    2012/5/7(月) 午後 10:46

    返信する
  • 顔アイコン

    テラノ助さん
    いつか空いている時にゆっくり見てみたいです。
    面白い物満載です。

    安芸Z

    2012/5/7(月) 午後 10:48

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事