ここから本文です
安芸Zツーリング城巡り
大型バイクで城めぐりツーリング 主に中国地方 城跡 神社仏閣、狛犬、大木 今は狛犬探索がメインになってます。

書庫全体表示

記事検索
検索

全327ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

内宮神社(内宮天照皇大神宮)新居浜市
イメージ 1

イメージ 5
稲荷神社
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 2
古い浪速
イメージ 6
              おなじみの顔です
イメージ 7
            欠けヒビも無く綺麗な対です。
イメージ 11
イメージ 12




















              文政元年(1818)二百年ものです
イメージ 29
         阿形もよく見る顔 でっかい鼻
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 13



















      亀趺 百度石
イメージ 15

イメージ 14


















拝殿
イメージ 16

イメージ 17
内宮社記
イメージ 18
本殿奥の境内社
イメージ 19

イメージ 20
本殿
イメージ 21
本殿階段脇に木造狛犬 首を真横に向けているのは珍しいです。
イメージ 22
本殿
イメージ 23

イメージ 24
反対側にも木造狛犬
イメージ 25
吽形
イメージ 26
拝殿前から
イメージ 27
本殿裏からの展望
イメージ 28


内宮(うちのみや)神社 新居浜市

内宮天照皇大神宮(うちのみやていしょうこうたいじんぐう)
主祭神は天照大御神

社伝によると、慶雲三年(706)伊勢神宮の内宮から勧請して創建されたという。

天正年間、秀吉四国攻めに巻き込まれて荒廃し、一時期は土佐に設けた仮殿に遷座した。慶長十九年(1614)もとの社地に社殿を再興したが、周辺に人家が増加したことから、再び元禄十一年(1698)に遷座し、現在に至る
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
            もうひとつ入口があります。
イメージ 22
石段
イメージ 21

イメージ 20
狛犬後ろで合流し一本の参道になります。
狛犬の台が秀逸
イメージ 4
玉乗り 装飾の多い対
イメージ 5
                昭和七年(1932)
                 吽形は綱咥え
イメージ 6
               細かい彫りの対です
イメージ 7

イメージ 8
       昭和初期はカッチリしたのを造ってます
イメージ 9

イメージ 24
参道
イメージ 10

イメージ 11
              石段前に吽阿置きの対
イメージ 12
              玉乗りです 阿形
イメージ 13
     変顔タイプ 玉の上に揃えた前足がくっついてます
イメージ 14

イメージ 15
イメージ 16





















             これはこれで面白い意匠
イメージ 17

イメージ 18
                明治五年(1872)
イメージ 19

イメージ 23



真星神社(星の宮)新居浜市
約千三百年に隕石が落下したことで建立されたと云われる新居浜で一番古い神社
御神体の隕石は、現在は本社である浦渡神社に大切に保管されています。
真星神社は浦渡神社の境外神社となっています。
イメージ 16
          木立の中の小さな神社です。
イメージ 17
             何故か虎の像
イメージ 1
イメージ 2史跡 古代市場の発生地

イメージ 18
史跡 古代市場の発生地星原
往古この地に隕石が落下し里人は一小祠を建立し星の宮真星神社
星原神社等と呼称して信仰し平安時代以降この神社の祭典の日に物々交換の市が行われるに至り毎年七月十四日より二十六日までと、十二月十四日より二十八日まで市が開かれ近郷近在より数千人の人々が訪れ賑わいを呈し星原市として世に知られ一般庶民から喜ばれていたが大正初年から市が廃止された。
 
昔この地方は法隆寺及び東大寺の荘園となり東大寺の庄官が東台神社の東側に住居し余剰物資を里人と交換するため、この星原神社の祭典の日に境内に於て市を開いたことに起因し古代商業発生の地として新居浜市が史跡に指定したものである。
 昭和五十二年四月七日 新居浜市教育委員会 


          境内 拝殿 良い雰囲気です。
イメージ 3
参道の陶製狛犬
イメージ 4
平成十三年の奉納
イメージ 5
何焼きか?珍しい色
イメージ 6
どっしりした良い姿
イメージ 7
              稲荷社
イメージ 9
祇園神社
イメージ 8
大木に覆われた拝殿
イメージ 19
本殿も大木の下
イメージ 10
本殿
イメージ 11
境内に「星の宮のお狸さんの伝説」が残されています。
イメージ 12
星の宮のお狸さん
イメージ 13
狸像がいっぱいです。
イメージ 15
とても良い雰囲気の神社です。
イメージ 14






浦渡神社 新居浜市

浦渡神社 新居浜市
勧請の時代は未詳ですが、大和時代(一世紀から五世紀)に創建された社と伝えられています。
伊予温故録には「越知郡大三島の内浦渡神社を勧請した。
大三島大山祇神社はもと浦渡神社と称し、瀬戸村に在った云々」とある。
祭神 大山祇命  ( おほやまつみのみこと )
    大雷命    ( おほいかづちのみこと )
    高龗命    ( たかおかみのみこと )
    天津甕星命 ( あまつみかほしのみこと )
イメージ 1
                宝暦九年(1759)
イメージ 7
石工 尾道 山根屋源四?
この時期は伊予市で山根屋源四郎藤原傳駕が鳥居を造っています。
イメージ 5

イメージ 6
拝殿は石段上
イメージ 2

イメージ 4
清水が流れます
イメージ 3
境内入口
イメージ 8
                  玉持ち構え型
イメージ 9
尾道構え型の模倣
イメージ 10
文久二年(1862) 洒落た台座です。
イメージ 14
玉持ちの構え型は広島では少なく四国に多いです。
イメージ 11
イメージ 12




















地元石工のオリジナルになってます。
イメージ 13

イメージ 15
境内社・和霊神社
イメージ 17
石柱 祠
イメージ 22
拝殿
イメージ 16
拝殿の細工
イメージ 21
拝殿内の絵馬
イメージ 18
本殿
イメージ 23
本殿の細工も見事です
イメージ 19

イメージ 20
良い雰囲気の神社です。
イメージ 24













東臺(とうだい)神社  新居浜市
御祭神 菊理姫命 ( くくりひめのみこと )

由緒

社伝によると 東台3所大権現は紀伊国熊野3所大権現と同体也  とある。

鎮座年は不詳
浦渡神社とともに天正の兵乱に社殿、宝物など焼失しました。
イメージ 1

イメージ 2
                  拝殿
イメージ 3
この神社の狛犬は市指定の石造美術になっています。
イメージ 4
吽形 横からは猫のようなシルエット
イメージ 5
            拝殿の方を向いています。
             台もシンプルで美しいです
イメージ 10
呉・倉橋に似た狛犬がいます。
イメージ 6
                  
倉橋 八剱神社の対(天保十年1839)これに少し似てます。
イメージ 13
イメージ 14










          
         阿形 倉橋の対より上品な感じです。
イメージ 7
            この手の顔は愛媛産だったようです
イメージ 8
               シンプルな彫り
イメージ 9
尻尾は先を曲げた複雑なもみじ風
イメージ 11
                  拝殿
イメージ 12

イメージ 13
イメージ 15
本殿
イメージ 14

イメージ 16





全327ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事