ここから本文です
安芸Zツーリング城巡り
大型バイクで城めぐりツーリング 主に中国地方 城跡 神社仏閣、狛犬、大木 今は狛犬探索がメインになってます。

書庫全体表示

縣主(あがたぬし)神社 岡山県井原市
創建年月は不詳
雄略天皇の御代に創まるとも云われます。
口碑では祭神・鴨別命が県守として居をこの地に占め給うたたので、その徳を慕い県守大明神としたと伝えています。

むかしはこの地を県の郷と呼んでいました。
明治四十四年無格社八幡神社を合祀。
大正九年に神饌幣帛料供進神社 (しんせんへいはくりょうきょうしん)
に指定
イメージ 1

イメージ 3
イメージ 4
石段下に玉乗り型。
イメージ 5
吽形
良い型ですが崩れがひどいです。
尾道石工作でしょう。
イメージ 6
尾は頭の高さまであったのでしょう。
イメージ 8

イメージ 9
天保十二年(1841)
イメージ 10
阿形も良い造形
イメージ 7
崩壊には成すすべ無しです
イメージ 11

イメージ 2
石段中ほどに小ぶりな玉乗り
イメージ 12
明治後半くらいか?
イメージ 13
よく居る小ぶりなタイプです。
イメージ 14
イメージ 16




















台座が丁寧に仕上げられています
イメージ 15
狛犬からも石段が続く
イメージ 17
結構な段数です。半分しか登ってません

車で境内まで上がれます。
イメージ 18
縣主神社 拝殿
イメージ 19

イメージ 20
宮司さんがその場で描いてくれる絵入りの御朱印が人気です
(借り画像)
イメージ 21

イメージ 22
本殿
イメージ 23

イメージ 38
縣主神社東の八幡神社
イメージ 24
拝殿前には尾道玉乗り
イメージ 25
これは良い作です。
イメージ 26
尾道石工作でしょう。
イメージ 27
石段下の対も崩壊してなければ良い姿だったでしょう
イメージ 30

イメージ 28
天保十一年(1840)
イメージ 33
阿の顔もよいです。
イメージ 29

イメージ 31
バランス良い立姿
イメージ 32
八幡神社 拝殿
イメージ 34

イメージ 35
虬(みずち)の由来
イメージ 50
鳴尾の渕と呼ばれる池にその昔、人々を苦しめる「みずち」が棲んでおり初代縣守・鴨別命が退治したとの伝説が残っています。

縣主神社は鴨別命を祭神 みずちも龍神として祀っています。
イメージ 36
拝殿の装飾も見事です。
イメージ 37
本殿
イメージ 49
西の厳島神社
イメージ 39
太鼓?を載せた亀
イメージ 40
厳島神社
イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43
弘化三年(1846)
イメージ 48
尾道顔です。
イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46
縣主神社本殿 八幡神社
イメージ 47
また参拝して御朱印をもらい猫も写してみたいです。

















  • 良い雰囲気の神社ですね。狛犬も全て玉乗りっていうのもいいですね〜

    [ 拒魔 ]

    2019/2/28(木) 午後 6:39

  • 拒魔兇気
    宮司さんが描く御朱印が人気の神社です。
    猫もいて人出も多いです。

    安芸Z

    2019/2/28(木) 午後 7:05

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事